神社の参拝時間は朝・夜・夕方のどれがいい?お寺の場合は?

神社への参拝は、日本人の生活に根付いているもので、

初詣以外にも訪れることは多いと思います。

 

しかし、神社の参拝は、行く時間によって効果が変わる、

参拝時間は作法で決められているなど、さまざまな謂われがあります。

具体的に言うと、朝行けば運気が上がり、夜に行くと下がるというような話です。

 

神社への参拝にベストな時間というのはあるのでしょうか。

実際のところ、どの情報が正しいのか悩む方も多いと思います。

今回は、神社への適切な参拝時間とその理由、

さらにお寺の場合も併せて詳しく解説していきます。




スポンサーリンク






神社への参拝時間はいつが良い?

では、早速神社への参拝時間についてお話していきますが、

結論から言うと、神社への参拝時間は朝、もしくは午前中に行くのが良いです。

6時~14時くらいまでがいい参拝時間とされており、

特に6時~9時の間の朝の時間帯がベストとされています。

夕方ではもう遅いということですね。

 

そして、できれば雨や曇りの日を避けて、

晴天の日に訪れるとより運気も上がると言われています。

 

多くの神社はパワースポットでもあるため、朝に行くことで運気も上がり、

身も心も軽やかになるのが肌で感じることができるでしょう。

 

しかし、夕方や夜に訪れたからと言って運気が下がってしまうといった

マイナス効果があるわけではありませんので安心してください。

あくまでもより良い時間が午前中という意味です。

 

また、特に良いとされている6時~9時の朝の時間帯は、

早朝の清浄な空気を存分に感じることができる他、

神社の人通りも少なく雑念が少ない状態でお参りすることができます。

 

特に有名な神社やパワースポットでは、

昼前後の時間帯だと、訪れる人も多くゆっくり参拝できる時間も少ないと思います。

より静かな状態で、神様に日頃のお礼を伝えられるのが

朝に参拝する良いところということなんですね。




スポンサーリンク







神社への参拝はどうして朝が良いの?

確かに、午前中の気持ちいい日の光を浴びながら参拝するのは

気分がいいことだろうと思いますよね。

気持ちも晴れやかになれそうです。

 

しかし、具体的になぜ朝が良いのか、と言うと

その理由は東洋の思想や風水による陰陽道から来ているようです。

「陰と陽」の考え方と言うと少し馴染みがあるかもしれませんね。

 

1日を四季に置き換えると、6時~12時が夏、12時~18時が秋、

18時~0時が冬、0時~6時が春とされます。

そして、さらに陰と陽の考え方にあてはめると、夏と秋は陽、冬と春は陰となります。

 

もっと細かく分けて行くと、

夏が「陽の陽」、秋が「陽の陰」、春が「陰の陽」、冬が「陰の陰」とされており、

陽の時間帯は活動すべき時間、陰は休息すべき時間と考えられているので、

神社への参拝は「陽の陽」とされている時間である6時~12時がベストなのです。

 

陰と陽と聞くと、何となく陽の方が明るく晴れやかなイメージがありますよね。

しかし、陰の時間も人間にとってとても大切で、

脳や身体には休息する時間が必要になります。

それが、夕方から夜にかけての陰の時間帯の役割に当たります。

 

つまり、それぞれの時間帯に沿った過ごし方が良いということですね。

朝の参拝が良いとされているのは、

人間の本来の自然な過ごし方を考慮してのことでした。

 

御朱印帖 麻

寺社、仏閣巡りや初詣、お遍路のお供にはこの商品がおすすめです。

麻でできたナチュラルな風合いが特徴の御朱印帖。

中身は蛇腹式となっており、表裏で48ページあります。

デザインもオシャレで可愛らしいのが魅力的。

 

厚めの和紙を使用しているため、裏移りしにくくなっているのも特徴。

小さめのサイズなので、旅行やお出かけの際に手に持っていても、

バッグに入れておいても邪魔になりません。

寺社仏閣巡りの際に1冊もっておくと大変便利です。



スポンサーリンク






神社への参拝時間、夜や夕方はダメなの?その理由は?

