口唇炎を治す方法!ワセリンやはちみつがいい?治らない原因についても解説!

肌寒くなって唇が乾燥する季節がくると特に、

唇が赤く腫れてきたり、ひび割れて出血してしまうなんてことはありませんか。

また、食べ物を口にするときや、話をするだけでも痛みが生じてしまい、

なかなか治らずに長引いてしまうなんてこともあると思います。

 

これは、唇に炎症が起こってしまい「口唇炎」という病気が

発症していることが原因として考えられます。

もちろん他の病気である可能性もありますし、口唇炎といっても種類が多々ありますが、

今回は口唇炎の予防法や治す方法と治らない原因について解説していきます。





スポンサーリンク







口唇炎の原因と種類

口唇炎の主な症状は、炎症によって赤く腫れたり、

ひび割れ、湿疹と言った症状が挙げられます。

その他にも、唇が乾燥してカサカサになって皮が剥けて出血してしまったり、

その出血によって生成されたかさぶたを無理に剥がすことが原因で、

腫れや出血、亀裂を繰り返して慢性化してしまう症状もあります。

 

そして、口唇炎にはいくつか種類があり、実は原因もさまざまなのです。

 

アトピー性口唇炎

主な症状は、口唇の乾燥で皮が剥がれたり、亀裂が生じてしまうものです。

酷いときには出血してしまうこともあります。

 

アトピー性の口唇炎はアトピー性皮膚炎などと同様に、詳しい原因は解明されていません。

基本的には、アトピー性皮膚炎の素因がある方が発症することが多いと言われており、

外因性としては、日光による刺激や日焼けが原因で発症する可能性がありますので、

なるべく直射日光を避けることが対処方法になります。

 

接触性口唇炎

接触性口唇炎は、何かしらの成分や物質が唇に接触することで炎症が起きるものです。

赤く腫れ上がったり、湿疹、水疱、かさぶたといった症状が特徴です。

 

接触性口唇炎の原因は、グロスや口紅、リップクリーム、

その他美容液などの化粧品によるものや、

石鹸、歯磨き粉、口内洗浄液のような刺激物質が唇に接触することが

原因で生じることが多いです。

 

無添加成分のものであれば安心というわけではなく症状も人によって様々で、

他の人は安全とされているものでも炎症が起きてしまう場合もあります。

 

剥離性口唇炎

剥離性口唇炎の原因は主に栄養バランスの乱れです。

基本的にはビタミンが不足することで発症し、

湿性のかさぶたや口唇の皮が剥がれてしまう症状が出ます。

また、ビタミンEの過剰摂取によっても発症することがあります。

 

剥離性口唇炎は子どもに多いとされていますが、成人でも見られることがあり、

下唇に湿ったかさぶたができ、更に唇の皮が何度も剥がれるという特徴があります。

唇の表面のターンオーバーが活発になり、

未熟な細胞が表面に出てきてしまうことで発症します。

 

剥がれてきた皮が気になってしまい、自分で剥がしてしまうことがよくあるそうで、

なかなか治らないで症状が慢性化してしまうことが多いと言われています。

また、頻繁に唇を舐めることも剥離性口唇炎を悪化させる一因なので、注意が必要です。





スポンサーリンク







口唇炎を治すには?ワセリンやはちみつの効果は?

まず、口唇炎を治すために一番大切なのは、

むやみに触ったり、治りかけているかさぶたを剥がさないということです。

唇は角質層がとても薄くデリケートな部分です。

治りかけで触ってしまったり、唇を必要以上に舐める、

かさぶたを剥がしてしまうなどの行為は口唇炎を悪化させてしまう原因になります。

治りかけの状態は特に気になりますが、グッとこらえて我慢することが大切なのです。

 

ここからは、口唇炎を治すのに効果的なものを紹介していきます。

 

はちみつ

唇の乾燥には、はちみつを塗る良いと聞いたことがある方も多いと思います。

はちみつには保湿成分やビタミンが多く含まれているので、皮膚の再生に効果があります。

口唇炎を治す方法としても有効であると言えるでしょう。

食べ物なので、口の中に入っても問題ありません。

唇を舐めてしまいがちな子どもにも利用できるのがいいですよね。

 

とはいえ、ただはちみつを唇に塗るということに抵抗があるという方も居ると思います。

そういった方におすすめなのが、こちらのはちみつとアンガンオイルを

ミツロウで固めたこちらの唇用パームです。

 

その他の凝固剤のような不純物も含まれていませんので、とても安全性が高いです。

指に取ると指の温度でとろけ、唇に乗せた瞬間に染み入っていきます。

保湿効果も高いので、とてもオススメです。

 

