ゴキブリの子供(幼虫)の大きさなどの特徴は?駆除の仕方についても詳しく解説!

皆さんはゴキブリの子供(幼虫)を見たことはありますか?

もう口にするのも嫌だし見つけてしまったら

その部屋に入れない!なんて方も多いゴキブリですが

もしもゴキブリの子供を見つけてしまった日には

え?!どこかで卵が孵ってしまったの?

と不安になりますよね・・

 

今回はゴキブリの赤ちゃん(幼虫)の

大きさなどの特徴をご紹介します。

 

1回の産卵で孵るゴキブリの赤ちゃんは

なんと約40匹とも言われます。

それって1匹ゴキブリの赤ちゃんを見つけたら

少なくとも40匹はいるって事?!

 

これはすぐにでも駆除しなければ

取り返しのつかない事になりかねません!

駆除の仕方についても詳しく解説していきます。

 

ゴキブリは1匹いたら100匹いるとも

言われるほどなので子供を見つけたら

すぐにでも駆除が必要です

ぜひ参考にしてみて下さい。





スポンサーリンク







ゴキブリの子供(幼虫)の大きさなどの特徴は?

ゴキブリの大人(成虫)は皆さんよくご存じかと思いますが

子供は見た事がないという方も多いのではないでしょうか?

ではゴキブリの子供はどんな特徴があるのでしょう。

 

生まれたては白い!

外見の特徴はあの皆さんよくご存知の大人のゴキブリと

あまり変わりませんが色は生まれたときは白くて

だんだんとあの色に変わっていきます。

 

・大きさは3~8mmと小さめ!

種類によって変わりますが大きいものでも1cmはなく

集団で行動する傾向があり数匹で行動するのを見つけたら

ゴキブリの子供(幼虫)の可能性大と思いましょう。

 

当然子供がいるという事は親もいるというわけで・・

考えるだけでも発狂しそうですが

ゴキブリの種類について少し触れておきます。

日本で見かけるゴキブリの多くは2種類です。

 

「クロゴキブリ」黒褐色で大きい!

もう皆さんが想像するゴキブリはコイツです。

約3cmもあるクロゴキブリはジメジメした

湿った場所を好むので洗面台や流し台は要注意!

 

幼虫は8ヶ月程で成虫へと変化し寿命は約1年半。

しかし1度に産む卵の数は20~30個で

年間に20回~30回の産卵をします。

そして恐ろしい事に産んだ卵のほとんどが孵化します。

ちなみに寿命は8ヶ月~1年半と言われています。

 

「チャバネゴキブリ」茶色く小さめ!

クロゴキブリに比べると小さめの1.5cm程で成虫です。

茶色くて白いチャバネゴキブリは暖かい場所が好みで

段ボールのすき間やコンセントを開けた先で見つかる事も!

 

小さいからと油断してはいけません。

このチャバネゴキブリは卵が孵化するのも早くて2週間・・

幼虫期間も早いものだと1ヶ月程で成虫になります。

そうです!孵化する前から卵を産める成虫になるまで約2ヶ月!

 

1度に産む卵の数は18~50個で年間3~7回。

寿命は長くても半年ほどと意外にも短命ですが

繁殖力と成長力がすごいので駆除が絶対必要です。

 

寒さに弱くまた飛べないので資材に紛れ込み

屋内へ入ってくるとも言われています。





スポンサーリンク







ゴキブリの子供(幼虫)を駆除する方法は?

ゴキブリは幼虫を見つけたら成虫になる前に

しっかりと駆除しておきましょう。

成虫駆除とは少し違う幼虫駆除の方法を覚えておきましょう。

 

巣を特定してしっかり駆除!

巣を作りやすいと言われるのは家電の下や裏、

キッチン周辺やブレーカー近くと言われます。

周辺にゴキブリの糞がないかを確認しましょう。

 

暗くて暖かい場所を好むので

置きっぱなしの段ボールやクローゼット内なども要注意です。

ゴキブリの卵が孵化するのは春先と言われ

その時期は特に掃除をしっかりしましょう。

 

糞に毒エサを使い成長させない!

幼虫が食べるのは成虫の糞と言われます。

成虫の駆除も兼ねてくれて糞に毒が

混じるように毒エサを使いましょう。

 

毒のあるエサを食べても

ゴキブリそのものを見たくない!

そんな方にはこちらの商品がオススメです。

 

こちらは成虫のゴキブリが食べると

糞で卵や幼虫に連鎖してくれるだけでなく

成虫も毒エサの影響で水を求め外に出ていってくれるので

おうちの中でゴキブリを見なくてもいいのです!

