低血圧の数値の幅は?危険値と正常値を年齢別に解説!

皆さん血圧は定期的に測定していますか?

高血圧の場合病気の危険も高まる事が認知され

治療や改善を行う方も多いですが

見逃しがちな低血圧の方も気を付けなければいけません。

 

低血圧の人って寝起きが悪いってイメージくらいで

世間ではどんな症状を起こすかあまり

認識されていないかもしれませんね。

 

日常で疲れている時に起きる無気力や

疲れが取れにくいなども低血圧が原因かも?

 

今回は低血圧の数値の幅はどれくらい?

危険値や正常値を年齢別に解説したいと思います。

 

低血圧はすぐ死に至るものではありませんが

症状がひどくなると生活に支障をきたすことも

あるのでしっかり学んでおきましょう。




スポンサーリンク






低血圧の数値の幅は?

低血圧は血流が血管にかける圧が低い状態を言い

やせ型の人や栄養不足、生活が乱れている方などに

起こりやすいと言われます。

血圧は心臓から血液を送る力の強さなので高いのも

もちろん問題ですが低すぎるのもいいわけありませんよね。

 

WHOで基準とされている低血圧の数値の幅は

最高血圧100mmHg以下、

最低血圧60mmHg以下とされています。

 

低血圧と言っても生活に支障をきたすような

ひどい症状がでていない限りは特に治療の必要はありません。

 

低血圧の主な症状はコチラ

朝起きられない

めまい

疲れが取れにくい

冷え性

動機や息切れ

食欲不振

便秘、腹痛

不眠

 

どれも疲れが原因で起きそうな症状ばかりですが

このような症状が続く場合は低血圧の可能性があります。

いずれにしても定期的な血圧測定は必要ですね。

 

自身の平均血圧を知り低くなりすぎていないか

把握すると身体の異変に気付けます。

 

「平均血圧=脈圧÷3+最低血圧値」

平均血圧は100mmHg未満が理想です。

 

また最高血圧と最低血圧の値の幅を脈圧と言います。

この脈圧が40mmHg~60mmHgが正常の範囲で

40mmHg以下の時は心不全の危険、

60mmHg以上の時は心臓付近にある血管に

動脈硬化の危険があると言われています。

低血圧の危険値は?血圧の正常値は?

最高血圧は収縮期の血圧、最低血圧は拡張期の血圧です。

低血圧の基準値は収縮期が100mmHg以下とされていますが

そこに近い数値であれば特に危険などはありませんが

 

怖いのは急に血圧が40mmHgほど下がるなどして

ショック状態が起こる事です。

 

また拡張期は60mmHg以下で低血圧と言われますが

30mmHg以下になると命に関わる危険があります。

 

正常値と言われる血圧は

最高血圧130mmHg・最低血圧85mmHgとされていますが

自宅で測定した場合は

最高血圧125mmHg・最低血圧80mmHgと

少し数値に違いがあるので覚えておきましょう。




スポンサーリンク







危険値と正常値を年齢別に解説!

年齢によって血圧の正常値は変わってきます。

人種によっても変わってきますが目安として

年齢別でご紹介したいと思います。

 

20代

睡眠障害やめまい、立ちくらみに注意しましょう。

 

最も低血圧の方が多いとされるのが20代です。

食生活の乱れや寝不足などが原因とされ

無理なダイエットも低血圧につながると考えられています。

 

男性正常値:最高118mmHg・最低75mmHg

女性正常値:最高113mmHg・最低76mmHg

 

30代

めまいや頭痛・動機などに注意しましょう。

 

社会的な地位からストレスが原因で低血圧が

起こる可能性が高いと言われています。

イライラがおさまらない時なども低血圧が原因かもしれません。

 

男性正常値:最高125mmHg・最低79mmHg

女性正常値:最高115mmHg・最低71mmHg

 

40代

ホルモンバランスの乱れ、病気のサインに注意

 

女性は更年期の症状も重なり低血圧で起きている

症状が強く出てしまう事があります。

また他の病気が影響している事もある為気を付けましょう。

 

男性正常値:最高131mmHg・最低84mmHg

女性正常値:最高125mmHg・最低77mmHg

 

年齢が上がると正常値は高くなる傾向にありますね。

正常値より下回り低血圧の危険値である

最高血圧100mmHg以下・最低血圧60mmHg以下へ

近づくので注意しましょう。

低血圧の原因って何?

