ぬいぐるみのダニ対策!乾燥機や洗濯・天日干しで除去できる?

布団やカーペットについてはダニ対策を取っているという方は多いと思いますが、

意外と見落としがちなのがぬいぐるみのダニです。

実は、ぬいぐるみも布団等と一緒でダニの温床の一つなのです。

食べかすや子どもの手の皮脂汚れなどをエサに、すぐにダニは繁殖してしまいます。

 

子どもがアレルギー症状に悩まされている、なんてことがあるのであれば、

実はぬいぐるみのダニが原因となっているということも少なくありません。

だからと言って、子どもからぬいぐるみを取り上げるなんてこともしたくありませんよね。

また、何個もあってはいちいちクリーニングに頻繁に出すことも難しいと思います。

 

そこで今回は、自宅でできるぬいぐるみのダニ対策についてお話していきたいと思います。

洗濯や乾燥機を使えばいいのか、外で天日干したらいいのか、

疑問に思う方も多いと思います。

そんな疑問を一気に解決していきましょう。





スポンサーリンク







ぬいぐるみのダニ対策で重要なのは手入れの順番!まずは天日干しでダニを除去!

では、自宅でぬいぐるみのダニを除去するためにはどうしたら良いのでしょうか。

対策としては洗濯、乾燥機を使う、天日干しなどさまざまな方法がありますが、

実はこれらの方法の順番を間違えてしまうと、

かえって逆効果になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

まず、最初に思いつくであろう洗濯ですが、

これは表面に付着しているダニの死骸などを取り除くことができます。

しかし、生きて内部に潜んでいるダニまでは除去できません。

 

ダニが線維の奥深くまで入り込んでいると、

洗濯機の震動でダメージを与えて死滅させるのは困難なのです。

ですから、洗濯によるダニ除去を行う場合には、

まず、先に内部のダニを死滅させる手順を踏まなければなりません。

 

従って、ぬいぐるみのダニ駆除に一番効果的な手順は、

まずダニを死滅させること、その後に洗濯、そして最後に乾燥させるという手順です。

しかし、実際にはこの第一段階のダニを死滅させるというのが一番難しいのです。

 

ダニは熱に弱い性質をもっているため、除去の方法としては熱を与えることが一番ですが、

そのまま天日干しをしてもなかなか十分な熱を与えることはできません。

ダニの性質上、完全に死滅させるためには、

50℃以上の温度で20~30分程度置いておかなければならないからです。

 

そこで、用意していただきたいのが黒いビニール袋です。

どこにでも売っているもので構いません。

そして、その黒いビニール袋にぬいぐるみを入れて天日干しするだけです。

黒には熱を吸収する性質があるので、黒いビニール袋に入れることで、

効率良く温度を上げることができるのです。

注意点としては、日差しの強い時間帯とちゃんと日の当たる場所を選ぶことです。

 

布団などの寝具もこのような方法で天日干しすると良いのですが、

なかなかそこまでの大きさのビニール袋がないのが難しいところです。

その点、ぬいぐるみの場合は、1個ずつでも小さな袋に入れることができますし、

たくさんあっても大きな袋にまとめて入れておけばいいのです。

ぬいぐるみのダニ対策として覚えておくと良いでしょう。

 

日差しの強い時間帯を過ぎたら、あとは軽く表面を叩いて袋から取り出すだけです。

この対策法なら、ぬいぐるみの表面だけでなく、

内部に潜んでいるダニも蒸し焼き状態で死滅させることができています。





スポンサーリンク







ぬいぐるみに潜んでいるダニを完全に除去!効果的な洗濯方法!

天日干しでダニを死滅させた後は、

ぬいぐるみのダニを完全に除去するために洗濯するのが良いです。

しかし、ぬいぐるみには洗濯できるものとできないものがあるため、

まずは素材の確認が必要です。

特に重要なのが中身の素材です。

ポリエステル以外のものだと丸洗いはできませんので、表面のみの洗濯になります。

 

タグに洗濯可能か表記してあるものもあるので、確認してください。

洗濯可能と書いてあれば丸洗いできます。

また、洗える素材だとしても、色落ちしてしまうものもありますので、

事前に一度水で濡らした布で表面を叩いて色落ちするか確かめてみるのが良いでしょう。

 

また、ぬいぐるみを洗濯する場合は、原則手洗いになります。

素材によっては洗濯機による丸洗いも可能ですが、縦型の洗濯機はグルグルと回るため、

洗濯中に中の綿が寄ってしまうこともあり、その後の型崩れの原因になってしまいます。

ドラム式の洗濯機の場合は縦型の洗濯機より中身が寄りにくく、

生地への負担も少ないですが、洗い上がりの型崩れが心配な場合には、

やはり手洗いをおすすめします。

 

