ガングリオンの治し方!自宅でもできる?原因はストレスや食事?

手首に変なコブのようなものが出来ている…という場合、

もしかしたらそれはガングリオンかもしれません。

ガングリオンという名前を聞くと、なんとなく癌を連想してしまう方もいますが、

ガングリオンは良性の腫瘍なのでまずは安心してください。

また、ガングリオンは自宅で自分でも対処できることがある腫瘍です。

 

今回はガングリオンの原因と治し方について紹介していきますので、

病院に行く時間がない、行くのが面倒だという方はぜひ参考にしてみてください。




スポンサーリンク






ガングリオンの原因は?ストレスや食事は関係ある?

ガングリオンとは手や足などの関節付近にできる

ぽっこりと腫れたコブのようなものです。

手首の関節の甲側や掌側にできることが多く、

指の関節や足首、膝、足の甲にも、比較的できやすいとされています。

 

ガングリオンは触れると少し硬く、まるで軟骨が飛び出ているように見えますが、

実際には骨ではなく関節の周りを覆っている関節包という袋の中に、

ゼリー状の液体が溜まることで生じるものです。

また、関節だけでなく靱帯にもできることがあります。

 

大きさは人によってさまざまで、1センチにも満たない小さいものもあれば、

ピンポン球くらいの大きさにまで大きくなることもあります。

痛みに関しても人それぞれで、大きければ痛いというものでもありません。

 

また、ガングリオンは20~30代の女性に特に多いと言われています。

男女比としては、女性は男性より3倍ほど発症率が高いとされています。

なぜ若い女性で多いのかはっきりとした原因は解明されていませんが、

女性ホルモンの働きが関係していると考えられています。

 

それでは、ガングリオンの原因を具体的にみていきましょう。

 

・関節の使いすぎ

ガングリオンの原因で一番多いとされているのが、関節の使いすぎによるものです。

関節包の中には骨同士の摩擦や刺激を減らすための関節液という液がありますが、

関節を過剰に使っているとその関節液が関節包の内側から漏れてしまい、

それが溜まることによってコブのように腫れるというメカニズムになります。

 

また。関節をたくさん使っていると、

脳がもっと滑らかに骨を動かそうと身体に働きかけて

関節液をたくさん分泌するということも原因の一つです。

特に仕事などでパソコンを頻繁に使用している人などは、

指や手首の関節にガングリオンができやすいと言えるでしょう。

 

・打撲などによる衝撃

ぶつけたりしたなど、過去の怪我が原因でガングリオンが出来る場合があります。

体内で衝撃を緩和しようとクッション材としてガングリオンを形成するのです。

打撲によってできたガングリオンは、時間が経てば自然消滅するケースが多いようです。

 

・ストレスや食事に伴う血行不良

ストレスや食事、生活習慣などによる血行不良もガングリオンの原因になります。

血流は老廃物を排出するために大きな役割を果たしているので、

血行不良になると本来体外に排出されるはずの老廃物が排出されずに滞ってしまいます。

その結果、溜まったものがガングリオンとなって表われることもあります。

特に女性は冷え性に伴う血行不良で悩む方が多いので、

食事やストレスなどには一層気をつける必要があります。




スポンサーリンク







ガングリオンの治し方!自宅でも簡単にできる方法も紹介

では、ガングリオンができたときには一体どうしたら良いのでしょうか。

ここからは、自宅でできる治し方と予防の方法をご紹介していきます。

ガングリオンは特に痛みなどの症状がないようであれば、

何も治療をせずに放置していても問題はありません。

自然に消失する場合も多くありますので、

とりあえず治療せずに様子をみるというのも、選択肢の一つです。

 

自宅でできる一番簡単な治し方は、つぶすというものになります。

つぶしても大丈夫なの?と不安に思うかもしれませんが、

実際に病院でも簡単なものなら指で圧迫して潰すという治し方を取っているので

安心して下さい。

もちろん、無理に押しつぶそうとするのは危険ですので、徐々に力を加えてみてください。

 