神社への参拝時間は午前中が一番良いというのは理解されたと思いますが、

毎回都合良く朝の時間を作れるとは限りませんよね。

そんなときに気になるのは、

神社へお参りに行く際、夜や夕方ではどうしてもダメなのか、ということです。

 

これについては諸説あるため、意見が分かれることもあるようですが、

夕方以降に神社へ訪れると、

陰の気が満ちて邪気や余念に取り憑かれやすくなると考えられています。

 

また、神社は神様の家とされているため、

夜に神様の家に伺うのは失礼にあたるとも考えられているようです。

他人の家庭でも夜に家を訪れるのは控えるべきと考えられているのと同じことですね。

 

しかし、実は夜の時間帯は神様により近づける時間帯でもあります。

お百度参りなども夜の時間帯に行われますし、お祭りが開催されるのも夜が多いですよね。

丑の刻参りがされるのも夜、といったように想いの強い願い事の際には、

より神様に近づける時間帯として、あえて夜に参拝することもあるそうです。

 

ですが、暗くなるとそれだけ犯罪などの危険性も高くなりますので、

人気の少ない神社を訪れる際には少し注意が必要です。

そう考えると、やはり午前中の晴れている時間帯の方がいいかもしれません。

神社・お寺の違い。お寺の場合のお参り時間は?

神社の参拝時間について学んだところで、

続いてはお寺についてです。

 

そもそも、神社とお寺はどう違うのでしょうか。

どちらもお参りする場所だということに代わりはないのですが、

実は神社とお寺では信仰している宗教が全く違います。

 

まず、外観で言うと、神社には鳥居があります。

神社は「神道」に属しており、日本の神様が祀られているのです。

その中でも、神宮と照合のついた建物は特に格式高い神社とされています。

日本において、神道の起源は仏教よりも歴史が古く、

また外国が起源のお寺とは違い、神道は日本だけの宗教なのです。

 

そして、鳥居ではなく、山門があるのがお寺です。

本殿に仏像が置いてあり、それをご本尊として崇拝するのが仏教になります。

神社の神道とは違って、はっきりとした規律が存在するのが特徴です。

また、神社では参拝する時に御神体を拝み見ることができないのですが、

寺院ではご本尊を拝み見て祈りを捧げることができます。

 

さて、お寺の場合の適した参拝時間についてですが、

基本的に神社の場合と考え方は変わりません。

朝日を浴びて清らかな心で参拝するのが良いとされているため、

午前中が適しているとされています。

 

日没以降は邪悪なものが寄って来やすいとされていますが、

寺院の山門には外の世界と寺院を区切る結界のような役割がありますので、

必ずしも日没後に邪悪なものが入ってくるという考え方は正しくありません。

 

従って、夜にお参りしても問題はないのですが、

基本的にお寺を利用できる時間帯は6時頃~17時頃までが一般的になります。

お寺が開いていなければ、それまでですね。

 

いま観るべきお寺と神社

いまこそ観に生きたいお寺や神社の情報が盛りだくさん!

全国1500を超える寺社を歩いてきた著者が描いた、

いま観ておきたいお寺や神社を案内する画期的なガイドブックになっています。

 

創建周年を迎える寺社や長期にわたる修理を経て新たな景観を見せている寺社、

ゆかりの人物のメモリアルイヤー、その由来から話題になりそうなタイミングまで、

余すことなく楽しむことができます。

関連記事:二礼二拍手一礼の起源はいつから?お寺でもする?



スポンサーリンク








最後に

なんでもない日の参拝ならば良いですが、初詣などのイベント時になると

朝からお昼にかけてはお参りに行く神社が車や人で大混雑している、

という光景をよく目にしますよね。

 

理想を言えば、午前中に参拝に行くのが適していますが、

夕方以降に訪れたからといって何か悪いことが起きるわけではありません。

 

ただし、夕方以降、特に夜の参拝は犯罪などの危険性も高まりますので、

それは心に留めておきましょう。

関連記事:喪中で神社の参拝はいつまでダメ?お寺ならいいの?



スポンサーリンク


サブコンテンツ