二礼二拍手一礼の起源はいつから?お寺でもする?

初詣などで神社を参拝し、お賽銭を投げ込んでいざ願い事をしようというとき、

多くの方は「二礼二拍手一礼」を思い返し、その通りに行うと思います。

古くからの慣習だからそうするのだ、と言ってしまえばそれまでですが、

大人の常識の一つとして、

一度くらいはその二礼二拍手一礼の起源について押さえておきたいところ。

 

そこで今回は二礼二拍手一礼の起源と、いつから行われるようなったのか、

そしてお寺ではどのように参拝するのが正しいのか、

知っているようで知らない情報をお届けします。

起源を知れば、また参拝への心構えも変わるはずですし、

もしかしたら神様への印象も変わるかも知れませんよ。




スポンサーリンク






二礼二拍手一礼の起源はいつから?

現在最もポピュラーとも言える二礼二拍手一礼が広まった起源はいつからかと言うと、

実は昭和23年に提唱された神社祭式行事作法に基づいたという、

比較的浅い起源になります。

 

ただ、二礼二拍手一礼の概念の起源がいつからかというところまで遡ると、

その始まりは明治8年と古くなります。

当時の内務卿であった伊藤博文は「一揖(いちゆう・浅い礼)再拝二拍手一揖」という

現代の二礼二拍手一礼に近い方法を、正式な作法として推奨していました。

 

その後明治40年、昭和17年と改訂を経るのですが、

この昭和17年の改訂によって、一旦拍手が禁じられます。

これは宮中の作法に則った改訂で、

それにより再拝で始まり再拝で終わる作法になりました。

 

そして、終戦後の昭和23年に再び改訂が行われて、

再拝、祝詞奏上、再拝、二拍手、一拝という作法の流れが正式になりました。

参拝者に関してはこのうち祝詞奏上の必要がありませんから、

結果的に二礼二拍手一礼という作法になりました。

 

簡単に二礼二拍手一礼の起源を辿るとこのような流れになります。

 

ただ、かつての作法が自由だったことから、

今でも「お参りの作法は自由で良い。心が大切である」という考えも根強く残っています。

自分なりの信念があれば、二礼二拍手一礼にこだわる必要はないということですね。

とはいえ、強い信念を持っているという方もそんなに多くはないでしょう。

そういう方からすると、「このようにお参りすることが正しい作法である」と思いながら

お参りすることで、逆に心が整うという意味合いもあります。

 

二礼二拍手一礼が生まれたのは、

神道という心の統一の鍛錬が必要なものを、

一般の人にも分かりやすく行ってもらうためという面もあるのかもしれません。

 

日本人 数のしきたり

 

こちらの書籍は、「なぜ神社では二礼二拍手一礼なのか」をはじめとして、

日本人の数にまつわる様々なしきたりや知恵、伝統を、

その起源とともに分かりやすく紹介しています。

 

他にも、寿司を一貫、二貫と数えるわけなど、

数に関する興味深い起源がたくさん紹介されているので、

この1冊を読破すれば見聞をかなり広められると思います。

180ページ程度で読みやすく、価格も756円とお手頃なのも良いですね。




スポンサーリンク







二礼二拍手一礼の正しい作法は?やらなくても良いの?

二礼二拍手一礼と言っても、ただ礼をして拍手をすれば良いというわけではありません。

ここでは、二礼二拍手一礼の正しい作法について紹介していきます。

順を追って解説していきます。

 

まずは二礼ですので、深いお辞儀を2回繰り返します。

会釈程度の浅い礼ではなく、正しくは90度の深いお辞儀になります。

 

次に二拍手ですが、実は手の合わせ方にも作法があります。

まずは胸の高さで手のひらを合わせ、右手を少し下にずらします。

これは、右手を人、左手を神様と見立てており、右手をあえて下げることで、

まだ一体とはなっていない、自分の方が下位であるということを表しています。

 

