水垢にはクエン酸や重曹がいい?風呂や鏡・蛇口の落とし方は?

ふとした瞬間に、水周りの汚れが気になる事はありませんか?

お風呂や洗面所などの鏡そして蛇口、

またはキッチンのシンクなどなど。

 

こういった水周りの汚れは気になるとすぐに解消したくなるものですが、

正しい落とし方はご存知ですか?

汚れの性質に合ったお掃除をすれば

水垢は簡単に落とせ、ピカピカになりますよ。

 

今回は正しい水垢の落とし方をご紹介していくので、

毎日のお掃除や大掃除のご参考にどうぞ!




スポンサーリンク






気づかないうちに水垢が!そもそも水垢とは?

ぱっと目に付く、あの白いうろこ状の汚れ。

スポンジなどで軽くこすると落ちたように見えますが、

すぐに復活してくる面倒な汚れですよね。

 

そもそも水垢というのは、水道水に含まれる炭酸カルシウムが

原因で発生しています。

見た目には白く粉を吹いたような状態なので、

不衛生に思いますが、実はカルシウムなので、

放置しておいたとしても問題はないのです。

 

ですが、もちろん見た目によくないですよね!

突然の来客時など洗面所は見られる可能性がありますし

実際に恥ずかしい思いをしたことがある方も

いるのではないでしょうか?

 

そしてこの炭酸カルシウムはアルカリ性の

性質を持っていることが、落とし方に関わってきます。

 

ちなみに水垢と「湯垢」は全く別物であることをご存知でしたか?

どちらも水周りに発生し、見た目も同じなので混同しがちですが

性質としては正反対なのです。

 

湯垢というのは水道水の成分中のマグネシウムと

石鹸やシャンプーなどの成分が結合したもので、

酸性の性質を持つ汚れのことです。

しかし総称して、水垢という言い方をするのが一般的ですね。

 

今まで必死にこすっていたのに、イマイチすっきり落とせない・・・

という、イライラに困ったことはありませんか?

もしかしたら、間違った落とし方をしていたのかもしれませんよ。

 

性質が正反対ということは、その落とし方も異なってきますね。

その性質にあった落とし方をしていれば、

頑固に見える水垢もすんなり、簡単に落とせるんですよ!




スポンサーリンク







水垢を落とすにはクエン酸と重曹が効果的?

水垢を落とすには、クエン酸や重曹がいいという話は

よく耳にするかもしれません。しかし、

市販の洗剤ではダメなの?

わざわざ道具を揃えるのが面倒!

と思ったことはありませんか?

 

私は実際そう思っていましたが、

やってみると意外と簡単です!

クエン酸や重曹も気軽に手に入るのと、

市販の洗剤よりもキレイになるのでおすすめ!

 

まず、クエン酸は酸性の性質を持っているため、

アルカリ性の汚れに強いです。

ということは一般的な水垢に使うと効果的ということですね。

例えばキッチンの蛇口やシンクなどの汚れに向いています。

 

キロ単位で売られていることが多いクエン酸ですが、

初めて買う場合、そんなに大量に買うのは勇気がいりますよね。

まずは、こういった少量のものを買って試してみることおすすめしますよ!

 

反対に、アルカリ性の重曹は酸性の汚れに使うといいので

お風呂の鏡や蛇口などに使うといいでしょう!

 

重曹もクエン酸と同じく、キロ単位の大袋で販売されているものが

多いですが、まず試してみたいという方は小さいものを購入しましょう。

 

ちなみに重曹は、水垢だけでなくうっかり焦げ付かせてしまった

お鍋やフライパンのコゲ落としにも使えるほか、

コンロや換気扇の油汚れにも役に立つので、一袋あると便利です!

お風呂や鏡、蛇口についた水垢の落とし方は?

クエン酸と重曹の使い分けがわかったところで

さっそく、必要な道具を準備しましょう!

まずはクエン酸と重曹を用意することがもちろんですが、

あると便利なグッズはこちら。

 

スプレーボトル

使い古しの歯ブラシ

サンラップ、もしくはキッチンペーパー(頑固な汚れ用)

たったこれだけでOK!

