顔ダニは肉眼で見える大きさ?うつる?退治の仕方についても解説!

女性にとって、お肌の悩みはどの年代でも尽きないものです。

ニキビや肌荒れ、乾燥肌、皮脂のテカリなどなど。

季節によっても肌の状態が変わるので、一年を通して

いろいろな悩みが出てきますよね。

 

それでもスキンケアや生活習慣、食事などに気を遣うことで

ほとんどのトラブルは解消できますが、

最近肌の状態が悪い!という方はいませんか?

 

それはもしかして「顔ダニ」の仕業では?

とっても恐ろしいイメージが湧きますが、

正しくお手入れすれば、うまく付き合っていくことができるのです。

 

今日は顔ダニについて、その正体から駆除方法まで

まとめてみましたので、いつもと違う肌トラブルにお悩みの方は

一度読んでみてください!




スポンサーリンク






そもそも顔ダニってどんなもの?

顔ダニという言葉を初めて聞いたときは、ゾッとしましたが・・・

人間を含めた哺乳類の皮膚に寄生しているダニのことを指します。

なんと、その種類は5000種類にも存在しているそうです!

ちなみに人間に寄生しているのは、たった2種類ほどです。

 

人間の約97%が顔ダニを持っていると言われ、

特に皮脂腺の多い顔に棲みついていることから、

「顔ダニ」と呼ばれているのです。

 

この顔ダニの主食は人間の皮脂です。

そのため、顔ダニはある程度の数なら皮脂を食べ、肌の状態を調整してくれる

と言われているため、まったくゼロにする必要はありません。

 

問題は顔ダニが異常な繁殖を起こしたときなのです。

一般的には顔の皮膚の1センチ四方に5匹程度の顔ダニがいると言われていますが、

それが3倍の15匹ほどに増えると、異常繁殖となり、

肌トラブルを引き起こす原因に直結します。

 

しかも顔ダニは不思議な生物で、死んだときにしか排泄をしないのです。

しかもどこで死ぬのかというと、毛穴です・・・

そのためその毛穴には、顔ダニの死骸と排泄物、バクテリアが繁殖します。

 

これを聞いてしまうと、恐ろしくてめまいを覚えますが

さすがにここまで肌に異物があれば、トラブルを起こすもの納得ですよね。




スポンサーリンク







顔ダニは肉眼でも見える大きさ?うつるの?

先ほどの「毛穴で死ぬ」ということから、ピンとくるかもしれませんが

顔ダニは私たちの肉眼では確認することができません。

顔ダニの大きさは0.1~0.4ミリぐらいの大きさで、

顕微鏡でやっと見える程度なのです。

こんな恐ろしいものが肉眼で見えていたら気絶するでしょう・・・。

 

しかし目に見えないので、肌トラブルを起こしたときにも

顔ダニという原因が特定しにくい理由にもなっています。

 

そして、顔ダニは人から人にうつるのか?

一番気になる部分ですよね。

 

これも先ほどご紹介した内容からの引用ですが、

人間の97%は顔ダニを保有しているとお話しました。

ではなぜ100%ではないのか?

答えは、生まれたばかりの新生児には顔ダニがいないからです!

 

しかし、顔ダニはお母さんから簡単にうつります。

なぜお母さんかというと、頬ずりや抱っこをする機会が一番多いですよね。

もちろんお母さんでなく、お父さんやおじいちゃん・おばあちゃんからも

すぐにうつってしまうのです。

 

一般的には男性より女性のほうが顔ダニは多いと言われています。

化粧品や生理サイクルの関係で皮脂が多くなることが原因のようです。

では、皮脂が少なそうなお年寄りなら顔ダニが少ないのでは?と思いますが

意外とそうでもなく、むしろお年寄りのほうが多いのです。

 

なぜかというと、加齢によって免疫力が低下し、

自浄作用が失われていることと

肌のターンオーバーのサイクルが遅いことが挙げられます。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは誰しも、

頬ずりをしたくなる気持ちはあるでしょうが

お肌が荒れているときなどは、少し控えた方がいいかもしれませんね!

顔ダニが引き起こす肌トラブルの症状は?

では、実際に顔ダニはどんな症状が出てくるのか?