低血圧は原因別に3つの種類に分けられます。

原因がそれぞれ違うので自信がどの低血圧にあたるのか

知っておくと改善に役立ちますよ。

 

「本態性低血圧」

病気などの原因がなく体質や遺伝により

低血圧の方はこちらになります。

症状が現れても治療の必要はほとんどなく

低血圧に気付かない方も多いようです。

 

「起立性低血圧」

急に立つ動作などをした際に血圧調整が行えず

脳の血液量が減ってしまい立ちくらみやめまいなどを起こします。

通常は低血圧ではない方にも起こる事があり

自律神経の働きが鈍いとされるお子さんやお年寄り、

若い女性などに起こりやすいと言われます。

 

症状は一過性で横になるなどして血圧が

安定するとめまいや立ちくらみは治まります。

症状が出ている時は転倒してしまいケガをするなどの

心配があるので無理をしないようにしましょう

 

「症候性低血圧」

病気や薬になどにより起こる低血圧です。

元々の病気が原因になる為「二次性低血圧」とも言われます。

原因を特定し対処することで症状が改善されます。



スポンサーリンク






低血圧を改善・予防しよう!

低血圧は極端に低い数値でない限りほとんどの場合

薬による治療ではなく生活改善になってきます。

 

命にかかわる病気ではないとしても

やはり症状が出ると少なからず生活に支障をきたす事も

ある為予防して低血圧にならないようにしましょう。

 

食事のバランスに気を付ける

低血圧にはビタミン・ミネラルを含む緑黄色野菜や

肉や魚、豆腐などに含まれるタンパク質を

しっかり摂る事が大切です。

栄養が偏ってしまわないようにバランスよく食事をしましょう。

 

ミネラルをたくさん含むマテ茶がオススメ!

こちらの商品は水出しもお湯出しも

どちらでも大丈夫でとても便利!

胃腸に優しいマテ茶で疲労回復、冷え性改善など

嬉しいこと尽くしです。

 

適度な運動を取り入れましょう

ウォーキングや階段を使うなど日常の中に適度な

運動を取り入れましょう。

 

また低血圧の方は人がたくさん集まる場所や

暑さなどで症状が出やすくなることも

あるので気を付けて下さい。

 

禁煙・禁酒又は減らす努力をしましょう

タバコやお酒は血管に異常を起こす可能性が高く

どちらも少しずつ量を減らしていきましょう。

 

他の病気予防にもつながりオススメですが

無理をしてしまうとストレスを溜めてしまうので

無理のない程度に頑張りましょう。

関連記事:栄養失調で吐き気や熱・めまいなどの症状が出る?改善する食事は?

規則正しい生活を送ろう

朝ごはんはしっかり食べていますか?

低血圧の症状として代表的な寝起きの悪さがあるように

朝は時間がなくて朝ごはんを抜く方が多いようです。

 

規則正しい生活は早寝早起きと1日3食を

しっかり摂る事です。

睡眠は7時間とるようにするといいですね。

 

食後にコーヒーやお茶などでカフェインを摂ると

血液の流れがよくなると言われています。

 

入浴中はマッサージをしよう

少し熱いくらいのお湯にしっかり浸かり

マッサージをしてあげると血行がよくなります。

血流を上げるため朝のシャワーも

効果があると言われています。

 

また低血圧の方には冷え性の方も多く

水分をしっかり摂るようにしましょう。

 

定期的に血圧を測定しましょう

やはり自己管理はとても大切になってきます。

自身の血圧を把握するようにしましょう。

 

操作も簡単で手入れも楽々が

定期的に血圧を測る習慣をつけるために大切です。

 

こちらの商品は液晶が見やすく

過去の記録で月平均をみることもできオススメです。

左右どちらでも測定可能なので

利き手がどちらでも大丈夫ですね。

関連記事:貧血と低血糖と低血圧の違いや関係は?症状や原因についても詳しく解説!



スポンサーリンク








最後に

いかがでしたでしょうか?

低血圧はすぐに治療が必要なものではありませんが

症状をみると生活に起きては欲しくないものばかりですね。

 

治療は必要ない場合が多いですが

生活に支障をきたすほど症状が重い場合には

一度病院を受診して主治医に相談してみると

いいかもしれません。

 

運動、食事など規則正しい生活を心がけ

低血圧とは無縁に毎日を送りたいですね

関連記事:朝から眠い・だるい!原因や対処法は?何かの病気?



スポンサーリンク


サブコンテンツ