赤ちゃんの頭囲が小さい、大きい?測り方や平均について詳しく解説!

待ちにまった赤ちゃんの誕生を迎えても、

その後もいろいろな成長過程で心配事はありますよね。

例えば、頭囲の大きさ一つ取ってもそうです。

平均より大きいとか小さいとか、そんなちょっとしたことでも、

病気の可能性を考えたり、何か原因があるのではないかと不安になる方もいると思います。

 

そこで、今回はそんな不安を自分で解消するために知っておきたい、

頭囲の正しい測り方、大きさの平均値、

そして考えうる病気の可能性についてもご紹介していきます。

今まさに赤ちゃんを育てている方はもちろん、

これから親になる方にもぜひ見ていただきたい内容になっています。




スポンサーリンク






赤ちゃんの頭囲の平均値と正しい測り方!

赤ちゃんの頭囲が大きい、小さいという判断基準はどの程度なのか、

まずは平均を知っておくことが大切ですよね。

赤ちゃんの頭囲の平均値を見てみると、

新生児の男児であれば31.2cm~35.8cm、

女児は30.4cm~35.3cmとなっています。

 

その後、頭囲は成長するに従ってだんだん大きくなっていき、

生後1ヶ月の男児で37.7cm前後、3ヶ月で41.4cm、6ヶ月で43.9cmとなります。

女児の頭囲は男児よりも少し小さめで、

1ヶ月で36.7cm、3ヶ月で40.2cm、6ヶ月で42.7cmとなっています。

大体1歳を迎える頃には、男児は43.6cm~48.8cm、

女児は42.5cm~47.7cmとなっています。

 

頭囲の大きさに不安を感じたときは、まず赤ちゃんの頭囲を測定して、

平均の範囲に入っているかどうかを確認してみるのが良いでしょう。

ただ、間違った頭囲の測り方をしてしまうと

誤った値で勘違いしてしまうこともありますので、

正しい頭囲の測り方も併せてご紹介しておきますね。

 

まず、新生児を仰臥位(仰向け)で寝かせた状態にします。

そしたら、後頭部の一番出ている部分と眉間を通るようにメジャーを回して、

ずれないように1周させます。

頭と首をしっかり支えるようにして測るようにしてくださいね。

 

赤ちゃん用の帽子などを買うときも、

正しく頭囲を測らないと見当違いのものを買ってしまうこともありますので、

この正しい測り方をしっかり習得しておきましょう。

 




スポンサーリンク







メジャー

赤ちゃんの成長を見守っていく上で、

頭囲を始めとした全身のサイズを測ることは大切です。

メジャーは、一家に少なくとも1本は欲しいアイテムになります。

 

いくつかのメジャーが紹介されていますが、

中でもオススメはドイツ性のヘキストマスメジャーです。

可愛い柄で赤ちゃんを刺激することもないですし、

測る部分も柔らかくて傷を付ける心配もありません。

両面に目盛りがあるのも、動きやすい赤ちゃんの測定にはピッタリですよね。

 

新生児期から3歳までの育児新百科

 

赤ちゃんが産まれてから3年間というデリケートな期間の育児の気になるポイントが

全編カラーのイラスト付きで分かりやすくまとめられています。

身体だけでなく、心の発育・発達の目安表も付いているので、

頭囲だけでなく全ての発育チェックができますよ。

 

育児に関する不安ごとも、Q&A形式でまとめられているので調べやすく、

2回目、3回目の子育てでもとても参考になる1冊になっています。

これから赤ちゃんを育てていく方のバイブルになると思いますよ。



スポンサーリンク






赤ちゃんの頭が大きい、小さいときはどうしたらいい?

