ピアスの穴がかゆい!汁がでる場合の原因や対処法は?

ピアスをするために病院で耳に穴を開けたり、

ピアッサーを使用して自分で開けたりすることも珍しくありません。

しかし、耳にピアスの穴を開けたばかりのピアスホールは、

特にお手入れが大切だということはご存知でしたでしょうか。

それを怠ってしまうと痛みや腫れ、化膿するなどといった症状がでてしまいます。

 

実はピアスの肌トラブルというのはとても多く、ピアスの穴を開けた初期だけでなく

ピアスを使っている間にも突然痛みやかゆみ、汁がでることもあります。

いきなりそんなことになってしまっては、

どうしたら良いのか不安になってしまいますと思います。

病院に行った方が良いのか、ピアスはそのまま付けていていいのかなど、

気になることも多いですよね。

 

今回は、ピアスの穴がかゆいとき、汁がでるときの原因と対処法について

詳しく解説していきますので、ピアスを使う前に一度おさらいしておきましょう。





スポンサーリンク







ピアスの穴がかゆい、汁がでる!その原因は?

ピアスの穴を開けた直後というのは、

穴がピアスに馴染んでくるまで痛みを伴うことが多いです。

しかし、痛み以外に、かゆい、汁がでるなどの症状が伴う場合には、

金属アレルギーであることが考えられます。

 

耳に穴を開けると皮下の皮膚組織に金属が触れ、

溶け出してイオン化した金属が体内に入り込みます。

イオン化した金属はタンパク質と結道して、アレルゲンになりますので

体質によってはアレルギー反応を起こしてしまうことがあるのです。

 

いままで金属アレルギーでなかった人でも、ピアスを常時付けていることで、

金属アレルゲンが蓄積され、あるときアレルギーを発症することがあります。

 

また、身体がどのような金属に反応するかというのは個人差があるので、

他のアクセサリー類の金属は大丈夫だった場合でも、

ピアスに使用した金属がたまたまアレルギーを起こしてしまう金属だった

という可能性も考えられます。

 

金属アレルギーだった場合の主な症状は、

ピアス穴の周囲がかぶれたり、かゆみが出てきます。

その後に腫れや赤みといった症状が現れ、汁がでるという流れになります。

 

化膿して出てくる汁は透明なものや薄い黄色の分泌液です。

放っておくと、耳だけでなく首や顔にまで

炎症が広がってしまうので注意が必要です。

 

アレルギー症状の出方や出るまでの時間は人それぞれですが、

アレルギーを持っている方だと、数十分から数時間程度で発症すると言われています。

 

また、金属イオンが血流などによって全身に回ってしまうことで、

耳の周囲だけでなく、身体全体に発疹が出てしまうなどの、

皮膚炎が起こる可能性があります。

 

少しかゆいくらい我慢できるとは言わずに、

もしかするとこの症状は金属アレルギーかもしれないと思ったら、

すぐにピアスの使用を中止しましょう。

 

場合によっては、医療機関を受診し抗生剤の投与も必要になる可能性がありますので、

症状が治まらない、悪化するといった時には早めに医者にかかりましょう。





スポンサーリンク







ピアス穴がかゆい、汁が出る時の対処法!

では、実際にこれらの症状が現れたとき、どのような対処法があるのでしょうか。

金属アレルギーは一度発症してしまうと、完治するのは難しいため、

普段から気をつけて予防することがなにより大切になります。

 

アレルギー症状が出た場合にまず行ってほしい対処法が、ピアスを外すことです。

金属アレルギーの原因である金属をずっと付けておくと、

当然アレルギーは治りませんし、むしろ悪化してしまいます。

軽度の場合なら、ピアスをしばらく外しているだけで治癒することもあります。

 

また、どうしても金属が合わないけれどピアスを付けたいという場合には、

アレルギーを起こしにくい肌に優しいピアスを付けるという対処法をおすすめします。

 

一番安全性が高いのが、樹脂素材のピアスです。

樹脂は金属ではなく、プラスチックでできていますので、

金属アレルギーの方でも安心してお使いいただくことができます。

 

