喪中で神社の参拝はいつまでダメ?お寺ならいいの?

身内に不幸があったとき、喪中になると言いますが、

みなさんは、喪中のとき神社に参拝してはいけない期間が

いつまでかきちんと知っているでしょうか。

 

1年間は鳥居をくぐってはいけないという説なんていうのも

よく耳にするとは思いますが、実はそれは間違いです。

 

では、神社を参拝するべきではない本当の期間はいつまでなのでしょうか。

また、そもそもなぜ神社に参拝してはいけないのでしょうか。

神社でなくお寺ならいいの?という疑問も残ります。

神様が祀られている神社ですからなるべく不敬な行いはしたくないですよね。

 

今回は、そんな喪中の間の神社参拝に関する

何気ない疑問をわかりやすく解説していきます。




スポンサーリンク






喪中とは?神社の参拝はいつまでダメ?

まずは最初に喪中の定義を確認しておきましょう。

喪中とは、身内や近親者が亡くなった際に、

ある一定期間その人の死を慎み悼むことを意味しています。

喪中の期間は故人の冥福をお祈りし、

派手な行いや、パーティーなどのイベントは慎もうという決まりがあります。

 

みなさんもよくご存じのように、この期間は年賀状や初詣を控えるのが一般的ですよね。

ただし、あくまでも祝い事を慎むのであって、

楽しんだり喜んだりしてはいけないというわけではありません。

亡くなった方も家族が幸せに生きることを望んでいるはずだからです。

 

では、そもそも喪中の期間に神社の参拝をしてはいけないというのは本当なのでしょうか。

結論から言うとそれは事実で、身内に不幸があった場合には、

原則としてある一定期間神社に足を踏み入れてはいけないとされています。

また、参拝だけでなく、合格祈願や厄除け、七五三参り、

お宮参りなどもやむを得ない事情がある場合以外は慎む必要があります。

 

それでは、なぜ喪中に神社に参拝に行ってはいけないのでしょうか。

その理由は、神道独特の死のとらえ方に対する考え方からきています。

神道では、死を穢れとして捉え、忌みます。

ただし、「穢れ」とは死が汚れているという意味ではなく、

死は気が枯れた状態であるという解釈になります。

 

また、故人だけでなく、その死によって悲しみを抱えている親族も同様に、

暗く沈んでおり、気が枯れている、すなわち穢れている状態であると考えているのです。

したがって、そのような状態で、神様が祀られている領域の神社に立ち入ることは、

神域に穢れを持ち込んでしまうとされるため、禁じられているというわけなのです。

 

さらに鳥居をくぐってはいけないとも言われていますが、

これもつまりは神社の境内に入ってはいけないということを意味しています。

この意味を誤解して、鳥居をくぐらずに脇や裏から入れば問題無い、

と勘違いしている方もいるので気をつけましょう。

 

神様の領域に出入りすることを許されるというのが鳥居の役割ですので、

喪中であろうとなかろうと鳥居をくぐらずに神社に入る行為は、

神様に対して失礼に値するので心得ておくと良いでしょう。

 

そして、喪中は神社への出入りを慎むといっても、一体いつまで慎めばいいのでしょうか。

先ほどから喪中は神社に参拝してはいけないと言っていましたが、

厳密に言うと「忌中」が参拝してはいけない期間になります。

 

喪中と忌中は少し違うのですが、よく一括りに喪中として解釈されることがあります。

しかし、意味や期間は明確に違うのでこれを機会に覚えておくといいでしょう。

 

喪中とは、故人への哀悼を表す期間のことで、

悲しみが癒やされるまで喪に服すというのを意味します。

ですからはっきりいつまでという期間の決まりはなく、大体1年程度とされています。

具体的に親や兄弟、祖父母など、

故人との関係性で期間が分けられていることもあるようです。

 

忌中とは、死の穢れがある期間のことを指し、具体的に50日間とされています。

すなわち、喪中は一周忌まで、忌中は50日祭(仏式では49日法要)まで、

と考えるのが一般的な期間ということです。

つまり、身内に不幸があってから50日間は

神社の参拝を避けるべきであるというのが、正しい認識ということです。




スポンサーリンク







喪中の時の参拝はお寺ならいいの?喪中でしてはいけないことは?

