梨アレルギーで腹痛・喉のイガイガ・蕁麻疹が出る?治し方は?

梨アレルギー、

あまり一般的な言葉ではないですよね。

 

食品アレルギーの一種で、

最近になって注目されている症状の一つと

なります。

 

梨アレルギーがあるということは、

もちろん、

他の果物のアレルギーもあります。

 

梨は他の果物と比べて、

みずみずしさがあって美味しいですよね。

 

しかし、梨に含まれる豊富な水分が

アレルギー症状を

ひどくしてしまうみたいです。

 

主に、子供に3歳以下の子供に

発症することが多いですが、

大人が唐突に発症することもあるのだとか。

 

そんな梨アレルギーの症状を中心に、

治し方について紹介していきます。

 

梨アレルギーに、一緒に向き合って

いきましょう。

 

ぜひ記事を最後までご覧になって

くださいね。





スポンサーリンク







梨アレルギーで腹痛になる?

梨アレルギーの症状は、

基本的には全身に及びます。

 

すなわち、梨アレルギーが原因で

腹痛を起こることもあります。

 

アレルギーの反応が消化器に

表れた場合、

口腔内の違和感、

嘔吐といった症状がでます。

 

その後に、腹痛を起こし、

下痢を起こしてしまうことが多いです。

 

そのため、

腹痛という症状だけで捉えるのではなく、

他の部位に症状が表れていないのか、

絶対に確認するようにしましょう。

 

腹痛の他に、

 

口の周りの腫れ

口腔内の腫れ

嘔吐

蕁麻疹

下痢

 

このような症状が伴っていれば、

残念ながら梨アレルギーを疑うべきです。

 

子供に多い梨アレルギーですが、

成人であっても、

唐突に梨アレルギーになってしまう

ことがあります。

 

花粉症を思い浮かべると理解しやすい

でしょう。

 

これまで花粉症じゃなくても、

いきなり花粉症になってしまう人って

いますよね。

 

花粉症は花粉に対する

アレルギー症状なので、

梨アレルギーと同じだと考えることが

できます。

 

つまり、花粉症と同じく、

いきなり梨アレルギーが発症することが

あるのです。

 

これまで梨アレルギーではなかった人が、

いきなり腹痛といった症状が表れると、

梨アレルギーは花粉症ほど、

一般的なものではないため、

原因が特定できないことがあります。

 

腹痛は梨を食べて30~60分ほどで

表れるので

分かりやすいと考えられています。

 

しかし、梨アレルギーが一般的では

ないことから、

なかなかそこに考えが及ばずに、

梨を食べたことが原因だと考えないのです。

 

この記事を読んだ機会に、

梨アレルギーのことを覚えてください。

 

こういった症状があることを

知っていれば、

それだけ腹痛の原因が

梨アレルギーだということを

突き止めやすくなるはずです。





スポンサーリンク







梨アレルギーで喉はイガイガする?

梨アレルギーは、梨の果肉・果汁に

体が拒否反応を起こす症状です。

 

食べたときには当然ながら

喉を通過しますので、

喉がイガイガすることがあります。

 

とくに梨は、果汁が豊富な果物だといえます。

それだけ喉に与える影響も、

他の果物と比較しても

大きいといえるでしょう。

 

梨アレルギーによって起きる

喉のイガイガは、

食べた直後に起きるはずです。

 

梨を食べたあとに

喉がイガイガするようであれば、

梨アレルギーを疑うべきだといえる

でしょう。

 

口の周りや口腔内、喉に症状が表れないと

腹痛・蕁麻疹という症状が

時間を置いて表れるために

原因の特定に苦労することが多いです。

 

こういった症状が表れた場合、

内科・口腔耳鼻科を受診するように

しましょう。

 

また全国的には数は少ないですが、

アレルギー科の病院もあるそうです。

 

近くにアレルギー科の病院があるようなら、

さらに適切な治療を

受けることができますよ。

 

喉がイガイガは、基本的には、

数時間で症状は治まるはずです。

 

アレルギー症状は炎症とは違うので、

うがい、のどスプレーといった対策は

効果を発揮してくれません。

 

喉に違和感があって

少し苦しいかもしれませんが、

時間の経過に任せ、

症状が治まるのを待ちましょう。





スポンサーリンク







梨アレルギーで蕁麻疹は出る?

