珪藻土バスマットは割れる?耐久性は?捨て方はどうすればいい?

「珪藻土バスマット」って、最近よく聞くワードですよね。

 

バスマットは水に濡れっぱなしのことが多くカビが生えやすいのですが、

珪藻土はすぐに乾くのでカビも発生しにくく脱衣所を湿気からも守ってくれます。

 

でも一方で「割れることもある」「耐久性が低い」「捨て方が分からない」

という疑問で、買うのをためらっている人もいると思います。

 

そこで今回は、そんな珪藻土バスマットのいわゆる「デメリット」的な

気になる点について重点的に説明していきたいと思います。

 

家のバスマットを珪藻土バスマットにしようかどうか迷っている人は、

ぜひ参考にしてみてくださいね。




スポンサーリンク






珪藻土って?

珪藻土バスマットの気になる点を説明する前に、

まずは珪藻土について軽く見ておきましょう。

 

珪藻土バスマットは水をとてもよく吸収して便利ですが、

そもそも「珪藻土」って何なんでしょうか?

 

珪藻土とは、植物性プランクトンが化石になったものです。

 

珪藻土という言葉は聞き馴染みがないかもしれませんが、

実は珪藻土自体は昔から使われています。

 

珪藻土は「火に強い」という特徴があるので、

七輪やレンガなどの原料に使われてきました。

 

それがどうして今バスマットに使われているかと言うと、

珪藻土の特徴に「水を吸収しやすい」というものもあるからです。

 

珪藻土を顕微鏡で見ていると、

珪藻土を構成している粒1つ1つに無数の小さな穴が空いていることが分かります。

 

この小さな穴1つ1つが強力に水を吸収しようとするので、

珪藻土は水を吸収しやすいのです。

 

さらに、珪藻土には吸収した水をそのまま保持せず

水蒸気として放出しやすいという特徴もあります。

 

つまり、濡れてもすぐ乾くので

バスマットに最適ということなんですね。

珪藻土バスマットは割れる?

珪藻土バスマットは布のバスマットと違い板の形をしていますが、

割れることはあるのでしょうか?

 

答えは「ある」です。

珪藻土バスマットは布ではなく板なので、割れることがあります。

 

ではどんな時に割れるのでしょうか。

例えばデコボコした床に置いてその上から人が乗ると

割れることがありますし、落としても割れることがあります。

また、あまりに重いものを乗せても割れます。

 

珪藻土バスマットは軽いので柔軟性があるように見えますが、

実際は割れやすくちょっと高いところから落としただけで

ヒビが入ったり割れたりするので扱いには気をつけなくてはいけません。

 

珪藻土バスマットを使う時は、平らな場所に置くようにしましょう。

また、タオルの上に珪藻土バスマットを乗せるのもよくありません。

また、投げたり落としたりしないように、丁寧に扱うことが大切です。




スポンサーリンク







珪藻土バスマットの耐久性は?

珪藻土バスマットの耐久性はどうなっているのでしょうか。

実は、珪藻土バスマットの種類によって耐久性が決まっています。

 

例えば珪藻土バスマットとして人気のメーカーsoiL(ソイル)では、

その商品によって耐荷重というものが決められており、

ある珪藻土バスマットは80kgまで、ある珪藻土バスマットは120kgまで

という風になっています。

 

珪藻土バスマットはどんな人が乗っても大丈夫という訳ではないので、

珪藻土バスマットを購入する時は使用する人の体重を考えて買わないといけません。

 

また、メーカーにもよりますが、

珪藻土バスマットの平均的な寿命は「2年」とされています。

 

と言っても、2年で急に割れてしまうとか吸水しなくなってしまうとか

そういうことではなく、年数が経てば徐々に水を吸収しなくなり、

水が残るようになったら買い替え時だということです。

 

つまり、珪藻土バスマットの耐久性の保証期限はおよそ2年だとも言えます。

 

勿論きちんとメンテナンスをし大切に扱えばそれ以上長持ちしますし、

実際珪藻土を2年以上使っている人は多いです。

珪藻土バスマットの捨て方は?

珪藻土バスマットが割れてしまったり吸水しなくなったりしたら、

捨てなくてはいけません。

 

では珪藻土バスマットはどうやって捨てれば良いのでしょうか。

 

珪藻土バスマットは基本的には陶器と同じ扱いです。

ゴミの捨て方は住んでいる場所によって違いますから一概には言えませんが、

陶器と同じような処理をしてください。

 

ただ、地方によっては「珪藻土は粗大ごみで出してください」と

市のホームーページに明記しているところもあります。

 

珪藻土バスマットを捨てる時は、一度自分の市で珪藻土が

どのような扱いになっているかもチェックした方が良いですね。

珪藻土バスマットは本当にお得?

珪藻土バスマットのデメリット的な気になる点は解決できたでしょうか?

