顔にできたヘルペスの原因や症状!治し方や市販薬についても解説!

とつぜん唇や口のまわりに赤い水ぶくれができて

驚いたということはありませんか?

しかもかゆみがあったり、痛みがあったりと放置するには若干気になります。

女性の方ならお化粧ができなくなるのでなおさらですよね。

 

もしかしてそれは「ヘルペス」かもしれません。

ヘルペスと言う病気の名前自体はよく耳にしますが、

正しい対処法をとらないと、再発したり他人に感染させてしまう危険もある

ということをご存知でしたか?

 

そこで、今日はヘルペスができる原因や治し方などを解説したいと思います。

ヘルペスができる前には予兆があわられることも・・・

心当たりがある方は、ぜひ参考にしてください!




スポンサーリンク






ヘルペスってなに?

顔にできるヘルペスというと、口唇ヘルペスが一般的ですよね。

しかし口まわりだけではなく、頬や額などにも水ぶくれや発疹ができることもあります。

このような症状は顔面ヘルペスとも言われています。

 

ヘルペスと言うのはウィルス性の皮膚疾患のことで、

正式には「単純ヘルペス」と呼ばれています。

そしてこのウィルスには1型と2型があります。

顔面ヘルペスは1型のウィルスが原因となっているのです。

ちなみに、2型は下半身に発症しやすいと言われます。

 

単純ヘルペスに感染すると、初感染なのか再発なのかで症状はだいぶ違いが

出てくることが多いようですが、もちろんその時の体調によっても異なります。

一般的に初期感染の場合は、水ぶくれが顔から首にかけての広範囲にわたって

発症したり、発熱やのどのリンパの腫れなどを伴います。

 

再発の場合には小さな水ぶくれが一箇所にできる程度で済むことが多いようです。

しかし、いづれも予兆・初期症状の共通点としてはピリピリ、チクチク、ムズムズ

といったような違和感が患部に生じます。

 

また一番厄介なのが、単純ヘルペスというのは免疫ができても

再発してしまうというところです。

このウィルスは一度感染すると人間の神経細胞の中に隠れ潜んでしまう

潜伏感染というタイプなのです。

 

そのため症状がおさまり、キレイに水ぶくれが治ったと思っていても

ちょっとしたことで再発を引き起こしてしまうので日常生活において

注意が必要になってくるのです。




スポンサーリンク







顔にできたヘルペスの原因と症状は?

まずヘルペスの原因と言うのはとても明瞭で単純ヘルペスに感染することです。

そして、感染した場合には発症することがあります。

というのも、健康で免疫が高い時に感染しても即座に症状がでないので、

感染したことを知らずにいるというケースも多くあるのです。

 

そして単純ヘルペスというのは、とても感染力が強く

ウィルスを持っている人との接触や、くしゃみや咳などの飛沫感染をします。

自分の身近な人が症状を発症していたら、要注意ですよ!

 

風邪をひいていたり、皮膚に傷がある場合などは、

タオルを通じて感染してしまうこともあります。

家族でも、タオルは分けるなどして他の人への感染経路はできるだけ絶ちましょう!

 

そして皮膚に水ぶくれなどが発症している場合には、

大量にウィルスを放出しているサイン!

もしお子さんが発症している場合には、患部をみてあげるために

近づいてしまうこともありますよね。

万が一、患部に触ってしまった場合にはすぐに石鹸で洗い流すようにしましょう!

 

ヘルペスの症状は、段階を追ってあらわれ、おおよそこのような流れになります。

1、患部の違和感(自覚症状)

2、患部が赤く腫れる

3、水ぶくれの発症

4、10日~2週間ほどでおさまり、回復する

 

このように時間の経過と共に、症状はおさまり治ったかのように見えるため

人によっては病院に行ったり、薬の服用をしない場合もありますが、

初期段階で処置をすることによって、症状がかなり軽度で済むのです。

 

先ほども触れましたが、このウィルスは潜伏型で完全に排除することはできません。

しかし再発の予兆を感じたり、症状が表れたらできるだけ早めに

治療することが自分自身にとっても、まわりの人にとっても大切なのです。

 

