手の甲に蕁麻疹が!原因はストレスや疲れ?かゆくないのは別の病気?

みなさんは手の甲に蕁麻疹ができて、

不安になったことはありませんか?

原因がわからないと不安になってしまいますよね。

 

今回の記事では、手の甲にできた

蕁麻疹について、

徹底的にリサーチをしてまとめました。

 

 

ストレスや疲れによって起きる蕁麻疹を

はじめ、

ウイルス性によって引き起こされるもの、

色々な原因の蕁麻疹を紹介していきます。

 

手の甲に蕁麻疹ができたけど、

かゆくないといった症例もあります。

 

蕁麻疹は原因特定が難しい病気と

されており、

素人の私たちが判断すると症状悪化が

進行してしまうかもしれません。

 

記事を読んで、あなたの手の甲にできた

蕁麻疹の症状を改善していきましょう。





スポンサーリンク







手の甲に蕁麻疹ができる原因はストレス?

手の甲の蕁麻疹が原因特定の難しい

病気といわれる理由に、

心因性のストレスによって起きることが

挙げられます。

 

あまり蕁麻疹の原因に、

あまりストレスを思い浮かべませんよね。

 

しかし、意外に、手の甲の蕁麻疹の原因が

ストレスであることは多いみたいです。

 

原因がストレスの場合だと、

本人の日常生活や気持ちに由来するため、

医師に相談しても、根本的な原因を

特定することが難しくなります。

 

手の甲の蕁麻疹と聞くと皮膚にできる

症状なので、

皮膚科で受診することになります。

 

しかし、ストレスが原因だったら、

心療内科・精神科のカウンセリングを

受けるべきですよね。

 

手の甲の蕁麻疹は1日もあれば、

症状が回復することがほとんどです。

 

そのため、わざわざ蕁麻疹が原因で、

心療内科・精神科を受診する人は少ない

でしょう。

 

こういった理由が、手の甲の蕁麻疹の

原因を特定するのが

難しいといわれる所以となります。

 

ストレスの自覚症状があり、

ストレスの原因が自分で分かっている

ようであれば、

自分の力で解決することができるかも

しれませんよね。

 

ただし、ストレスの自覚症状がない人は

怖いですよね。

 

蕁麻疹の症状が治らない

たびたび蕁麻疹が起きる

 

このように蕁麻疹でお困りのようで

あれば、

心療内科・精神科を受診することを

オススメします。

 

手の甲の蕁麻疹は心因性のストレスに

よって起きることを覚えておきましょう。





スポンサーリンク







手の甲に蕁麻疹ができる原因は疲れ?

心因性のストレス以外に、

体に溜まった疲れが手の甲の蕁麻疹を

起こす可能性もあります。

 

疲れは自覚症状があることが多いので、

心因性のストレスよりは原因特定と改善が

しやすいものだといえるでしょう。

 

ただし、疲れといえども、自覚症状のない

場合もあるので注意が必要です。

 

みなさんも経験があると思いますが、

気を張っているとき、

集中しているとき、

不思議と疲れは感じづらくなります。

 

自覚症状がなくても、

体は悲鳴をあげていることもあるのです。

 

そして、体に疲労が溜まる原因に、

内臓機能の低下を挙げることができます。

 

その場合、事態は深刻になりがちなので、

早めに病院に行って、

治療をすることが大切になります。

 

手の甲に蕁麻疹ができて、

疲れが溜まっていないか、

本当によく考えてみてください。

 

疲れを溜めないような生活をするため、

しっかりと休息をとって、

睡眠時間を確保するようにしましょう。

手の甲に蕁麻疹ができる他の原因は?

