大人の癇癪持ちの原因や治療は?対応方法についても詳しく解説!

癇癪持ち、難しい漢字で読むことも難しいです。

この漢字を書ける大人も、そう多くはないでしょうね。

 

癇癪持ちの読み方は「かんしゃくもち」。

怒りの感情がコントロールできずに、爆発してしまうことを

指します。

 

大人であれば感情のコントロールくらい、

と思っている人も多いですよね。

子供に多い癇癪持ちですが、大人でも癇癪持ちの症状を

抱えている人は意外と多いものです。

 

皆さんは自分自身の感情をコントロールできていますか?

 

その原因を理解していますか?

どのように対策を講じていますか?

 

そんな大人の癇癪持ちに焦点を当てて、記事をまとめました。

怒りの感情を周囲にぶつけても、なかなか人間関係は良い方向に

転がっていきませんよね。

感情が先行してしまうと、建設的な話ができないものです。

 

ぜひ記事の内容を貴方の生活に役立てて下さいね。




スポンサーリンク






大人の癇癪持ちの原因は?

大人の癇癪持ちには、大きく二つの原因が挙げられます。

一つは性格に由来するもの、一つは先天的なもの、

この二つを原因の切り口を考えるのがスタンダードとなります。

 

性格に由来するものも、さらに二つに分けることができます。

 

過去の経験がトラウマになっていて感情が抑えられない

不満を溜める性格で何かの拍子に感情が爆発してしまう

 

まずは、自分自身の性格は、それまでの自分の経験によって

大部分が形成されているものです。

誰だって人生の中で、多かれ、少なかれ、ツラい経験をして

いるはずです。

もちろん、ツラい経験には大小もありますよね。

 

その時の精神的なダメージが癇癪となって表れるのです。

 

そして、不満を溜めるタイプの性格は、普段は静かなので、

癇癪持ちのイメージを持たれることが少ないです。

むしろ、癇癪持ちとは、逆タイプだと思われがちです。

 

しかし、溜めこんだ不満が、耐え切れなくなったときに

一気に爆発してしまいます。

 

こういった原因が、大人の癇癪持ちを引き起こすのです。

大人の社会生活においては、常に責任が付き纏うもの。

物事が上手く進まないときのストレスは、イライラとした

気分になりがちですよね。

 

誰だって、大人の癇癪持ちになってしまう可能性を秘めて

いるのです。

 

先天的な障害が、大人の癇癪持ちの原因の場合もあります。

脳の感情を司る部分が発達しておらず、

なかなか抑えが利かない人がいるのも事実です。

 

間欠性爆発性障害(ICE)と呼ばれ、脳内ホルモンのバランスが

先天的に欠けやすいのです。

幸福感が脳内に伝達できずに、情緒不安定な状態を招いている

場合があります。




スポンサーリンク







大人の癇癪持ちの治療はどうすれば?

先天的に脳に障害がある場合には、継続的な治療が必要です。

間欠性爆発性障害(ICE)の場合、投薬によって脳内ホルモンの

バランスを保つことも可能なのです。

 

間欠性爆発性障害(ICE)は、セロトニンという脳内の分泌物を

作る機能が弱いことも医学的に分かってきています。

 

セロトニンの分泌を促すような薬もあるので、病院に行って、

医師に相談することも大切です。

間欠性爆発性障害(ICE)だった場合、なかなか本人の努力だけ

では症状が改善されることはないでしょう。

 

間欠性爆発性障害(IED)を抱える方の怒りが爆発したとき、

10分程度で怒りの感情が収まり、冷静になってから、自分の

行動を後悔する人が多いそうです。

そんな行動パターンが自分自身に当てはまる方は、疑うべき

かもしれません。

大人の癇癪持ちの治し方は?