また、チタンやステンレス素材のものも金属アレルギーになりにくいとされています。

チタンは汗に溶けにくく酸化しにくい性質をもっていますので、

金属アレルギーの原因となるイオン化がされにくいのです。

ステンレスは、熱に強く錆びにくいことから、

こちらも金属アレルギーになりにくいとされています。

 

その他にも、金属アレルギーを起こしやすいとされている

ニッケルが含まれていないピアスも良いでしょう。

しかし、ニッケルフリーとしながらも、

ごく僅かなニッケルが含まれているものも多くあるので、

ニッケルフリーのものでも長時間の使用を控えた方がいいかもしれません。

 

この商品は、金属アレルギー防止液というもので、

これをピアスに塗ると、金属アレルギーの方でも

ピアスを付けれるようになるというものです。

 

その仕組みは、このジェルがピアスに皮膜を作って、

金属イオンを体内に入らせないようにすることによって、

金属アレルギーの反応が出ないようにするものです。

 

金属アレルギーでも、自分の好きなピアスを付けたい

という人には、オススメですよ。





スポンサーリンク







ピアスの穴は、日頃のケアが大切!

ピアスの穴がかゆい、汁がでるといった症状の主な原因は、

金属アレルギーだとお話しましたが、

その他にも、日頃の手入れを行っていない、不潔な手でピアスに触っている、

消毒せずにピアスを使用した等が原因で感染を起こしていることも考えられます。

日頃から、ピアスの穴の手入れをこまめに行うことが大切なのです。

 

ピアスの穴は耳たぶに傷を付けて出来るものですが、

人間の皮膚は自己治癒力があるため、その穴を塞ごうと身体が勝手に反応します。

しっかりとしたピアスホールが完成するまで、

プラスチック製のピアスを付けて穴を維持することになりますが、

その際も定期的にピアスの穴の周囲を掃除したり、清潔に保っていなければ、

痛みや化膿の原因になります。

 

また、極度の乾燥によってもピアスの穴は痒みがでてきます。

耳はもともと身体の外側にあって、皮膚も薄いため、気温や湿度の影響を受けやすいです。

カサカサと乾燥してしまうことで耳のかゆみやただれが起きてしまうこともありますので、

保湿クリームなどでケアをしてあげましょう。

 

ピアスの穴の化膿や炎症を抑えるためには、

外傷殺菌や化膿止めなどの抗生物質を塗布する、あるいは内服する必要があります。

ピアスのかゆみや化膿のための軟膏は薬局などにも売っています。

薬局にいる薬剤師に相談すると、抗生物質入りの軟膏を紹介してくれるので、

容量用法を守って、早めにケアするようにしましょう。

関連記事:ピアスでトラブル!しこりや肉芽が出来た場合の治し方は?

 

ドイトマイシン軟膏

ドイトマイシン軟膏は、殺菌作用のある両抗生物質を配合し、

多種の感染症の治療・予防に効果を発揮します。

ただ、病院で処方される抗生剤と比べると効果が弱いので、

アレルギーが出始めた初期の炎症時に塗り始めるようにしましょう。

炎症が酷くなってしまった場合には、素直に病院に行くのがおすすめです。

 

テラマイシン軟膏

テラマイン軟膏はグラム陰性桿菌(特に緑膿菌)に効果のある抗生物質と

グラム陽性菌・陰性菌に効果のある抗生物質の2つを配合したものになります。

ピアスの穴の感染にも効果を発揮してくれますので、

気になる方は持っておくと良いでしょう。

関連記事:ピアスホールが黒い・臭い!汚れの掃除の方法について詳しく解説!





スポンサーリンク







最後に

今回は、ピアスの穴のかゆみや汁が出たときの原因と対処法についてお話していきました。

まず一番の原因としては金属アレルギーが考えられますので、

放置せず早めに対処することをおすすめします。

せっかく開けたピアスの穴が塞がってしまうのは嫌だと思う方もいるかもしれませんが、

症状がひどくならないためにも一度ピアスを外して、完治させることが大切です。

 

また、自分が金属アレルギーの体質なのかどうか知っておくのも大切ですので、

病院でアレルギーチェックなどを受けてみるのも良いでしょう。

ピアスに対する正しい知識を持って、安全にお洒落を楽しみましょう。

 

ピアス関連の記事はこちら





スポンサーリンク






サブコンテンツ