採血後の内出血の治し方!腫れやしびれ・痛みがある場合の処置は?

病気の時だけでなく健康診断や献血など

多くの場面で採血する機会がありますよね。

採血した後腕が内出血している!

そんな経験をされた事がある方も

多いのではないでしょうか?

 

個人差はありますが内出血が大きく広がると

見た目も悪く痛みがある事もあり気になりますよね。

 

今回は採血後の内出血の治し方!

腫れやしびれ・痛みがある場合の処置を

ご紹介したいと思います。

 

内出血が痛々しくて困っている方も内出血した事ない!

という方も治し方をぜひ覚えておきましょう。




スポンサーリンク






採血後はどうして内出血するの?

前回採血した時には内出血しなかったのに

今回は内出血してしまったという方も

多いのではないでしょうか。

では採血後に内出血する原因は何でしょうか?

 

採血後の止血が不十分

内出血の原因として一番多いケースが

採血後の止血不足です。

 

血管に針を刺し採血を行い終わると針を抜きますが

その穴はまだ出血している状態です。

その時止血が不十分だと皮膚表面の穴は塞がっても

血管は出血をした状態になり内出血が起こります。

 

私が最近経験した健康診断では

採血後時計の前に座って揉まずに5分間

しっかり押さえるよう指示されました。

内出血を起こさない為に一番大切な事ですね。

 

血管が数か所穴が開いてしまう

血管が細い方や深い方などは適切な血管が

なかなか見つからず何度も針を刺される事ってありますよね。

 

注射が苦手な方は採血時に動いてしまったり

針がしっかり固定されていない時など

また穿刺をする方が不慣れなどの理由で

深く刺し過ぎた、角度が悪かったなども

血管を傷つけやすく内出血を起こします。

 

稀ですが通常静脈に刺す針が動脈に刺されてしまうと

止血を行っても出血が止まりません。

しかしこの場合は内出血だけでなく腕も腫れるので

すぐに医師が異常に気付くかと思います。

 

出血がひどいと貧血を起こすこともあり

異常を感じた場合は必ず病院で相談してください。

 

内出血を起こしやすい要因となる薬を服用

肝臓が悪い方などは血を固めるために必要な

血小板が少なく服用されている薬に

血液がとまりにくくなる作用のあるものがあります。

薬の作用により出血がとまりにくく

内出血を起こす原因となります。

 

また高血圧や脳梗塞の薬を服用されている方は

血液をサラサラにする作用を持つものがあり

同様に注意が必要です。

身近な薬ではバファリンなども同じ作用を持ちます。

 

特に高齢者は老化により皮膚が柔らかくなっている事が多く

出血が広がり内出血もしやすくなるのですが

上記の血を止まりにくくする薬を服用されている事も多く

内出血を起こしやすいと言われます。




スポンサーリンク







採血後の内出血の治し方は?

では採血後に内出血を起こしてしまった場合

治し方はあるのでしょうか?

採血後の内出血は1週間もすれば自然に

治りますので特に何もしなくても大丈夫です!

 

しかし季節的に半袖など腕を出す時は

ちょっと見た目も気になりますよね。

1週間は長い!そんな方に治し方をご紹介します。

 

患部への対処は冷やして温める!

1しっかり患部を冷やす

採血をした当日は患部をしっかり冷やしましょう。

冷湿布を貼る、保冷剤を当てるなどして

患部を冷やしてあげると血管が収縮し

内出血が広がる事を防いでくれます。

 

患部を冷やすにはコールドスプレーも大活躍!

こちらは打撲や捻挫の応急処置や

熱中症対策に最適なコールドスプレーですが

タオルにシュッと一吹きしてあげる事で

冷たいタオルを作る事ができ内出血を冷やす時にも使えます。

 

スポーツ時や夏のレジャーなど活躍シーンは

様々なのでぜひ一本持っておくと便利ですね。

 

2様子を見て落ち着いたら温める

1日か2日ほど様子を見て次は患部を温めましょう。

蒸しタオルや温湿布などを使い優しく患部を

温めてあげると傷ついた細胞組織の

回復を早め治りがよくなります。

 

少しサイズが大きいですがこちらの商品は

肩こりや腰痛など身体を温めて痛みを和らげてくれます。

 

レンジで温めるだけで何度も使え経済的!

