白い服の黄ばみの落とし方!原因や防止法についても詳しく解説!

スーツの下に着るワイシャツ、清楚に見える私服の白ブラウスなど、

白い服を着る機会は多いですよね。

ですが白い服は汚れが目立ちやすいのが欠点です。

 

「まだまだ着れるのに襟元や脇が黄ばんでしまって

見た目が悪くなり捨てるしかなくなった」

という人は多いと思います。

 

黄ばみは体の汚れですが、

そもそもどうして「黄色」になってしまうのでしょうか。

 

黄ばみの落とし方や予防法にはどんなものがあるのでしょうか。

 

今回はそんな白い服に残ってしまった黄ばみの原因や落とし方、

黄ばみの防止法について説明します。

 

黄ばみで悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。




スポンサーリンク






白い服の黄ばみの原因は?

白い服を着た後、首の後ろや脇が黄色くなっていることがあります。

これは洗濯機で洗っても取れないことが多いですよね。

 

では、この黄ばみはそもそも何なのでしょうか。

黄ばみの原因は、体から出る汗や皮脂(垢や体から出た脂)などのタンパク質です。

この汗や皮脂は空気に触れ時間が経つと酸化し、黄色くなります。

 

ですから汗や皮脂が出た時点で

ウェットティッシュなどでさっと拭ってしまえば良いのですが、

なかなかそんなマメなことはできませんよね。

 

特に首の後ろや脇は特に気づかないうちに汗や皮脂が出やすく溜まりやすいので、

服も汚れやすくなります。

 

また、黄ばんでもすぐ洗濯機で洗えば色も綺麗に落ちますが、

時間が経つと汚れが染み込んでしまい、黄ばみが落としきれなくなります。

白い服の黄ばみの落とし方は?

「たった数回しか着ていないのに、脇や襟に黄ばみが残ってしまった」

ということもありますよね。

 

普通の汚れと違い黄ばみはかなり恥ずかしいので捨てるしかないと思いがちですが、

すぐにゴミ箱行きはちょっと早いですよ。

一度洗濯機に入れて落ちなかった黄ばみも、落とし方があるんです。

 

キーワードは「タンパク質」です。

白い服の黄ばみは汗や皮脂などの「タンパク質」で構成された汚れでできています。

 

ですから、タンパク質を分解させることができれば、

黄ばみも綺麗に落とすことができるのです。

 

そこで、タンパク質を分解させる方法を挙げてみます。

 

①「タンパク質分解酵素」入りの洗剤を使う。

黄ばみの落とし方ですが、まずは市販の衣類洗剤に頼ってみましょう。

と言っても、衣類洗剤なら何でも良いという訳ではなく、

「タンパク質分解酵素」というものが含まれている洗剤を選ぶことが大事です。

 

タンパク質分解酵素が入った洗剤は普通の洗剤よりタンパク質を分解しやすいので

黄ばみも落ちやすくなります。

 

洗い方ですが、まず洗面器を用意し、黄ばみを落としたい服を入れます。

そこへ、40度~50度のお湯を入れてください。

 

そこへタンパク質分解酵素入りの洗剤を入れて2時間ほど浸け置きします。

それから普通の洗剤で洗濯機に入れて洗ってください。

 

浸け置きにお湯を使うのは、

タンパク質が分解されやすい温度が40度~50度だからです。

水でも落ちなくはないですが、お湯の方が格段に効果が出ます。

 

②「アルカリ」でタンパク質を分解。

タンパク質は「アルカリ」でも分解されます。

そこで、アルカリ性の石鹸や洗剤を使って落とすという落とし方もあります。

 

その場合は、まずアルカリ性の石鹸や洗剤を用意します。

 

黄ばみのついた衣服を40度のお湯に浸けながら、

石鹸や洗剤を使ってもみ洗いしてください。

その後は洗濯機で普通に洗ってください。




スポンサーリンク







白い服の黄ばみの防止方法は?

白い服は一旦黄ばんでしまうと汚れを落とすのがやっかいです。

ですから、「汚れを付かせない」のが一番ですよね。

 

では、白い服の黄ばみを防止するにはどうすれば良いのでしょうか。

黄ばみ防止の簡単な方法を挙げてみましょう。

 

①すぐにお湯につける

タンパク質は、水では落ちにくい・時間が経つと固まるという性質があります。

そこで、白い服を着た後はできるだけ早く洗うようにしましょう。

 

その際、洗濯機に入れる前に40度~50度のお湯に一旦30分ほどつけると

脂が固まらずに溶けやすくなります。

 

