風水で玄関の正面に鏡がある場合の対策は?形や向き・位置はどうすればいいの?

風水では、玄関に鏡を置くと運気上昇に効果があると言われています。

しかし、とりあえず置けば良いというわけでなく、

逆効果になってしまう向きや鏡の形があり、置く位置によっても効果は様々です。

 

中でも有名なのは、玄関の正面に鏡を置くと良くないというものです。

みなさんの玄関はどうですか?

今回は、風水で考える玄関の鏡について、

正しい置く向きや位置、鏡の形による効果の違い、

正面に鏡がある場合の対策について紹介していきます。





スポンサーリンク







風水で玄関の正面に鏡があると良くない?正しい置く向き・位置は?

風水とはそもそも、自分の生活している場所に厄、いわゆる悪い気が入ってくるのを

防ぐために行う対策のようなものです。

中でも鏡は強力で、厄を跳ね返してくれるという役割を持っています。

 

そのため、風水において玄関に鏡を置くことは

悪い気を遠ざけて運気を上昇させるものとされていますが、

実は、置く向きや位置、形を正しく理解していないと

場合によっては逆効果になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

まず注意しなければいけないのは、玄関のどの位置に鏡を置くかということです。

風水では、玄関は気の出入り口とされています。

良い気も悪い気も玄関から入ってくるということです。

 

そのため、鏡を玄関の真正面に置いてしまうと、

悪い気だけでなく良い気も跳ね返してしまうということになります。

基本的には、鏡を玄関の真正面に置くのは避けましょう。

右か左に寄せた位置で、壁に対して平行に置くのが良いとされています。

 

外から玄関に入って右側に鏡を置くと、人気運や名誉運が上がるとされています。

反対に左側に鏡を置くと、金運が上がり、人間関係を良好にすると言われています。

ただし、両方欲しいからと鏡を左右にかけてしまうと

合わせ鏡になってしまいます。

合わせ鏡は風水では運気を下げるとされ、タブーとなっていますので

どちらか一方にしておきましょう。

 

もう一つポイントは、玄関の向いている方角になります。

風水では玄関の向きによって、

良い気が入ってくる方角と悪い気が入ってくる方角があります。

 

悪い気が入ってくるとされている向きは北、北東、南西、西の方角になります。

この方角の向きに玄関がある場合には、

玄関に鏡を置くことで悪い気を防ぐのに効果があると言われています。

 

逆に良い気が入ってくるとされている向きは東、南、東南の方角になります。

この方角の向きに玄関がある場合には、

鏡を置く必要はなく、そのままで良い気が入ってくるとされています。

 

また、玄関自体をいつも綺麗にしておくことが大切です。

風水においてなにより重要なのは場の清潔感と言われています。

靴も使用する1足以外は棚にしまっておくようにしたり、

床やドアノブなどはこまめに掃除しておくようにしましょう。

 

鏡も同様に、曇っていては風水の効果がなくなってしまいます。

定期的に鏡を磨いて綺麗にしておくようにしましょう。





スポンサーリンク







風水で玄関の正面に鏡があるときの対策!鏡の形には意味がある?

風水で玄関の正面に鏡を置くのは良くないとお話しましたが、

家の設計上、やむなく正面に鏡を置かざるを得ないということもあると思います。

戸を挟んで正面が洗面所である場合や

正面に鏡が無くても玄関が映るような窓ガラスがあれば、

それも鏡の役割を果たしてしまいます。

そういった場合にはどうやって対策すれば良いのでしょうか。

 

風水では、玄関を開けて正面に窓が見える家を「漏財宅」と言います。

その名の通り、財産が漏れてしまいお金が貯まらない家という意味です。

 

こういう家の対策としては、まずは玄関と窓の間に衝立などを置いて仕切ることです。

しっかり仕切ることが重要で、

暖簾や透けるようなカーテンなどではあまり対策効果がないとされています。

また、観葉植物などを置くと凶を和らげる作用があるとされていますので、

少し大きめなものを玄関に置いておくのも良い対策となるでしょう。

 

続いて、風水で良いとされている鏡の形についてお話していきます。

風水で良いとさている人気なものは八角形の縁が特徴の八卦鏡です。

八卦鏡には大きく凸面鏡と凹面鏡の2種類があります。

 