なんと!冷やしたい時にも使えちゃいます。

冷やしたい時は冷蔵庫で冷やすだけ!

 

内出血の患部を温める時はもちろん日頃のケアにも

使い道はたくさん!おうちに一つあると便利ですね。

 

採血後の内出血は注射後すぐ温めてしまうと

細胞組織が回復しないまま血流を良くして

内出血が悪化してしまう恐れがあるので

必ず当日は冷やし翌日以降温めてあげて下さいね

 

内出血の改善を促す食事に改善

血液の流れを促すため食事を改善しましょう。

レバーやヒジキなどに含まれる「鉄分」と

レモンやパプリカなどに含まれる「ビタミンC」を

多く摂ってあげる事でヘモグロビンを増やし

鉄分の吸収を促してくれます。

 

日頃から鉄分・ビタミンCが不足がちな方は

サプリで補ってあげましょう。

 

鉄分不足は特に女性に多く貧血だけでなく

活力を失われる原因にもなります。

その鉄分の吸収を助ける為に必要なビタミンCも

一緒に摂れるこちらのサプリがオススメです。

 

内出血を目立たないように隠す

半袖の季節の内出血は数日とはいえ

目立ってしまうので気になる方は隠したいですよね。

 

ファンデーションやコンシーラーなど

日頃から顔に使う肌色のもので隠すことができます。

BBクリームなどを塗った後コンシーラーで

内出血を隠しファンデーションで更にカバーしてあげましょう。

 

内出血を隠すにはファンデーションテープがオススメ!

やっぱり普段顔に塗るファンデーションを

腕につけるには服についてしまったりと心配も多く

男性は特に抵抗がありますよね。

 

そんな時にはこちらのファンデーションテープで

隠してあげましょう。

水や汗に強いウォータープルーフタイプで

1枚で約1週間貼りなおす必要がなく

とても薄く目立たず内出血を隠すことが可能です。



スポンサーリンク






採血後腫れやしびれ・痛みがある場合の処置は?

 

腕が腫れてしまった時やしびれや痛みを

感じた場合もまずは同じように患部を冷やしましょう。

 

血液が静脈に溜まらないように腕を高めに上げ

無理のないように安静を心掛けます。

次の日にも腫れやしびれ・痛みが続く場合は

温める事には切り替えず病院を受診して下さい。

 

腫れや痛みがある場合は血管が腫れている事が

原因である事が多くこちらも時間と共に消えていくようです。

 

しびれは採血時に神経に触った可能性もありますが

こちらも多くの場合数日で症状は治まります。

採血後の内出血を予防しよう!

内出血をしてしまう前にしっかり

予防してあげましょう。

 

・採血後はしっかり止血する!

穿刺をされた後は「しっかり押さえて下さい」と

言われると思いますが必ず最初の2~3分は

強く押すようにして止血してあげましょう。

 

・絶対に揉まない

注射の後はなぜか患部を揉んでしまう方多いですよね。

実は採血や点滴などの後に揉むのはNGです!

揉んで刺激を与えると内出血を悪化させて

しまう恐れがあるので気を付けましょう。

 

・採血後は重たい荷物を持たない

採血をした腕で重たい荷物を持つのは避けましょう。

せっかく止血を行っても重い荷物を持った時に

血管がまた開いてしまう事があり内出血に繋がります。

激しい運動なども当日は避けて下さい。

関連記事:バリウムが出ない!翌日だとどうなる?牛乳がいい?



スポンサーリンク








最後に

今回は採血後の内出血の治し方や予防法など

腫れやしびれ・痛みがある場合の処置をご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

 

最近では採血の際には内出血を予防する為に

しっかり止血するように促したり止血バンドを

使ったりと対策をしっかりとってくれているので

 

指示に従うだけでも内出血を予防できそうですね。

内出血は特に心配もなく数日で治まると

分かっていてもどうしても見た目が悪く気になりますよね。

そんな時はぜひ冷やしてから温めてみて下さい。

内出血の回復を早める事ができますよ。

関連記事:腎臓マッサージの効果は?正しい方法・場所でやらないと危険!



スポンサーリンク


サブコンテンツ