爪が薄い・弱い人の補強やケアの仕方は?原因についても解説!

爪が薄くて弱いからキレイに伸ばすことができない…と悩んでいる女性は多いです。

キレイな爪に憧れるけど、実際はボロボロの二枚爪になってしまっている。

そういう方はただジェルネイルで補強しても、

何度も続けるうちに余計に薄く、脆くなってしまうこともあります。

爪のケアには、ただ外から補強するだけでは足りないのです。

 

今回は、爪が薄く弱くなってしまう原因とその補強やケアの仕方を紹介します。

日頃からのちょっとした気遣いで、あなたもキレイな爪を取り戻すことができますよ。

ぜひ、参考にしてください。




スポンサーリンク






爪が薄い・弱い原因は?

まず、私たちの爪は一体何でできているか、ご存知でしょうか。

爪は皮膚が角質化したもので、

たんぱく質の一種のケラチンという物質が主な成分となっています。

 

爪は髪の毛や肌と同じように、

乾燥したり低栄養になってしまうと脆弱になってしまいます。

そのため、爪は健康のバロメーターとも言われており、

薄い爪、弱い爪がなかなか治らないというのは、

栄養不足など、何かの身体の不調を訴えているサインである可能性があります。

一度、自分の生活を振り返ってみましょう。

 

また、一度生えてきた爪は簡単に修復することはできません。

薄い爪・弱い爪を改善するには、

もちろん爪先に栄養や水分を与えてケアすることも大切ですが、

まずは栄養が偏らない、睡眠をしっかりとるなど

健康的な生活を心がけることが必要です。

 

爪はタンパク質でできていますので、

普段肉や魚、卵をあまり食べない人はタンパク質が不足してしまい、

爪が弱くなってしまうことがあります。

野菜や果物ばかり摂取していると、ビタミンやミネラルは豊富摂取できますが、

それだけでは薄い爪・弱い爪は改善されません。

 

他にも、薄い爪・弱い爪になってしまう原因はいくつか考えられます。

まずは、貧血の場合です。

貧血になると鉄分が不足し、血行が悪くなってしまいます。

すると爪に栄養が行き渡りづらくなってしまい、

薄い爪、弱い爪になってしまうのです。

爪の状態が悪いだけでなく、立ちくらみなどの症状もあると貧血の可能性が考えられます。

 

また、亜鉛不足も薄い爪・弱い爪になる原因になります。

特に、日頃の食事の栄養バランスが偏りがちな最近の若い人たちは、

亜鉛不足の人が多い傾向にあると言われています。

そのためか、統計的にも爪が薄くなる人は若い人に多いようです。

 

また、爪が割れやすいという方の多くは乾燥が原因です。

爪も肌と同じで十分な水分で潤っていないと割れやすくなってしまいます。

爪に縦縞が表れている方は、乾燥しているという証拠ですので特に注意しましょう。

水仕事の多い方や、事務仕事などで紙を頻繁に触る方は手先が乾燥しやすいので、

こまめにハンドクリームを塗るなどして念入りにケアするようにしましょう。




スポンサーリンク







爪が薄い・弱い人の補強やケアの仕方は?

爪が脆くなってしまう原因を理解したところで、

次は、肝心の爪の補強・ケアの方法について紹介していきます。

爪は皮膚の一部なので、肌と同様に年を重ねると代謝も落ちて

伸びるスピードも変わります。

 

入れ替わりが遅くなるとその分負担を受ける時間も長くなり、

爪もダメージを受けやすくなります・

今は大丈夫でも、将来的に悩まされる可能性もありますので、

この機会にしっかり押さえてきましょう。

 

まず、爪が弱い人に気をつけて欲しいのが、爪切りで爪を切らないということです。

爪切りは意外と爪に負担をかけていて、爪が強い方は問題ないのですが

爪が弱い方が使うと2枚爪になりやすくなってしまいます。

爪が薄い・弱い方は、爪切りではなく専用の爪やすりを使用するようにしましょう。

 

また、爪を乾燥から防ぐためには、ネイルオイルを使用するのがオススメです。

現状の爪のひび割れを防ぐ補強効果が期待できますし、

新しく生えてくる爪も乾燥させないようにすることができます。

ネイルオイルはこまめに塗ることが大切なので、

常に持ち運んで気が付いたらケアするようにしましょう。

 