梨アレルギーは、一般的なアレルギー症状と

変わりません。

 

蕁麻疹は一般的なアレルギー症状にも

挙げられるような

代表的なものといえるでしょう。

 

つまり、梨アレルギーによって蕁麻疹が

出ることがあります。

 

ただし、必ずしも蕁麻疹が出るといった

ことはないようです。

 

出ることもあれば、出ないこともあり、

その時々によって、

表れる症状に

違いがあることも覚えておきましょう。

 

梨アレルギーによる蕁麻疹は、

梨を食べてから30~60分後に起きます。

 

蕁麻疹が出ると、かゆみを伴うため、

苦しい時間を過ごすことになります。

 

しかし、蕁麻疹が出ても、数時間で

症状が治まることはほとんどです。

 

かゆくて肌をかいてしまうと、

肌を傷つけてしまうので我慢することが

大切です。

 

蕁麻疹が出ている時間は、

他に意識を逸らして、

なるべく肌をかかないように

気をつけましょう。

 

蕁麻疹の場合は、梨を食べなくても、

梨の果汁が皮膚にかかるだけで

起きる可能性もあるので注意してください。

 

梨アレルギーは、

直接、肌に果汁が触れることがないように

気をつける必要があります。

関連記事:トマトアレルギーで舌がピリピリ痛い!加熱すれば大丈夫?

梨アレルギーの治し方は?

梨アレルギーの治療法は、

効果的なものは

現在も確立されていません。

 

アレルギー症状を緩和する薬は

ありますが、

根本的に改善するような

方法がないのが現状となります。

 

ただし、子供が梨アレルギーを

発症した場合は、

成長に伴い、

自然に梨アレルギーが改善されていく

ことが多いようです。

 

ただし、梨アレルギーが改善されたかも

しれないと、

素人判断で食べてしまうのは

リスクを伴うため、

医療機関での検査で確認しましょう。

 

大人が梨アレルギーを発症した場合、

基本的には

梨を食べないことが対策となります。

 

ただし、まったく梨アレルギー治す

方法がないというわけでもありません。

 

経口減感作療法というアプローチがあり、

医師の適切な指導のもとで少しずつ食べ、

腸管の免疫を正常化する

といった方法もあります。

 

ただし、こちらは危険を伴うので、

素人の判断だけで

行なうものではありません。

 

梨アレルギーといえど、呼吸困難を起こし、

危険な状態になる可能性が

あることを理解しておいてください。

 

医師の管理下で行なう治療法であるという

認識を持ちましょう。

関連記事:急性声帯炎の完治までの治療期間は?薬や治し方は?





スポンサーリンク







最後に

梨アレルギーで腹痛になるのか、

気になる喉のイガイガ、

蕁麻疹といった具体的な症状から

治し方まで解説させて頂きました。

 

気になるポイントを徹底的に

紹介しましたが、

疑問は解決できたでしょうか。

 

梨アレルギーを発症する方の

半数以上は、

花粉症だというデータもあるようです。

 

同じアレルギー症状なので、

花粉だけではなく、

果物である梨にアレルギー反応が

出てしまうことも多いのです。

 

アレルギー症状は、

腹痛・喉のイガイガ・蕁麻疹だけではなく、

呼吸器に及ぶこともあるため、

咳といった症状に表れることがあります。

 

呼吸器にアレルギー症状が及ぶと、

最悪の場合、

「アナフィラキシー」と呼ばれる

呼吸困難を起こすこともあるので

絶対に侮らないでくださいね。

 

そうならないためにも、

アレルギー症状が出たら、

原因を突き止め、

適切な対処をとらなければなりません。

関連記事:顔ダニは肉眼で見える大きさ?うつる?退治の仕方についても解説!





スポンサーリンク






サブコンテンツ