子供の熱を下げる方法は?食べ物や飲み物についても詳しく解説!

子供は大人に比べ、すぐに発熱するものです。

しかも高熱になることが多くて心配になりますよね。

 

過度に心配してしまうのは良くありませんが、

それでも気になってしまうのが親心というもの。

 

夫婦共働きの場合だと、仕事にも影響を及ぼします。

 

学校や幼稚園・保育園に預けられなくなるので、

親としては頭を悩ませますよね。

急な休みは、職場に迷惑をかけてしまいますし、

上司・同僚からの印象も悪くなっていきます。

 

子供のことは心配だけど、それ以外のことにも

気を取られてしまいます。

 

子供の体質もそれぞれなので、病弱ぎみの場合は、

さらに熱で悩まされる回数も増えてしまいます。

 

ご自宅ですぐに対応できて、効果的に子供の熱を

下げる方法はないものなのでしょうか?

当記事では、いくつかの作戦を紹介しますので、

ぜひ子供の発熱時に実践してみて下さい。

 

子供の体質もありますので、効果を発揮するもの、

しないものがあるでしょう。

いくつかの方法を試してみて、組み合わせてみて、

取捨選択していくことをオススメします!





スポンサーリンク







子供の熱を効果的に下げる方法

人間の体には体温調節の機能が備わっており、

それは子供であっても同じです。

むしろ新豚代謝が活発な子供のほうが、体温調節の

機能は大人より優れています。

 

せっかく熱を下げるメカニズムが体に備わっている

ので、その機能を活かしていきましょう。

 

そのメカニズムとは発汗です。

 

つまり、汗をかくことによって熱を下げるのです。

そして発汗を促すために、体を温めることが大切に

なってきます。

 

体温を下げたいのに、体を温めるの?

 

なんだか矛盾しているような気がしてきますよね。

でも、これで正解なのです。

熱を下げる目的で、体を冷やしてしまうと、

逆に体温の調節機能が働いて、体温を上げようと

するのです。

結果として、熱は下がらず悪化することでしょう。

 

奇妙に思えるかもしれませんが、熱を下げる方法と

しては効果的なので、この機会に覚えておくことを

オススメします。

 

では体を温めるには何をすればいいの?

その方法を、これから2つ紹介しますね。

 

とにかく厚着をさせて体を温める!

室内でもジャンバーを着用させましょう。

4~5枚は重ね着をして、厚着を徹底します。

 

空調設備や暖房器具があるのなら、室温を

できるだけ上げておくと効果的ですよ。

 

その状態で布団にくるまって、横になれば、

汗を大量にかくことでしょう。

 

気をつけたいポイントは、高熱の場合、この方法は

望ましくありません。

子供は40℃を超える高熱が出てしまうと脳に影響を

及ぼす可能性があります。

 

頭や首筋だけは絶対に冷やしておく必要があるので、

実践する場合には気をつけましょう。

 

お風呂に入浴させて発汗させる!

体を洗う目的の入浴ではなく、発汗させることが

目的の入浴です。

ぬるめのお湯で20分ほど湯船に浸かると良いです。

 

お湯の温度は36℃に設定しておけば大丈夫ですよ。

 

お風呂から上がって、汗がひけば、熱が下がって

いることでしょう。

 

ちなみに海外では水風呂に入れるといった荒療治の

方法がとられる場合もあるそうです。

発汗を促すのではなく、水温で強制的に熱を下げる

目的なのでしょう。

あまりオススメできる方法ではありませんね。





スポンサーリンク







子供の熱を下げる食べ物

大人でもそうですが、発熱時には食欲が湧かない

ものです。

大人であれば、早く回復する為だと口にもしますが、

子供であれば、そうもいきませんよね。

 

熱があるということは、体内では必死に病原体と

戦っている証拠でもあります。

そのことから、エネルギー源として、炭水化物を

摂取させることが望ましいです。

 

かといって、コッテリした食べ物はのどを通らない

でしょう。

サッパリして食べやすいものを選ぶのがベストです。

 

おすすめなのが、うどんのような麺類です。

水分が多くて食べやすいお粥も良いです。

 