忌中は神社に入ってはいけないというのは理解できたと思いますが、

同じように神聖な場所とされているお寺の場合はどうでしょうか。

一般的には神社もお寺も聖域として混同している方が多いのですが、

実は、神社とお寺では死に対する考え方が異なります。

 

神社は神道では死を穢れだと考えるのに対し、

お寺、つまり仏教では死を穢れだとは考えていないのです。

仏教はほかの宗教と比べると、臨終の安定感を強く説いており、

死に真正面から取り組み、向き合うことをすすめているのです。

 

葬儀の後に、法要もお寺で行われるのはこのような考え方があるからなのです。

つまり、お寺などの仏閣では、喪中でも忌中でも関係なく、

いつでも立ち入り、参拝していいとされているのです。

 

また、忌中は神社に参拝に行ってはいけないということは知っていても、

どうしても行かなければいけないときにはどうしたら良いのでしょうか。

そんなときには、神社に相談して清め祓いや忌明け祓いを受ければ良いです。

このお祓いを受ける場合には鳥居から中に入ってしまわず、外で受けるようにしましょう。

お祓いを受けた後は、忌中であっても忌明け後と同じように、

神社への立ち入りや参拝、慶事などの参加も差し支えありません。

 

最後に、喪中のときにしてはいけないその他のことを

いくつか簡単にお話していきます。

喪中であっても、忌中を過ぎれば神社への立ち入りも問題無いですが、

一般的に喪中には結婚式を挙げてはいけないとされています。

ただし、故人が挙式を心待ちにされていながら逝去された場合等、

事情がある時には結婚式を挙げる場合もあります。

 

また、喪中期間には年賀状を送付してはいけません。

いつまでという決まりはありませんが、遅くとも年賀状を準備し出し始める前の

11月後半から12月上旬までには喪中ハガキを出しましょう。

喪中だと知らずに友人や知人から年賀状が届いた場合には、

1月7日の松の内が明けてから立春までの間に寒中見舞いとして送るようにしましょう。



スポンサーリンク






伽羅「極」ご進物用筒函5本入り

懐かしい方の訃報を喪中ハガキで知ったとき、あなたはどうしますか?

お悔やみの気持ちを伝えたかったのにタイミングを逃してしまった、

という方もきっと多いはず。

喪中ハガキが届いたり、身内の1周忌などには、

お悔やみの気持ちを伝える御進物が必要になりますよね。

 

こちらの商品は、稀少な沈香の伽羅で極上の香木です。

進物選び、特にお線香の場合は、香りが気に入って頂けるか心配なところでもありますが、

極上で上品な香りのするこのお線香はどなたに送っても間違いありません。

 

神道用 数珠 桧

神道の方がお使いいただける神道用数珠です。

世界最高レベルの耐久性と、気分を落ち着かせるアロマ効果のある、

国産桧の13mm珠を使用し、親珠や天珠にインドヒスイが使われています。

森林を感じさせるほのかな香りと、やさしくナチュラルな色合いの桧は、

使い込むほど深い質感のある色艶に変化していきます。

 

5色の紐を使用した、正絹の紐房がついており、

数珠袋もついているので持ち運びも心配ありません。

数珠は桐箱に入れてお届けされるので、破損の心配もないですね。

関連記事:厄払いで家族同伴の場合の料金や服装は?厄がうつる?



スポンサーリンク








最後に

喪中の神社参拝についてお話していきましたが、理解していただけたでしょうか。

あくまでも一般論ですが、原則として

50日祭や49日法要を終えるまでは神社に立ち入るのは避けなければなりません。

鳥居の脇や裏から入れば良いという考えは間違っていますので、気をつけましょう。

また、神社とは異なり、お寺など仏閣の場合は忌中や喪中の期間でも参拝して大丈夫です。

 

身内が亡くなるというのは、とても悲しい出来事ですよね。

しかし、その悲しみを乗り越えて、

強く生きていくために自分と向き合っていかなければなりません。

神社に参拝しに行くというのは、何か願い事をしに行くのではなく、

日頃の感謝や決意表明をしに行くのが正しいのかもしれませんね。

関連記事:7回忌の服装は?女性・男性や子供について詳しく解説!



スポンサーリンク


サブコンテンツ