ただ、外から潤いを与えるだけでは根本的な解決には至りません。

一番大事なのは、爪を丈夫に生やすための栄養なのです。

もちろん、タンパク質を含めたバランスの良い食事を摂ることは必須です。

そのうえで、爪のマッサージをしてあげると非常に効果的です。

 

オイルやクリームでケアしたあとなどに、

爪の周囲をマッサージして血行を促進させるようにしましょう。

反対の手で指先を軽く揉むようにしてあげるだけでOKです。

 

摂取した栄養も、爪にまで行き渡らないともったいないですからね。

しっかり毎日続けることで、徐々に丈夫でキレイな爪に生え変わっていくはずです。

 

しかし、爪が薄い・弱いと日常生活の中でも困ることが多いですよね。

爪が強くなるまで待っているのも辛い、という方も多いでしょう。

その場合は人工的な方法で補強すると良いでしょう。

一番簡単なのは、ベースコートを塗って補強する方法です。

簡単な割に補強効果も高いので非常にオススメですよ。

 

爪の弱い方がネイル用品を選ぶ際のポイントとしては、

マニキュアやトップコートは安価なものでも良いですが、

ベースコートだけはメーカーで販売されているしっかりしたものを

購入するのが良いでしょう。

 

安いもの耐久性が弱いことも多く、場合によっては色素沈着を起こす可能性もあります。

薄い爪用のカルシウム含有量が多い商品も販売されており、

爪に潤いを与えつつ耐久性を補強してくれる効果があります。

 

また、ネイルサロンに行くというのも良いケア方法の一つです。

爪をきれいに補強したいけど自分でやるのは不安という方は、

セルフケアよりは費用がかかりますがネイルサロンでケアしてもらうのがオススメです。

ネイルの種類によって値段も異なりますが、両手10本で5000円程度から可能です。



スポンサーリンク






弱い・薄い爪の方にオススメのケア用品

爪の補強・ケアにはドクターネイル ディープセラムがオススメ!

 

こちらの商品は、普通は爪に浸透しない「有機ケイ素」と

「有機硫黄」を爪の内部に浸透させることができる画期的なケア用品です。

どちらも爪を補強するための成分で、爪を内側から強くしてくれます。

使い心地もさらっとしており、べたつきやにおいも全く気になりません。

シーンを選ばず使えるので、毎日のケアには最適です。

ちなみに水溶性なので、就寝前など長い時間水に触れない時に使うとより良いでしょう。

 

爪の補強・ケアには美爪の休日がオススメ!

 

シリーズ累計売上45万本を突破した、非常に人気な美容液ネイルです。

爪の主成分であるケラチンを始め、コラーゲンやヒアルロン酸、

各種ビタミンの7つの美容成分が配合されているので、

ネイルとケアを同時にできるという優れものです。

 

ネイルをするたびに爪の印象が変わると評判です。

ネイルを落とす時も、お湯で簡単に落とすことができるので、

除光液のように爪に負担をかけることはありません。

 

カラーも7種類あり、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

無色のクリアもあるので、

仕事上なかなか派手なネイルができないという方にもオススメです。

【関連記事】

日光湿疹の原因や症状は?治療法や市販薬のおすすめは?

二の腕のセルライトが痛い原因は?つぶすにはローラーやマッサージが効果的?

クレンジング不要の日焼け止めでおすすめの人気商品はコレ!

日焼け止めで無臭の匂いがしないものはコレ!臭い原因や成分は?

ヘルペスが頬にできて腫れや痛みが!原因や治療は?化粧はしてもいいの?



スポンサーリンク








最後に

いかがでしたでしょうか。

爪が弱い、薄いとお悩みの方はまずは外側から補強するようなケアから始めて、

それ以上の悪化を止めることが大切です。

しかし、それだけでは真の健康な爪にすることは難しいです。

 

丈夫な爪を伸ばしていくためには、外側からのケアに加えて中からのケアが不可欠です。

タンパク質を始めとして、爪に良い栄養を意識して摂り、

睡眠をしっかりとってストレスも無くしていくことが

丈夫な爪を手に入れるための秘訣です。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