そば湯の飲み方!つゆの割合は?かけそばや鴨せいろの場合は?

突然ですが、みなさんはそば屋さんに行ったとき、

最後に出てくるそば湯を飲んでいるでしょうか。

飲み方がよく分からないから手を付けていない、という方はいませんか。

実はこのそば湯にはたくさんの栄養素が含まれているだけでなく、

そこのそば屋さんの味がわかる!と言われるほどそれぞれで味の違いがあるのです。

 

最近では、そばを茹でたお湯をそのまま出すのではなくそば湯専用として作られていたり、

茹でたそば湯にそば粉をさらに足して少しとろみをつけたそば湯を作るなど、

その店によっていろいろな工夫がされたそば湯を楽しめることも多いです。

 

そこで今回は、そば湯の飲み方とつゆの割合、

かけそばや鴨せいろでのそば湯の楽しみ方について、わかりやすく紹介していきますよ。




スポンサーリンク






そば湯の飲み方の基本!つゆの割合はどのくらいにする?

まずはそば湯について基本を押さえておきましょう。

みなさんも、初めてそば湯が出てきたとき、これは何?飲むの?と思ったかと思います。

そば湯とは、その名の通りそばを茹でた後の茹でたお湯のことを言います。

 

最近ではわざわざ頼まなくても、食後に当たり前のように出てくることが多いですよね。

一体何の意味があるのか、また飲み方がわからずに

そのままそば湯を召し上がらずに終わってしまう方も中にはいるようです。

しかし、そば湯には実は栄養がものすごく豊富に含まれているのです。

また、店によって味も様々ですので、飲まずに帰るなんて勿体ないです。

 

そば湯の始まりは江戸時代の信州地方と言われ、

消化吸収を助ける効果があるとして飲み始められたようです。

手打ちそばには麺の表面に細かいヒビがあり、

そば湯にはそこから出る栄養がたくさん溶け出しています。

その豊富な栄養類を残さずいただこうという考えから広まったとされています。

 

中でも、そば湯にはルチンと呼ばれるポリフェノールの一種が多く含まれており、

血管を丈夫にする働きや抗酸化作用が期待できますので、

老化や高血圧、動脈硬化などの生活習慣病の予防にも効果的です。

他にも、ビタミンB1、B2、コリン、ナイアシンなどの栄養素も含まれています。

肌荒れや疲労に効果あり、日頃から積極的に撮りたい成分ですね。

 

このように、そば湯にはそばから溶け出した大事な栄養素が豊富に含まれています。

そば湯までしっかり飲むことで、そばを全て味わったと言えるということになるのです。

 

それでは、そば湯の飲み方をについて紹介していきます

しかし、そば湯の飲み方に厳密な決まりはありませんので、好きなに飲んで良いです。

そば湯だけをストレートで飲んでもいいですし、残ったつゆに入れて飲んでもOKです。

ただ、そば湯には塩気がほとんどないので、

一般的にはそばを食べた後の残ったつゆに入れて好みの味にして飲む方が多いです。

通の方はストレートで頂くことで、そば本来の味や風味を楽しむこともあるようです。

 

そば湯とつゆの割合も、最終的には好みの割合になります。

ただ、オススメとしてはまずそば湯とつゆを5対5にして味見をしてみてください。

そこから、自分の好みの味に少しずつ近づけていくと失敗しづらいです。

 

そば湯とつゆが7対3から8対2くらいが、大体多くの方が落ち着く割合のようですが、

もちろんお店や自分の趣向によって異なりますので、あくまで参考にしてください。

また、そばを食べるときには、そばつゆを最初から全部猪口に入れてしまうと、

そば湯を入れたときに塩気を足すことができなくなってしまうので、

猪口には少しずつ足し、最後にそば湯を飲むときのために残しておくと良いです。

 

また、そばつゆを全部飲んでしまうと、塩分の摂り過ぎになってしまうので、

いくらそば湯が栄養豊富と言っても注意が必要です。

塩分が気になる方はそば湯をそのまま飲むか、

つゆの割合を調節して薄めに飲むのが良いでしょう。




スポンサーリンク







そば湯の飲み方!かけそばや鴨せいろのときはどうする?