触ってみて、ガングリオンが柔らかい場合には徐々に圧迫したり、

優しくマッサージをしていると徐々に小さくなり、そのまま無くなることもあります。

ガングリオンが硬い場合でも、

時間をかけてマッサージしていると徐々に柔らかくなってくるはずです。

治し方のポイントは、いきなり無理をしないということです。

ゆっくりほぐすように意識するようにしましょう。

 

手首にガングリオンができた場合、さきほどのつぶす治し方に加えて、

手首の体操も合わせるとさらに効果的になります。

やり方は簡単で、両腕を真っ直ぐ上に伸ばした状態で手首をグルグルと回すだけです。

回す方向はどちらでも構いませんが、

激しく動かすとガングリオンの悪化につながる恐れがあるので、ゆっくり回しましょう。

 

この体操を1日に数回行うだけでも手首の血行が良くなり、

ガングリオンが改善され、再発を予防することにもなります。

特に入浴後など血行が良くなっているタイミングで行うと良いでしょう。

 

また、ストレスや食事にも気をつけて置く必要があります。

食事を抜いたりする無理なダイエットなどをしていると、

ストレスや栄養不足によって血行不良になってしまいます。

十分な睡眠と食事を摂ることを心掛け、

日常でのストレスも適度に発散しておきましょう。



スポンサーリンク






ガングリオンができたときのオススメアイテム

ガングリオンにはフランキンセンスオイルがオススメ!

 

フランキンセンスオイルはヨーロッパでは医学にも取り入れられているアロマオイルで、

抗菌作用や消炎作用があるとされており、塗ることでガングリオンを小さくし、

再発を予防する効果が期待されます。

使用方法としては、オイルを数滴塗布して清潔な包帯でカバーするだけです。

ガングリオンが治まっても、

再発予防のためには1~2週間程度続けることをオススメします。

 

また、包帯などカバーするのが面倒だという方は、

フランキンセンスオイルを使ってオイルマッサージするだけでも効果が期待できます。

血行も良くなりますし、ハーブ系の良い香りがリラックスさせてくれるので、

ストレスも解消される効果も期待できますよ。

 

ガングリオンにはエプソムソルトがオススメ!

 

エプソムソルトは、海外セレブやアスリートなどに近年大人気で、

バスソルトのように使うことで体から不純物を取り除くことができる

「マイナス2kgの入浴法」などと呼ばれています。

 

ガングリオンを小さくするのにも効果が期待され、

方法としては洗面器などにエプソムソルトを入れて

患部を20~30分程度浸すだけです。

毎日行えば、数日でガングリオンが小さくなったというケースもあります。

 

余裕があればお風呂に入れて、セレブ気分でリラックスタイムを取るのも良いです。

ストレスも同時に発散しちゃいましょう。

【関連記事】

ヘルペスが頬にできて腫れや痛みが!原因や治療は?化粧はしてもいいの?

日光湿疹の原因や症状は?治療法や市販薬のおすすめは?

逆さまつげが目に刺さって痛い!手術費用・保険や対処法は?

貧血と低血糖と低血圧の違いや関係は?症状や原因についても詳しく解説!

バリウムが飲めない・吐く人のための飲み方のコツは?飲まない方法はある?



スポンサーリンク








最後に

いかがでしたでしょうか。

ガングリオンの原因と自宅でできる治し方についてご紹介してきました。

ガングリオンは症状や大きさもさまざまですが、

痛みはなくとも関節が腫れていると違和感はあるでしょう。

 

特になにもしなくても治ることはありますが、

食事や体操などちょっとした対処方法でも治りは早くなりますし、

悪化や再発を防ぐこともできます。

ぜひ、今回紹介した治し方を参考にして実践してみてください。

 

ただ、全く症状が改善されない、すぐにでも小さくしたいという場合には、

然るべき医療機関を受診することをオススメします。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