・凸面鏡

凸面鏡は主に凶を跳ね返してくれる作用があります。

置く場所としては、玄関の外の上方に飾ります。

気を乱してしまうということで、家の中では基本的に使わない方が良いとされています。

 

ただし、凸面鏡は力が大変強いとされているので、置くときには注意が必要です。

家や車などに向けて置くと悪影響を及ぼしてしまう可能性がありますので、

何もない方向に向けて固定しておくことをオススメします。

玄関の外に置くと目立って困るということであれば、

家の中の素通しになっている窓の内から外に向けてぶら下げるように固定しても良いです。

 

・凹面鏡

凹面鏡は吉を集める効果があるとされています。

凹面鏡を置く場合には、近くに山や台地がある方に向けると良いです。

凹面鏡は吉を集めて家に分散するというものなので、

置く場合は玄関よりも家の中に置くのが良いでしょう。

 

八卦鏡にはその他に平面鏡というものもありますが、

凸面鏡の効果を少し抑えたものと考えてください。

 

風水に効果があるとされている八卦鏡ですが、互いに強い力がありますので

凸面鏡と凹面鏡の両方を同時に使うということはオススメしません。

両方を置いてしまうと、欲が強くなってしまい

効果を発揮しなくなってしまうこともあるとされています。

どちらか1つにしておくのが良いでしょう。

 

その他の鏡の形についても簡単にご説明していきます。

 

・真円や楕円形の鏡

丸い鏡は、金の気を持つので金運が高まるとされています。

また、丸の中でも真円形の鏡は気を集中する効果、

楕円形の鏡は気を拡散させる効果が高いとされています。

縁の素材が金属や大理石だと効果が倍増します。

 

・縦長

縦長の長方形の鏡は木の気を高めると言われており、

東、南東、南の玄関の良い気を増やしてくれる効果があります。

縁が木製のものだとより効果を発揮します。

 

・横長

横に長い長方形の鏡は土の気を高める効果があります。

南西や西の方面の玄関に置くと、金運や安定感を取り込んでくれます。

 

・正方形

正方形の鏡はその場にある気を保持する効果があるとされています。

 

鏡の形の次はサイズについてですが、

掛け鏡や置き鏡の場合は顔全体がしっかりと映るサイズのものが良いです。

姿見の場合は頭のてっぺんからつま先まできちんと映るサイズが理想的とされています。





スポンサーリンク







風水で玄関に置くのにオススメの鏡!

・風水的に玄関には八角形の鏡がオススメ!

 

風水において八角形は全ての方角から吉を招き入れる重要な形とされています。

また、大きさも風水的にちょうど良く、玄関の壁に掛けて置くのにオススメな鏡です。

縁もアンティーク加工が施されたオシャレなものになっているので、

インテリアとしてもオススメできます。

ただし、スタンドで置くと壁に対して斜めになり、気を乱してしまうおそれがあるので、

飾る際には壁掛けにするのが風水的には良いでしょう。

 

・風水で玄関に置くのにオススメの姿見鏡!

 

いざ玄関に鏡を置こうと思っても、

なかなか壁に平行に鏡を設置するのは難しいものです。

スタンド式では斜めになりますし、壁に掛けるにしても固定するフックや釘が必要です。

そこでオススメなのがこちらの突っ張りで固定できる鏡です。

わずか8cmの厚みで鏡を設置できるので、玄関のスペースを全く圧迫しません。

壁を傷つけることもないので、場所を決めるのも気軽にできるのが良いですね。

風水の効果だけなく、お出かけ直前の身だしなみチェックにも使えますし、

非常に便利なオススメ鏡です。

関連記事:鏡が割れると縁起が悪い・不吉?それとも身代わりで幸運?





スポンサーリンク







最後に

風水では玄関に鏡を置くことは基本的に運気が上昇するものとされています。

しかし、置く向きや位置、鏡の形の意味を理解していなければ

逆効果になってしまうこともあります。

 

鏡を玄関に置く際には、自分の家の玄関がどの方角を向き、

その方角にはどんな意味があるのかを調べることが大切です。

その性質を強める効果が必要なのか、逆に鎮める効果が必要なのか、

それによっても選ぶ鏡の形が変わってくるのです。

 

また、もともと玄関の正面に鏡がある場合でも、

今回紹介したような対策を取れば運気を良くすることができるでしょう。

関連記事:トイレに鏡は風水的に大丈夫?位置は?トイレの前はダメ?





スポンサーリンク






サブコンテンツ