りんごが茶色く変色する理由は?食べれる?防ぐ方法は?

シャキシャキした

歯ごたえがたまらない「りんご」。

 

秋に旬を迎え、今が1年で最も美味しい

時期です。

 

多くの人に愛されているりんごですが、

切り分けて、

そのまま時間が経つと茶色く変色して

いきますよね。

 

見た目が悪くなるし、

腐ったのかと心配になります。

 

今回の記事では、りんごが茶色く

 

変色する理由は?

変色したけど食べれるの?

変色するのを防ぐ方法は?

 

こういった視点で、

疑問を解決していきたいと思います。

 

一般的に知られていることは

もちろんですが、

「そうだったのか!」

「そんな手があったのか!」

と思える内容が盛り沢山のはずです。

 

ぜひ最後のまとめまで、

記事にお付き合いくださいね。





スポンサーリンク







りんごが茶色く変色する理由は?

りんごが茶色く変色してしまう理由は、

りんごに含まれる

ポリフェノールによるものです。

 

ポリフェノールといえば、

老化を防ぎ、

高い美容効果が注目されている成分と

なります。

 

りんごにしてみても、

日光の紫外線から身を守るのに、

ポリフェノールが

効果的に作用するのだとか。

 

しかし、ポリフェノールが空気中の

酸素と結合することで

酸化してしまい、

りんごを茶色く変色させてしまうのです。

 

むしろ、ポリフェノールを摂取したくて、

りんごを

積極的に食べる女性も多いでしょう。

 

そんなポリフェノールが、

りんごを茶色く変色させてしまうなんて

ショックですよね。

 

切り分けていない状態だと、

皮が果肉を覆っているので、

酸化から果肉を守ってくれています。

 

しかし、切り分けてしまい、

果肉が空気に触れてしまう状態をつくると、

ポリフェノールの酸化が進み、

果肉を茶色く変色させてしまいます。

 

つまり、果肉を空気と触れないような状況を

つくること、

ポリフェノールと空気が反応しない状況を

つくることが、

りんごの変色を防ぐ方法だといえるでしょう。





スポンサーリンク







りんごが茶色く変色したけど食べれる?

茶色く変色したりんご。

見た目は美味しそうじゃないけど、

食べることは可能なのでしょうか。

 

答えは、腐っているわけではないので

食べられます。

 

ただし、酸化してしまっているので、

食べたことがあるなら実感していると

思いますが、

美味しいとは感じられないはずです。

 

茶色く変色してしまったなら、

ジャムやタルトにして食べるという方法が

オススメです。

 

必ずしも、

りんごは生で食べるものではありません。

 

茶色く変色してしまっても、

美味しく食べられる方法はあるので、

りんごを加熱調理して食べれば

まだまだ旨みを楽しめますよ。

 

りんごの調理例として、

 

ソース

カレー

ジャム

プリン

タルト

 

といったものが挙げられます。

 

無理して食べるのではなく、

美味しく食べられる調理をして

召し上がっては如何でしょう。

 

ちなみに、りんごは酸化してしまうと、

ポリフェノールも失われてしまいます。

 

美容目的としても、

効果を期待できなくなるので、

やはり美味しく食べる方法を

模索するべきですね。





スポンサーリンク







りんごが茶色く変色するのを防ぐ方法は?

りんごが茶色く変色するのを防ぐ効果的な

方法を紹介していきますね。

 

その方法とは、

 

塩水に浸ける

砂糖水に浸ける

はちみつ水溶液に浸ける

レモン水に浸ける

真空パックを利用する

 

以上の5つを挙げることができます。

 

塩水に浸けるのは、

わりと有名な方法ですが、

他にこれだけの変色を防ぐ方法が

あったことに驚きです。

 

それぞれについて、

詳しく解説をしていきますね。

 

塩水に浸ける

切り分けたりんごを塩水に浸けるのは

有名ですが、

皆さんはどれくらいの濃度の塩水で、

どれくらい浸けていますか?

 

正攻法の方法を紹介しておきますね。

 

塩分濃度は0.5~1.0%、

時間は5分ほど浸けておきましょう。

 

時間は分かりやすいけど、

塩分濃度0.5~1.0%というところが

分かりづらいですよね。

 

小さじ1杯に対して、

1リットルで薄めると

塩分濃度0.5~1.0%の水溶液をつくる

ことができます。

 

これまで濃い塩水に、

りんごを浸けていた人も多いのでは

ないでしょうか。

 

そんなに濃い塩水じゃなくても、

りんごが茶色く変色することは防げますよ。

 

あまりに塩加減が濃いと、

りんごのもつ美味しさを損なってしまいます。

 

塩加減は薄くても大丈夫だということを

覚えておきましょう。

 

 

こういった塩を使うことで、

りんごの美味しさに深みを与えることも

可能になるでしょう。

 

見た目もお洒落で、子供にも喜ばれるはず。

 

キッチンや食卓のディスプレイとしても

オススメの食塩となります。

 

砂糖水に浸ける

砂糖水にりんごを浸けるのは、

料理のプロも実践している方法です。

 

甘いりんごを塩水に浸けるのを

嫌う人にとって、

自然と甘みのある砂糖水のほうが、

相性がいいと思えますよね。

 

りんごを浸ける砂糖水をつくる場合、

塩よりも高濃度の砂糖水を意識してください。

200mlの水に対して、

大さじ1杯を入れて砂糖水をつくります。

 

りんごを浸けておく時間も、

塩水より長めに5~10分を意識しましょう。

 

