49日法要での挨拶!簡単な例文や挨拶状をご紹介!

49日法要とは、故人が亡くなってから49日目に行われる

追善法要となります。

 

現代では、通夜・葬式、初七日を過ぎると遺族で供養する

ことが多いです。

しかし、忌明けで節目となる49日法要は、親族や友人が

集まって盛大に供養される法事となります。

 

大切な法要だからこそ、押さえるべきポイントを理解して

間違いがないようにしておきたいです。

常識を押さえておかないと、49日法要に集まってもらえる

皆さんにも悪い印象を与えてしまいます。

 

せっかくの故人を供養する機会を台無しにしてしまいます。

 

今回の記事では、

49日法要の案内状の出し方と例文

49日法要の会食での簡単な挨拶例

49日法要の挨拶状の出し方と例文

 

このような切り出しから、重要なポイントをご紹介して

いきます。

ぜひ最後まで、記事をご覧になって下さい。





スポンサーリンク







49日法要の案内状の出し方と例文

49日法要の案内状においては、いくつかの押さえるべき

ポイントがあるのでご案内しておきます。

 

1.挨拶の言葉

最初の切り出しは「拝啓」「謹啓」、次に季語を入れた

相手の気遣い、最後は「敬具」で締めます。

 

2.故人の名前

 

3.法事の内容

 

4.法事の日時・場所

 

5.法事のあとに会食があることのご案内

 

6.施主の氏名・連絡先・住所

参加する人たちの突然の出欠の予定変更に対応できる

ようにしておきます。

 

7.案内状の宛先と返信期限

 

8.縦書き

 

9.句読点は使わない

 

10.段落の字下げはしない

 

これだけあると大変で複雑に思えるかもしれませんが、

それぞれは難しいことではありません。

これらのポイントをしっかり押さえて案内状を作って

いきましょう。

 

案内状の文例を紹介していきますが、記事の都合上で

横書きとなっています。

実際に作るときには縦書きで作成して下さいね。

 

49日法要の案内状の文例

案内状の部分

拝啓 残暑の候 ますますご健勝のこととお慶び申し上げますこの度 亡 父 ○○ ○○の四十九日法要を致したく存じます

つきましては左記の通り相つとめたく存じますのでご多忙中誠に

恐縮ではございますがご参列賜りますようご案内申し上げます

敬具

日時 平成○○年○○月○○日 午前○○時○○分より

場所 ○○寺

住所 ○○県○○市○○区○○町○丁目○番地

なお法要後別席にて粗餐を用意してございます

お手数ですがご都合のほど○月○日までご一報ください

 

平成○○年○○月○○日

(差出人住所)

(差出人連絡先)

(差出人氏名)

 

返信の部分

御 出 席(○○名様)

御 欠 席

どちらか一方に○をつけて下さい

 

御住所

御芳名

 

恐れいりますが御卒塔婆をお付け頂ける場合には

左記にお付けくださる方のお名前をご記入ください

 

卒塔婆に記載する御芳名

 

※お手数ですが中央にて切り取り こちら側のみポストに

ご投函ください

 





スポンサーリンク







49日法要の会食での簡単な挨拶例

49日法要の後の会食は、お斎(おとき)と呼ばれ、

一同で故人を供養する目的で行われることが多いです。

(※省略されることもあります)

 

故人に杯を捧げる乾杯は、49日法要の会食の場合は、

「献杯(けんぱい)」と呼ぶのも覚えておきましょう。

 

挨拶はあまり長くならないよう、簡単に済ませることが

大切になります。

いくつかの押さえておきたいポイントをご紹介します。

 

1.まずは参列者への感謝から始めます

「本日はお忙しい中、お集まり下さいましてありがとう

ございます」

 

2.葬儀での感謝を伝えます

「葬儀では、皆さまからお世話を賜りまして、改めて

心よりご御礼申し上げます」

「本日は無事に納骨を済ませることができました」

「○○も安心したことと存じます」

 

3.故人への想いを述べます

「亡くなった○○は私どもにとって、かけがえのない

存在でした。」

「今でも無念な想いで胸がいっぱいですが、残された

私どもが手を取り合って生きていくことが旅立った

○○への最大の供養になると信じています」

 

4.参列者に対してのお願いの意を伝えます

「これからもご指導ご鞭撻を賜りますようにお願い

申し上げます。」

 

5.会食を楽しんでもらえるように促す

「たいしたおもてなしはできませんが、○○を想い、

召し上がっていただければ何よりの供養になると

思います。」

「お時間の許すかぎり、ごゆっくりくつろいで下さい」

 

このポイントを押さえておけば大丈夫でしょう。

締めの言葉も簡単な例をご案内しておきます。

 

