みりんの代用ははちみつと料理酒がいい?コーラや砂糖は?分量も解説!

ご家庭で「みりん」を使う機会はありますか?

我が家では煮物やぶりの照り焼きなど

和食を作る際などよく利用していますが

調味料の中でも切らしてしまう確率が高い存在です。

 

そんな時皆さんならどうしますか?

もちろんスーパーへ買いに行けば手に入りますが

料理の途中でない事や足りない時に気付いた時

みりんの代用になるものがあると便利ですよね。

 

今回はみりんの代用ははちみつと料理酒がいい?

コーラや砂糖は使えるのか、分量も併せて解説していきます。

 

ご家庭にある調味料でパパっと代用でき

メリットもあったら最高ですよね。

ぜひ参考にしてみて下さい。




スポンサーリンク






みりんとは?何が代用できる?

まずみりんとはどんなものなのでしょうか?

種類や効果を知り代用に必要なものを探っていきましょう。

 

みりんに種類はあるの?

みりんを売り場で探すと2種類あるのに気付きます。

お値段もちょっと違いますよね。

味に違いはあるのでしょうか?

 

「本みりん」

熟成発酵されていてアルコール分約14%。

もち米・米麹・醸造アルコール(または焼酎)を

じっくり熟成させ熟成途中糖やアミノ酸など

うまみ成分をプラスして作られたものです。

 

もし調味料コーナーに本みりんがない場合は

お酒が置いてある売り場を探してみて下さい。

本みりんはお酒扱いになるのでお酒を販売できる

お店でないと置いていません。

また酒税がかかるのでみりん風調味料よりも

お値段が高いという事になるようです。

 

アルコールが入っているという事は

料理に入れる際には加熱をするのが基本です。

 

また冷蔵庫での保存は糖分が固まってしまうので

開栓後は日光を避け冷暗場所で保存してあげて下さい。

 

こちらの本みりんとにかく一度使ってみて下さい!

いつもと同じ料理でも仕上がりや味が全然違います。

 

飲んでも美味しいこちらのみりんは

上品な甘さ、照りやツヤを出しお米の旨みや

コクをしっかり堪能出来ちゃいます。

 

調味料ですがお酒扱いになるので20歳未満の方は

購入ができませんので気を付けて下さい。

 

「みりん風調味料」

糖・米・米麹・うま味調味料などが含まれるもの。

アルコールはほとんど入っていませんので

煮きる必要がなく手間が省けます。

 

本みりんよりも糖分が多く含まれいますので

照りをより強く出したい料理に向いています。

加熱を必要としないので調味料を入れる際

順番は最後で大丈夫です。

 

アルコールとしての効果が期待できないので

臭みを取る効果が欲しい時には日本酒や料理酒などを

少しプラスしてあげると本みりんに近づきます。

開栓後は必ず冷蔵庫で保存しましょう。

 

みりんにはどんな効果が?代用に必要なものは?

では料理にみりんを入れる事によってどんな効果が

あるのか皆さんご存知ですか?

 

みりんの代表的な効果は5つあります。

 

1照りを出す

もち米を醸造して作られているみりんは甘みがあり

加熱を行う事で膜を作り砂糖よりも照りやつやを出すのに最適です。

 

2旨みを出す

含まれているアルコールは浸透性が良く食材に入る際

他の味も一緒に引き連れて浸透します。

アルコール自体は加熱され蒸発しますが素材に

旨みやこくを残していってくれます。

 

3臭みを取る

アルコールが過熱により蒸発する際に食材の

臭みを一緒に取ってくれます。

 

4煮崩れをなくす

アルコールが浸透した食材は引き締まり煮崩れしにくくなります。

 

5上品な甘みを出す

みりんが持つ甘みはとても上品で舌に甘みが

残らないとも言われます。

 

5つの効果を考えるとみりんの特徴として

アルコールが入っている事と甘みを出させる事が

大切だと分かりますね。




スポンサーリンク







みりんの代用にははちみつと料理酒がいい?

みりんの代用に必要なものは

甘みとアルコールという事なので

「はちみつと料理酒」ではどうでしょうか?

これはみりんの代用に「正解」です!