手の甲にできる蕁麻疹の多くは、

上で紹介した

ストレスと疲れによる原因のものです。

 

しかし、そうではない場合もありますので、

それ以外の原因の

蕁麻疹を紹介していきます。

 

場合によっては、

命の危険にまで及ぶものもあるので

注意が必要です。

 

手の甲の蕁麻疹といえども、

侮れない側面があることも、

これから紹介する手の甲の蕁麻疹に

まつわる病気を知って覚えておきましょう。

 

アレルギー性蕁麻疹

蕁麻疹の原因でアレルギー性のものは、

かなり多いです。

 

アレルギー反応が強く出る場合には、

呼吸困難を引き起こし、

深刻な事態に陥ることもあります。

 

アレルギー性の蕁麻疹は、

原因物質によって引き起こされます。

 

ただし、原因物質は人それぞれなので、

アレルギー性蕁麻疹を起こした場合には

原因物質を特定しなければなりません。

 

主な原因として挙げられるのが、

 

食べ物の場合

小麦・蕎麦、乳製品・卵・落花生

魚・甲殻類・果物など

 

動植物の場合

猫・虫・カビ・ゴム

 

その他にも

薬剤・金属・ホコリ

 

このように、さまざまなものが考えられます。

 

原因物質が特定できたなら、

その食べ物を摂取しない、

日常生活から排除する、

といったことで症状の改善を図れます。

 

感染性蕁麻疹

風邪や嘔吐・下痢といった症状を

起こす細菌・ウイルスが

注目されがちですが、

皮膚炎を引き起こすものも存在する

ことも覚えておきましょう。

 

雑菌によって起きた蕁麻疹であれば、

薬による治療が効果的となります。

 

ウイルスによって起きた蕁麻疹であれば、

現在の医学では、

効果的な薬は開発されていません。

 

そのため、症状を緩和するための投薬を

続けることになります。

 

物理性蕁麻疹

こちらは、肌に対する物理的な刺激に

よって、

引き起こされる蕁麻疹となります。

 

主な刺激として挙げられるのが、

下記のものです。

 

擦れ

温度差

発汗

日光

 

一般的には急性蕁麻疹という部類に

分けられ、

数時間から1日で症状が

回復することが多いことが特徴です。

 

そのため、医療機関での診察を必要と

しないでしょう。

 

蕁麻疹ができ、

その日の生活を振り返ったとき、

肌・皮膚に、

このような物理的な刺激があったのなら

物理性蕁麻疹が疑われます。

 

慢性蕁麻疹

特に原因・病名を特定するものではなく、

長期間に渡って、

蕁麻疹が治らないものを

総じて慢性蕁麻疹と呼びます。

 

上で紹介した急性蕁麻疹と対極に位置する

ものといえます。

 

原因を特定するものではないので、

上で紹介したものが原因となり、

蕁麻疹が慢性化してしまったものです。

 

ストレス

疲れ

アレルギー

雑菌

ウイルス

 

慢性化した場合は、

特に原因を追究することが必要となります。

 

決まった時間に症状が悪化して、

強いかゆみを覚えることもあるそうです。

 

アレルギー・雑菌・ウイルスが原因ではない

場合は、

心療内科・精神科を受診するべきでしょう。





スポンサーリンク







手の甲の蕁麻疹でかゆくないのは別の病気?

手の甲の蕁麻疹には、

かゆみが伴うものだと思い込んでいる

人も多いでしょう。

 

多くの蕁麻疹には、

確かに、かゆみを伴います。

 

蕁麻疹とかゆみをセットだと考えている

人にとって、

手の甲の蕁麻疹にかゆみがないと、

別の怖い病気なのではないかと不安に

感じてしまいますよね。

 

上で紹介した蕁麻疹のうち、

「物理性蕁麻疹」の場合は、

かゆみを伴わないことが多いです。

 

肌・皮膚に物理的な刺激が

加わったことで、

かゆみを感じる組織が損傷して

しまうのです。

 

とくに日光があたることで、

かゆみを感じる組織が損傷する

ことが多いようですよ。

 

みなさんも記憶にあると思いますが、

短時間で

日焼けすると真っ赤になります。

 

そうすると、強いかゆみを覚えますよね。

しかし、

さらに深く思い出してみてください。

 

日焼けをして、

すぐに肌・皮膚は赤くなるのに、

かゆみの感覚には時間差がありますよね?