 

どれも家にあるようなものばかりなので、

特別に揃える必要はありません!

 

もしスプレーボトルがないという方は、

こういったオシャレなデザインのもので揃えてみてはいかがでしょう?

キッチンや洗面所に出しっぱなしになっていっても

インテリアとしてもOKです!

 

まずはクエン酸スプレーを作ります。

水200mlに対して、クエン酸は小さじ1杯。

このクエン酸スプレーを水垢が気になる部分に吹きかけます。

そして少し時間を置いて、柔らかい布などでふき取ります。

この落とし方なら、傷を付けたくない場所でも安心です!

 

基本の落とし方では落とせない、しつこい水垢には

スプレーした後に、サランラップでカバーしておくか

もしくはキッチンペーパーをかぶせておくかして、

汚れが目立つ箇所によくなじませましょう。

30分ほど経ったら、歯ブラシでよく擦れば落ちますよ!

 

ちなみに、クエン酸はしっかりふき取らないと

今度は乾いたクエン酸が粉になって汚れが出てくるので注意しましょう。

クエン酸を落とすために、水で洗い流すとまた水垢が発生するという

悪循環になり、手間を増やすだけになりますよ!

 

また金属部分にはクエン酸の使用は控えましょう!

変色や劣化などの原因になってしまいます。

 

そして次は重曹です。

こちらもクエン酸と同様に、重曹スプレーを作りましょう。

割合は水100mlに小さじ1杯程度の重曹を加えてできあがり。

使い方もクエン酸スプレーと同じ。

 

水垢が気になる部分に吹きかけて、しばらく置いてふき取るだけです!

それでも落ちなかった場合には、重曹スプレーを

タオルなどに吹きかけてこすってみてください。

よほどの水垢でない限り、この方法で落とせます。

 

お風呂の鏡や蛇口など、クエン酸で落ちなかった部分は

重曹の方が効果が期待できますよ。



スポンサーリンク






こんなところの水垢にも使えるクエン酸と重曹!

クエン酸と重曹の使い道は、

鏡や蛇口だけではありませんよ!

もっともっといろいろな場所の水垢に応用できます。

 

例えば、コップやグラス。

使っているうちに底に水垢がついてしまうこともありますよね。

直接、口をつけるものなのでいつも清潔にしておきたいものです。

たっぷりの水にクエン酸をとかし、15~30分ほど漬け置きしましょう。

その後は、布巾や吸水性の高い布なので拭きとるだけ。

 

そして次に、加湿器。

水垢が内部の部品にこびりつくことによって、

製品の機能を鈍らせてしまう可能性もあるんですよ!

効果を持続させるためにも、定期的にお手入れをしてあげることが大切です。

 

水400mlにクエン酸を大さじ5杯入れて、クエン酸水を作ります。

そしてこのクエン酸水をタンクに入れ、加湿器を30~60分稼動させます。

その後は、本体や各部品を水ですすぎましょう。

 

最後に、気になるのはお風呂場の鏡や蛇口だけでなく

浴槽そのもの、椅子や洗面器などの汚れも落とせれば気分がいいですよね!

そんな大物の水垢は、お風呂の残り湯に重曹を1カップいれるだけ。

そこに椅子など水垢を落としたいものを一緒に漬けておきましょう。

一晩漬けて、スポンジでこすれば簡単に汚れが落とせますよ!

関連記事:電気ケトルの手入れの仕方!酢やクエン酸がいい?洗い方を詳しく解説!



スポンサーリンク








最後に

いがかでしたか?

とっても簡単に使えるクエン酸と重曹で

気になる白い水垢も簡単に落とせてしまいます!

 

ちなみにこの汚れを落とした後は、

普段の心がけで水垢の発生を予防することもできます。

お風呂では鏡や蛇口についた泡はしっかり洗い流すことを

習慣付けましょう!

 

特に鏡は細かい水滴などでも跡がついてしまうので、

乾いた布でしっかりふき取っておくと

長期間、綺麗な状態が持続できますよ。

簡単な水垢対策で、いつもキレイなお家が保てそうですね!

関連記事:油処理の簡単な方法は?新聞紙や固めるより流す方が楽?



スポンサーリンク


サブコンテンツ