ワセリン

はちみつと使い方は同様です。

ワセリンには水分は含まれていないですが、

塗っておくと唇から水分が逃げ出してしまうのを防いでくれます。

 

油分の膜で唇を守ってくれるので、ひび割れや出血の症状を抑えてくれますし、

外からの刺激からも守ってくれる効果が期待できます。

ワセリン自体も低刺激で、傷になってしまった痛みを緩和する効果もあります。

 

ワセリンで口唇炎を治すつもりなら、こちらのベビーワセリンがおすすめです。

赤ちゃんにも使える低刺激、無添加が特徴なので

お子様と一緒にお使いいただけます。

チューブタイプの容器なので、必要な分だけ出しやすいというのも嬉しいですよね。

ちなみに、内服は避けた方が良いので、

唇の内側の症状にはあまり使わない方が良いかも知れません。

 

ビタミン剤

栄養不足や、ストレス、疲労、胃腸の不調でも口唇炎は生じやすくなります。

唇に保湿剤や薬を塗ってもなかなか治らない、繰り返してしまうという場合には、

体内の栄養不足を改善していく必要がある場合があります。

口唇炎の原因を特定することはなかなか難しいですが、

なるべくバランス良く栄養をとることで治るというケースも多くあります。

 

食事やサプリなどでビタミンを補給するのも良いですが、

こういったビタミン配合のリップクリームを使うのも手軽でオススメです。

こちらのモアリップはビタミンE、ビタミンB6を配合したもので、

口唇炎や口内炎、ひび割れ、皮むけなどに効果が期待できます。

香料や着色もありませんので、男性でも使いやすいと思いますよ。

 

病院に行く

口唇炎は悪化すると腫れもひどくなり、

ひび割れや痒み、痛みなどの症状も強く現われてしまいます。

このように悪化してしまうと、保湿や栄養を摂るだけでは治らないという場合もあります。

 

そういった場合は皮膚科に行くと、

ステロイドの塗り薬や抗ヒスタミン剤の内服薬が処方されることがあります。

唇の皮膚は大変薄くデリケートなので、

ステロイドの使用に抵抗がある方もいるかもしれませんが、

医師の処方の元決められた用量用法で使用していれば特に害が及ぶことはありません。

 

民間療法ではやはり限界がありますので、

なかなか治らず長引いている、悪化してしまったという時には、

早めに皮膚科の受診することをおすすめします。





スポンサーリンク







口唇炎が治らない原因

実は、極度に胃腸が荒れている場合にも口唇炎を繰り返してしまい、

なかなか治らないということがあります。

 

胃や腸と言った消化器官は唇とつながっていますので、

消化器官が荒れていれば、その影響が波及して唇も荒れてしまうのです。

胃もたれや胸焼けなどの症状がなくても、

生活習慣の乱れや栄養不足によって胃腸が荒れている可能性は多いに考えられます。

 

喫煙やアルコールによって慢性的に胃腸にダメージが及んでいる場合、

口唇炎がなかなか治らないということになりかねません。

普段から節制するのが一番ですが、

特に症状が出てきたときには喫煙やアルコールの過剰摂取が控えるのがよいでしょう。

 

また、口唇炎や唇の腫れ、ひび割れ、湿疹などの症状がなかなか治らない場合や、

どんどんひどくなっているという時には、口唇炎以外の違う病気を疑うことも大切です。

 

口唇炎と似た症状の病気に口唇ヘルペスというものがあります。

口唇ヘルペスはヘルペスウイルスが原因で、とても強い感染力が特徴です。

主な症状としては、水疱ができて、赤く腫れ上がるというものがあり、

一見すると口唇炎と見分けがつかないということも多くあります。

 

口唇ヘルペスはウイルスを倒すための抗生物質を使わなければ

改善が難しいとされていますし、

そのまま放置しておくと周囲に感染を広げてしまう危険性もあります。

 

唇の水疱や腫れが治らない場合、

口唇炎か口唇ヘルペスの見分けがつかないという場合には、

早めに皮膚科を受診することが大事になります。

関連記事:ヘルペスが頬にできて腫れや痛みが!原因や治療は?化粧はしてもいいの?





スポンサーリンク







最後に

口唇炎の原因や症状はさまざまですが、

いずれにしても気になって手で触ってしまったり舌で舐めてしまうと、

なかなか治らないだけなく、重症化・慢性化してしまうことがあります。

 

はちみつやワセリンを塗る、生活習慣を見直すと言った民間療法で治る場合も多いですが、

中には、似た症状を繰り返してしまう別の難治性の疾患であることもあるので、

症状が強い、全然治らないと感じた場合には早めに皮膚科を受診しましょう。

関連記事:日光湿疹の原因や症状は?治療法や市販薬のおすすめは?





スポンサーリンク






サブコンテンツ