二日酔いで眠い!眠気・だるさ対策や原因について詳しく解説!

たくさんお酒を飲んだ次の日、二日酔いで眠いしだるいし辛い…と悩む方は多いです。

気をつけていてもついつい飲み過ぎてしまうのがお酒ですよね。

飲み会シーズンともなれば、毎週のように二日酔いに悩まされてしまうこともあるはず。

 

そこで今回は、二日酔いによる眠気とだるさの原因と対策を紹介していきます。

二日酔いに効くオススメ商品もたくさん紹介していますので、

ぜひ参考にして、翌日もスッキリできる楽しい飲み会を過ごして下さい!




スポンサーリンク






二日酔いで眠い!眠気の原因と対策は?

よくお酒を飲み過ぎて悪酔いしたと言うことがあると思います。吐き気やだるさ、

頭痛などの症状が飲酒後2~3時間程度で表われるのが悪酔いです。

そして、10時間以上経って翌日に現われるのが二日酔いであるという違いがあるのです。

 

それでは、まず二日酔いの眠気についてお話していきます。

二日酔いときの眠気の原因はたった一つ、睡眠不足です。

アルコールを飲んでから寝ると睡眠の質が落ち、

たくさん寝ていても睡眠不足と同じような状態になってしまうのです。

 

人間の睡眠は浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠を繰り返しており、

レム睡眠では身体を、ノンレム睡眠では脳を主に休めています。

ちなみに質の良い睡眠とは、ノンレム睡眠が充分に取れている睡眠のことになります。

 

しかし、アルコールを摂取しすぎるとレム睡眠の状態が長くなり、

脳をしっかり休めることができなくなり、中途覚醒も起こりやすくなります。

そのせいで、次の日の眠気として影響が表われてくるのです。

 

二日酔いの眠気の対策としては、

当たり前のことですが長時間の飲酒は避け、あまり遅くならずに帰ることです。

寝る直前までアルコールを飲むのも良くありません。

 

飲んだ後に水やスポーツ飲料水などを摂取して、

体内のアルコールを少しでも分解させて排出することも二日酔いの眠気対策になります。

また、果汁ジュースなどでビタミンを摂取するのも効果的ですし、

アルコールは食事を摂りながら摂取ことにするのも二日酔いの眠気対策になります。




スポンサーリンク







二日酔いのだるさの原因と対策を紹介!

二日酔いによるだるさの原因は主に4つに分けられます。

 

1,アセトアルデヒド

アルコールは肝臓で分解されるのはご存じだと思いますが、

その際に発生するのがアセトアルデヒドという強い毒性を持った物質です。

このアセトアルデヒドはその後酢酸に分解され、

最終的には水と二酸化炭素になって体外に尿や呼気となって排出されます。

 

しかし、日本人はこのアセトアルデヒドを分解する酵素の働きが弱い人が多く、

体内に毒性のある物質が長く留まることで、次の日までだるさが残る原因になります。

対策としては、アルコールの分解を助けるサプリや栄養ドリンクを摂ることが一番です。

 

例えばこちらの肝臓エキスなどがオススメです。

 

こちらのサプリにはアセトアルデヒドの分解を助ける良質なタンパク質を始めとして、

ウコンなどに多く含まれるクルクミンなど、

二日酔いの対策になる栄養素がたっぷり配合されています。

使い切りで毎回用意しなければならないドリンクタイプと違って、

これなら1袋買えば30カプセル入りなので、用意し忘れる心配もありません。

飲み会の次の日はいつも眠いしだるさが抜けないという方は、ぜひお試し下さい。

 

2,メタノール

メタノールは、ほとんどのアルコールが作られる過程で発生しますが、

有毒な物質であるために政府が含有量を規定しています。

 

体内ではメタノールよりもエタノールの分解が優先されるので、

メタノールは通常のアルコールより体内に長く留まってしまい、

これがだるさの原因となる場合があります。

 

特にワインやウイスキー、ブランデー、テキーラなどには

メタノールが多く含まれていますので、

これらを摂取する際には摂取量に気をつける必要があります。

 