りんごに砂糖の甘みが加わり、

食べたときの美味しく召し上がることが

できます。

 

これだけの濃度の砂糖水なら

粘り気が生まれ、その粘度が、

ポリフェノールが

酸化するのを抑止するのです。

 

砂糖水でりんごの変色を防ぐ場合、

濃い水溶液をつくること、

長めに浸ける時間を設けることが

ポイントになります。

 

 

大さじ1杯で計測するのも良いですが、

スティックシュガーなら、

その手間も省くことが可能となります。

 

こちらは1袋で3gとなりますので、

りんごを浸ける砂糖水をつくるときは、

200mlに対して

2袋入れるようにしましょう。

 

はちみつ水溶液に浸ける

りんごが茶色く変色するのを防ぐのに、

最も効果的な方法が、

はちみつ水溶液にりんごを浸けることです。

 

はちみつに含まれているペプチド化合物と

いう成分が、

直接、りんごのポリフェノールと反応して

酸化を抑止します。

 

これだけで軽く12時間以上のりんごの

変色を防ぐことができます。

 

砂糖水と同じく、

りんごとはちみつの甘さの相性が抜群です。

 

りんごの美味しさを邪魔せず、

りんごの旨みを引き立ててくれるでしょう。

 

りんごの変色を防ぐため、

はちみつ水溶液をつくるのなら、

砂糖水よりも

さらに高濃度を意識してください。

 

200mlの水に対して、

大さじ2杯のはちみつを加えて、

よく混ぜてください。

 

浸けておく時間は、

砂糖水と同じく

5分を目安とするようにしましょう。

 

時間に追われている場合、

30秒ほどでも驚きの効果を発揮して

くれますよ。

 

 

はちみつは、りんごの変色に優れた効果を

発揮してくれます。

 

そのことを置いておいたとしても、

はちみつ自体、

健康・美容効果の高い食品となります。

 

賞味期限は2年と長いので、

まとめ買いすれば、

お値打ちに購入することができますよ。

 

レモン水に浸ける

レモン水が、

りんごが茶色く変色することを防ぐのが

意外ですよね。

 

レモンに豊富に含まれるビタミンCが、

ポリフェノールの酸化を防いでくれます。

 

ただし、レモンの酸味は強烈なので、

濃いレモン水に浸けてしまうと、

りんごの甘みよりも

レモンの酸味が勝ってしまいます。

 

レモン水の場合は、

200mlに対して、

小さじ1杯の

レモンの絞り汁を加えましょう。

 

浸けておく時間は2分程度で充分です。

 

それ以上の時間を漬けておくと、

レモンの風味が、

りんごより強くなってしまいます。

 

りんごの変色防止にレモン水を

使うのであれば、

漬けすぎないように気をつけましょう。

 

 

レモン水が、りんごの変色を防ぐのに

良いのは分かったけど、

わざわざレモンを絞るのは面倒ですよね。

 

そんなときに、おすすめなのがコチラ!

 

100%レモンの絞り汁となっており、

手軽にレモン水をつくることが可能です。

関連記事:財布の使い始め2018年はいつがいい?天赦日・一粒万倍日のカレンダー!

 

真空パックを利用する

設備投資が必要ですが、

真空パックで、

りんごをパッケージにするのも効果的な

方法となります。

 

空気との接触を物理的に防ぐため、

りんごが変色することはありません。

 

真空パックの値段は1万円以下のものから、

約10万円もするような機種があります。

 

わざわざ、りんごが茶色く変色を防ぐため、

こんな機器を

購入する気にはなれないかもしれません。

 

しかし、りんごに限らず、

肉・魚・野菜と鮮度を保つことができると、

真空パックをする機器は

一般的にも注目を集めています。

 

食材の保存のために購入して、

ついでに、

りんごの変色を防ぐといった使い方も

できると考えればいいのではないでしょう。

 

 

こちらのモデルは、2分もあれば、

食材を真空パックすることができます。

 

切り分けたりんごを真空パックして

変色するのか、

実験もされているようですが、

効果を発揮することが証明されています。

 

これなら、りんごのみの美味しさを損なう

こともないですよね。

関連記事:ぬいぐるみのダニ対策!乾燥機や洗濯・天日干しで除去できる?





スポンサーリンク







最後に

りんごが茶色く変色する理由から、

食べれるのか、

防ぐ方法を詳しく解説させて頂きました。

 

驚くような情報もありましたよね。

 

りんごが変色する理由

ポリフェノールが酸化してしまうため

 

変色したりんごは食べれるのか

食べれるけど美味しくない

 

りんごの変色を防ぐ方法は、

塩水に浸ける

砂糖水に浸ける

はちみつ水に浸ける

レモン水に浸ける

真空パックを利用

 

簡潔にまとめると、このようになります。

 

しかし、変色したりんごを美味しく食べる

調理方法、

変色を防ぐのに

おすすめのグッズも紹介しました。

 

塩水に漬かったりんごを嫌う人は多いので、

記事で紹介した方法を実践してみましょう。

 

きっと、あなたが切り分けるりんごにも

変化をもたらすことでしょう。

 

お弁当に入ったりんごは、

「しょっぱい」というイメージが

付きまといますが、

新しい対策を講じることで、

りんごの美味しさを引き出せますよね。

 

ぜひ素敵なりんごライフを楽しんで、

食欲の秋を豊かなものにしましょう。

関連記事:キャベツの千切りの簡単なやり方!保存期間や芯の取り方についても詳しく解説!





スポンサーリンク






サブコンテンツ