逆さまつげが目に刺さって痛い!手術費用・保険や対処法は?

まつげと聞くと皆さん上を向いて

目元のオシャレの一つですよね。

このまつげは時に逆方向に生えてしまい目に刺さる事で

痛みを感じてしまう事があるのです。

 

そんな症状を「逆さまつげ」と言い

逆さまつげに悩む方は実はとても多いです。

 

今回はそんな逆さまつげが目に刺さって痛い!

手術費用や保険適応?など逆さまつげの

対処法をご紹介したいと思います。

 

逆さまつげは上のまつげでも下のまつげでも

起きてしまうものでとても厄介です。

まつげが目に刺さるなんて目にとっても

あまりいい環境とは言えないですよね。

ぜひ対処法を知っておきましょう。




スポンサーリンク






逆さまつげが目に刺さる原因は?

逆さまつげはどうしておこるのでしょうか?

まず逆さまつげには種類が2つあります。

 

・睫毛乱生(しょうもうらんせい)

まつげは目の中に異物が入らない役割を果たす為

外向きに生えるのが一般的ですが

睫毛乱生の場合眼球へ向かってまつげが

内向きに生えてしまいます。

 

こちらの場合何本かが内向きに生えていて

他のまつげは役割を果たす外向きに生えています。

 

・眼瞼内反(がんけんないはん)

まぶたに脂肪が乗りまつげが下を向いてしまう状態で

筋肉も関係してくる事から乳幼児の頃に多くみられます。

3歳頃までに症状が改善される事が多いようです。

 

また原因は先天性で生まれつきのものもありますが

年齢と共に老化が原因でまぶたの筋肉が衰えた場合や

まぶたのトラブルで腫れた場合等、後天性の場合もあります。

 

子供の場合は目をこする事が多かったり

太陽を眩しいなど気になる仕草が見られた時は

病院への受診をオススメします。

 

乳幼児の場合目薬での処置などで根本的な対処をしない事が

多いですが逆さまつげは角膜を傷つけている事もあり

成長段階の視力への影響が懸念されるだけでなく

結膜炎や感染症の心配もある為医師の判断を仰ぎましょう。




スポンサーリンク







目に刺さって痛い!逆さまつげの手術費用は?保険は適応?

逆さまつげの根本的な原因を手術で治す方法があります。

実は逆さまつげの手術には保険が適用され

手術の内容は二重を作る美容整形と同じく二重のラインを

作る事になるのですが美容整形で行う手術と比べると

費用を安く抑える事が出来るのです。

 

ちなみに両目で10000円程、片目でも6000円程と

美容整形と比べると保険適用の逆さまつげ手術費用は安いのです!

 

しかし手術を行うのが眼科なのか美容整形なのかで

保険適用でも値段が変わってくる場合があるので

必ず事前に確認をして下さい。

 

また傷跡を目立たなくする施術をプラスするなど

本来の逆さまつげの治療とは異なる処置があった場合

一部が保険適応外になる事もあるので

こちらも事前の確認が必要です。

では逆さまつげの場合どんな手術法になるのでしょうか?

 

まぶたの皮膚を切って行う「切開法」

メスを使いまぶたを切開するので施術時間は

1時間~2時間と時間がかかります。

腫れや痛みも2週間~1週間と時間がかかります。

 

・上まつげ

局所麻酔で皮膚を切開し二重のラインを作ります。

まつげの生えている方向を外側にしてあげる事で

まつげが目に入ってしまう事を治します。

埋没法よりもまつげがしっかりと上がる事が特徴です。

 

・下まつげ

同じく局所麻酔で皮膚を少しだけ切開して行います。

まつげの向きを調整しながら縫い合わせ

抜糸を行う必要がありますがほぼ完治が望めます。

 

まぶたを縫い合わせて行う「埋没法」

こちらは上まつげの時にのみ可能です。

切開法同様に局所麻酔で皮膚を糸で二重のラインを

作り縫って止めていきます。

針穴の傷跡が残る事もありますがまれで

ほとんどの場合傷が残りません。

 

施術時間は10~20分と言われ

腫れも少なく痛みも数日ほどです。



スポンサーリンク






逆さまつげが痛い時の対処法は?

逆さまつげの根本的な治療は手術になりますが

痛みを軽減させるための簡単に対処する方法は

あるのでしょうか?

