ぶどうアレルギーの症状は?咳やじんましんが出る?検査方法は?

食欲の秋というように、

さまざまな食べ物が旬を迎える秋。

 

この時期、ぶどうも旬を迎え、

広い世代に人気の果物だといえるでしょう。

 

しかし、ぶどうを食べて、

食欲の秋を楽しみたいところですが、

ぶどうアレルギーなんてものが

存在することをご存知でしたか?

 

一般的には、あまり、ぶどうとアレルギーを

結びつけませんよね。

 

最近になって、ぶどうアレルギーが

注目されるようになりました。

 

今回の記事では、そんな、

ぶどうアレルギーの詳細を記事に

まとめてみました。

 

ぶどうアレルギーの症状は?

咳やじんましんが出るの?

ぶどうアレルギーの検査方法は?

 

こんなポイントに絞って、

解説していきますので、

ぜひ最後まで記事をご覧になってください。





スポンサーリンク







ぶどうアレルギーの症状は?

食品アレルギーは

“即時型“と“遅延型“に分かれます。

 

ぶどうアレルギーの症状は、“即時型“と

され、すぐに症状が出るのが特徴です。

 

そのため、症状が出たときに、

原因となる食べ物が特定しやすいです。

 

ぶどうアレルギーなら、ぶどうを食べて

15分ほど、すぐに症状が表れるはず。

 

ぶどうアレルギーの主な症状は、

 

口の周りや口腔が赤くなる

のどが痛い

嘔吐や下痢

じんましん

呼吸困難

 

このような5つの症状が挙げられます。

 

紹介した順番に症状が表れることが多く、

最初に、

口の周りや口腔内が赤く腫れてしまいます。

 

多くの場合、ここまでで症状で終わります。

 

ただし、アレルギー反応が強い場合、

ぶどうをたくさん食べてしまった場合、

のどの痛みや嘔吐・下痢といった症状を

起こしてしまいます。

 

重度のアレルギー反応として知られる

アナフィラキシーショックを起こすと、

呼吸困難を引き起こすことがあるので、

あまりに軽く考えてしまうのは危険です。

 

ぶどうを食べて、口の周り、

口腔内が赤く腫れたときには、

病院に行って

原因を特定するようにしましょう。

 

この場合、何科を受診すればいいのか

悩みますよね。

 

アレルギーといえば、耳鼻咽喉科や

皮膚科が一般的ですが、

内科でも診察を受けられます。

 

嘔吐や下痢、呼吸困難といった症状が

気になるようであれば、

内科のほうが

適切な対応を受けることができるでしょう。

 

食品アレルギーを疑うなら、

内科を受診することをオススメします。





スポンサーリンク







ぶどうアレルギーで咳がやじんましんが出る?

ぶどうアレルギーは即時型に分類される

アレルギー症状となります。

 

即時型のアレルギー症状は、

皮膚・粘膜・消化器・呼吸器と

幅広い部位に及ぶことがあります。

 

アレルギー症状が、

 

呼吸器に表れる場合

 

皮膚に表れる場合

じんましん

 

というように分類することができます。

 

ぶどうに限らず、果物アレルギーの原因は、

果物に含まれるたんぱく質にあります。

 

血中に含まれるアレルゲンが、

果物のたんぱく質に反応することで、

体のさまざまな部位に

拒否反応が表れるのです。

 

本来は、毒などの危険を察知する

機能として人体に備わっているアレルゲン。

 

過剰に反応してしまうことで、

ぶどうにもアレルギー症状を引き起こして

しまいます。

 

しかし、ぶどうアレルギーのほとんどの場合、

口周りや口腔内に違和感を覚えるはず。

 

咳・じんましんといった症状を

起こしていた場合、

口周りや口腔内をみて赤く腫れていないか、

必ず確認するようにしましょう。

関連記事:トマトアレルギーで舌がピリピリ痛い!加熱すれば大丈夫?





スポンサーリンク







ぶどうアレルギーの検査方法は?

ぶどうアレルギーには三種類の検査方法が

あり、

 

血液検査

食品負荷試験

皮膚プリックテスト

 

主に、このような方法で検査されます。

 

血液検査では正確に食品に対する反応を

知ることができますが、

過敏に反応しすぎることが多いようです。

 

本来はアレルギー症状がない食品にも

反応するようなので、

参考程度にしておくといいでしょう。

 

検査結果を間に受けてしまうと、

何を食べていいのか分からないというほど、

多くの食品に対して

アレルギー反応が出てしまうことがあるそうです。

 

食品負荷試験は、医療機関で実際に

少量の食品を食べてみて

反応をみる検査となります。

 

もっとも確実にアレルギー反応を

見ることができますが、

アレルギー症状が出たときには

苦痛を伴います。

 

しかし、医師によって、

すぐ適切な処置を受けることができるため、

安全性は確保されているといえるでしょう。

 

以前はアレルギー症状が出ていたけど、

時間の経過や成長によって、

アレルギー反応が出なくなることもあり、

そういう場面で用いられる検査方法です。

 

皮膚プリックテストは、もっとも手軽で

簡単にできる検査方法です。

 

食品を皮膚に貼ってパッチで固定して、

そのまましばらく放置、

そして、皮膚の反応からアレルギー反応を

みるといったプロセスで検査が行われます。

 

安価にできて、安全性も確保された

検査方法ですが、

血液検査と同様で、過敏に

検査結果が出てしまうこともあります。

 

しかし、その手軽さから、

食品アレルギーの検査では

用いられることが多い検査方法となります。

 

その場ですぐに検査結果が分かるところも、

皮膚プリックテストが

重宝されているポイントです。

 

実際には、医師との話し合いのうえで、

検査方法が決められます。

 

事前にこのような検査方法があることを

理解しておくと、

話し合いもスムーズに

進めることができるでしょう。

関連記事:手のひらのほくろはメラノーマ?初期症状や治療法を徹底解説!





スポンサーリンク







最後に

ぶどうアレルギーの一般的な症状を中心に、

具体的に咳やじんましんといった症状、

さらには

検査方法まで解説させて頂きました。

 

気になるようであれば、

まずは内科の病院に行って、

ぶどうアレルギーなのか確かめましょう。

 

皮膚プリックテストを受ければ、

簡単に判別できるはずです。

 

アレルギー症状があるのに、

食べてしまっては、

深刻な症状を引き起こしかねません。

 

ぶどうアレルギーの症例の多くは

1~3歳の子供です。

 

そして、成長に伴い、

自然にアレルギー症状は出なくなって

いくことが多いです。

 

適切に、ぶどうアレルギーと向き合って

いきましょう。

関連記事:玄米子供は何歳から?成長や身長に影響する?消化やアレルギーは大丈夫?





スポンサーリンク






サブコンテンツ