続いて、ぬいぐるみを手洗いする方法を紹介します。

まずぬいぐるみが浸かる程度の大きさの洗面器にぬるま湯を準備します。

そこに市販のおしゃれ着用の洗剤を入れて軽く混ぜて下さい。

汚れがひどい場合には、一度原液をつけて置くと良いです。

 

洗面器の中にぬいぐるみを入れてやさしく押し洗いします。

洗い終わったら、お湯を2~3回取り替えてよくすすいでください。

ふわふわにしたい時には、おしゃれ着用の柔軟剤を入れてぬいぐるみを浸しましょう。

洗い終わったら、タオルで包んで水気を取ります。

 

ある程度水気が取れたら、タオルを2重に巻いて、洗濯機に入れて軽く脱水を行います。

洗濯機の外側の壁に立たせるようにして置くと、型崩れしにくくなります。

また、脱水時間は1分以内にしましょう。

長時間の脱水は禁物です。

 

十分に水気を切ったらぬいぐるみを干すのですが、

ぬいぐるみをそのまま洗濯ばさみでつるすと、生地が伸びてしまいますので、

洗濯ネットごとつるすようにしましょう。

また、ぬいぐるみ用の物干しネットを使うのも良いです。

 

平干しネット

ぬいぐるみや枕などはもちろん、

型崩れしやすいセーターなども平らに干すことができます。

大きめサイズで耐荷重は5kgまでです。

 

収納時はクルッと巻いてコンパクトに収めることができるのも便利ですよね。

多少の傾きや風があっても洗濯物が落ちないラウンドガード付き。

天日干しのときでも安心です。

関連記事:マダニに人間が刺されたら?取り方や症状・予防法を徹底解説!





スポンサーリンク







ぬいぐるみのダニを追い出す効果的な方法!ダニ取りシートと乾燥機!

ぬいぐるみにも色々な種類があります。

中には洗濯や熱に不向きなものもあると思います。

特に、中に機械が内蔵されているものなどでは、洗うことすら難しいですよね。

 

そんな時におすすめなのが、生きているダニをシートで捕獲できるダニ取りシートです。

ホームセンターや通販でも販売しているので、簡単に入手することができます。

 

方法は大きめの衣装ケースにぬいぐるみを入れて、

一緒にダニ取りシートを入れるだけです。

ぬいぐるみがたくさんある場合でも、まとめて入れて退治ができるのでとても便利です。

 

また、ダニ取りシートは死骸が広がらないというのが最大の利点です。

熱でダニを死滅させた場合、その後の死骸を取り除く作業も必要なので、

ぬいぐるみが多ければ多いほどその作業も大変になりますよね。

 

その点、ダニ取りシートを入れておけば、勝手にダニをおびき出してくれて、

粘着剤によって捕獲されますので、片付けも簡単にできます。

普段から、たくさんぬいぐるみを置いてある場所に設置しておくだけでも

効果はありますので、ぜひ一度使ってみてください。

 

その他に、洗濯機の布団乾燥機用「ダニ退治モード」を使うというのもおすすめです。

布団乾燥機用の専用袋にぬいぐるみを入れてスイッチを入れるだけです。

何個もぬいぐるみを入れてパンパンになってしまうと、

温度が上がりにくくなってしまうので、ぬいぐるみが大量にある場合には

小分けにして行うなどの注意が必要です。

 

また、自宅の洗濯機にそのような機能がない場合には、

コインランドリーの高温乾燥機もダニ対策として効果的です。

ぜひ試してみて下さい。

 

ダニ捕りシート

置いておくだけでダニを捕獲してくれるシートです。

効果も3ヶ月続くので長持ちです。

殺虫剤不使用なので、小さいお子さんがいる家庭でも安心してお使いいただけます。

オールシーズン使えて、死骸も残りません。

 

さらに、定期コースを申し込むと、3ヶ月に1度商品をお届けしてくれます。

忙しい中、買い忘れていたなんてこともなくなりますよね。

関連記事:ゴキブリの子供(幼虫)の大きさなどの特徴は?駆除の仕方についても詳しく解説!





スポンサーリンク







最後に

いかがでしたでしょうか。

意外と見落としがちなぬいぐるみのダニ対策。

ぬいぐるみのお手入れに無関心だと、

気づいたらとんでもないことになっていた、なんてこともあります。

 

アレルギーの原因にもなるダニが繁殖しているぬいぐるみを

子どもに触らせておくわけにはいきませんよね。

正しいお手入れ方法を理解して、しっかりとダニ対策をしておくのが良いでしょう。

関連記事:顔ダニは肉眼で見える大きさ?うつる?退治の仕方についても解説!





スポンサーリンク






サブコンテンツ