 

日焼けをすると、

かゆみを感じる組織が損傷して、

回復するまでに時間がかかります。

 

だから、日焼け後にかゆみを感じる

組織の修復が行なわれると、

時間差を置いて、

私たちにかゆみを感じさせるのです。

 

つまり、かゆみを感じない蕁麻疹は、

直接的な刺激によって、

肌・皮膚のかゆみを感じる組織が

一時的に機能していないだけなのです。

 

また、手の甲に蕁麻疹の様な湿疹ができて、

かゆくない場合、

蕁麻疹以外の他の病気の可能性があります。

 

具体的には、

マラセチア毛包炎

(まらせちあもうほうえん)

ジベルばら色粃糠疹

(べじるばらじべるばらいろひこうしん)

といった感染症が挙げられます。

 

いずれもウイルス・細菌に感染することで、

発症する病気です。

 

手の甲に湿疹ができて、痒くない場合は、

これらの病気の可能性もあるので、

症状の長期化があるようでしたら、

皮膚科に受診をするようにしましょう。

関連記事:寒冷蕁麻疹に効く市販薬は?飲み薬と塗り薬について徹底解説!

手の甲の蕁麻疹におすすめの市販薬3選!

蕁麻疹ができたとき、

軟膏を塗ることで症状を早く

治すことができるでしょう。

 

気になるかゆみも抑えることが

できるはずです。

 

そんな蕁麻疹のときにオススメの

市販薬を紹介しますので、

ぜひ参考にして、

購入してみては如何でしょうか。

 

 

蕁麻疹だけでなく、幅広い皮膚の

トラブルに使える軟膏となります。

 

効果は高いですが、

肌・皮膚への刺激は強いため、

デリケートゾーンや顔に塗ることは

できません。

 

そして、水虫のような

細菌・ウイルスによる感染性の症状に

効果が弱いことも覚えておきましょう。

 

 

こちらは上記で紹介した商品よりも

肌・皮膚への刺激が弱めに

調整されているので、

顔やデリケートゾーンにも使える

軟膏となります。

 

汎用性が高く、使い勝手に

優れる軟膏だといえるでしょう。

 

 

上で紹介した軟膏とは違い、

こちらは内服薬となります。

 

そのことから、

かゆみが強いようであれば、

上で紹介した軟膏と併用することで、

かゆみを抑制する効果を高めることが

可能です。

 

ただし、他の病気・症状で、

別の薬を内服している場合、

こちらを内服してはいけません。

関連記事:蕁麻疹が治らない!長引く原因は?柔軟剤やストレスがよくない?





スポンサーリンク







最後に

手の甲に蕁麻疹の原因を探り、

ストレスや疲れによるものが

多いことを紹介しました。

 

かゆくない手の甲の蕁麻疹は

別の病気なのか?

そんなポイントも解説して

おきましたので、

ぜひ参考になさってくださいね。

 

おすすめの対応としては、

1日は様子をみて、

症状が改善しないようなら、

 

病院に行くことが望ましいです。

記事のなかでは、心境内科・精神科を

挙げましたが、

まずは皮膚科を受診しましょう。

 

それで心因性のストレスによる原因だと

分かれば、

心療内科・精神科を

受診するのも良いでしょう。

 

手の甲の蕁麻疹アレルギー性だった

場合、

患部は拡大していく可能性もあるので、

早めに対応することをオススメします。

 

軟膏などに頼って、症状を緩和するのも

良いですが、まずは手の甲の蕁麻疹の

原因を付き止めて、

抜本的に問題を解決していきましょう。

 

あなたの手の甲の蕁麻疹に、

ぜひ記事で書いたことを役立ててください。

関連記事:梨アレルギーで腹痛・喉のイガイガ・蕁麻疹が出る?治し方は?





スポンサーリンク






サブコンテンツ