パスポート写真の服装は?前髪が眉や目にかかっていてもいい?

写真つきの身分証明書として、パスポートは大切なものです。

海外旅行には必須のもので、自分自身の国籍や渡航履歴などを

確認するときに使います。

 

写真つきの身分証明書なので、その写真の撮影においては、

押さえておきたいポイントがいくつか有ります。

 

どんな服装がいいの?

どんな髪型がいいの?

 

簡単に差し替えできるものではないし、

最悪はパスポートの証明写真としては使えないと、

撮り直しを要求されることもあるのです。

 

パスポートの証明写真のNG事項、避けるべきこと、

今回の記事にまとめました。

 

それだけではなく、綺麗にパスポートの証明写真を撮影する

コツも紹介しますので、

ぜひ記事を最後までご覧になって下さい。

役立ててもらえるようなネタが満載だと思います。

 

せっかくなら、格好良く、可愛く綺麗な証明写真を撮りたい

ですよね。




スポンサーリンク






パスポート写真の服装で押さえおくべきポイントは?

パスポート写真ですが、身分証明書として主に大切になるのは

顔となります。

そのために服装にルールはなく、スーツである必要はありません。

 

もちろん、私服で全く問題ありません。

あまり堅苦しく考える必要はないでしょう。

 

少し前は、パスポートが偽造されることが横行しており、

首が隠れてしまう服装がタブーとされていたそうですが、

現在はパスポートそのものにICチップが内蔵されており、

偽造される心配はなくなりました。

 

タートルネックの服装でも問題なく、パスポートの写真として

認めてもらえます。

しかし、長い首周りの部分で顎を覆うのはNGとなりますので、

撮影のときには気をつけて下さい。

 

そして、服装の色使いには気をつけましょう。

背景と人物の境目がハッキリしていない写真はNGとなります。

 

写真館のような場所で撮影するとき、背景に白や薄い配色が

選ばれることが多いです。

意図していなくても、白や薄い色の服装を選んでしまって

背景と同じ色となってしまうと、背景と人物が同化したような

仕上がりになってしまう可能性があります。

 

できるだけ、白や薄い色使いをした服装は避けるべきでしょう。

 

背景色まで配慮することが大切となります。

プロが写真撮影するような場面であれば、パスポート用の写真の

撮影であることを伝えておくといいですよ。

背景色を変えるなどの配慮をしてくれると思います。




スポンサーリンク







パスポート写真では前髪は眉や目にかかっていても大丈夫?

パスポート写真の大切なところは、顔であり、隠さないように

することが原則となります。

そのため、眉にかかることも望ましくありません。

目にかかるような髪型は撮り直しを要求される可能性が高いでしょう。

 

数本の髪の毛が眉にかかっているだけで、撮り直しの要求される

こともあるようです。

 

この辺りは、窓口の職員のさじ加減にも影響されることです。

しかし、有料サービスを利用してパスポートの写真の撮影をする

場合がほとんどですよね。

写真撮影のお金のムダにならないよう、前髪はピン止めをして

顔があらわになるように気をつけましょう。

パスポート写真でNGとされる格好や髪型

パスポート写真は、自分の身分を証明するための大切な写真と

なります。

少しでも格好良く魅せたい、可愛らしく、綺麗に撮影したいと

思うのも理解できます。

しかし、実物と写真の印象が違うと困ることも多いはずです。

 

本人確認の時間に必要以上に時間を取られ、場合によっては、

パスポートが身分証明書として機能しないリスクもあります。

 

格好と髪型という観点でNG例を紹介していきます。

 

NGとされる格好

服装では、特に注意する必要はないのかもしれません。

しかし、格好という観点では別の話です。

絶対にパスポートの証明写真で避けるべき格好について、

箇条書きしていきます。

 

帽子

サングラス

カラコン

化粧

アクセサリー

 

まずは、頭にかぶる帽子ですが、パスポートの証明写真としては

NG項目です。

写真を撮影するときには絶対に脱ぎましょう。

 

サングラスは素顔を隠し、証明写真の役割を果たしません。

しかし、眼鏡に関しては、許可される場合もあるみたいです。

ただし、眼鏡に光りが反射していて目元が明確ではないもの、

眼鏡の縁が目や顔の輪郭を隠しているものは認められません。

 

よほどの事情がない限り、眼鏡も外して写真撮影したほうが

いいでしょう。

 

カラコンも顔の印象を大きく変えるものなので、NGされる

項目です。

化粧も顔の印象が変わってしまうほどの過度なものは却下と

なる可能性が高いので、ナチュラルメイクを心掛けましょう。

 

