炊飯器内釜のはがれの原因は?健康に害はある?修理はできるの?

皆さんは炊飯器の性能に満足していますか?

機能に優れた炊飯器を使っていても、

どうしても気になるのが内釜の金属はがれですよね。

 

炊飯器の内釜がはがれているということは、

私たちが口にするご飯にも、

金属が混ざっている可能性があるということです。

 

それって健康に害はないのでしょうか。

 

見過ごしがちかもしれませんが、

何気に日常生活で気になるポイントではないですか?

 

結論から申し上げると大丈夫です。

 

しかし、なぜ大丈夫だと言い切れるのか、

そんなところを詳細に記事にまとめてみました。

 

修理はできるものなの?

どのように対応するべきなの?

 

考え出すと次々に疑問が湧いてきて、

尽きることがありませんよね。

 

もちろん、そこもポイントを押さえていますので、

最後まで記事をご覧になって下さい。

 

きっと貴方が抱えている問題が解決できるはずです。

ぜひ記事にまとめた内容を参考にしてみてくださいね。




スポンサーリンク






炊飯器内釜のはがれの原因は?

炊飯器の内釜のはがれの原因は、プライパンや鍋でも

お馴染みのフッ素加工が採用されているためです。

 

フライパンや鍋も、フッ素加工のものを使っていれば、

そのうちにフッ素加工の効力が弱くなっていくことを

実感しますよね。

同じことが、炊飯器の内釜にも起こっているのです。

 

一日に数回に渡って、炊飯器を使ってご飯を炊く家庭も

少なくないでしょう。

使用頻度の高さも、炊飯器の内釜の金属はがれを起こす

要因になっているのです。

 

もちろん、日頃からの使い方や手入れの方法も、

炊飯器の内釜の金属はがれを加速させる原因となります。

 

金属製の器具(おたま・スプーン等)を使う

たわしでゴシゴシと磨いてしまう

洗うときに研磨剤を使う

酸性の洗剤を使う

炊き込みご飯を炊く

 

こうした使い方が炊飯器の内釜の寿命を縮めてしまう

ことも覚えておきましょう。

 

しかし、使い方が悪いことが全てで、炊飯器の内釜が

金属はがれを起こすのではないのです。

 

一般的に炊飯器の内釜の製品寿命3年と言われており、

製造しているメーカーが

保証期間として3年に設定していることが多いです。

 

どれだけ大切に扱っても、3年で製品寿命を終えてしまう

ものだという認識をもっておきましょう。




スポンサーリンク







炊飯器内釜のはがれで健康に害はある?

炊飯器の内釜の金属はがれ、健康に害はないと

されています。

しかし、内釜の金属がはがれれば、間違いなく

ご飯に混ざりますよね。

 

何を根拠に大丈夫だと言われているの?

その根拠となるところを紹介していきます。

 

炊飯器の内釜はフッ素加工されていることは、

上にも書きましたが、

フッ素が固体から液体化する温度がその根拠に

なっているのです。

 

フッ素が溶けるのに必要な温度は300℃なので、

絶対に人体には吸収されることはなく、

確実に体外に排出されます。

 

しかし、炊飯器の内側にはフッ素以外の金属も

用いられていますよね。

 

そこで代表的な金属が溶ける温度も調べてみましたので、

参考になさってください。

 

アルミは約600℃

鉄は約1500℃

銅は約1000℃

ステンレスは約1400℃

 

私たち人間の体温は100℃以上になることはないので、

胃で消化・吸収されて体内に摂取されることはないです。

 

この事実が、炊飯器の内釜の金属はがれをして、

口に入れ、食べてしまっても健康に害はないことの根拠に

なっています。

 

確かに安全性が確保されていなければ、製品として

世の中で製造・販売されているわけはありません。

 

その背景には、このような事実に裏付けされた理屈が

存在したのです。



スポンサーリンク






炊飯器内釜のはがれは修理できるの?

