保冷剤を長時間長持ちさせる方法は?強力でおすすめなのはコレ!

保冷剤は外で物を冷やすのに便利です。

 

遠出する時に専用の袋に入れて一緒に持ち歩けば、

食べ物を傷ませないようしたり、

飲み物を冷たいまま維持したりすることができます。

 

ですが保冷剤も最初は凍っていて頼もしいですが、

気が付くとぬるくなってしまいます。

 

せっかくなら、保冷剤を長持ちさせたいですよね。

 

そこでここでは、保冷剤を長時間長持ちさせる方法や

おすすめの強力な保冷剤をご紹介します。

 

キャンプや遠出などで長く外出する時に、

食べ物や飲み物をできるだけ長く冷やしておきたい方は

ぜひ参考にしてくださいね。




スポンサーリンク






保冷材のもつ目安

保冷剤はわざわざ買わなくても、

身近なところではケーキ屋でケーキを買えばもらうことができます。

 

だから、冷凍庫には保冷剤がゴロゴロしているという家庭も多いです。

 

ですが、それらの保冷剤が1つにつき

実際どれくらい長持ちするのか知っていますか?

 

実は保冷材の重さや大きさで、だいたいどの程度長持ちするのか分かるんです。

 

ではさっそく保冷座の重さや大きさを見ていく前に、

まずは保冷剤を使う条件を決めておきましょう。

 

保冷剤を炎天下で裸のまま持ち歩くのと

寒い日に保冷バッグに入れて持ち歩くのでは

当然保冷剤の持ちが全く違うからです。

 

まず条件として、保冷剤は「保冷効果のある入れ物」に入れるものとします。

 

保冷効果のある入れ物とは、

内側が銀色になっている保冷バッグやクーラーボックスを指します。

 

次に、外の気温は20℃くらいとします。

 

20℃とは、「春になりかけの冬」や「冬になりかけの秋」など、

半袖だと「少し肌寒い」と思う気温です。

 

では、以上の条件で保冷剤を使った時に

その保冷剤が効果を発揮できる目安の時間を見ていきましょう。

 

・重さ30g

・大きさ5cm×12cm

1時間30分くらい

 

・40g

7.5cm×10cm

2時間くらい

 

・50g

・7.5cm×11cm

2時間30分くらい

 

・100g

・9cm×14cm

3時間くらい

 

・200g

・12cm×17cm

5時間くらい

 

となります。

 

これは保冷剤1つの目安なので、

小さな保冷剤でも何個も使えば時間も伸びます。




スポンサーリンク







長時間長持ちする保冷剤の種類は?

保冷剤には実は大きく分けて2つの種類があります。

1つめは、ケーキ屋でケーキを買った時などにもらえる

外側が柔らかいソフトタイプです。

 

とけると柔らかくなり、ブニブニとした触感がします。

 

2つめはホームセンターなどで売っている

外側が固いプラスチックで覆われたハードタイプです。

 

こちらは外側がプラスチックな為、とけても硬いままです。

 

この2つは全く違うタイプに見えますが、

実は違うのは外側だけで、中身は同じです。

 

保冷剤の中身はほぼ「水」で、

それに少しのカビが生えない為の防腐剤、

凍った時に突起がでて包装を破らないようにする為の安定剤、

水をゲル状にして凍りやすくする為のポリマーが含まれています。

 

では、ソフトタイプとハードタイプのどちらが

より長時間保冷剤として機能を発揮するのでしょうか。

 

ソフトタイプは外側の包装が薄いので冷気が伝わりやすく、

対象物をすぐに冷やすことができます。

 

ですが、その分ぬるくなりやすいという弱点があります。

 

ハードタイプはプラスチックに覆われている為対象物に冷気が伝わるのは

遅いですが、ぬるくなるのも遅いのでその分長く冷やすことができます。

 

また、ソフトタイプは簡易な包装なので値段は安いですが

何度も使っていると破れることがあります。

 

一方ハードタイプはソフトタイプと比べるとやや値段が張りますが、

破れるという事はない為何度使っても大丈夫です。

 

このように見ていくと、

ハードタイプの方が保冷剤としては長時間持ちますが、

一長一短あることが分かります。

 

例えばキャンプや釣りなどで長時間しっかりものを冷やしたい時は

ハードタイプが頼もしいですが

 

車で20分くらいの友達の家へ手作りのケーキを持っていく時などは

小さいソフトタイプの保冷剤で十分です。

用途に合わせて保冷剤を選ぶと良いですね。

保冷剤を長時間長持ちさせる方法

保冷剤は大きくなればなるほど、重くなればなるほど効果が強く長持ちしますが、

使い方によってはその半分しか効果が出なかったり、

逆に倍以上長持ちしたりします。

 

せっかく大きな保冷剤を使っていても

小さな保冷剤程度にしか使えなかったらもったいないですよね。

 

そこでここでは、保冷剤を長持ちさせる方法を紹介します。

 

保冷容器に入れる

「保冷剤は生身のまま使わない」。

 

保冷剤を長持ちさせるには、まずこれが大前提です。

保冷剤を使う場合、冷やしたいものと保冷剤を

一緒に保冷容器に入れてください。

 