冷たいざるそばや盛りそばを注文したときには、

そばを食べ終えた後のつけ汁にそば湯を入れれば良いのですが、

かけそばや鴨せいろを注文したときにはどうしたら良いのか悩んでしまいますよね。

 

かけそばや鴨せいろは、つゆが大きな器にたくさん入っているので、

そば湯をかなり大量にいれないと、塩辛くてたくさんは飲めませんよね。

それに、器に口を付けて飲むというのもなんだか飲みづらいです。

 

そんな時には、お店の人にそば猪口とレンゲをお願いしてみてください。

ほとんどのお店で快く出してくれるはずなので、遠慮は必要ありません。

もらったそば猪口につゆとそば湯をお好み割合で入れて召し上がりましょう。

お店によっては、かけそばや鴨せいろを注文すると、

最初からそば猪口とレンゲがついてくるところもありますよ。

 

また、自宅でそばを食べるときでも、そば湯が飲めたら良いなと思うことはありませんか。

どのそばを利用しても飲めないことはありませんが、

小麦粉の割合が多いそばだとそば湯というより小麦粉の湯になってしまうこともあります。

自宅でそば湯まで楽しみたいという方は、

なるべくそば粉の割合が多いものを選ぶようにしましょう。

 

できれば、ちょっとお値段は高めになってしまいますが、

そば粉100%の十割そばが良いです。

栄養も豊富ですし、自宅でも手軽にお店のような風味や味わいを楽しむことができます。

十割そばのパッケージには「そば湯が作れます」といった記載がある商品もありますので、

迷った場合はそういった商品を購入するといいと思います。



スポンサーリンク






そば湯を自宅で楽しむのにオススメな商品

・そば処よこ亭の十割そばがオススメ!

 

こちらは、長野県上水内飯綱町でいつも行列ができる「よこ亭」の十割そばです。

高品質なそば粉「信濃1号」を100%使用しており、

甘みと香りが強く、麺のコシも非常に強いです。

また、乾麺では珍しく、非常に濃厚なそば湯が楽しめるのが特徴で、

自宅で美味しいそばとそば湯を両方味わうには非常にオススメな商品です。

しかも、今なら送料無料のお試し価格ですので、ぜひ一度ご賞味ください。

冷たいそばでも、温かいかけそばや鴨せいろにもぴったり合いますよ。

 

・そば湯を好きなだけ楽しみたい方にはそば湯の素がオススメ!

 

自宅でそば湯を楽しみたいけど、いちいちそばを茹でるのも大変という方には、

このようなそば湯の素がオススメです。

茶碗や湯のみなどに小さじ1杯(3g)を入れたら、

あとは180mlのお湯を入れて混ぜるだけでそば湯ができあがります・

お好みの割合でめんつゆや醤油を入れてもよいですし、

ネギやわさびなどの薬味を入れるのも非常にオススメです。

お酒を飲む方であれば、焼酎のそば湯割りなんていうのもできますよ。

 

・もっと手軽にそば湯が楽しめるマジカルそば湯

 

こちらのマジカルそば湯は、1杯分が個包装されているので、

湯飲みに入れてお湯と混ぜるだけで良いのでかなり楽です。

職場やキャンプなどに持っていくのにもピッタリです。

また、味付きなのでそのままでも非常に飲みやすいのが嬉しいですね。

1杯で1日分のルチンが摂取できるので、

毎日1杯ずつでも続けていきたいですね。

【関連記事】

コンソメがない時の代用は?鶏ガラスープやブイヨン・ウェイパーは代わりになる?

ポップコーンがはじけない・不発の原因は?はじけ残りを再利用して食べれる?

一人暮らしの部屋の広さの平均・目安は?30代や学生は?

保冷剤を売ってる場所!コンビニでも販売してる?すぐに使える保冷剤ってあるの?

旅館の心付けの金額相場は?渡し方・包み方についても詳しく解説!



スポンサーリンク








最後に

いかがでしたでしょうか。

結局、そば湯の飲み方は人それぞれの好みによるので自由です。

つゆをそば湯で割るようにして飲む方が多いですが、

もちろんストレートでそのまま飲むのも、素朴な味わいがとても良いです。

 

温かいそばや鴨せいろを注文したときには、

そば猪口やレンゲをお願いすれば、美味しく上品にそば湯を楽しむことができますよ。

 

今回紹介した飲み方を参考に、栄養満点のそば湯を美味しく召し上がってください。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