ハードコンタクトの曇りがとれない!除去・解消法や曇る原因は?

コンタクトレンズを使用している人はたくさんいますが、

メガネと併用している人も割合も合わせると、

日本人のコンタクトレンズ使用率は4人に1人とも言われています!

そして高い安全性からハードコンタクトレンズを使用している方も

多いのではないでしょうか?

 

コンタクトはメガネに比べると視野が広く、自然な見え方になるため

メリットが多く、一度つけると手放せなくなりますよね。

 

しかし一番の問題は、レンズのトラブル!

とくに多く方が経験しているレンズの曇りは厄介ですね。

レンズが曇っていると見えにくいのはもちろんのこと

とてつもない不快感に襲われます。

仕事中でもプライベートでも状況を問わず、イライラしますよね。

 

今回はそんなハードコンタクトレンズの曇りの

除去法や解消法をご紹介していきたいと思います。

お困りの方は参考にぜひしてみてくださいね!




スポンサーリンク






ハードコンタクトの曇りがとれない!曇る原因はなに?

まず、ハードコンタクトレンズの曇る原因の多くは

レンズ表面の汚れです。

汚れの原因はおおまかに2つに分けることができ、

化粧品などの油脂汚れや、空気中の埃、タバコの煙、

または指先の汚れなどが付着することも。

 

とくに女性の場合は化粧品の油分が付着してしまうことが

原因の大半のようです。

しかしこういった外的な要因の汚れは、ある程度自分で意識することによって

防ぐことができますね。

 

またレンズそのものだけでなく、ケースの汚れも忘れてはいけません!

コンタクトケースは毎日洗って、乾燥させていますか?

ケースの汚れは曇りだけでなく、目の病気を引き起こす原因にも

なるので、しっかり手入れが必要です。

 

ケースの使用期間は約半年から1年と言われていますが、

私は2ヶ月おきくらいに交換するようにしています!

洗っているつもりでもケースには汚れや埃がついていたりするので、

できるだけ新しいレンズケースを使った方が安全ですよ。

 

他にもアレルギー体質の方は、涙に含まれるたんぱく質の量が多く

レンズが汚れやすいという理由があったり、

ドライアイの方は涙の量が少ないため、レンズについた汚れが

涙では十分に洗い流すことができないという原因で

レンズの汚れを引き起こしている場合もあります。

 

意外と見落としがちなのは、目のカーブと

レンズのカーブが合っていないという事です!

自分の目とレンズのカーブやサイズが合っていないと

結局、涙でうまく汚れが洗い落とせないということもあるんです。

 

ちなみに目のカーブというのは炎症や老化などが原因で

変化していくことがあるので、レンズ購入時には問題が

なかったとしても、長年同じものを使っていると

知らない間にカーブは変化していることもあるのです。

 

心当たりがある場合には、一度レンズの種類を

見直してみるのがいいでしょう!

 

ちなみにハードコンタクトレンズは、

ソフトよりも汚れがつきやすい傾向にあるので、

特に理由がなくハードレンズを使っている場合には

ソフトに切り替えることも考えてみるといいですね。




スポンサーリンク







ハードコンタクトの曇りがとれない場合の除去法と解消法はこれ!

曇りの原因はレンズ表面の汚れとお話しましたが、

その汚れにも「たんぱく質」と「油脂」の2種類があります。

 

一般的なコンタクトレンズの保存液や洗浄液は

主に涙の成分であるたんぱく質や脂質などを除去できるように

作られています。

 

化粧品の成分はそれとは異なるので、油脂汚れを落とせる

専用の洗浄液を使う必要がありますよ!

 

こちらは、化粧品の油脂汚れをしっかり除去できる

ジェルタイプの洗浄液。

ハードタイプだけでなく、ソフトレンズにも使えます!

 

口コミでも、かなり評価が高くおすすめ。

やはりコンタクトの汚れに悩む方が多く、その洗浄力の高さと

使いやすさで評判です。

 

気をつけていてもアイメイクは、アイシャドーやライナー、マスカラなど

目のキワまで付けることが多いので、

油脂汚れが付着するのは、どうしても避けられないこともあります。

女性の方はひとつ持っておいてもいいですね。

 

こちらは、しぶといたんぱく質汚れを落としてくれる洗浄液です。

レンズの曇りを防ぐほか、装着間の悪化や眼病予防にも!

