二礼二拍手一礼の読み方!なぜするの?お願い事のタイミングは?

神社でのマナーとなる二礼二拍手一礼。

みなさんは正しく神社で参拝することは

できますか?

 

そもそも漢字が並んでいるので、読み方も

悩みますよね。

 

そもそもの話の基となる二礼二拍手一礼の

読み方を紹介します。

 

「なぜするの?」

 

この神社の礼節にまつわる当然の疑問から、

正しいお願い事のタイミングまで、

神社のマナーの不思議を解説していきます。

 

最近では、御朱印集めのブームで各地の

神社巡りをされている方も多いでしょう。

 

初詣や七五三など、神社を参拝する機会が

ある方も多いですよね。

 

神社・神道は古くから日本に伝わる独自の

宗教といえます。

その文化や風習を正しく理解しておくのも

大切なことですよね。

 

ぜひ記事を通して、正しい神社での礼節を

覚えておきましょう。

そして、記事で得た知識を広めて下されば

嬉しく思います。




スポンサーリンク






二礼二拍手一礼の読み方と方法

それでは、まずは二礼二拍手一礼の正しい

読み方を紹介します。

 

「にれいにはくしゅいちれい」

 

そのままですよね。

 

神社に参拝するときの正しい礼儀作法と

される礼と拍手となります。

 

その方法も言葉の指す通りです。

神前に立ったとき、

 

1.二度の礼をする

2.二度のかしわ手を打つ

3.最後に一度だけ礼をする

 

こちらも、そのままとなります。

二拍手が二度のかしわ手を意味するのを

押さえておけば大丈夫です。

 

そのままなので、簡単に覚えられます。

 

神社の標準的といえる礼儀・作法ですが、

それぞれの神社によって、

二礼二拍手一礼じゃない神社もあります。

 

出雲大社や宇佐神宮では、

二礼四拍手一礼となることも、合わせて

押さえておきましょう。

 

ちなみに、神社のみの礼儀・作法となる

ことも忘れちゃいけません。

 

お寺・寺院と神社を同じようなものだと

考えている人は多いのかもしれません。

 

しかし、神社は神道、寺院・お寺は仏教、

それぞれ異なる宗教なのです。

そのために、礼儀・作法が異なることも

合わせて覚えておきましょう。




スポンサーリンク







二礼二拍手一礼はなぜするの?

なぜ二礼二拍手一礼をするのでしょうか。

その理由について紹介していきます。

 

その答えは、

神様への敬意と感謝を表すため

邪気を払うため

神様に訪問したことを知らせるため

 

このように考えられています。

 

最初の二礼では、神様への敬意と感謝を

示します。

そのため、会釈では15度、敬礼は30度、

最敬礼で45度と言われていますが、

神様に対しては90度の深い礼をします。

 

次の二拍手では、音によって邪気を払う

と考えられています。

 

このとき、一般的なかしわ手とは違い、

右手を少し下げ、

両手を合せないようにします。

 

左手は神様を表現して、右手は人間を

表しています。

右手を下げて、かしわ手を打つことで、

神様を立てるという意味もあります。

 

ここでも、神様に敬意を表するのです。

 

そして、二拍手には別の意味もあり、

「神様と人は一体となっていない」と

いった意志があるのです。

 

二回のかしわ手を打つことで、神様と

一体になれるとも考えられています。

そうすることで、神様へ参拝した者の

気持ちが伝えられるのです。

 

神様に訪問したことを知らせるのは、

普段は、神様は本殿にいるためです。

 

神様に私たち人間に当てはめるのも、

失礼は話なのかもしれませんが、

玄関にお客様が来ても、家の中からは

なかなかお客様に気づきませんよね。

 

「ごめんください」と声を上げたり、

インターホンを鳴らします。

 

そうすることで、はじめて、お客様の

存在に気づいて出迎えますよね。

二拍手には、インターホンのように、

神様を呼ぶという意味があるのだとも

考えられています。

 

もし、参拝するであれば、お願い事が

あるのであれば、

やはり、神様に聞いてもらなければ、

意味がないものになってしまいます。

 

二礼二拍手一礼にこれだけの意味がある

ことに驚きですよね。

意味を知れば「実践しなきゃ!」という

気持ちも強くなってきます。

 

これからは神社に参拝するときは、必ず

二礼二拍手一礼をしましょう。

お願い事が本当に叶うかもしれません。



スポンサーリンク






二礼二拍手一礼のお願い事のタイミングは?

