キャベツの千切りの簡単なやり方!保存期間や芯の取り方についても詳しく解説!

キャベツの千切りと言えば、料理の脇役としても欠かせない大切な存在ですよね。

サラダだけでなく、ハンバーグや生姜焼きのお供としても必須です。

 

しかし、キャベツの千切りは慣れないと難しく、手間取っている方も多いと思います。

厚くなりすぎたり、大きさが均等にならない、

千切りというよりもざく切りになってしまうなど、

そんな悩みを抱える人も少なくないはずです。

 

実は、キャベツの千切りは正しいやり方とちょっとしたコツをつかむことで、

サクサクと簡単に切れるようになるのです。

今回は、キャベツの千切りの簡単なやり方と、

キャベツの保存期間や保存方法、芯の取り方までも詳しく解説していきます。

ぜひ、今日から実践してみてください。





スポンサーリンク







キャベツの千切り!簡単にできるやり方をご紹介!

 

キャベツの千切りを上手に作るためには、

まず良く切れる包丁を用意することが大切です。

 

余計な力を入れなくても切ることができるので、怪我の防止にもなります。

わざわざ新しい包丁を購入しなくても、

ホームセンターなどで販売されているシャープナーや砥石を使えば、

簡単に切れ味の良い包丁にすることができますので、お試しください。

 

続いてやり方です。

千切りしたい量にもよりますが、少量の場合は次の手順で行うと良いです。

まず、大きめのキャベツの葉を取り、芯の部分を削いでください。

千切りしたい分だけ数枚重ねたら、クルクルと巻いて一つに丸めます。

そして包丁を持たない方の手で、丸めたキャベツが動かないように押さえながら、

端から細かく千切りしていきます。

 

この時のポイントは、包丁はまな板に対して垂直にし、

切るというよりは前に押し進めるようなイメージで行います。

キャベツは柔らかいので、手前から奥に進めるように切ると真っ直ぐきることができます。

さらに、包丁を同じ場所で動かし続けるように切ると、細かく千切りすることができます。

 

そして大切なのは、リズムです。

リズム良く切ることで同じ動きをすることができますし、

等間隔に切る目安にもなります。

最初はゆっくりでも良いので、同じリズムを心掛けるようにしましょう。

 

また、じゃがいもや人参の皮を剥くときに使用するピーラーでも、

薄く細かい千切りを簡単にすることができます。

やり方は簡単で、キャベツの葉に垂直になるように刃を当てて、スライスしていくだけです。

大きめのキャベツ用ピーラーも売っているため、ぜひ活用してみてください。

欠点としては、切ったキャベツが四方八方に散らばってしまうことや、

小さくなったキャベツは少しスライスしづらくなってしまうことです。

 

ののじ キャベツピーラー

このキャベツピーラーを使うと、

軽く引くだけでふわふわのキャベツの千切りを作ることができます。

切れ味に徹底的にこだわった、

1つ1つ丹念に磨き上げた本格刃付けの高精密刃が特徴です。

 

軽くて、中央のリングに指をかけて引くだけでいいので、余計な力も使いません。

キャベツの芯まで均一に極薄の千切りができ、スムーズにスライスができます。

カラーも3種類あるので、お好みのものをお選び下さい。





スポンサーリンク







キャベツを千切りして余ったときの保存方法と保存期間!

千切りしたキャベツは、切断面が多いため、

どうしても空気に触れてしまう部分が多くなります。

そのため、ラップをして冷蔵庫に入れていても、時間と共に変色し、味が落ちてしまします。

 

しかし、ひと工夫することで、

千切りしたあとでも長期間キャベツを保存しておくことができるのです。

 

方法は簡単で、レモンと酢を混ぜた水につけて冷蔵庫に入れておくだけで良いのです。

レモンや酢を加えることで、キャベツの酸化と変色を防止することができます。

さらに、その水を毎日交換するだけで1週間程度は変わらず保存が可能です。

 

ただ、このように水につけて保存していると、

キャベツのシャキシャキ感は残るので美味しく長期間食べられるのですが、

キャベツの栄養分が水に溶け出してしまうので、得られる栄養は低下してしまいます。

 

