手湿疹の水泡の原因や治し方!市販薬のおすすめは?ゴム手袋で悪化する?

みなさんは手湿疹という病気をご存知でしょうか。

特に、家事をしている主婦がなりやすいものと言われています。

症状としては水泡ができたり、指先や手のひらが赤くなって乾燥したりひび割れたりして、

皮膚が剥けて薄くなってしまい、悪化すると出血してしまうこともあります。

このような症状に思い当たる節はありませんか?

 

ただの手荒れと思って、我慢してしまってはいけません。

手湿疹は単なる手荒れと思われがちですが、

放っておくだけでは治るばかりかますます悪化していきますし、

実は、手湿疹は適切にケアすることでとても楽になります。

そんな悩みを抱えている方のために、

今回は、手湿疹の原因や治し方、おすすめの市販薬についても解説していきますよ。




スポンサーリンク






手湿疹の症状って?痒くなったり水泡ができる原因は?

手湿疹とは、その名の通り手のひらや指、手の甲などに湿疹ができることです。

主婦の方に多いため、主婦湿疹とも呼ばれています。

主に利き手から症状が現れることが多く、痒みや痛み、水疱が見られるのが特徴です。

痒みが出てくるので我慢できずに掻いてしまい、

それが原因で出血してしまったり、水泡が潰れて症状が広がってしまうこともあります。

 

では、手湿疹の原因は一体何なのでしょうか。

イメージとしては、家事で食器洗いや洗濯を頻繁にする主婦や、

水仕事が多い職業の方でも悩んでいるというものが多いと思います。

それでは、果たして原因は水なのでしょうか。

 

実は、一番大きな原因は水仕事をするときに使用する石鹸や洗剤、

シャンプーなどによって起こる皮脂不足なのです。

石鹸や洗剤を頻繁に使っていると手の油分を落としてしまい、

皮膚を保護する力が弱くなってしまうのです。

そういった状態のときに物を持ったり、手を使う仕事をすることで刺激が生じ、

皮膚が傷つき、そこから異物やバイ菌が入り込みやすくなってしまうのです。

 

その異物などによるアレルギー反応によって、

痒みや痛み、湿疹、水疱などといった症状が出るというのが手湿疹の正体です。

従って、もともとアレルギー体質の方は

特に手湿疹になりやすい傾向があるので注意が必要になります。

 

また、手湿疹の症状には乾燥型と湿潤型の2種類があります。

乾燥型は乾燥が原因でひび割れや赤切れ状態になってしまうもので、

皮膚がカサつき、角質が剥がれることで指紋がなくなってしまうこともあります。

痒みも強く我慢できずに掻いてしまうと状態はより悪化しますし、

手湿疹を何度も繰り返すうちに皮膚が厚く硬くなり、

裂けたひび割れが深くなっていき治りづらくなってしまうのです。

 

湿潤型は水泡が症状のメインで、指の間や手のひらによく現れます。

皮膚には汗腺があり、そこから皮脂が分泌されますが、

汗腺になんらかの異常が起こり詰まってしまうことが原因で

皮脂の分泌がうまくいかなくなると炎症が起こり、水泡が形成されてしまうのです。




スポンサーリンク







手湿疹の治し方は?ゴム手袋は悪化する原因になる?

困ったことに手湿疹になる方の多くは、

日常生活や仕事上で水や洗剤を使うことを止められないという場合がほとんどです。

手湿疹は大抵の場合小さな手荒れ症状から始まり、

それがどんどんひどくなって悪化していくという流れになります。

 

初期の手荒れではハンドクリームをこまめに塗ることである程度の改善が望めますが、

ひび割れや湿疹、水疱といった症状になるとそうはいきませんよね。

辛い手湿疹ですが、毎日の生活の中で少し工夫するだけでも改善が期待できます。

ここからは、手湿疹の治し方をいくつかご紹介していきます。

 

熱湯の使用を避ける

食器を洗う時、油汚れを落とすために熱いお湯を使用することがあると思います。

しかし、熱湯を使用すると手の皮脂まで一気に落としてしまうので注意が必要です。

また、食器を洗うときだけでなく、入浴時にもお湯が熱すぎないよう気をつけましょう。

手湿疹が出来ているときには、

少しぬるめの温度で水仕事などするようにするのが治し方のポイントです。

 

アルコールの使用を避ける

近年ウイルス予防のために除菌アルコールが大活躍していますが、

アルコールには強力な脱脂力があります。

除菌アルコールを使用するたびに手肌は乾燥し、手湿疹が悪化する原因になります。

手湿疹に悩んでいる方はアルコール以外の除菌剤の使用をおすすめします。

 