「本日はお付き合いを頂きまして、本当にありがとう

ございます。」

「まだまだ皆さんのお話をお聞きしたいと存じますが、

お時間となりましたので、お開きとさせて頂きます。」

「これからもご支援下さいますよう、よろしくお願い

申し上げます。」

「本日は最後までありがとうございました。」





スポンサーリンク







49日法要の挨拶状の出し方と例文

49日法要は、忌明けと呼ばれています。

閻魔大王から極楽浄土に行けるのか判断が下されると

考えられており、

故人に喪に服す節目となっているのです。

 

49日法要が終わる頃を見計らい、香典返しと合わせて

挨拶状を贈るのが一般的となっています。

 

ここでは忌明けの挨拶状の例文を紹介していきます。

 

案内状と同じく、縦書きで句読点を入れないことが

ルールとなっています。

 

こちらも記事の都合上で横書きとなっていますが、

実際に作るときには縦書きで作成して下さいね。

 

49日法要の挨拶文の例文

 

拝啓 このたびは 亡 ○○ ○○ 葬儀に際しましてご多忙の中にかかわらずご鄭重なるご厚志を賜り心より

厚くお礼申し上げます

葬儀の際は取り込み中にて万事不行届きにて申し訳なく

存じております

おかげもちまして○月○日に四十九日の法要を滞りなく

相営み忌明け致しました

つきましては供養のしるしとして心ばかりの品をお送り

いたしますのでご受納くだされば幸いです

今後とも変わらぬご指導とご鞭撻を賜りますようお願い

申し上げます

本来であれば 拝眉の上 御礼申し上げるのが本意では

ございますが 略儀ながら 書中をもちましてお礼方々

ご挨拶とさせていただきます

敬具

関連記事:お寺の参拝の作法!神社との違いは?線香や数珠についても詳しく解説!

49日法要のおすすめの香典返し3選!

49日法要の香典では、相場が難しいところがあります。

一般的な相場は2000~3000円ほどですが、

香典で頂いた金額の三分返し、つまりは三分の一程度の

金額の品をお返しするのが一般的となっています。

 

葬儀で参列した方から頂いた香典の金額を把握しておく

ことも大切となります。

金額別におすすめの香典返しを紹介していきますので、

ぜひ参考になさって下さい。

 

 

香典返しの予算が2000~3000円であれば、食べられる

お菓子を選ぶのが無難な選択となります。

 

タオルや日用品といった選択もありますが、そういった

ものは必要であれば購入するはずです。

食べられるお菓子のほうが結果的に喜ばれるでしょう。

 

どなたでも無難に好む洋菓子がオススメとなります。

和菓子は好む年齢が高くて、あまり子供は好みません。

手堅く喜ばれそうなものを選択するようにしましょう。

 

 

5000円ほどの予算で香典返しを選択するようであれば、

お茶という選択肢が喜ばれるでしょう。

この金額になると、お菓子という選択肢も見当たらなく

なってきます。

 

日本茶とカニの缶詰いう選択肢は、インパクトも大きく

立派にみえる香典返しといえるでしょう。

豪勢にみえて、とても喜ばれるものとなりますよ。

 

お茶はどこの家庭でも飲まれるでしょうし、

カニの缶詰は酒のつまみにも、

料理に使うこともできて、使い方は幅広くてオススメです。

 

 

カタログギフトに高級海苔を同梱したパッケージで、

10000~30000円の予算で香典返しを選んでいる人に

オススメの品物となります。

 

高級海苔はおまけで、贈られた側はカタログギフトで

好きなものを選んで取り寄せることができます。

選択肢が贈られる側にあることが喜ばれるポイントに

なるでしょう。

 

もちろん、海苔も口に入れれば、潮の香りが鼻を抜け、

スーパーで売られているものとは明らかに別格である

ことが分かるでしょう。

関連記事:忌中の期間にしてはいけないことは?飲み会や結婚式に出席してもいい?





スポンサーリンク







最後に

49日法要での挨拶、案内状から挨拶のときの実例、

さらには忌明けの挨拶状まで紹介させて頂きました。

これで49日法要も怖くないはずです。

 

香典返しも大切なポイントになるので、合わせて

確実に押さえておきましょう。

 

ネット通販を利用すると、発送の手配を一任できて

負担を軽減できますよ。

ただでさえ、49日法要は大変なので、負担の軽減が

図れるところは要領良く立ち回りましょう。

 

故人のために、素晴らしい49日法要にして下さい。

それがいつか貴方にも返ってくるはずです。

 

親族・遺族や友人が区切りをつける節目となるのが

49日法要でもあるのです。

成功させることで、きっと、貴方自身の区切りにも

なるでしょう。

 

記事を上から下までチェックして、漏れがないのか、

確認して進めるだけで大丈夫ですよ。

ぜひ記事の内容を役立たてて、故人を偲びましょう。

関連記事:妻の祖父母の場合喪中はがきは必要?文例や書き方について解説!





スポンサーリンク






サブコンテンツ