そうすることで保冷剤はしっかり効果を発揮します。

また保冷容器を使うことで、他の持ち物と分けることも大事です。

 

携帯やティッシュなど冷やさなくても良いものが入った入れ物に

保冷剤を一緒に入れてしまうと、

温度差で保冷剤に水滴がつき中が濡れて、

濡れてはいけないものまで濡れてしまいます。

 

それも保冷バッグなら防ぐことができます。

 

冷やしたいものは直前まで冷やしておく

保冷剤で冷やしたいものは、

外に持ち出すまで冷蔵庫などでしっかり冷やしておきましょう。

 

対象物を冷やしておくことで、保冷剤の負担が少なくなり

保冷剤がより長持ちします。

 

ついでに保冷容器も冷やせるなら冷やしておきましょう。

 

保冷剤を入れる保冷容器の「中」があらかじめ冷えていれば、

保冷剤はよけいな力を使わずに中を冷やすことができます。

 

保冷バッグなら冷蔵庫に入ると思うので

空の保冷バッグのチャックを開けて

中を冷やしておけば使う時にさらに保冷効果は高まります。

 

保冷バッグのチャックを閉めたままだと逆に外の冷気をカットしてしまい

冷えませんので開けておくのを忘れないようにしてくださいね。

 

クーラーボックスの場合は先に氷などを入れて中を冷やしておけば、

保冷剤がぬるくなりにくくなり、より長時間冷たさを維持することができます。



スポンサーリンク






おすすめの強力な保冷剤①ソフトタイプ

先ほどは保冷剤が効果を発揮する目安の時間を書きましたが、

そうは言っても保冷剤を作るメーカーによって

保冷剤の機能する多少時間は変わります。

 

同じ大きさ・重さなら、長時間保冷してくれる保冷剤が良いですよね。

 

そこでここでは、長持ちするおすすめの強力な保冷剤を紹介します。

まずはソフトタイプです。

 

この保冷剤は、外装に抗菌仕様が施されています。

保冷剤は外で使うことが多いと思いますが、

外ではあまり手を洗う機会もありませんよね。

 

けっこう汚れた手で保冷剤に触ってしまうことも多いと思いますが、

この保冷剤は手の触れる表面にしっかり抗菌対策をしてあるので衛生面も安心です。

 

勿論、繰り返し使うことが可能です。

部活や外で食べる弁当など、手が汚れていそうな時に使うと便利な保冷剤ですよ。

おすすめの強力な保冷剤②ハードタイプ

ハードタイプでおすすめなのは、アイリスオーヤマからでている保冷剤です。

ハードタイプは高めなのが印象的ですが、こちらは値段もそんなに高くありません。

 

さらに、値段は安いのに効果は高いということでリピーターの多い商品になります。

ハードタイプなので、キャンプや登山など

「破れたら困る」「冷えなかったら困る」という人達にも

しっかり信頼されている保冷剤です。

 

もちろん普段の日常生活にも使えます。

 

小さなソフトタイプの保冷剤をいくつも持っておくのも良いですが、

ハードタイプを冷凍庫に1つ入れておくと

冷凍庫の中の見た目もスッキリして片付きますよ。

おすすめの強力な保冷剤③アイスキューブ

最後におすすめする保冷剤は、ちょっと変わったタイプの保冷剤です。

 

これはアイスキューブというもので、

水筒やタンブラーなど飲み物に直接入れる保冷剤です。

 

飲み物を冷たくするのに、普通氷を入れますよね。

でも氷を入れると、氷が溶けてしまった時に飲み物が薄くなってしまいます。

 

そうすると飲み物の味が変わってしまうので、気になる人は気になりますよね。

 

でもこのアイスキューブなら、氷のような役目をしながら

決して氷のように飲み物と一体化してしまうことはありません。

 

見た目も可愛いですから、ちょっとしたオシャレ感覚でも使うことができますよ。

 

冷たい飲み物をそのままの味で楽しみたい時は

ぜひ使ってみたい保冷剤です。

【関連記事】

ポップコーンがはじけない・不発の原因は?はじけ残りを再利用して食べれる?

トイレに鏡は風水的に大丈夫?位置は?トイレの前はダメ?

風水で玄関の正面に鏡がある場合の対策は?形や向き・位置はどうすればいいの?

リボ払いを一括返済する方法は?利息や手数料は?楽天やセゾンなどについて解説!

日傘の黄ばみや汚れの落とし方は?手入れの仕方や洗い方を解説!



スポンサーリンク








最後に

保冷剤は、物を冷やすのにとても便利な商品です。

 

またぬるくなっても氷のように水になりませんし、

凍らせれば再び保冷剤として使うことができます。

 

さらに使い方をちょっと変えるだけで本来の性能よりかなり長持ちします。

 

そして保冷剤にも種類があり、場面によって使い分けることで

より効果的な力を発揮します。

 

保冷剤と保冷容器を「持ち歩ける冷蔵庫」として考えれば、

かなり便利なことが分かりますよね。

 

保冷剤はケーキ屋などで無料でもらうこともできますが、

強力でしっかりした保冷剤を一度購入しておけば、色んな場面で役に立つはずです。

 

ぜひこの記事を参考に、

自分の生活にあった保冷剤を選んでみてください。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