うどんもお粥も消化が良いので、発熱したときの

食べ物としては適切です。

 

しかし、うどんやお粥には、直接的に熱を下げる

効果はありません。

食べ物で熱を下げる効果を見込むなら、利尿作用の

ある食材を選ぶのが良いでしょう。

 

利尿作用のある成分はミネラル成分のカリウムです。

カリウムが多く含まれる食材を紹介します。

 

バナナ

メロン

かぼちゃ

じゃがいも

 

これらの食材には、ミネラル成分であるカリウムの

含有量が多く、熱を下げる食べ物としては効果的。

 

うどんやお粥のおかずとして、デザートとして、

子供に食べさせることで熱を下げることができる

かもしれません。

試してみる価値はありますので、実践をしてみて

下さい。





スポンサーリンク







子供の熱を下げる飲み物

熱が高いときは、やはり食欲が出ないものです。

そうなると、食べ物より飲み物のほうが熱を下げる

方法としては向いているでしょう。

 

熱を下げる方法として、汗をかくことを促すことは

上にも書かせて頂きました。

そのためにも水分を摂取することは大切になります

ので、飲み物には特に気をつけたいです。

 

おすすめの飲み物を紹介していきます。

 

生姜湯

ココア

ほうじ茶

リンゴとニンジンのミックスジュース

 

いずれも体を温めてくれる飲み物です。

体内からポカポカと温まり、発汗作用を促すものと

なります。

 

生姜湯・ほうじ茶は、好みが分かれるかもしれない

ですが、ココアやリンゴとニンジンのミックスジュースは、

甘くて子供でも飲みやすいのではないでしょうか。

 

清涼飲料水も、発熱時の飲み物としてオススメです。

 

スポーツドリンクには、エネルギー源となる成分が

豊富に含まれています。

食欲がなくて何も食べられない状態であれば、

スポーツドリンクを飲ませることで、

最低限のエネルギー補給はできるはずです。

 

水分補給と兼ねて、どんどん飲ませましょう。

子供の熱を下げるオススメのアイテム

熱を下げる方法として、テクニック、食べ物、

飲み物を紹介してきました。

 

しかし、子供が熱を出すのは急のこと。

 

いざというときに備え、これからご紹介するアイテムを

ストックしておくことをオススメします。

備えておけば、急なことでも焦らずに落ち着いて

対応することができるでしょう。

 

美味しく食べられる中華粥となります。

味気ないお粥は食べるのもツラいですが、

こちらなら食べやすいはずです。

野菜エキスが含まれており、必要な栄養は

しっかり摂取することができます。

 

元気なときから美味しく食べられる梅干し。

実は利尿作用に優れ、熱を下げるに効果的なのです。

ご自宅でお粥をつくるとき、トッピングにオススメ!

ハチミツで子供でも食べやすく味付けされています。

 

粉末状のスポーツドリンク、保管に場所をとられず、

必要なときに使うことができる優れものです。

サッと水に溶かして出来上がり!

そんな手軽さもオススメする大きな理由です。

ペットボトルのスポーツドリンクを購入するよりも

コストパフォーマンスにも長けています。

関連記事:風邪の時うどんの具は何がいい?子供にもおすすめの簡単レシピはコレ!





スポンサーリンク







最後に

子供の熱を下げる方法を紹介させて頂きましたが、

如何だったでしょうか?

いざという時、絶対に役立つ情報のはずです。

 

しかし、長期化して熱が下がらないようであれば、

やはり病院へ行って、診察を受けるべきです。

医師の指示のもと、薬を処方してもらえるはず。

 

一番ツラいのは、熱を出している子供です。

 

きっと子供も、親に心配をかけていることや、

仕事に影響していることを気にかけているはず。

 

こういうとき、いつも以上に優しい言葉をかける

ように意識しましょう。

 

一日はこれで様子を見て、二日目で症状に改善が

見られない場合は絶対に病院に行って下さいね。

当記事の内容は初期対応のことなので、

子供の負担を軽減するのを最優先に考えましょう。

関連記事:子供へのレントゲンの被爆の影響は?回数や頻度による危険性は?





スポンサーリンク






サブコンテンツ