子供へのレントゲンの被爆の影響は?回数や頻度による危険性は?

お子さんがケガをしたり、または定期検査などで

レントゲン検査を受ける機会がありますよね。

でも、その時のレントゲンからの影響がふと心配になったことは

ありませんか?

 

大人であっても、女性は妊婦さんや妊娠の可能性のある場合には

健康診断などでも事前に告知をして、配慮してもらいますよね。

 

では、子供の体にはどのような影響があるのでしょうか。

今回はお子さんのレントゲン検査や放射線に関して、

お話していきますので、心配事がある方のご参考になれば幸いです。




スポンサーリンク






レントゲンの被爆の影響は?子供への危険性は大丈夫?

最初に結論を言うと、子供がレントゲン検査を受けても

影響を心配する必要はありません!

では、なぜそのように言えるのでしょうか?

詳しく解説していきますね。

 

そもそもレントゲンを受けることで心配される理由はなんでしょうか?

「被爆」というイメージが漠然とあり、

その先の具体的な影響まで想像しにくいかもしませんが、

被爆(=放射能を浴びること)でどんな影響があるのか?

それは癌になる確率が高まるということです。

 

放射線を浴びることで癌になる確率が高まるメカニズムは

放射線がDNAを傷つけることによって起こります。

しかし私たちのDNAは傷つけられても修復する力を備えています!

もしも修復ができなかったとしても、傷ついた細胞は

死んでいき、正常な細胞と置き換えられるので心配はありません。

 

しかし、この傷ついた細胞が残ることで癌細胞となってしまうのです。

これは浴びた放射線の量によってDNAの作業が追いつかなくなってしまうと

起こりえる現象です。

 

そして、一般的に子供は大人よりも放射線に対して

感受性が高いと言われているため、心配になる方が多いようです。

しかし子供は大人より身体が小さいため、

そのぶん浴びる放射線量が少なくて済むのです。

 

これが子供のレントゲンの危険性がない理由なのですが、

さらに詳しく数値や回数などを解説していきたいと思います。




スポンサーリンク







子供へ影響があるレントゲンの回数や頻度は?

大人の場合、200ミリシーベルトの被爆量で

癌の発生確率に影響を与えるということが分かっています。

そして、大人が1枚胸部のレントゲン写真を撮った場合の

被爆量はなんと、0.2ミリシーベルトです。

 

子供の場合は大人よりも照射量が少ないので、

0.2ミリシーベルト以下ということになりますね。

具体的な数値では、1歳児の子供では0.07ミリシーベルト程度と

言われています。

 

危険といわれる200という数値に対して

極端に少ないため、危険性はないと言われているのです。

 

あくまで参照ですが、被爆量に関しては下記のような目安もあります。

500ミリシーベルトを超えると白血球の減少が見られる

1000ミリシーベルトを超えると自覚症状が表れる

ただ、医療現場で受ける照射量からはほど遠いので、

心配する必要はありません。

 

レントゲンの放射線は比較的低いこともあり、

仮に回数や頻度が増したとして、大人が1000枚

レントゲン写真を撮影してもすぐさま影響があるわけではないのです。

そして、その数値を超えたからといって、必ずしも影響があるとも限りません。

 

しかもレントゲン検査は、大人であっても頻繁に受けるものではありませんよね。

骨折するような大きなケガをした時や

定期健診、または歯のレントゲンを撮る事もありますが、

年に数回程度のことです。

 

この数字から見て子供が連続して、もしくは頻繁に

レントゲン検査を受けても問題がないことは明らかですよね。

 

レントゲン検査はとても簡単な検査方法で

様々な情報を得ることができます。

こういった事実を知らずに、ただ「放射線」という言葉の持つ

イメージを恐れ、正しい検査を受けないほうが

よっぽど怖いことだと言われていますよ。

 

もしレントゲン検査を頻繁に要するようなケガは病気にかかった

場合には、医師に相談するといいでしょう。

病院によって、照射量が異なることが多いので

かかりつけの病院で、医師からきちんと説明を受けることで

さらに不安を取り除くことができるでしょう!