また、レモンや酢などの酸味が付いてしまうから嫌だという方は、

ただの水をタッパーなどに入れて、

それにキャベツを浸しておくだけでも数日は保存することができます。

また、ジップロックに入れて空気を最大限取り除くようにして保管する方法もあります。

 

もっと長期間保存したいという方には冷凍保存がおすすめです。

実は、キャベツは冷凍して保存しておくこともできるのです。

 

やり方としては、まず千切りにしたキャベツを1分程度水に浸しておきます。

水気をしっかりと切って、キッチンペーパーの上に乗せてさらに念入りに水気を切ります。

その後、ジッパー付きのビニール袋などに入れて、

極力空気を抜いてから冷凍庫に入れてください。

ここで空気をできるだけ抜くことで鮮度が長持ちしますので、頑張りましょう。

 

食べるときには、自然解凍して軽く水にさらしてください。

保存期間としては約2週間となります。

 

解凍後は生で食べることももちろんできますが、

解凍したキャベツは繊維が壊れてシャキシャキ感がなくなっているので、

少ししんなりした状態になります。

その代わり火の通りが良くなるので、

それに合った調理方法で食べることをおすすめします。

関連記事:古米が臭い!美味しく炊く方法は?日本酒やオリーブオイルがいい?





スポンサーリンク







キャベツの芯を取り除いて長期保存!

キャベツを丸ごと保存する場合には、芯を取り除いてから冷蔵庫に入れておくと、

より長く鮮度を保ち美味しく食べることができます。

 

キャベツは中心から育つ野菜なので、芯が付いたままだと常に成長しようとして、

葉の水分や栄養素を消費し続けてしまいます。

その結果、痛みやすくなり、味も落ちてしまうのです。

 

芯の取り方は簡単です。

まず、芯の横から斜めに包丁を入れます。

同じように、向きを変えながら数回差し込んでください。

あとは、芯をクルクルと回して引き抜くだけです。

包丁で芯を取るのが難しいという場合には、

キャベツの芯取り専用のグッズも販売されていますので、ぜひ活用してみてください。

 

そして、芯をくり抜いた後は、水で濡らしたキッチンペーパーを詰めます。

そうすることで葉の水分を保つことができ、みずみずしいまま保存することができます。

芯に詰めたキッチンペーパーをこまめに変えるようにすることで長期保存が可能です。

 

また、一度の料理で丸ごとキャベツを使わないというときには、

カットして使うのではなく、外側の葉からめくるようにして使っていくと良いです。

カットしてしまうとその切り口から水分が逃げてしまい、傷みやすくなります。

 

また、キャベツは寒冷地で育つ野菜なので、

保存するときには冷蔵庫の野菜室や冷暗所で、芯の部分を下にして置きましょう。

適切な保存方法をとることで、10日~2週間程度は新鮮に保存しておくことができますよ。

 

キャベツ芯取り器

大きなキャベツの芯を取るときに、

包丁を使うのは難しい、危ない、と思う方もいると思います。

 

この商品なら、キャベツの芯を簡単に取り除くことができるのでおすすめです。

芯の周りを数回刺すだけで、誰でも簡単、安全、スピーディーに、

きれいな円錐状に芯を取り除くことができるのです。

収納に便利な刃ケースも付いているので、キッチンに立てて収納することもできます。

関連記事:炊飯器内釜のはがれの原因は?健康に害はある?修理はできるの?





スポンサーリンク







最後に

キャベツは、料理の脇役としてどんな時にでも活躍してくれる野菜ですよね。

お肉のお供やサラダ、味噌汁などなど色々な場面で使える食材です。

 

上手に千切りをするにはコツを覚えて何度も練習することが重要ですが、

いくらコツを覚えても切れにくい包丁を使っていては同じこと。

まずは切れる包丁を用意して何度も挑戦してみてください。

 

そして、キャベツの保存方法や保存期間をマスターすることで、

いつまでも美味しくキャベツを食べることができます。

ぜひ、この記事を参考にして今日から試してみて下さい。

関連記事:玉ねぎで目が痛くならない方法!目が痛い理由や治し方についても詳しく解説!





スポンサーリンク






サブコンテンツ