頭が大きい場合には、単に遺伝や個人差が原因というのが大半ですが、

ごく稀に深刻な病気が原因となっていることも考えられますので、注意は必要です。

 

頭囲が大きい場合の代表的な病気としては、水頭症、脳腫瘍が挙げられます。

これらの病気が原因と疑われる場合には、医師の判断でCTやMRIの検査が行われます。

以下に簡単ではありますが、それぞれの病気についてまとめています。

 

水頭症

頭囲が大きくなる原因となる水頭症は脳内部の髄液が過剰になるという病気です。

頭蓋内圧が上昇することで頭囲が大きくなり、

発達運動障害やけいれん発作などの症状を引き起こします。

 

髄液は脳室という脳の中心で作られ、脳はその髄液に浮いた状態にあります。

その後髄液は細い通路を通って脳の表面に現れて吸収されます。

この通路が閉塞して流れが滞ったり、

髄液を吸収する能力が低下すると水頭症が発症します。

 

水頭症には先天的なものと後天的なものがあります。

先天的な場合には、赤ちゃんがまだ胎内にいる際に風疹や

トキソプラズマに感染した場合に起こりやすいとされています。

後天的な水頭症は頭部外傷による頭蓋内出血や

感染症による炎症で発症する場合があります。

 

いずれにせよ、速やかに医師による診察と治療を開始する必要があります。

 

脳腫瘍

子どもの脳腫瘍というのは、脳幹や小脳にできる場合が多く、

それが大きくなると髄液の流れを悪くしてしまうことがあります。

それが原因で脳内に髄液が溜まり、

先ほど紹介した水頭症が発症して頭囲が大きくなることがあります。

ただし、子どもの脳腫瘍は非常に稀だと言われています。

 

 

頭囲が大きいと脳の病気かもしれないと心配になるかと思いますが、

このようなケースは稀なので、成長曲線から大きく逸脱していなければ

そこまで心配する必要はないと考えていいでしょう。

 

逆に、赤ちゃんの頭囲が小さい場合には何が原因なのか、こちらも紹介していきます。

頭囲が小さい場合でも、平均内で小さめというだけであったり、

もしくはその子なりの成長曲線に沿って発育することができていれば

心配することはないでしょう。

ただし、病気である可能性もゼロではないので、頭囲の変化には注目しておき、

頭囲がほとんど成長していないということであれば医師に相談してみるのも良いでしょう。

 

頭囲が小さい病気としては、小頭症というものが挙げられます。

この病気は発育不全や脳の欠損が原因となっており、

身体は大きくなっていても頭だけが成長せずバランスが崩れていくのが特徴です。

さらに頭以外の顎などの骨格も成長していくので、顔全体のバランスも崩れてきます。

見た目のバランスが何かおかしいと感じたら、小頭症を疑いましょう。

 

また、脳の欠損となると、精神遅延なども伴う可能性もあります。

原因としては、妊娠中の風疹や妊娠中毒、胎児の酸素欠乏、

出生後の頭部外傷や脳の炎症などが考えられます。

いずれにしても、健診をしっかりと受けていればすぐに異常に気づくことができます。

検診で特に指摘されなければ、多少頭囲が大きくても小さくても心配は要らないでしょう。

 

ただ、自分でもあまりにも頭囲の成長が遅れていると気づいた場合や、

不安を覚えた場合にはすぐに医師に相談すると良いでしょう。

関連記事:赤ちゃんの頭が大きい!自閉症などの病気や障害?逆に将来賢い?



スポンサーリンク








最後に

赤ちゃんの発育過程で心配なことというのはたくさん出てくると思います。

頭囲が大きかったり小さかったりする場合もその一つで、

その原因が病気である可能性も少なからずあります。

 

しかし、ただ単に両親どちらかの頭が大きく、

それが遺伝したという可能性も十分に考えられます。

赤ちゃんの様子に目立った心配事がないのであれば経過をみていても良いでしょう。

 

しかし、それでも安心できないという方は病院を受診してください。

目安としては、母子手帳の成長曲線から極端に外れてしまっている場合です。

また、頭囲が数日で急激に大きくなった場合も要注意です。

子育ては親にとって最上の楽しみでもありますが、大変な過程でもあります。

過度に気にしすぎると、自分のストレスにもなってしまいますので、

ある程度の余裕を持ちながら、赤ちゃんの成長を見守ってあげてください。

関連記事:赤ちゃんの頭が小さいのは病気や障害?頭囲が伸びない原因は?



スポンサーリンク


サブコンテンツ