なめこの賞味期限!真空パックや未開封の場合は?酸っぱいと危険?

みんなが大好きななめこ!

味噌汁などに使用されることが多いと思いますが、

なめこは、きのこの中でも安価で味にクセがないということで人気があります。

しかし、なめこは傷みやすく賞味期限が非常に短いということをご存じでしょうか。

 

実は、なめこも含め、野菜類には賞味期限の記載義務がありません。

そのため、未開封のまま冷蔵庫に入れっぱなしになっていたときなど、

酸っぱい臭いがしたり、まだ食べられるかな?と心配になることも多いかと思います。

 

もちろん、未開封だから大丈夫とは限りません。

特に、なめこは傷みやすいので正しい保存方法や賞味期限の目安はどのくらいなのか、

しっかり把握しておくことが大切です。

そこで今回は、なめこを長持ちさせる方法、

真空パックや未開封の場合の賞味期限など詳しく紹介していきますよ。





スポンサーリンク







なめこの賞味期限と注意点!

スーパーでなめこを購入したら、賞味期限の記載がないものがほとんどです。

それは、なめこが野菜などと同じ生鮮食品だからです。

加工食品の場合には賞味期限の記載義務があるのですが、

生鮮食品は消費者が判断するようになっています。

 

では、なめこはどのくらい日持ちするかというと、収穫してから1週間程度です。

従って、流通までに時間のかかるスーパーなどの場合は、

店頭に並んでから3~4日しか日持ちしないという場合も多いです。

しかも、収穫した日付が記載されているわけでもないので、

なめこの良し悪しは見て判断するしかありません。

 

また、なめこは常温保存することができません。

なめこを育てるときの温度は14~16度で、

20度以上にはならないように管理されています。

それ以上の温度で保存してしまうと収穫後にもかかわらず成長が進んでしまい、

すなわち劣化してしまうということになります。

 

そのため、なめこの保存方法としては、冷蔵保存が適しています。

冷やすことでなめこが冬眠に近い状態になるので、成長を抑えることができ、

その分長持ちするということになります。

 

しかし、これはあくまでも劣化を抑えるということで、長期保存には向きません。

冷蔵保存したとしても、すでに上記でお伝えしたとおり

日持ちするのは1週間程度というのは変わりありませんので注意しましょう。

 

また、なめこは冷蔵保存だけでなく、冷凍保存も可能です。

冷凍しておくと、およそ1ヶ月程度日持ちさせることができます。

ただし、風味が落ちてしまう可能性もありますのでそこは理解しておく必要があります。

 

なめこを購入したら、長期保存したい場合にはすぐに未開封のまま冷凍するか、

あるいは冷凍バックなどを利用して分けて冷凍すると良いでしょう。

小分けして冷凍しておけば必要な分だけ

解凍して使用することができるのでとても便利ですよ。





スポンサーリンク







真空パックと未開封の時のなめこの賞味期限は?酸っぱいと危険?

なめこは生でしめじのようなパックで販売されているものと、

真空パックで販売しているものの2種類があります。

生のなめこも真空パックのなめこも味噌汁や和え物にして食べると美味しいですが、

どうせ購入するなら、より新鮮なものを選ぶことができるといいと思いますので、

まずはそれぞれの選び方を知っておきましょう。

 

真空パックのなめこの場合は、しっかりと真空になっているものを選びましょう。

真空パックにするときに、少々空気が入ってしまうこともありますが、

その状態では保存可能期間が短くなってしまいます。

また、色はきれいでにごりのないものを選ぶと良いでしょう。

 

生なめこの場合には、きれいな茶色をしていて、

カサの大きさが揃っているものを選びましょう。

全体的にハリと弾力があるものはより新鮮と判断できます。

 

また、なめこは購入してからすぐに食べると良いとお話しましたが、

どんな状態が腐ったものと言えるのか、その見分け方をご紹介します。

当然異臭がするときには腐っていると判断して良いでしょう。

酸っぱい臭いがするときや、下水のような臭いがするときには特に危険です。

お腹を壊す可能性が高いので、酸っぱい臭いのなめこは食べないようにしましょう。

 

そのほか、真空パックされているもので袋が膨張してしまっていたり、

泡が出ているときは食べない方が良いでしょう。

黒く変色しているものやなめこの形が崩れてどろっとしているものも良くありません。

購入時のなめこの状態によっては、2~3日で腐ってしまうこともあるので、

見分け方を理解して、食べる前に確認しておくといいでしょう。





スポンサーリンク







なめこの保存方法は?