炊飯器の内釜の金属はがれ、

その対応には三つの方向性を挙げることができます。

 

炊飯器そのものを買い換える

炊飯器の内釜だけを購入する

炊飯器の内釜の金属はがれを修理する

 

この三点で気になるのが、

三番目の「炊飯器の内釜の金属はがれを修理する」

ではないでしょうか。

 

修理するという発想はなかったかもしれませんが、

実際に修理することも可能なのです。

 

まずは順に、上の炊飯器そのものを買い換えるという

方向から紹介していきますね。

 

炊飯器そのものの製品寿命は10年と言われていますが、

内釜が金属はがれしている状態では、

本来の性能を発揮できる状態ではありません。

 

技術も進み、

今どきの炊飯器は機能面も進化していますので、

買い換えるという方向性も選択肢に入れましょう。

 

次に、炊飯器の内釜だけをメーカーに手配して

購入するという方向性です。

 

炊飯器のメーカーやグレード次第で内釜の金額も

変わってきますが、

おおよその目安として10,000~20,000円で

購入することが可能のようです。

 

例えば、3年使って内釜が金属はがれを起こし、

残りの炊飯器そのものの製品寿命を7年と見込めるなら、

必要な出費だと考えることもできますよね。

 

最後に、炊飯器の内釜を修理するという方向性です。

この選択肢を受け付けているメーカーはほぼ皆無なので、

フッ素加工を専門的に

扱っている業者に依頼することになります。

 

平均的な相場は2,000~5000円ほど、

三つの選択肢の中でも最もコストのかからない

選択肢だといえるでしょう。

 

ただし、専門業者を探して発送する手間、

さらに、修理して内釜が返ってくるまで二週間ほどの

時間がかかるため、

その期間は炊飯器が使えないといった不便さがあります。

 

修理を請け負う専門業者に依頼すると、内釜が新品の

ようになって返ってきます。

 

特に修理に要する時間がネックとなりますが、

抜群のコストパフォーマンスを発揮してくれる方法だと

いえるでしょう。

内釜にこだわった炊飯器オススメ3選!

内釜の金属はがれを諦め、新しく炊飯器の購入を

検討している方に、

炊飯器のおすすめ人気モデルをご紹介します。

 

例えば、内釜を修理依頼するのに、返ってくるまでの

約二週間をつなぐため、

価格が安めの炊飯器を購入するのも有効な手段です。

 

いずれも見逃せない炊飯器となっていますので、

ぜひ買い替えや修理対応の参考になさって下さい。

 

 

炊飯器としては最上位クラスのモデル、炊き上げる

ご飯のクオリティーにこだわった製品となります。

 

ご飯の柔らかさ加減を、加圧で細かく調整することが

可能です。

きっと貴方好みのご飯の柔らかさにハマることでしょう。

 

炊飯器の内釜は、フッ素加工よりも強力な

ダイヤモンド加工を採用しており、

金属はがれも他製品より起こしづらい設計の製品です。

 

 

魔法瓶の水筒でお馴染みのタイガー魔法瓶、

その優れた保温技術を炊飯器の機能に活かした

優れモノとなります。

 

内釜にはフッ素加工ではなく、

独自技術の土鍋コーティングを施しています。

 

お米を炊くだけではなく、さまざまな料理に

対応できる幅広さも魅力的だといえるでしょう。

 

本来の炊飯器の内釜を修理に出したとしても、

他の料理に使い道があるので、

コストが無駄になることはありませんよ。

 

 

10,000円を下回る価格で購入できる炊飯器で、

炊飯器の内釜を修理に出すために購入する製品としては

オススメの製品です。

 

価格は安くても、

ご飯は美味しく炊き上げることが可能です。

 

今どきの炊飯器の性能が進化していることを

思い知らされることでしょう。

 

・大容量の5.5合モデル

・IHと分離して持ち運ぶことが可能な3.0合モデル

二つのラインナップが存在しています。

関連記事:アイロンの汚れの落とし方!焦げの取り方や原因についても詳しく解説!



スポンサーリンク








最後に

炊飯器の内釜の金属はがれの原因を中心に、人体の

健康に害はあるのか、詳しく記事にまとめました。

 

日頃の手入れは大切ですが、できることなら、

中性洗剤を使ってゴシゴシ磨くような方法は避ける

べきですね。

 

炊飯器の手入れは、

お湯を内釜に入れて30~60分ほど放っておくと、

洗剤に頼らず、簡単にキレイにすることができますよ。

 

お湯や水に浸けておくことが必須なので、

確実に実践するようにしましょう。

 

健康にも害はなさそうで安心できましたよね。

 

まさか、炊飯器の内釜が修理できることに

驚きませんでしたか?

 

すぐに返ってくるわけではないので、

不便さはありますが、

それでも価格差を考えるのなら有効な選択肢です。

 

炊飯器の内釜は金属はがれを起こし出すと、

連鎖反応を起こして、

どんどん悪化していきます。

早めの対応することが望ましいですよ。

 

ぜひ皆さんにとって、最良の選択をなさって下さい。

記事の情報を参考にしてもらえたのなら幸いです。

関連記事:珪藻土バスマットのカビの取り方!カビキラーがいい?原因と予防法についても解説!



スポンサーリンク


サブコンテンツ