3,低血糖

お酒を飲むと、アルコールを代謝するために体内の糖分が消費されます。

また、肝臓がアルコールの分解に力を入れるため、

体内で糖を合成する作用の効率が低下してしまいます。

 

すると、身体全体が低血糖の状態に近くなってしまうのです。

糖は私たちの身体を動かすエネルギー源なので、

それが不足するとだるさを感じる原因になってしまいます。

 

対策としては、アルコールを摂取するときには炭水化物を一緒に摂ることが挙げられます。

もちろん、食べ過ぎは肥満などのリスクも高まってしまうので、

どちらかと言えば、

全く何も食べずに飲み続けるということがないようにするというのが良いでしょう。

 

4、脱水

アルコールを摂取すると利尿作用が働くので、身体が脱水状態になってしまいます。

脱水になると、口渇や頭痛、だるさといった症状が引き起こされることがあります。

対策としては、アルコールは水分補給にはならないということを念頭に置き、

チェイサーなどソフトドリンクを合間に飲むようにするのが良いでしょう。

 

 

また、アルコールを毎日のように摂取してしまうと

肝臓への負担が蓄積し、眠気やだるさなど影響が出やすくなってしまいます。

そのため、なるべく休肝日を摂るようにして、肝臓を休めてあげることも大切です。



スポンサーリンク






二日酔いで眠いとき、だるいときにオススメのアイテム!

二日酔いで眠いときにはコーヒーがオススメ!

 

コーヒーにはカフェインが入っているので、眠気を覚ます効果があります。

加えて利尿作用もありますので、アルコールを体外に排出するのを助けてくれます。

二日酔いで眠いというときには、少し濃いめにドリップして飲むのがオススメです。

ただ、カフェインは刺激物でもあるので胃腸の調子が悪いときには、

砂糖やミルクを入れて一緒に飲むと良いでしょう。

 

こちらのドリップコーヒーは、たっぷり9g入って1杯当たり16円と破格の値段設定です。

香りも良いので、普段使いとしてももちろんオススメです。

 

二日酔いのだるさにはしじみ汁がオススメ!

 

しじみに含まれるオルニチンは、肝臓を助ける効果があると昔から言われています。

しじみ汁は飲みに行く前に飲めば二日酔いの予防効果、

飲んだ翌日の朝に飲めば二日酔いの改善効果が期待できます。

こちらの商品は、1本の原液をお湯で溶いて作るモノなので、

自分の飲みたい量に合わせて作ることができます。

醤油ベースの素朴な味わいが、二日酔いでだるいあなたの身体を癒やしてくれるでしょう。

 

二日酔いには酒席革命がオススメ!

 

こちらの商品は、ウコンを使わない新方式の二日酔い対策サプリです。

一般的な二日酔い対策サプリは、

肝臓の解毒作用を助けることでアルコールの分解を早めますが、

結果的には肝臓を無理矢理働かせていることになるので、負担になってしまいます。

 

この酒席革命は、コメコサノールという特許成分が

アルコールを直接分解してくれるので、肝臓に負担をかけません。

ウコン系の商品であまり効果に満足できなかったという方には特にオススメですよ。

【関連記事】

ガングリオンは自然治癒する?消滅・治るまでの期間は?

貧血と低血糖と低血圧の違いや関係は?症状や原因についても詳しく解説!

バリウムが飲めない・吐く人のための飲み方のコツは?飲まない方法はある?

手のひらに突然できたほくろは病気・癌?子供の場合や見分け方についても解説!

乗り物酔いに効く飲み物や食べ物は?吐き気の対処法や治し方を解説!



スポンサーリンク








最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は、二日酔いで眠気やだるさを感じてしまう原因と対策を紹介していきました。

 

飲み会の次の日がお休みでならば、

二日酔いもあまり気にせず飲むことができるかもしれませんが、

仕事をしていれば中々そうはいきませんよね。

いつも飲み会の翌日の仕事が眠気やだるさで支障が出てしまうようでは、

飲み会当日も思い切り楽しむことができなくなってしまいますよね。

 

もし、二日酔いの症状が出てしまったときは、

前日の飲み方を思い出して、飲むペースや量を調整してみることも大切です。

ぜひ、今後は次の日も気分良く過ごすことができる飲み会をお過ごしください。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