妻の祖父母の場合喪中はがきは必要?文例や書き方について解説!

身近な方が亡くなると心が沈みますね。

特に親族の方が亡くなった場合一定の期間死を悼み

喪に服すことを意味する「喪中」と言われる期間があります。

 

「喪中はがき」とは喪中の間は新年の挨拶である年賀状を

遠慮して頂く事を伝えるはがきの事です。

 

結婚をしていると家族も2倍に増え

喪中の機会も増えるのではないでしょうか?

 

喪中はがきは亡くなったのが何親等まで

必要になるか悩みますね。

 

今回は妻の祖父母の場合喪中はがきは必要?など

喪中はがきが必要になる親族やそうではない親族、

喪中はがきの文例や書き方についての

解説をしたいと思います。

 

どうしても年を重ねるごとに喪中の機会は増えます。

今はまだ必要のない方も知っておくと役に立ちますよ。




スポンサーリンク






喪中はがきとは?妻の祖父や祖母には必要?

喪中はがきは喪に服している期間である時に

新年の挨拶を遠慮して頂くことを伝えるために

11月中旬以降遅くとても12月初旬には

相手の方に届くように出しましょう。

 

相手の方が年賀状を作成してしまう前と

考えると分かりやすいですね。

 

喪に服す一般的な期間は?

喪に服す期間は地域や宗教などによっても

変わってきますのでここでは一般的な期間をご紹介します。

 

両親・配偶者・一緒に住む義両親・・・1年

祖父母・・・6ヶ月

兄弟姉妹・子供・一緒に住む曽祖父・別で住んでいる義両親・・・3ヶ月

義兄弟姉妹・孫・・・1ヶ月

 

このように喪中期間は続柄で少し違います。

一定の時間を家で過ごし身を慎む「忌服」の

期間は喪中とはまた別で四十九日とされています。

 

また会社を休む時に使う「忌引休暇」も

続柄や会社の規定により違うので気を付けて下さい。

 

喪中はがきを出すのは何親等まで?

喪に服す期間とは関係なく喪中はがきは

その年に亡くなった場合必要になってきますが

何親等までの親族の時に必要なのでしょうか?

 

こちらも宗教や地域で変わってきますが

自分から数えて一親等(両親・配偶者・子供)と

一緒に住んでいる二親等(祖父母・兄弟姉妹・孫)が

基本となります。

 

よって基本的には妻の祖父や祖母が亡くなった時は

喪中はがきの必要はありません。

 

しかしこちらはあくまで一般的なものでそれ以外の方でも

一緒に住んでいなくても一時的に一緒に

暮らしていた時や良くして頂いた恩がある時などは

喪に服す期間を設け喪中はがきを出される方もいます。

 

妻の祖父母の場合喪中はがきは誰に出すの?

妻の祖父母の場合喪中はがきは基本的には

不要となりますので喪中はがきを出す場合は

妻のお友達や、仕事関係の方になります。

 

妻の2親等までのご親戚は喪中はがきを出さなくても

同じく喪中になるので年賀状は届かないでしょう。

2親等以上のご親戚には必ずしも必要ではありませんが

喪に服していることを伝える意味を込め

喪中はがきを出す方もいるようです。

 

また仕事先の方もプライベートである点を考え

必ずしも喪中はがきが必要というわけでもありませんが

葬儀に参列して頂いた方には出す事をオススメします。




スポンサーリンク







妻の祖父母の場合喪中はがきの文例は?

いざ出すとなると文章をどうしたらいいのか悩みます。

一般的な文章は決まっているのでそちらを

ご紹介したいと思います。

 

文例1

「喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます

今年□月に祖父(続柄)○○(フルネーム)が

永眠いたしました

ここに本年中に賜わりましたご厚情を深謝申し上げ

明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます

 

平成□□年十二月」

 

「永眠」を「他界」に変えても大丈夫です。

また「祖父(祖母)〇〇(フルネーム)が

□月□日△歳にて」など年齢を入れる方も多いです。

 

文例2

「喪中につき年末年始のご挨拶を失礼させていただきます

 

祖父(続柄)〇〇(フルネーム)が□月□日にて永眠致しました

平素のご厚情に深く感謝申し上げますと共に

これからも変わらぬお付き合いのほど

何卒宜しくお願い申し上げます

皆様に良い年が訪れますようお祈り申し上げます

 

平成□□年十二月」

 

文例3

亡くなった月によっては喪中はがきが間に合わず年賀状が届いてしまった場合には寒中見舞いで知らせましょう。

こちらは1月7日以降に届くように出します。

 

「寒中お見舞い申し上げます

 

昨年□月に祖父(続柄)〇〇(フルネーム)が急逝いたしまして

年始のご挨拶を失礼させていただきました

 

誠に急なことで欠礼のご連絡も間に合いませんでしたので

不躾ながらこのようなお知らせしますことを

ご容赦いただきたく存じます

△△様方にはくれぐれもご自愛ください

 

平成□□年一月」

 

喪中はがきの文章に悩んだらコチラ!