大人の癇癪持ちは簡単に治るものではありません。

それよりも自分自身の性格を理解して、癇癪持ちであることを

自覚することから始めましょう。

それだけで問題解決のための最初の一歩となるはずです。

 

人間と動物の最大の違いは、感情と行動との間にクッションが

存在することです。

動物は感情のままに行動しますが、人間は、感情から思考する

ことを経由してから行動する生き物なのです。

そのことを理解して、日々の生活を送るようにしましょう。

 

ストレスの多い環境だと、心に余裕がなくなってしまって、

感情の爆発を招きやすくなってしまいます。

可能な限り、日頃からストレスを抱えないような環境作りが

大切です。

気持ちに余裕があれば、きっと感情の爆発も抑えられます。



スポンサーリンク






大人の癇癪持ちに対しての対応方法

ご自身が癇癪持ちでお困りなのではなく、周囲に癇癪持ちの

大人がいることで頭を悩ませている方も多いでしょう。

そんな時にオススメの対処方法をいくつかご紹介します。

 

感情が収まるまで、ある程度の時間が必要です。

絶対にいけないのが、怒りの感情に反応してしまうこと。

怒りの感情に対して、貴方も怒りで応えては、絶対に良い

ものを生みません。

とにかく冷静になるように相手を促すことです。

 

その場で相手をすることで、怒りの感情が治まらない場合も

あるでしょう。

相手をせず、意図的に時間を空けることも大切です。

 

周囲の環境作りも重要で、一対一ではなかなか解消されない

事態も多いはずです。

周囲の気配りや手助けが有効となる場合もあります。

チームプレイを発揮して、事前に対処方法を考えていくのも

オススメの対応です。

大人の癇癪持ちにおすすめのグッズ5選!

大人の癇癪持ちが強く意識するべきなのは、気持ちの余裕だと

いえるでしょう。

気持ちの余裕をもつうえで大切なのは、リラックスすることを

日常生活に取り込むことです。

 

気持ちの切り替えができて、効果的にリラックスできるような

グッズを紹介しますので参考になさって下さい。

 

正しい姿勢は、気持ちに余裕を促すものです。

客観的な視点から自分自身をみることができるようになり、

感情が爆発することを防ぐことができるでしょう。

 

デスクワークが多いサラリーマンには特にオススメです。

姿勢を正すだけで、心の在り様が変わってきますよ。

 

 

手軽な値段で買える電動のマッサージクッションとなります。

マッサージといえば、抜群のリラックス効果をもたらします。

さらに外部からの刺激は、冷静さを取り戻させる機会となり、

オススメの大人の癇癪持ち対策グッズです。

 

全身マッサージに対応しており、色んな部位に対応している点が

見逃せないポイントです。

 

 

遠赤外線で首元を温めるネックウォーマーとなります。

首筋を温めることで肩や首のコリが緩和され、高いリラックス

効果を得ることができるでしょう。

 

血行が改善され、ストレスを溜めない体質になりますよ。

手軽に装着できる機能性も見逃せないポイントです。

 

 

匂いも高いリラックス効果をもたらす要素、アロマを意識した

香水は気持ちに余裕を持たせるでしょう。

落ち着いた気分になれてオススメの香りグッズとなります。

 

肌や髪にも優しくて、潤いを与えてくれます。

オーガニック製品なので、どなたでも安心して使えますよ。

 

 

ご自宅で入浴はされていますか?

ストレス発散やリラックスをするのに、入浴はオススメです。

種類豊富の入浴剤は生活に変化を演出できて、さらに入浴効果を

高めてくれるグッズだといえます。

 

今日はどの入浴剤にしようと考えるだけでも楽しいですよ。

気持ちをリセットするのに、ぜひ入浴を習慣にしましょう。

関連記事:癇癪持ちは遺伝?子供の場合の原因や対応方法について詳しく解説!



スポンサーリンク








最後に

大人の癇癪持ち、原因や治療だけではなく、癇癪持ちに対する

対処方法まで紹介させて頂きました。

まずは習慣から見直してみては如何でしょうか?

 

常に気持ちに余裕をもつことを意識したなら、確実に、感情が

爆発することも減ってくるはず。

いきなり癇癪が改善されることはないでしょう。

少しずつ改善していき、回数を減らすことを意識しましょう。

 

気持ちに余裕ができたなら、自分を客観視することも大切です。

客観視することで、冷静さを保つことができるでしょう。

 

最後に、自分の行動に責任をもつことを強く意識することです。

どこかで無責任だから、感情のタガは外れてしまうのです。

自分の人生に対しては、自分で責任をとらなければなりません。

すなわち、自分の行動を、自分自身でコントロールできなければ

ならないのです。

 

その気持ちを強くもっていれば、きっと大人の癇癪持ちも治って

いくはずです。

関連記事:朝から眠い・だるい!原因や対処法は?何かの病気?



スポンサーリンク


サブコンテンツ