そしてそのまま二拍手し、ゆっくり両手の高さを揃えます。

ここで、人と神様とが一体となったことを表しています。

このとき、報告事や願い事があればします。

 

その後、両手を下ろして、最後の深いお辞儀をしたら終了です。

東京都神社庁の公式サイトでも、動画で詳細な作法を紹介していますので、

ぜひ一度ご覧下さい。

 

ただ、作法を暗記する必要はなく、実際に神社に参拝すると拝殿の前や賽銭箱の上などに

拝礼の作法が掲げてあるかと思いますので、それを見ながらでもOKです。

 

また、神社によっては二礼二拍手一礼とは異なる作法を推奨しているところもあります。

代表的なところで言えば、出雲大社や宇佐神宮などでは、

「二礼四拍手一礼」が正式な礼拝の作法としていますが、

その場合もどこかわかりやすいところに作法が掲げられているはずですので、

気になる方は確認しておくと良いでしょう。

 

ちなみに、二礼二拍手一礼をしなかった場合になにか不都合があるかというと、

全く問題はありません。

ふざけたりせず、神様への畏敬の気持ちを持っているのなら、

自分にとってしっくりくる作法で参拝すればそれで十分だとされています。



スポンサーリンク






二礼二拍手一礼はお寺でもして良い?

神社での拝礼の作法を押さえたところで、

お寺の場合はどうなるのか、気になりますよね。

 

両手を叩くことが神道では邪気を払うとされていましたが、

お寺のマナーからすると実はNGになります。

したがって、お寺では二礼二拍手一礼という作法は避けるのが賢明です。

 

しかし、現代はお参りの作法がかなり自由化しており、

お寺で拍手をしたからといって白い目で見られたりすることは少ないでしょう。

ただし、一番良いのは拍手ではなく合掌ですので、

中には気にされる方もいますので、一応覚えておきましょう。

 

感覚としては、拍手は現代で言うところのインターホンになります。

神社では、拍手をすることでそこにはいない神様を呼び寄せる役割を果たしています。

 

一方お寺はどうでしょうか。

基本的に、お寺のお参りというのはご本尊である仏像にお参りすることになりますが、

よほどの秘仏でない限り、ご本尊は見えていることが多いと思います。

大仏なども、これ以上なく目の前に存在していますよね。

 

そんな状態で、インターホンの役割を持つ拍手をする必要があるでしょうか。

全然ないですよね。

むしろ、目の前でインターホンを押すと考えたら、

失礼にあたるような気がしてきませんか?

そう考えてみると、神社とお寺、どっちが拍手しちゃいけないんだったかな、

と思ったときにも思い出しやすいのではないかと思います。

 

日本人の9割が知らない日本の作法

 

日本伝統の礼儀作法について、かなり読みやすくまとめられた1冊です。

礼儀作法と聞くと堅苦しくて窮屈で疲れるものだと感じる方も多いかと思いますが、

これを読み終わる頃には正しい作法の意味を知り、その有用性に驚くでしょう。

章仕立てになっており、気になるジャンルの礼儀作法をすぐに参照できるのが良いですね。

日本人として知っておきたい、美しい日本の作法の真髄がわかります。

関連記事:喪中で神社の参拝はいつまでダメ?お寺ならいいの?



スポンサーリンク








最後に

いかがでしたでしょうか。

二礼二拍手一礼の起源はいつからなのか、正式な作法はどうなのか、

お寺ではどうすればよいのかなどの疑問に答えていきました。

覚えにくく、うやむやになりがちな拝礼作法ですが、

これを機会にしっかり把握しておくと、

自信を持って参拝に出向けると思います。

 

初詣や様々な祈願の際には、やはりなるべく正式な形で神様にお願いしたいですよね。

ポイントさえ押さえておけば難しいことはありませんので、

ぜひ次の参拝から実践してみてくださいね。

関連記事:厄払いの付き添いの服装や料金は?家族、子供連れで行ってもいいの?



スポンサーリンク


サブコンテンツ