靴紐の洗い方!洗濯方法や汚れの落とし方を詳しく解説!

お出かけの時には必ず履いて出かける靴ですが、

みなさんは靴紐の汚れを気にしたことはありますか?

靴本体はもちろんですが、靴紐が汚れていては

せっかく足元のオシャレをしていてもいまいち映えません。

特に白や薄めの色などの場合は汚れが目立ちやすく、格好がつかないものです。

 

そこで今回は、靴紐の洗い方、汚れの落とし方について紹介していきます。

ぜひとも参考にして、綺麗な足元でおでかけしましょう!




スポンサーリンク






靴紐の洗い方!オススメの洗濯方法

まずは、靴紐の汚れを落とす基本的な洗い方をご紹介します。

靴紐の多くは綿でできているので、水洗いでOKです。

 

固形石鹸で洗う

靴紐が泥で汚れてしまった場合に効果的な洗い方は、固形石鹸です。

洗剤や漂白剤でただ洗濯するだけではなかなか浮かすことのできない汚れも、

固形石鹸を使えば落ちる場合があります。

用意するものは、固形石鹸と歯ブラシです。

歯ブラシは使い古したモノがあればそれでOKです。

 

洗い方の手順ですが、まず靴紐をぬるま湯で濡らします。

濡らした靴紐を、新聞紙やビニールシートを敷いた上に真っ直ぐと伸ばしていきましょう。

お風呂場などで広げても良い場合は、それでも良いです。

 

あとは、歯ブラシに固形石鹸を付けて汚れをゴシゴシと磨きながら落としていくだけです。

最後に水ですすいで乾かせば完了です。

すすぎ残しがあると黄ばみの原因になってしまうので、

石鹸はしっかりと洗い流してくださいね。

 

スティックのりで洗う

意外かもしれませんが、靴紐の泥汚れにはスティックのりで洗濯するのもおすすめです。

のりの成分が汚れを吸着してそのまま水に溶け出してくれます。

 

洗い方としては、まず乾いている状態で汚れている部分にスティックのりを塗ります。

塗ったあと、5分程度置いてのりを乾かしたら、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗いましょう。

他の洗濯物と一緒に洗ってものりが他に移るなどということはありませんので、

心配はいりませんよ。

 

中性洗剤で洗う

長期間放っておいた頑固な汚れや黄ばみを落としたいという場合には、

中性洗剤でつけ置きしてから洗濯すると汚れが落ちやすくなります。

 

バケツなどに40度前後のぬるま湯と中性洗剤を適量入れ、

その中に靴紐を浸けてから、汚れを落とすように軽くもみ洗いをします。

もみ洗いしたあとはそのままぬるま湯にしばらく浸けておき、

最後に歯ブラシで擦ればバッチリです。

平紐の場合には、乾かしたあとにアイロンをかけると、シワ無く綺麗になります。

 

ただの洗濯ではなかなか汚れが落ちなかった場合には、

上記の洗い方を試してみてください。

頑固な汚れでも、繰り返し洗濯していれば次第に落ちていくはずです。

ただし、濃い色の靴紐の場合には

擦りすぎると色落ちしてしまうこともあるので注意が必要です。

 

ちなみに、革靴の靴紐の場合には、

専用のクリーナーやオシャレ着用洗剤で洗うことをオススメします。

オシャレ着用洗剤を使用する場合にはまずは手洗い用の濃度になるまで水で薄め、

布に洗剤を染みこませて絞り、優しく靴紐を拭いていきましょう。

最後に、水拭きで綺麗に拭き取ればOKです。

また、洗った紐を乾かすときには直接日の当たる場所ではなく、

風通しの良い日陰で乾かすようにすると、繊維が痛みづらいのでオススメです。




スポンサーリンク







靴紐の頑固な汚れの落とし方を紹介

上記の方法を繰り返してもなかなか汚れが落ちない!ということもあるでしょう。

ここからは、そんな頑固な汚れの落とし方を紹介していきます。

 

頑固な汚れには、研磨剤入りの歯磨き粉や酵素系の漂白剤を試してみると良いでしょう。

中性洗剤や固形石鹸より洗浄力は高いので、より汚れが落ちやすくなります。

 

しかし、強力な分、紐を傷めてしまう原因にもなりますので、

様子を見ながら気をつけて行うようにしましょう。

また、直接触れると手荒れを起こすこともありますので、

ゴム手袋等を着用してから洗うようにしてくださいね。

 

