指輪のサイズ直しの期間や料金は?大きく・小さくする方法は?

大切な人からもらった指輪が自分の指に合わなかった、

または体型の変化で指輪が合わなくなってしまった、なんて経験はありませんか。

指輪といえば男性にとっても女性にとっても大切なものですし、

人生の中でも思い入れが強い品になることが多いと思います。

 

特に結婚指輪などは、長く大切に身につけていたいものですよね。

しかし、体型が変わってしまうと指輪のサイズにもすぐに違和感が出てしまいます。

そんなお悩みを持つ方のために、今回は指輪のサイズ直しにかかる料金や期間、

実際に指輪を大きく、小さくする方法などをご紹介していきます。

長く身につけるものだからこそ、常に自分にぴったりのサイズにしておきたいですよね。




スポンサーリンク






指輪のサイズ直しにかかる期間と料金は?

指輪のサイズ直しとは、指が太くなったり細くなったりして

サイズが合わなくなったときに、現在の指に合わせて指輪のサイズを直すことです。

大きくなってしまったブカブカの指輪を着けていると、

知らないうちに落として無くしてしまう可能性がありますし、

逆に小さなりすぎると、いざという時に外せなくなってしまうこともありますよね。

 

また、結婚指輪はサイズが合わなくなってしまうとだんだん身につける機会も減り、

せっかくの大切な指輪がタンスの肥やしになってしまうなんてことも・・・。

 

指輪のサイズ直しは、基本的に購入したお店やブランドにて対応してくれます。

しかし、ブランドによってはサイズ直しの加工によって

ブランドの本来のオリジナル性が損なわれるということで

断られる場合もあるので、指輪を購入する際には事前に確認しておくと良いでしょう。

 

また、購入した店舗で対応してもらえない時には、

サイズ直しの専門の業者に依頼することもできます。

ブランド店に比べて、ほとんどのサイズ直しに対応してくれるので、

困ったときや近くに購入した店舗がないときには一度相談してみるのも良いでしょう。

 

指輪によっては、購入後のアフターサービスとして

無料のサイズ直しがついてくる場合もあります。

購入から何年以内であれば無料といった期間が決められた保証がついている場合や、

期間無制限で何度でも無料で直すことができる生涯保証が付いている場合もあります。

また、オプション料金を支払うことで、期限付きの保証から永久保証にできる場合など、

対応はお店やブランドによって様々です。

 

特に女性は妊娠や加齢の影響で指のサイズが変化しやすいので、

同じ指輪を長く愛用するためにも、永久保証のサービスがついていると有り難いですよね。

 

一般的に、サイズ直しができる素材はゴールドとシルバー、プラチナとなります。

指輪の内側に素材の刻印が入っていますので、一度確認してみましょう。

ただ、シルバー素材は店舗によっては要相談となることがあるので注意しましょう。

また、それ以外のステンレスやパラジウム製の指輪の場合でも

対応してくれるお店も中にはあるので、まずは諦めずに一度相談してみると良いでしょう。

 

また、指輪のサイズ直しにはある程度の期間がかかります。

即日対応可能というお店も中にはありますが、

基本的には2~3週間程度の期間を要することが多いです。

また、素材や指輪の構造によっては1~2ヶ月という場合もあり、

指輪によってサイズ直しの所要期間は大きく異なりますので、

必ず事前に確認して余裕をもってサイズ直しに出すようにしましょう。

 

最後に、サイズ直しを行う際の費用についても触れておきます。

費用は、もちろん購入した指輪の種類によっても異なるのですが、

一般的に小さくする際には2000円~4000円程度、

大きくする時にはそれにプラスして素材の相場に応じた追加料金がかかることが多いです。

また、加工が難しいデザインの指輪ほど、費用も高くなる傾向にあります。




スポンサーリンク







指輪をサイズ直しで大きく・小さくする方法は?

指輪のサイズ直しには一般的に、ロウ付け法と鍛造法という2つの方法があります。

他にも、内側の肉厚を削り落とすという特殊な技法もありますが、

多くはロウ付け法か鍛造法になります。

 

ロウ付け法は、指輪の一部をカットして広げた後に、

素材を足してから再びロウ付けをして再接合する方法です。

指輪の種類や状態にもよりますが、大体3号アップ程度までは対応可能と言われています。

 

鍛造法は、金属に強い力をかけて無理矢理形を変える方法です。

鍛造法では大幅なサイズアップをすることはできず、

1号程度の拡張の場合に使われることが多いです。

また、割れやすい方法になるため鍛造可能な金属の種類には限りがあり、

宝石などの装飾が施されている指輪も壊れやすいため適さないとされています。

 

また、指輪のサイズを小さくする方法は、

単純に切って縮めて小さくするという方法が用いられます。

一般的に指輪のサイズを大きくするより、小さくする方が値段はやや安価になります。

大きくする場合には付け足しの素材代がかかりますし、

彫刻などのデザインが入っている場合は再度掘り直さなければならない可能性もあるので

費用がよりかかる場合が多い傾向にあります。

 

ちなみに、自宅で指輪のサイズ直しをすることも不可能ではありません。

大きくする場合には芯棒という指輪をセットする棒を購入し、

それに指輪をつけてハンマーで叩いて引き伸ばすという方法が一般的です。

しかし、この方法では大きくできても0.5号~1号が限度です。

 

素人が無理にサイズ直しを行うと金属内の組織が崩れてしまい

破損の原因になってしまうことがあるので注意が必要です。

小さくする場合も指輪を切って縮めて溶接するという方法で自分で直すことも可能ですが、

やはり専門の職人さんに直してもらうのが一番確実でオススメです。

大切な指輪ならなおさらですよね。



スポンサーリンク






木芯棒 指輪サイズ直し 木製

こちらは、サイズ直しに使う木芯棒です。

指輪を大きくするときには太い方に向かって少しずつずらしながら打ち込んだり、

リングに少し切れ目を入れて打ち込んだりすればOKです。

 

また小さくするときにも使用でき、

徐々に細い方へ移動させながら打つことで修正が可能です。

ただし、無理なサイズ直しをしようとすると、金属が疲労(劣化)し、

亀裂や破断の原因になりますので注意が必要です。

 

ジュエリークリーナー

大切な指輪を長持ちさせるためには、日頃のお手入れが大切になります。

この商品はリングの輝きを蘇らせることができる専用のクリーナーです。

毎日指輪を使っていると、どうしても汚れが目立ってきてしまいますよね。

そんなときも、ケアキットが1つあれば

指輪の輝きをあっという間に取り戻すことができます。

 

使い方はとても簡単で、付属のピンセットで指輪をクリーナー液に1~2分浸し、

水分を拭き取ってから専用のコットンクロスで拭くだけです。

専用のブラシもついているので、取れにくい汚れも簡単に落とすことができますよ。

関連記事:マスクにファンデーションがつかない方法!おすすめのファンデやマスクをご紹介!



スポンサーリンク








最後に

指輪はエンゲージリングやマリッジリングとして使われることも多いですが、

自分で身につけるアクセサリーとして購入している方も多いと思います。

特に女性は妊娠や出産によって身体が浮腫んで、

指の太さにも影響が出てしまう場合がありますので、

そういった時にはきちんと指輪のサイズ直しをして、ぴったりな指輪を付けてくださいね。

 

自分でサイズ直しをすることも多少はできますが、

オススメはやはりプロにお願いすることです。

壊れてしまったり歪に広がってしまっては元も子もないですからね。

関連記事:エナメル財布の汚れの落とし方やお手入れ方法!傷の補修や指紋はどうする?



スポンサーリンク


サブコンテンツ