またアトピー性皮膚炎をお持ちの方は、更なる注意が必要です。

皮膚が弱いために、感染しやすいのです。

発症した場合には、顔だけでなく体にも水ぶくれや発疹ができることがあります。

そしてウィルスに対しての免疫がないため、初感染の場合には

命に関わるほど重症化してしまうことがあります。

 

アトピー性皮膚炎の方は、単純ヘルペスに感染したことによる

合併症を起こす場合もあります。

風邪に似た症状であったり、アトピーの悪化のように見えますが

別の皮膚疾患を引き起こしていることがあるので、早めに診断を受けましょう。

顔にできたヘルペスの治し方は?市販薬は使える?

先ほどからお伝えしている通り、ヘルペスはウィルスを完全に消し去ることが

できないため、完治させることができません。

そのため、いかに症状を軽く済ませ、再発をさせないかということが

ポイントになってきます。

 

初感染の場合には口唇ヘルペスでも、顔面ヘルペスでも

まずは皮膚科を受診しましょう!

一般的には抗ウィルス薬の外用薬や内服薬が処方されます。

ヘルペスが出ている部分によって、処置が異なる場合もあるので

自己判断は厳禁ですよ!

 

しかしヘルペス用の市販薬も販売されています!

これは過去に、口唇ヘルペスの診断を受けたことがある方向けの再発用の軟膏です。

 

こちらは口コミで最も評価が高く、即効性が期待できます。

2週間ほどで治ると分かっていても、早く治したいですよね。

肌への負担を軽減してくれる効果があるのも嬉しいです。

 

こちらの商品も即効性があると評価の高い軟膏です。

目立たないクリームタイプは仕事中など、人と会う場合にも使えるので

とくに女性にはありがたいですよね。

 

どちらの市販薬も再発の予兆を感じた場合に塗るのが効果的です。

ウィルスを攻撃するための薬ではなく、増殖を防ぐための薬なので

症状がひどくなってから塗布しても、効果が出にくいこともあります。

そのため、違和感を感じたら使用するとウィルスが増える前に処置ができるため

回復も早くなりますよ!



スポンサーリンク






ヘルペスの感染・再発予防はできる?

ヘルペスの感染予防については、やはり感染している人との接触をさけることです。

家族の場合は、タオルや食器、コップなどの身の回り品を

分けて使用することが大切です。

 

そしてもしすでに感染している場合でも再発は予防できます。

症状が出てくるのは、免疫力が低下している時です。

 

もっと具体的に言うと、風邪をひいて発熱している場合や

ストレスで身体が疲れてしまっている場合、

また女性限定ですが、生理前で身体が弱っている場合に

神経細胞に潜んでいたウィルスが暴れだすことがあるのです。

 

そのため、再発防止策は睡眠をしっかりとし、栄養バランスの整った食事

そしてストレスを溜めすぎないことに尽きます!

若い世代の方には疲れやストレスで発症することが多いのではないでしょうか?

私の会社の同僚は残業が増えると、ヘルペスを発症するという分かりやすい人がいました。

 

再発を繰り返す人は、自分の生活パターンから発症の原因が分かることが多いので

一度生活習慣を見直してみることをおすすめします!

 

ヘルペス特有の違和感を改善してくれる「リジン」を含んだサプリです。

規則正しい生活が基本ですが、サプリを摂取することでも、

再発は予防できるので手軽に試すことができますよ!

関連記事:ヘルペスが頬にできて腫れや痛みが!原因や治療は?化粧はしてもいいの?



スポンサーリンク








最後に

ヘルペスの対応としては、初感染の場合と

再発でも初期の対応が肝心ということですね!

 

潜伏型のウィルスと聞くと、とても怖いように感じますが

規則正しい生活習慣を身につけることで、再発の可能性はぐっと

低くなるので、あまり怖がらないでくださいね!

自分のためにも、まわりの方のためにもしっかりと感染、再発予防策を

実行していきましょう!

関連記事:口唇炎を治す方法!ワセリンやはちみつがいい?治らない原因についても解説!



スポンサーリンク


サブコンテンツ