男性やメイク汚れの心配がない方は、まずこちらを使って

見るのがいいでしょう。

 

そして研磨剤が含まれた、強力な洗浄液です。

表面処理がされたハードレンズには使用できないので、

お使いのレンズを確認してからしようしてください!

 

定期的にこういった油脂やたんぱく質を除去するグッズを

使うことによって、レンズの曇りは解消できますよ。



スポンサーリンク






ハードコンタクトの曇りの予防法はある?

それでは、原因と除去・解消法がわかったところで

曇りの予防法を見ていきましょう!

 

まずは基本的なことですが、メイクの前に

レンズをつけることを習慣にしましょう!

そしてメイクを落とすときには、必ずレンズを外してから。

化粧品の油脂類は簡単には落とせない汚れですよ。

 

また、男性の場合は整髪料が手に残っていないか確認してから

レンズを触るようにしましょう。

なるべく爪も短く清潔にしておくことが望ましいですね。

爪が長いと、手を洗っていてもそこから雑菌がついたりすることありますよ!

 

そしてレンズをつける前に、しっかり手を洗っていますか?

普通に生活しているだけでも手は雑菌だらけです。

きちんと石鹸を使い、しっかり泡立てて指先だけでなく

手の平、手の甲、手首まで丁寧に洗ってから

レンズをつけましょう!

 

清潔なタオルか、タオルの細かい繊維が気になる方は

ペーパータオルを用意しておき、手を拭きましょう。

こういったごく簡単で基本的なことからレンズの曇りの

原因を取り除くことができますよ!

 

そしてドライアイも原因になっていることが多いので、

あまり自覚がなくても、たとえばパソコンを使ったデスクワークが多い方

スマホの画面を見ている時間が長い方、もしくは年齢を重ねてきた方は

知らず知らずのうちに、目が乾燥している可能性が高いです。

 

こまめに目薬を差したり、気になったら洗浄液で洗うようにしておくと

曇りが発生しにくくなりますし、目がリフレッシュできて

集中力も高まりますよ!

 

あくまで私の場合ですが、仕事中はお昼休憩のときに

一度コンタクトを外して、洗浄液で軽く洗っていました。

 

私のおすすめの目薬はこちら。

かなり強い清涼感があり、オフィスワークなどで疲れた目に効きます!

目の疲れや渇きが原因で落ちた集中力を取り戻してくれますよ。

ハードでもソフトでも使えます。

 

それでも解消されない場合には、早めに眼科を受診しましょう。

眼病や視力の低下など、自分では気づくことができない事態に

なっている場合があります。

 

定期的に眼科で検査をして、目の状態や視力を確認し

常にあったレンズや度数を保つことも大切ですよ。

【関連記事】

遠近両用コンタクトの度数の選び方!加入度数(add)とは?年齢による目安は?

リボ払いを一括返済する方法は?利息や手数料は?楽天やセゾンなどについて解説!

髪の分け目で運気や印象が変わる!?右・左の心理は?

日傘の黄ばみや汚れの落とし方は?手入れの仕方や洗い方を解説!

テレビとソファの最適な距離は?インチ・視力との関係や4Kの場合は?



スポンサーリンク








最後に

コンタクトレンズの装着感がすっきりしないと

朝から気分もすっきりしないということはありませんか?

私は家から出るのも憂鬱になっていたので、

コンタクトのお手入れにはかなり気を使っていました。

 

それでもその日の体調によって、目の調子なども左右されますよね。

そんな時は、気軽に持ち歩けるケアグッズを鞄に入れておくだけで

気分的にも安心できます!

 

もちろん自宅でのお手入れが基本になりますが、

とっさの曇りなどにも対応できるようにしておくことで

快適に過ごせますよ。

 

コンタクトの汚れ、曇りでお悩みの方は

ぜひ新しいケア用品にトライしてみてください!



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