 

完全固形タイプでほこりが付きにくく

半年間有効なのでとっても経済的ですね。

 

ゴキブリが好む道に毒をまいておきましょう

ゴキブリが通る道にホウ酸スプレーなど

毒をまいておくことで駆除していきます。

 

幼虫は小さくエサを食べなくても通る道に

毒をまいておけばそこを通るだけで

かなりの効果があるのです。

 

効果は約2週間!これをスプレーした道を

通ったゴキブリを退治してくれます。

 

外からの侵入が心配な場所にも一吹き!

まだおうちでゴキブリを見てない方も

ぜひこちらで予防しておきましょう。

 

幼虫は缶や瓶に残った液体を食べ成長します。

空き缶や空き瓶は必ずキレイに洗いましょう!

また缶や瓶にホウ酸を巻いておくと

残った液体を求めに来た幼虫を退治する効果があります。

 

こちらはゴキブリを駆除する際に使われる

ホウ酸団子を作る時に必要なホウ酸の粉末タイプです。

 

自治体によって捨てる日が決まっている缶や瓶を

そのまま放置しておくとゴキブリの幼虫は

しっかり栄養を取り成虫になってしまいます。

 

こちらを振りかけておけば液体を求めてやってきた

幼虫はそこで退治出来ちゃいます!

 

ゴキブリのエサをなくし清潔を心掛ける

エサがないとゴキブリの成虫は幼虫を食べる習性があります。

常に清潔を心掛ける事で成虫にエサを与えず

幼虫が成長してしまう前に成虫に駆除させる方法です。

 

幼虫を駆除しても成虫が残る!

そんな時にはおうちまるごと駆除しましょう。

 

こちらは効き目最強シリーズなのに

霧も熱も出ないので火災報知機に

反応しないのが嬉しい商品です。

 

ボタンを押すだけでの簡単操作で

ゴキブリだけじゃなくダニやノミも徹底駆除出来ちゃいます。





スポンサーリンク







ゴキブリの特徴は?寄り付かない環境を作ろう

ゴキブリの特徴をご存知ですか?

とにかく嫌われ者のゴキブリですが

どんな特徴があるのでしょうか?

 

俊敏性

子供の頃ゴキブリは瞬間移動できると

信じていました。それほど素早く動きます。

 

クロゴキブリは飛べる

ゴキブリはよく羽があるけど飛べないと思っていましたが

実はチャバネゴキブリは飛べず

クロゴキブリは飛べるが正解です。

 

それでも飛べる事は知らず人間に追い詰められた時など

危険を感じ取った場合敵に対して向かってくる為に飛びます。

 

死んだふりをする

ゴキブリはあんなに小さいのにとっても賢く

死んだふりをして敵を欺きます。

 

生命力がすごい

ゴキブリの生命力はすごくて人間が触った際に付いた

指紋の油だけで1週間も生き延びる事ができるとか!

 

最初は外から侵入するゴキブリですが

環境が合わないと巣を作らず出てってくれます。

ゴキブリにとっていい環境を徹底撤去!

 

1エサを置かない

調味料がこぼれてしまって底や蓋に付いていたり

コンロの汚れなども気を付けましょう。

 

2換気をこまめに行う

キッチンが大好きなゴキブリが好むのは

暗くて湿度が高く湿気がある場所など

キッチンの収納などはこまめに換気を行いましょう。

 

ゴキブリが好む場所へは居なくても

殺虫剤となる商品を置いておくこともオススメです。

 

こちらを食べたゴキブリはメスの場合は卵にも

糞を食べたゴキブリもトータル退治!

 

置くだけで簡単に駆除ができるなら

やらない手はありません。

ぜひ手遅れになる前に置いておきましょう。

 

3すき間を埋めておく

 

1cmのすき間があればゴキブリは侵入してきます。

エアコンの排水口やサッシのすき間などどんな

すき間も防いでゴキブリの侵入を防ぎましょう。

関連記事:ゴキブリの子供は飛ぶ?卵にいる幼虫の数は?どこから入ってくる?





スポンサーリンク







最後に

今回はゴキブリの子供(幼虫)の大きさなどの特徴や

駆除について詳しくご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

 

子供の頃住んでいた家でゴキブリを見かけた事があり

大発狂したのを覚えています。

ちなみに私が何回か見かけたのは浴室です。

どうしてあんなに人間を怖がらせるのでしょうか・・

 

幼虫をもし見かけたら成虫へと成長し

卵を産むようになる前にすぐに駆除しましょう。

やっぱりゴキブリの心配がない家で

安心して暮らしたいですね!ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事:ムカデが家の中にいる原因!どこから入ってくる?巣を作る?





スポンサーリンク






サブコンテンツ