スポンサーリンク






日常生活でも被爆している!どんな場面で?その危険性は?

私たちは日常生活を送る中でも

毎日、知らず知らずのうちに放射線を浴びているのです。

この身の回りにある放射線を「自然放射線」といいます。

 

例えば、宇宙空間には多くの放射線が飛び交っていて

地球に降り注ぐ宇宙線というのは、放射線の一種です。

そして大地には岩石に含まれるウラン、

空気中には岩石から放出されるラドンというガスがあります。

このように地球上には多くの放射線物質が存在するのです。

 

また、私たちが直接体内に取り入れる食品にもカリウム40という

放射線物質があります。

カリウムは人間の体を作るのに欠かせない要素なので

野菜などを通して体内に取り込まれますが、このカリウム約1万個のうち

1個が放射線を出す、カリウム40と言われています。

 

そしてさらに身近に想像しやすい場面では、飛行機です。

高度が高くなれば、高くなるほど宇宙線は増します。

そのため飛行機に全く乗らない人のほうが、被爆量は少ないと言われています。

ただし、飛行機に乗ったからと言って健康に影響を及ぼすような

被爆量ではありません。

 

例えば、東京からニューヨークの往復のフライトで

およそ0.2ミリシーベルトの被爆量と言われています。

これは先にご紹介した、胸部レントゲンを1枚撮った場合と

同じくらいの数値ですから、健康に影響がないことはわかります。

 

もし影響が出ているとしたら、パイロットやキャビンアテンダントの

仕事が成り立たなくなってしまいますよね・・・

 

そして場所によっても、自然放射線は異なります。

駅や都心のオフィスビルでは、花崗岩が多く使われる傾向にあります。

これは建物の重厚さを演出したり、雨風の浸食に強いと言われている

建築財であるという理由からですが、花崗岩にはウランなどが多く

含まれているため他の建築物よりは、自然放射線が高くなります。

 

地下やトンネルでは上下、左右から放射線が出ているため

自然放射線は高くなりますが、

海や池は、大地からの放射線が水にさえぎられているため

自然放射線は低くなるのです。

 

また地盤の成分によって、日本国内でも自然放射線の量が違うという

ことはご存知でしたか?

関西はウランを含む花崗岩が多いため、関東に比べると自然放射線が

高いと言われています。

 

もしご自身のお住まいの場所や職場、

またはお子さんが普段遊んでいるような公園や施設などの

放射線量が気になるようでしたら、こういった商品もあります。

 

体温計のようにスリムな家庭用の放射線測定器です。

シンプルな液晶画面なので、見やすく分かりやいデザインです。

測定数値も正確で、他の測定器と比べてお値段も手頃なので

気になる場合には一度チェックしてみるのもいいでしょう!

 

しかし、こういった自然放射線から受ける被爆でも

健康被害は確認されていません。

レントゲンなどの医療行為から受ける量と併せても

やはり200ミリシーベルトを下回る数値では心配は

いらないので、過度に避ける必要はありませんよ。

【関連記事】

手のひらに突然できたほくろは病気・癌?子供の場合や見分け方についても解説!

日光湿疹の原因や症状は?治療法や市販薬のおすすめは?

爪に茶色い縦線が!何かの病気?原因や対処法を徹底解説!

二の腕のセルライトが痛い原因は?つぶすにはローラーやマッサージが効果的?

子供の足の裏にほくろが!メラノーマ(癌)の確率や症状は?



スポンサーリンク








最後に

いかがでしたか?

レントゲン検査は子供にとって、もちろん大人に取っても

危険性がないことが分かったと思います。

安心して、検査に臨みましょう。

 

また放射線というのは、私たちにとって非常に身近な存在であり

生きるうえでは避けされないものでもあります。

放射線の持つ特徴は、医療をはじめ農業や工業の分野でも

幅広く利用されているのです。

 

放射線が使われている場合には、厳重な管理下で行われているので

あまり神経質になる必要はありませんよ!



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