二礼二拍手一礼でお願い事をするべき、

そのタイミングは二通りあります。

どちらが正しいのか、本当のところは、

誰にも分かりません。

 

一つ目は、二礼のあと、二拍手のまえと

いう説です。

 

二つ目は、二礼二拍手のあとで、最後の

一例のまえという説です。

 

みなさんはどちらを信じますか?

 

しかし、二拍手の意味には、邪気を払い、

神様を呼んで、神様と一体となることが

込められていると紹介しました。

 

物事の順序で考えるなら、二つ目として

紹介した、

二礼二拍手のあと、最後の一礼のまえと

いえるのではないでしょうか。

 

せっかく参拝しても、神様がいないのに

お願い事をしても仕方ないですよね。

神様の私たちの声を届けることが大切に

なると思われます。

 

諸説あるのは事実ですが、

当記事では、二礼二拍手のあと、最後の

一礼のまえ、

そのタイミングでお願い事をすることを

オススメします。

 

どちらの説を信じて行動・実践するのか、

それは、みなさん次第です。

二礼二拍手一礼におすすめの神社グッズ3選!

みなさんは神社に参拝するのに、どんな

グッズを思い浮かべますか?

 

何も考えず、手ぶらで行くのもいいです。

しかし、参拝されるのであれば、形から

入ってみても面白いと思います。

 

神社におすすめのコーディネート、

さらに、お供に持っていきたいグッズを

紹介していきます。

 

ぜひ神社への参拝をする予定があれば、

紹介するグッズを参考になさって下さい。

 

 

神社といえば、和装が似合いますよね。

甚平は楽に着用できて、神社参拝するのに

おすすめのコーディネートです。

 

着用するのは夏場に限定されますが、安い

価格で購入できるのも魅力的!

お祭りにも合うし、参拝以外では部屋着と

しても重宝するでしょう。

 

 

春先、秋口、重ね着をすれば冬でも活躍!

男性向けの着物セットとなります。

値段も手頃で買いやすい価格帯ですよね。

 

和服を着用する男性を見掛けませんが、

大胆なコーディネートをしてみましょう。

神様のあなたへの印象も変わるかも?

 

今年の初詣は、和装にチャレンジしては

如何でしょうか。

 

 

女性の着物って値段が高い印象があるかも

しれませんが、

手頃な価格で購入できるのもあるんです。

 

神社コーデとして、めっちゃ最高ですよね。

異性の視線を釘付けにすることでしょう。

神様の視線だって、釘付けにできるのかも

しれません。

お願い事の叶う確率も大幅アップでしょう。

関連記事:二礼二拍手一礼の起源はいつから?お寺でもする?



スポンサーリンク








最後に

二礼二拍手一礼の読み方から始まり、

「なぜするの?」といった疑問まで解決を

してきました。

 

お願い事のタイミングも大丈夫ですよね?

 

そんな深い意味があることを知っている

人は少ないでしょう。

すなわち!

ドヤ顔で説明できるというものです。

 

知り合いと神社に参拝する機会があるので

あれば、自信満々に語ってやりましょう。

 

二礼二拍手一礼といえば、やはり、和装が

良く似合いますよね。

ハードルは高く感じるかもしれません。

しかし、思い切ってチャレンジするだけの

価値はあると思いますよ。

 

せっかく神様に想いを伝えに行くのなら、

神社に行くときのコーディネートにまで

似合うものにしては如何でしょう。

 

きっと、神様も喜んでくれるはずです。

神道・神社が日本に古くから伝わる伝統と

いうなら、和装だって同じことですよね。

 

先祖さまたちが残してくれた風習・文化を

大切にしていきたいものです。

ぜひ和装にチャレンジしてみて下さいね。

関連記事:神社の参拝時間は朝・夜・夕方のどれがいい?お寺の場合は?



スポンサーリンク


サブコンテンツ