アクセサリーも顔のパーツを隠すようなものは認められません。

パスポートの写真撮影時には絶対に外すようにしましょう。

 

NGとされる髪型

格好に続いて、髪型のポイントを紹介していきます。

前髪のことは上にも書きましたが、他に押さえておくところを

紹介しておきます。

 

顔の輪郭を隠している

ウィッグ

背景色と同化していない髪の色

ヘアバンド

 

日頃の髪型においては、小顔に魅せるために顔の輪郭を覆う

髪型をされている方も多いですよね。

女性なら可愛らしく、男性なら格好良く、魅力的に見せる

手法の一つです。

しかし、残念ながら、パスポート写真においてはNGです。

 

かつら、ウィッグ、本当の容姿とは異なる写真も禁止事項と

なっています。

 

背景色と同化していない髪の色については、服装のときにも

述べましたが、背景と人物の境目がハッキリしていることが

パスポートの証明写真では大切です。

背景が白く、髪の毛も白くて、同化している写真もNGです。

淡い髪色に染めている方も注意した方はいいですね。

 

ヘアバンドも髪の毛を覆うものなので禁止事項となります。

ヘアバンドに限らず、髪のアクセサリーも写真撮影は外して

おきましょう。



スポンサーリンク






パスポート写真の撮影でオススメの服装をご紹介!

パスポートの写真は、大切な身分証明書なので気をつけなければ

ならないことが多いです。

ダメなことばかりで、どんな服装をすべきなのか悩みますよね。

 

男性・女性にオススメする、パスポートの証明写真向けの服装を

ご紹介させて頂きます。

購入されるのも良いですし、近々、撮影予定のある方はコーデの

参考になさって下さいね。

 

 

女性にオススメ、ふっくらデザインのブラウスとなります。

色合いも濃く、背景と同化することもないでしょう。

襟がないデザインなので、写真撮影の時に顔を隠すような

こともなく、スッキリと顔を映すことができますよね。

 

デザイン性にも優れ、とてもお洒落な印象を漂わせます。

 

写真撮影時には、顔から下に焦点が当たることはありません。

しかし、外出して写真撮影をされるでしょうから、どんな服装で

そこまで行くのかも考えますよね。

どちらも兼ね備えた服装だといえるでしょう。

 

 

襟元がスッキリしており、シンプルなデザイン性のTシャツと

なります。

パスポート用の写真撮影なら、まず却下にならない手堅い服装、

女性にオススメのコーディネートです。

 

さらに着ているものを魅力的にする色使いだといえるでしょう。

 

屋外にいるときは何かを羽織り、撮影するときに上着を脱げば

いいですよ。

伸縮性に富んでおり、肌触りにも優れています。

VネックやUネックなど、襟元のデザインに選択肢があるのも

嬉しいポイントですよね。

 

 

男性にオススメ、パスポートの写真にピッタリのTシャツと

なります。

襟がないので、顔を隠したり、覆う要素がありません。

 

シンプルなデザインは貴方の魅力を引き立てるでしょう。

 

ただし、色使いには気をつけたいポイントで、白色は

避けるようにして下さいね。

ブラックやベージュを選んで失敗しないで下さいね。

 

下着といえばGUNZE、品質に優れるTシャツである

ところも見逃せません。

関連記事:髪の分け目で運気や印象が変わる!?右・左の心理は?



スポンサーリンク








最後に

パスポート写真の服装や、前髪の記事は参考になりましたか?

特に前髪は、目や眉にかからないように注意しましょう。

 

写真映りを気にするのはいいですが、それで禁止事項に触れて

しまえば、せっかく撮影した写真もムダになってしまいます。

身分証明書の写真は、写り映えするよりも、本人確認を目的と

していますので、その役割を果たすことが大切となります。

 

最近は目を大きく加工する写真撮影が流行していますが、

パスポートの照明写真では、まず許可されないでしょう。

絶対に止めるようにして下さいね。

 

オススメした服装も、ぜひ参考にして、撮影するときの

コーディネートに取り入れてみて下さい。

襟元がスッキリしていること、色合いが写真の背景色と

同化しないこと、この二点が大切になります。

 

そんなに着飾らなくても貴方は充分に魅力的なはず。

ぜひ自信をもって、パスポートの写真撮影に臨んで下さい。

関連記事:旅行用のリュックの容量や大きさの目安は?女性におすすめなのはコレ!



スポンサーリンク


サブコンテンツ