 

逆さに生えているまつげを抜く

逆さまつげが数本だった場合原因となるまつげを

抜いてしまう事で痛みがなくなります。

 

自分で抜くことも簡単ですが眼科で処置を受けましょう。

安易に自分で抜いてしまうと炎症を起こしたり

何度も抜いてしまうとまつげが

生えてこなくなる原因にもなります。

 

抜いたまつげはまた生えてくる為継続して行う必要があり

一本一本の対処になるので数が多い時には向きません。

 

まつげを抜く方法の一つで電気を流してまつげを焼け切る

「まつげ電気分解術」があります。

 

まぶたに問題がなく数本のみ逆さに生えている場合

まつげを電気で焼け切り毛根から切る事で

同じ逆さまつげが生えてこないようにします。

 

数回行うケースが多いですが施術時間は10分程と短く

費用は片目2000~3000円となります。

 

ビューラーなどでまつげを上に向ける

ビューラーはまつげを上向きにしてあげる化粧器具で

化粧をされている方にとっては

誰にでも簡単に自宅で行える方法です。

 

しかしカールの持続は毎日行う必要があります。

手術をするまでではない方や手軽に逆さまつげによる

目の痛みを改善されたい方はこちらを試してみて下さい。

 

根元から美しいカールを作るビューラーはこちら!

毎日のメイクアップに必需品のビューラーは

使いやすさにこだわりたいよね。

 

基本ビューラーは壊れる事も少ないですがゴムは交換が必要。

こちらは替えゴムがついているので

毎日使っても長く愛用できますね。

 

こちらの商品は微細な温度制御機能で

熱によりまつげをカールしてくれます。

抑える事でまつげを上げていた従来のビューラーより

カールをより継続することができます。

 

また温度が高すぎてまぶたを火傷してしまう心配もありません。

適度な熱と三次元カーブコームで誰でも

キレイな高いカールを作る事ができちゃいます。

 

ビューラー同様にまつげを上げる方法として

「まつげパーマ」があります。

まつげパーマは多くの場合

ビューラー式とロッド式になります。

 

ビューラー式はその名の通りまつげを挟んで

パーマをかける方法でロッド式は

パーマ液をつけロッドで巻きパーマをかけます。

逆さまつげ改善が目的の場合は断然ロット式がオススメです。

 

しかしまつげの生える方向を変えているわけではないので

根本的な解決にはならず定期的に行う必要があります。

 

費用は2000~4000円でカール効果は1ヶ月程ですが

逆さまつげ改善が目的のまつげパーマは

2ヶ月に1度や半年おき、1年に1度という方も

いるので試してみる価値はありそうですね。

 

パーマ液でまつげが痛んでしまう事も!

そんな時はまつげ美容液を使いましょう。

 

こちらの美容液は独自開発のカプセルで

3つの大事な成分がまつげへの浸透度が抜群!

パーマ液のダメージをケアしてカールの持続にも効果あり。

 

肌への負担となるオイルや香料などを

使用していないので敏感な目元にピッタリです。

マツエクをされている方にも愛される商品です。

【関連記事】

まつ毛が目に入る!取れない場合の取り方や原因を詳しく解説!

爪を強くするベースコートは?クリームやマニキュアのおすすめもご紹介!

お腹の脂肪をつまむと痛い理由は?簡単な対処法を解説!

爪が薄い・弱い人の補強やケアの仕方は?原因についても解説!

ハードコンタクトの汚れが取れない!正しい汚れの除去・落とし方を解説!



スポンサーリンク








最後に

今回は逆さまつげについてご紹介しました!

いかがでしたでしょうか?

手術費用や保険については手術を受ける場所により

違いがありますので必ず事前に確認してみて下さい。

 

実は私も子供の頃逆さまつげに

悩まされ頻繁に目が痛かった記憶があります。

私の場合は手術まではいかずまつげパーマを行う事で

痛みを軽減していました。

 

子供にとってまつげカールは

少し怖かったのを覚えています。

手術となると子供の場合局所麻酔ではなく

全身麻酔になる事が多くきっとそれはもっと怖いですよね。

 

私と同じように年齢と共に改善され大人になってからは

逆さまつげに悩まされる事はないという方も多く

子供の逆さまつげの場合は自然に改善されるか

様子をみるのも一つの手ですね。

 

しかし逆さまつげは目に負担をかけてしまい

悩んでいる方も多いようです。

そんな時は痛みや刺激を軽減する対処法や

保険適用になる逆さまつげを手術で治すという

選択をしてみるのもいいかもしれません。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