 

ここまで珪藻土バスマットの説明をしてきましたが、

布のバスマットと比べると良い面だけではないことが分かったかと思います。

 

珪藻土バスマットは布のバスマットと違い割れることがありますし、

捨て方も少し面倒です。

 

寿命も物持ちが良い人から見たら短いかもしれません。

 

「珪藻土バスマットって、実はそんなに良いものじゃないんじゃ?」と

思う人もいると思います。

 

ですが、「それでも珪藻土バスマットが良い」と考える人が多いからこそ、

今も売れ続けているのです。

 

例えば珪藻土バスマットは見た目が洗練されているので

オシャレにこだわる人には欠かせないアイテムですし、

寿命があるとは言えその間はしっかり乾いてくれるので

布のバスマットよりも脱衣所を湿気から守ってくれます。

 

手入れも楽なので洗ったりする手間もはぶけます。

 

また、本来バスマットは毎日使うのである意味消耗品です。

定期的に買い替えをする方が人の健康にも家の湿気対策にも良いのですが、

 

布のバスマットは使おうと思えばいつまでも使い続けることができるので、

捨てるのがもったいなく惰性で使い続け、

結果不衛生になったものをずっと使用していたり

新品に買い替えるきっかけがないこともあります。

 

ですが珪藻土バスマットはある時期を過ぎると水を吸わなくなり

バスマットとして使えなくなるので、

「捨てるしかない」という良い捨てるきっかけになります。

 

物を大事にするのは良いことですが、

買い替えが必要なものは思い切って買い替える必要があります。

そのきっかけづくりも、珪藻土バスマットが愛されている理由なのかもしれません。



スポンサーリンク






オススメの珪藻土バスマット①

 

ではここで、オススメの珪藻土バスマットを紹介します。

 

まずは、珪藻土バスマットとして人気の高い

soiLというメーカーの珪藻土バスマットです。

 

soiLの珪藻土バスマットは、何と言っても種類が豊富です。

 

珪藻土バスマットと一口に言っても、そのサイズや好みの色は

その人の家庭によって色々です。

 

例えば家族が多い場合は大きめのバスマットが良いでしょうが、

一人暮らしなら小さなもので十分です。

 

主に女性が使うならできるだけ軽い方が良いですし、

色付きの方が良いという人もいます。

 

soiLではそんなそれぞれの家庭の要望にお応えして、

小さなものから軽さを重視したもの、

色がついたものなど色んな種類の珪藻土バスマットを揃えています。

 

自分にあったものが手頃な価格で一番見つけやすいのが

soiLの珪藻土バスマットです。

オススメの珪藻土バスマット②

 

小さいバスマットはわりとどこでも売っていますが

「大きいバスマット」はなかなかないですよね。

 

でも、子供がいたり数人の家族で使う場合は

床を濡らさない為にもできるだけ大きいものが欲しくなります。

 

それは珪藻土バスマットでも同じです。

 

そんな時に便利なのが、

バスリエの珪藻土バスマットの「UB足快バスマット」です。

 

ここの珪藻土バスマットのビッグサイズはなんと565×880もあり、

大人二人が余裕で入れる大きさです。

 

このサイズだと、大人と子供が一緒に乗って子供の頭を拭いてあげる

ということもできるので、家族にはもってこいの大きさです。

 

また、ここのメーカーにはオシャレな柄も入っています。

 

柄入りと言っても非常にシンプルなので、

どの家にもマッチする模様だと思います。

 

もし大きなサイズを探して迷っている人は、

こちらの珪藻土バスマットがオススメです。

オススメの珪藻土バスマット③

 

珪藻土バスマットを初めて使う人もいると思います。

 

ですが珪藻土バスマットは布のバスマットと比べると、

少し値段が高めです。

 

特にバスマットにそれまでこだわりがない人から見るとびっくりするような価格で、

それだけで珪藻土バスマットを買うことを敬遠してしまうかもしれません。

 

でもそれではもったいないですよ。

 

珪藻土バスマットは、やはり使ってみてこそ「値段なりの価値がある」と分かるので、

一度使用してみることをぜひオススメします。

 

そこでオススメなのが、こちらの珪藻土バスマットです。

ここの珪藻土バスマットですが、値段がかなり安価に抑えられています。

 

ですから試しに珪藻土バスマットを使ってみたいという人でも

手を出しやすい値段です。

 

「珪藻土バスマットが気になるけど値段が…」という点で迷っている方は、

ぜひこちらをチャレンジしてみてください。

関連記事:珪藻土バスマットが割れた!補修法や再利用法は?捨て方は燃えるゴミ?



スポンサーリンク








最後に

珪藻土バスマットは、割れることもある・捨て方がやや面倒・

寿命があるなどデメリットもありますが、きちんと使えば長持ちしますし

そのデメリットに報いるだけのメリットも十分にあります。

 

何よりバスマットは毎日使うものなので、

本来定期的に買い替えた方が衛生的にもオススメです。

 

珪藻土バスマットは手入れも簡単ですし、水の吸水性も抜群なので

使い勝手が良く家事の時間の節約にもなります。

 

「使ってみたらかなり便利だった」という声も多いので、

良く知らないから…と使わずにいるのはもったいないですよ。

 

一度も珪藻土バスマットを使ったことがないという人は、

ぜひ一度トライしてみてくださいね。

関連記事:珪藻土バスマットは臭いや水虫・汚れなど衛生的に大丈夫?



スポンサーリンク


サブコンテンツ