 

甘みを出すには砂糖ももちろん可能ですが

はちみつは甘み成分を最大限に出してくれて

砂糖よりカロリーが低く甘みも柔らかい特徴があり

料理がまろやかに仕上がります。

 

はちみつは砂糖よりもカロリーが低いメリットがあり

料理に甘みを出したい時には断然はちみつがオススメ。

 

こちらの商品は国産なのにかなりのお買い得価格!

クセのない食べやすい甘みを味わえます。

 

またとても使い勝手のいい容器で

最後までしっかり使う事が出来ます。

賞味期限も2年あり家庭に一つ置いておけば

様々な料理に大活躍してくれます。

 

そして料理酒はアルコールが必要なみりんの代用に

必需品ですがここで少し気を付けなければいけない事が一つ!

 

料理酒には法律上塩が含まれているので

みりんの代用として使う場合には

他での塩分調整が必要になってきます。

 

料理に必要な塩分は塩だけでなく醤油や味噌などにも

含まれているので塩分の摂り過ぎにならないよう

他の調味料での微妙な調整が必要になりますね。

 

アルコール分の代用としてはその他に

日本酒や白ワインなども可能です。

こちらは塩分が含まれていないので

調整がいらず簡単かもしれません。

 

またこちらの代用みりん!実はみりんを使うより

カロリーが低くてダイエット中の方には

あえて代用みりんで調理をされる方も多いみたいですよ!

みりんの代用!コーラや砂糖はどう?

コーラ

コーラ煮などがあるようにみりんが手に入らない

海外では和食を作る際にコーラを用いる事があります。

 

魚や肉を柔らかくしたい時や照りを出したい時の

みりんの代用には使えるかもしれません!

炭酸が苦手という方も煮こむ事で炭酸も

抜けるの安心して試してみて下さい。

 

砂糖

甘み成分の代用にはちみつをオススメしましたが

みりん以上にはちみつが置いてないって家庭も多いですよね。

そんな時はやっぱり砂糖で代用しましょう。

 

みりんの甘みは砂糖の3分の1と覚えておいて下さい。

甘みの質が多少違ってくるので料理の仕上がりは

変わってきますが料理酒や日本酒などアルコール分を

加える事でみりんに近づける事が出来ます。



スポンサーリンク






みりんを代用する際の分量

代用みりんのご紹介をしてきましたが

代用した場合分量はどのようになるのでしょうか?

みりん大さじ1に対しての代用品の分量をご紹介します。

 

料理酒+はちみつの場合

「料理酒大さじ1+はちみつ小さじ2/3」

 

先ほどもお伝えした通り料理酒は塩分が含まれますので

他で塩分の調整をしてあげて下さい。

煮物を作った場合塩分調整を怠ると

少し塩辛い仕上がりになってしまいます。

 

料理酒の代わりに日本酒や白ワインを代用する時も

同じ大さじ1で大丈夫ですので塩分調整が気になる方は

こちらを使ってみるといいかもしれません。

 

料理酒+砂糖の場合

「料理酒大さじ1+砂糖小さじ1」

みりんの甘みに対して砂糖は3倍になるので

気を付けて下さい。

 

ちなみに砂糖の代わりにみりんを代用する場合には

大さじ1のグラムが違う為

「砂糖大さじ1:みりん大さじ1.5」になります。

重量比で考えると「砂糖1:本みりん3」になります。

 

コーラの場合

「煮汁1:コーラ1」になります。

コーラにはカラメルが入っているので

照りを出したい時にオススメです。

また肉や魚を柔らかくするにもコーラは最適です。

関連記事:コンソメがない時の代用は?鶏ガラスープやブイヨン・ウェイパーは代わりになる?



スポンサーリンク








最後に

今回はみりんの代用になる調味料についてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

 

みりんは和食料理に欠かせない調味料ですが

もし切らしてしまった場合にも家庭にあるもので

代用できてしまうのでもう安心ですね。

 

またカロリーも抑えられダイエットの方は

みりんを使うよりもあえて代用みりんで

味を付けてみるのもオススメです!

 

ぜひ代用みりんを活用して料理を楽しんでみてください。

関連記事:ナツメグの代用は?シナモンやクミンは代わりになる?効果についても解説!



スポンサーリンク


サブコンテンツ