 

4枚から注文可能で書体もデザインも

豊富に喪中はがきを作成してくれます。

文章も選べるのでとても便利です。

 

スピード仕上げになっているのも嬉しいですね。

喪中は悲しいものですがデザインを決める時は

少し気持ちが紛れそうです。

 

こちらは差出人スタンプでもちろん喪中はがきにも使えます。

縦書きや横書き、書体なども選べるので

どれがいいのか悩んでしまいます。

 

喪中はがきだけでなく今後の年賀状にも使えるので

一つは持っておきたいアイテムです。



スポンサーリンク






喪中はがきの書き方に注意点は?

喪中はがきには書き方にいくつかの注意点もあります。

気を付けて文章を作成しましょう。

 

喪中はがきで句読点を使わない

日本の文化には元々句読点は使われておらず

句読点はあくまで自分が読みやすくすることを目的としています。

 

その為句読点はここで一度区切りなさいと

上から命令しているように捉えられると考えられ

弔事や表彰状などには句読点は使われません。

 

喪中はがきにおいても文章途中や終わりに

「。」や「、」は使用しないとされています。

 

故人の情報を入れる事が基本

「亡くなった日」「続柄」「名前(フルネーム)」「年齢」など

故人の情報を入れましょう。(全て必要というわけではありません。)

 

続柄は誰から見たもの?

妻の祖父母の喪中はがきの場合連名ではなく

奥様の名前で出すのが一般的になっていますが

ご主人との連名で作成する場合は

故人の続柄はご主人からみた続柄になるので気を付けましょう。

 

・奥様だけの名前で出す場合

「祖父・祖母」

・ご主人と連名で出す場合

「義祖父・義祖母」「妻〇〇(名前)の祖父・祖母」など

 

またどちらの場合も故人の名前はフルネームで

記載するとどちら側の親族か相手に伝わりやすいですね。

 

「厚誼(こうぎ)」の使い方

よく喪中はがきの文章に使われる「厚誼(こうぎ)」とは

「お付き合いをお願いする」という意味で

同じ「交誼(こうぎ)」と違う字を使う場合があります。

これは簡単に言うと目上の方には「厚誼」を使い

お友達や上下関係がない時には「交誼」を使い分けて下さい。

 

同じ年に2人以上亡くなった場合は?

「□月に祖父○○(享年□□才)

□月に祖母○○(享年□□才)が永眠致しました」

 

年内に2人以上亡くなった時は

上記のように故人の名前を全て記載しましょう。

よって喪中はがきは一枚で大丈夫です。

喪中はがきにある花の意味は?何がいいの?

喪中はがきの下地には花が用いられる事が多いですね。

花にはそれぞれ意味があり喪中はがきで

よく見かける花の意味を紹介します。

喪中はがきを選ぶときの参考にしてみて下さい。

 

椿・・・完全な愛

蓮・・・神聖

菊・・・洗浄

百合・・・純潔

桔梗・・・誠実

すみれ・・・誠実

 

故人が好きだった花を選ぶのも素敵ですね。

【関連記事】

祖父・祖母の葬式には仕事を休み出席すべき?服装や香典のマナーについてもご紹介!

厄払いの付き添いの服装や料金は?家族、子供連れで行ってもいいの?

お墓掃除の方法!墓石の黒ずみ・水垢・苔などの汚れの落とし方!

葬式で休暇を取る時の会社への連絡はメールでいい?言い方や日数について詳しく解説!

葬式を欠席するときのマナー!メールでの連絡や理由について徹底解説!



スポンサーリンク








最後に

今回は妻の祖父母の場合喪中はがきは必要か

詳しくご紹介しました。

文例や書き方はいかがでしたでしょうか?

 

親族に関わらず身近な方が亡くなると寂しくて

落ち込んでしまう事ありますよね。

心を落ち着かせる間もなく日常生活は戻ってきて

切り替えが難しいかもしれません。

 

喪中は故人を偲ぶ期間として定められているので

その間は割り切って故人を懐かしく思う期間を

作ってもいいかもしれませんね。

 

妻の祖父母の場合だと喪中はがきを

出す方と出さない方で分けられる事が

多くなるかと思います。

喪中はがきを出さない方には年賀状を出す形に

なりますので間違えないようにしましょう。

 

喪中はがきの書き方は多くのマナーがあり

覚えておくと役に立ちそうですね。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