加えて、なめこの保存方法についてもお話していきます。

まず真空パックのものは、そのまま冷蔵庫で保存しましょう。

通常のパックに入っているものは冷蔵庫の野菜室で保存するか、

もしくはジッパー付きのバッグに入れて極力空気を抜いて保存すると良いです。

 

真空パックされているなめこは、生の状態でおが屑が付いていることもあります。

食べる前に一度流水で洗い流して、必ず加熱してから食べるようにしましょう。

通常パックのなめこは購入から3日前後、

真空パックされたなめこは1週間以内に食べるようにしてくださいね。

 

いっぺんに使いきれないというときには、

石づきのなめこであれば石づきは切り落とさずに

洗わない状態のまま使う分だけ裂いて使いましょう。

残ったなめこはラップに包むかジッパー付きの袋に入れる、

またはタッパーなどに入れてできるだけ空気に触れないようにして

冷蔵庫に保存しましょう。

 

真空パックされているものも同様に、密閉容器に移し替えて冷蔵保存します。

真空パックの袋から一度出して、水気をサッと切ってから、

ジッパー付きの袋やタッパーに入れておくと少し長持ちしますよ。

一度開封したなめこは、生のものだと1~2日程度、

茹でたものは遅くとも3日前後を目安に食べきるようにしましょう。

 

傷みやすいなめこも、冷凍保存することで長持ちさせることができると説明しましたが、

そのときも保存方法をちょっと工夫すると、便利に料理に使うことができます。

真空パックのなめこは、冷凍する前に半分に折った状態で冷凍庫に入れておくと、

使うときに半分だけ簡単に取り出すことができます。

 

また、パックに入っている石づきが付いているなめこは

洗わずに石づきを切り落としてほぐしてから

密閉できる袋や容器に入れて保存すると良いでしょう。

どちらのなめこも使用する際には解凍せずにそのまま味噌汁などに入れると良いです。

 

なめこを保存するならZipper Bagsがオススメ!

こちらのシッパーバッグは、オシャレで可愛いと評判です。

これで食材を保存しておけば、殺風景な冷凍庫や冷蔵庫もキレイになりますよ。

自立するので、場所も取らずにスマートに保存することができます。

ラップなどになめこを包んでから入れれば、繰り返し使うこともできますね。

サイズも多様に揃っているので、

家族構成やなめこを使う頻度によって選んでみてください。

 

コンテナタイプのジップロックもオススメ!

ちょっと多めに保存したいというときは、コンテナタイプのジップロックもオススメです。

いくつあっても重ねてキレイに保存することができますよ。

中身が一目で分かる半透明の容器になっていますし、

側面には目盛りが付いていて内容量も確認可能です。

関連記事:そば湯の飲み方!つゆの割合は?かけそばや鴨せいろの場合は?





スポンサーリンク







最後に

なめこはかなり痛みやすいので、できれば購入したその日に食べるのが良いですが、

その日に食べない場合には冷蔵庫で保存し2日以内程度に食べることをおすすめします。

それも難しいという場合には、買すぐに冷凍して保存しておくのが良いでしょう。

 

なめこは料理に入れるなどして食べることがほとんどで、

そのまま食べることはおそらく無いと思います。

料理に使う前に、酸っぱい臭いなどの異臭がないか、

形を留めているかどうかをしっかり確認して、

なめこを美味しく召し上がってくださいね。

関連記事:ローストビーフが生焼けの見分け方や対処法!食べたら食中毒になる?





スポンサーリンク






サブコンテンツ