洗剤やシャンプーを変える

液体洗剤は油汚れの洗浄力が高くなっている分、

手肌への刺激も強くなっている面があります。

普段使いには問題ありませんが、

手湿疹が発症している場合には石鹸系の洗剤の使用をおすすめします。

 

シャンプーも同様で、知らず知らずのうちに手肌へ刺激を与えて

症状の悪化の原因になっていることがあります。

手湿疹は強い洗浄成分に反応して悪化してしまうので、

肌に優しいアミノ酸系洗浄成分を使っているシャンプーを使用するのがオススメです。

 

また、手荒れを防ぐために、ゴム手袋をつけて家事をしている方もいると思います。

一見、ゴム手袋は手湿疹の予防になると思われがちですが、

場合によってはゴム手袋が原因で手湿疹が発症していることもあります。

 

特に、ラテックスアレルギーと言うゴム製品に対するアレルギーや

金属アレルギーを持っている人は注意をする必要があります。

また、ゴム手袋の内側に使用されている白い粉が原因で手湿疹になることもあります。

そういう場合は、使用する前に一度ゴム手袋の内側をきれいに洗ってから使うと

手湿疹を予防することができます。

 

手湿疹の治し方における手袋を選ぶポイントとしては、

非ラテックス製品の手袋を使用することや

皮膚への刺激を防ぐために少し緩めのサイズを使用することです。



スポンサーリンク






手湿疹のおすすめ市販薬を紹介!

手湿疹がなかなか改善されないときには、まずは皮膚科を受診するのがよいでしょう。

特にラテックスアレルギーの症状が出ているときや

症状が悪化している場合にはステロイド軟膏を使用して治療する必要があります。

手湿疹は長引くと患部をどんどん広げてしまうこともあるので、

一度専門医に診てもらうことが大切になります。

 

しかし、症状が軽度の場合には市販薬でも十分対応できますので、

ここからはいくつかおすすめの市販薬をご紹介します。

 

メディクイック軟膏R

 

こちらの商品はパッケージにも記載されているように、特に痒みに効果があります。

手は薬を塗ってもすぐに取れてしまうことが多いと思いますが

こちらの商品は手への密着力を高めるために、

あえて硬めのテクスチャーにしてあります。

小さな水疱やひび割れ、かぶれや痒みまで、幅広い症状の手湿疹に効果があります。

しみにくい低刺激性タイプなので、痛みが気になる方にもおすすめの市販薬です。

 

ベトネベートN軟膏AS

 

こちらの商品は強めのステロイドに抗生物質が配合された商品です。

よく皮膚科で処方されるリンデロンVG軟膏とほぼ同じものなので、効果は高いです。

炎症を抑える効果と化膿を抑える効果をダブルで期待することができます。

患部を保護する油性タイプなので、ジュクジュクと湿った患部に適しています。

 

ただし、こちらの商品は市販薬の中でもかなり強いステロイド効果があるため、

長期使用はなるべく避けるようにしましょう。

症状が改善したら使用を中止するのはもちろん、

逆に数日使用しても改善が見込めないあるいは症状の悪化を認めた場合には

すぐに薬剤師や医師に相談するようにしましょう。

 

アルテナナチュラル

 

こちらの商品はよもぎエキス配合のナチュラルクリームです。

ステロイドは使用していません。

確かに、ステロイドが配合されている薬は即効性があり、

手湿疹の症状に悩んでいる方にはとても有効なのですが、

同時に副作用症状もあるので、使用が気になるという方も多いですよね。

そういった方には特にオススメできる市販薬になります。

 

また、保湿力が高く手湿疹の予防としても効果的ですので、

水仕事が多いという方は1本持っておくと安心ですね。

【関連記事】

低血圧の数値の幅は?危険値と正常値を年齢別に解説!

口唇炎を治す方法!ワセリンやはちみつがいい?治らない原因についても解説!

バリウムが飲めない・吐く人のための飲み方のコツは?飲まない方法はある?

日光湿疹の原因や症状は?治療法や市販薬のおすすめは?

手のひらに突然できたほくろは病気・癌?子供の場合や見分け方についても解説!



スポンサーリンク








最後に

寒い季節がやってくると水仕事にもお湯を使いたくなりますよね。

しかし、お湯を長時間使っていると手の油がどんどん落ちてしまい、

今まで手湿疹に悩んだことがない方でも、

こういった季節には症状が出やすいと言われています。

 

現在手湿疹に悩んでいる方はもちろんですが、

日頃から水仕事をしなければいけないという方も、

手湿疹予防のために、今回紹介した内容を参考にしながら

こまめにケアすることをおすすめいたします。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