②毎回洗濯する前に手洗いをする

黄ばみというのは、それまでの落としきれなかった汚れの積み重ねでもあります。

最初は薄くて気づかなかった汚れが、ある日突然目に見える形になるのはその為です。

 

ですから、面倒ですが見た目が黄ばんでいなくても

毎回洗濯機に入れる前に汚れそうな襟や脇を手洗いすると黄ばみの防止になります。

白い服の黄ばみを落とすのにオススメのアイテム①

「白い服の黄ばみを落としたいけど、揉み洗いする時間も元気もない!」

という方に便利なのがこの「サンソリキ」という洗剤です。

 

タンパク質分解酵素入り洗剤は、何と言っても

「揉み洗いの必要がない」のが良いところです。

 

お湯と洗剤で浸け置きをするだけで黄ばみを落とすことができるので、

時間がない方や揉み洗いする元気がない方の強い味方ですよ。

 

この洗剤はもともとクリーニング店の染み抜き剤として利用されていましたが

「効果が高い」のに「手が荒れにくい」ということで需要が高くなり

一般向けにも販売されている商品です。

 

この洗剤はタンパク質分解酵素にプラスして弱アルカリ性なので

タンパク質を落とすには成分的にかなり優秀ですし、

スタート地点がプロの技を要求されるクリーニング店なので、効果はお墨付きです。

 

また黄ばみを落とすだけでなく脱臭力や除菌力も強いので、

普通の洗剤としてもかなり優秀です。

 

さらに言えばこの洗剤は脂汚れ全般を分解する為、

衣服の黄ばみだけでなくコンロや換気扇などの油落としにも使えるんです。

 

衣服だけでなく、色んな汚れ落としに使えるので

気になる方はぜひ試してみてくださいね。



スポンサーリンク






白い服の黄ばみを落とすのにオススメのアイテム②

 

手洗いの強い味方と言えば、「ウタマロ石鹸」です。

 

ウタマロ石鹸は、使ったことはなくても名前だけは

聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。

 

ウタマロも弱アルカリ性の成分でできており、

タンパク質汚れ落としの強い味方です。

 

揉み洗いに適しているので、

ゴシゴシ洗うのが好きな人には相性抜群の石鹸ですよ。

 

ウタマロ石鹸は衣服の襟・袖から靴下、上履きまで

白くてゴシゴシ洗えるものは何でも洗えるというくらいオールマイティな石鹸です。

 

しかも洗った分だけキレイに落ちるので、達成感もあります。

 

浸け置きも良いですが、

「手で慎重に汚れを落としたい」という方はぜひウタマロ石鹸を使ってみてくださいね。

 

ただ、ウタマロ石鹸は非常に強力なので色物に使うと色落ちすることがあります。

基本的には白いものを洗う時に使うようにしましょう。

白い服の黄ばみを防止するのにオススメのアイテム

白い服の黄ばみの落とし方・防止方法を色々見てきましたが、

襟や袖はいくら気をつけても汚れてしまいます。

 

小まめに洗濯したり汚れる度に揉み洗いしたりすれば

白い服は白さをキープできますが、いつでもそんな余裕があるとは限りませんよね。

 

そんな時に便利な究極の「汚れ防止法」がこの「よごれガードテープ」です。

襟や袖口の肌が当たるところに沿って貼るだけで、

その部分が汚れるのを阻止してくれます。

 

仕事や家事が立て込んで

「いちいいち黄ばみ落としなんて言ってられない。きつい!」

 

という時はこれを貼ってしまえば必死に洗濯しなくても黄ばむことはなくなるので

後でツケが回ってくることもありません。

 

黄ばみを気にするあまり、心にストレスを抱えてしまうのもよくありません。

自分の心の健康の為に1つ準備しておくと良いですね。

関連記事:靴紐の洗い方!洗濯方法や汚れの落とし方を詳しく解説!



スポンサーリンク








最後に

白い服に黄ばみができたら「あーあ、もう捨てなきゃな」と思っていた人も

いると思いますが、意外に落とし方はあることが分かったと思います。

 

特にお気に入りの服や毎日使うワイシャツは

捨てづらかったり地味に高かったりしますよね。

 

もしすでに黄ばんでしまった白い服があっても、捨てる前に

紹介した方法で黄ばみ落としを試してみてください。

 

頑固な汚れだと思っていても、意外と落ちるものですよ。

 

また、黄ばみを落とすのは少し手間がかかるので

黄ばみを防止するのも大事です。

 

白い服は清潔感が大事です。

小まめに整備をして、いつまでもきれいな白い服を保ちましょうね。

関連記事:陰干しとは!臭いを防ぐ方法や部屋干しとの違いは?時間は夜でもいい?



スポンサーリンク


サブコンテンツ