使用する歯磨き粉や洗剤の強さが増しているだけなので、

汚れの落とし方としては、前述した通りでOKです。

 

これらの落とし方を駆使すれば、大抵の汚れは落とすことができるはずです。

 

しかし、中でも厄介な汚れがハトメ(紐通しの部分)によってできた黒ずみ。

ハトメによる汚れは金属が反応して付いたモノなので、非常に落としにくい汚れなのです。

 

そんなハトメによる厄介な汚れには、実はレモン汁が効果的です。

レモン汁に含まれたクエン酸がハトメによる汚れを落としてくれます。

落とし方の手順としては、まず黒ずみの部分にレモン汁を数滴かけ、ラップで包みます。

その状態で数時間置いておいてからラップを外して、

固形石鹸と歯ブラシを使って擦り洗いしましょう。

 

それでもなかなか汚れが落ちない場合には、研磨剤入りの歯磨き粉を使ってみましょう。

もちろん、クエン酸の粉末などがある場合にはそれを使っても大丈夫です。

 

また、レモン汁やクエン酸水を紐に染みこませた上から重曹を塗布するのも効果的です。

クエン酸と重曹が化学反応を起こして泡立ち始め、汚れが浮いてきます。

シュワシュワと出てくる泡が止んだら、丁寧に水洗いしましょう。



スポンサーリンク






靴紐の洗濯・汚れを落とすのにオススメのアイテム!

靴紐の汚れを落とすなら歯磨撫子がオススメ!

 

歯磨撫子は、重曹のタンパク質分解パワーと歯を傷つけない柔らかスクラブ効果で

歯のしつこい黄ばみを落とす効果のある歯磨き粉ですが、

靴紐の洗濯にも非常にオススメです。

線維を傷つけすぎない洗浄力で、大切な靴紐を優しくクリーニングしてくれますよ。

香りも爽やかな天然のものなので、洗い流したあともスッキリしています。

クエン酸と合わせて使うと、相乗効果でさらに汚れを綺麗にできるのでオススメです。

もちろん、日々の歯磨き粉としても優秀なので、1本で2役の大活躍です。

 

靴紐の汚れを落とすならクエン酸がオススメ!

 

靴紐の汚れの落とし方中でも紹介しましたが、

靴紐の洗濯にはクエン酸が欠かせません。

こちらの商品はクエン酸100%なので、余計な添加物はありません。

靴紐の汚れを落とすクエン酸水の作り方は、

水100mlに小さじ二杯のクエン酸を入れて混ぜるだけです。

 

また、靴紐の汚れだけでなく、電気ポットの洗浄やトイレのアンモニア臭、

魚の生臭さなどの脱臭にも効果があります。

一家に一つは置いておきたいアイテムです。

 

靴紐の汚れを落とすなら汚れあかん棒がオススメ!

 

こちらの商品は、スティックタイプで汚れを直接擦ることができる洗剤です。

タンパク質分解酵素が汚れを分解し、洗剤がその汚れを包むこんで剥がしてくれます。

研磨剤も入っているので、汚れを落とす力が高く、シャツの衿や袖などにも使えます。

ゴシゴシ洗いが不要なので繊維を傷めるリスクも小さいので、

大切な靴紐の洗濯にはぴったりですよ。

関連記事:クロックスの洗い方は?汚れの落とし方や臭いの取り方を詳しく解説!



スポンサーリンク








最後に

いかがでしたでしょうか。

なかなか靴紐の汚れまで目が行かないということもあるかもしれませんが、

今回紹介した汚れの落とし方を参考にしながら、

一度靴紐を綺麗にしてみてください。

 

出かけるときには必須の「靴」ですが、

どれだけ靴が綺麗でも靴紐が汚れていてはオシャレさも半減してしまいますよね。

毎日気持ち良く靴を履いて出かけるためにも、

靴紐は定期的にケアしてあげることをオススメします。

 

もちろん、どうしても汚れが落ちない場合には、

クリーニング業者に相談するしかありません。

また、思い切って新しいものに買い換えるというのも良いかもしれませね。

関連記事:珪藻土バスマットのお手入れは紙やすりで!水を吸わない時にも最適!



スポンサーリンク


サブコンテンツ