お肌の手入れや、生活習慣、睡眠時間など十分に気をつけているのに

なんだかおかしいという方は、こちらに当てはまる症状はありませんか?

 

1、顔のかゆみ

とくに朝かゆみがある方は注意!

顔ダニは夜行性なので夜の間に繁殖したり、脱皮したりと活動がされており

朝の肌には顔ダニの死骸なども残っている可能性が高いのです。

 

2、顔の赤み

これも死骸や排泄物によってアレルギーを起こし、炎症となります。

慢性的に肌の赤みが消えない方は、顔ダニかもしれません。

 

3、ニキビ

しかし、白っぽくなるニキビとは違い、いきなり赤く腫れるニキビが該当します。

赤ニキビができやすい方は、顔ダニが異常繁殖しているかもしれませんよ。

 

その他に、急激に肌が乾燥したり、肌のたるみやシワなどの老化現象が

見られたときにも、顔ダニの仕業である可能性があります。

 

いづれかの症状が当てはまった方は、顔ダニを繁殖させる原因となる

「肌の洗浄」がうまくできていないのではないでしょうか?

濃いメイクや、間違った洗顔は顔ダニの大きな原因です。

次で顔ダニの退治方法をご紹介します!



スポンサーリンク






顔ダニを退治したい!効果的な方法とは?

肌トラブル対処の基本は、なにごとも洗顔からですよね!

これは異常に繁殖した顔ダニの退治にも言えることです。

 

まず一つ目の方法は、密度の高い泡で洗顔をすること!

濃密な泡で、顔に残っている、死骸や抜け殻、排泄物を絡めとりましょう。

肌の乾燥を防ぐために、朝は洗顔料を使っていないという方でも

顔ダニ退治となれば、話が変わります。

夜の間に顔に散らばった顔ダニを取り除くには、朝の洗顔が肝心ですよ!

 

泡洗顔をするなら、泡立てネットはマストです!

顔を包み込むようにして、泡の力だけで優しく洗顔することができますよ。

しかも少量の洗顔料でもしっかり泡立つので、経済的です。

 

洗顔の際には、しっかりとすすぐことも大切です!

洗い残しの泡は、顔ダニのエサとなりさらに繁殖を

手助けしてしまうことになるので、完全に洗い流してくださいね。

 

そして顔ダニは油分を好むので、油分を含むスキンケアは最小限に!

洗顔後、いつもどおり化粧水と美容液などはつけてかまいませんが

クリームなどの油分を多く含んだものは、薄く薄くを心がけましょう。

 

最後に、濃いメイクも控えた方がベターです。

コンシーラーやファンデーションは毛穴を詰まらせ、

炎症の悪化を招いてしまう可能性があります。

肌に優しいBBクリームや、ミネラルファンデーションを薄く塗る程度に

しておくのが、美肌にも効果的です!

 

ミネラルファンデーションと言えば、こちらと言っても過言ではないでしょう。

私も使っていますが、おすすめできます!

カバー力が強いので、薄~く塗るだけで十分ですよ。

軽い付け心地なので、肌への負担も最小限にできます。

 

どうしても自力では改善されないという場合には、

皮膚科または美容外科を受診しましょう!

軟膏を処方してもらえることが多いので、薬と併用して

顔ダニ退治対策を行ってみてくださいね!

【関連記事】

低血圧の数値の幅は?危険値と正常値を年齢別に解説!

バリウムが飲めない・吐く人のための飲み方のコツは?飲まない方法はある?

朝から眠い・だるい!原因や対処法は?何かの病気?

ガングリオンの治し方!自宅でもできる?原因はストレスや食事?

顔にできたヘルペスの原因や症状!治し方や市販薬についても解説!



スポンサーリンク








最後に

肌が荒れていると、人に会ったり外出したりするのも

少し億劫になってしまいますよね。

せっかくのお出かけも顔ダニのせいで台無しにならないよう

普段のスキンケアと生活習慣を正しく維持しましょう!

 

もちろん、ストレスを溜めないことや

油っこいものを食べ過ぎないことなども基本となります。

顔ダニ退治は、綺麗なお肌を作るためのステップに通じるものがありますので

しっかりお手入れをしていれば美肌を手に入れることができて一石二鳥ですよ。

 

肌トラブルでお悩みの方は、ぜひ実践してみてくださいね!



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