遠近両用コンタクトの度数の選び方!加入度数(add)とは?年齢による目安は?

「最近老眼なのか、近くのものが見えづらくなってきた。

でも、老眼メガネをつけたりはずしたりするのは面倒だ…」

という方、遠近両用コンタクトはいかがですか?

 

遠近両用コンタクトなら、

1つのコンタクトだけで遠くも近くも見えるようになりますよ。

 

遠近両用コンタクトは普通のコンタクトとほぼ同じですが、

老眼用と近眼用の2種類のレンズが入っている為、選び方が少し特殊です。

 

選び方が分からないという人もいると思うので、

ここでは遠近両用コンタクトの度数や加入度数、使える年齢などについて

詳しく説明していきたいと思います。

 

遠近両用コンタクトを選ぶ際の参考にしてみてください。





スポンサーリンク







遠近両用コンタクトって?

遠近両用コンタクトの加入度数や選び方を説明する前に、

遠近両用コンタクトについて軽く見ていきましょう。

 

遠近両用コンタクトとは、近眼・老眼どちらにも対応したコンタクトレンズです。

近眼は遠くのものが見えづらい症状、老眼は近くのものが見えづらい症状になります。

 

近眼はなる人とならない人がいますが、

老眼は個人差があるものの40才頃から誰にでも起こる症状になります。

 

元から近眼の人は、「近眼であり老眼である」という状態になります。

老眼用メガネというものを公共施設でよく見ますよね。

 

近眼の人は近眼用のメガネやコンタクトレンズをして対処している人がほとんどなので、

老眼になると手元や細かい字を読むだけ

老眼用のメガネに付け替えるという対処方法があります。

 

ですが、毎回毎回近くのものを見る度にメガネを付け替えるのも大変ですよね。

そんな時に便利なのが近眼にも老眼にも対応したコンタクトレンズです。

 

これならわざわざ老眼用のメガネを付け替えなくても

同じコンタクトのまま手元や細かい字を見ることができます。

 

遠近両用はメガネもあるのですが、

近眼の頃からコンタクトレンズを愛用していたり

自分はメガネが似合わないという人、

つけている時に落としたり壊したりすることが少ないということで、好まれています。

遠近両用コンタクトの仕組み

1つのコンタクトで遠くも近くも見えるって不思議ですよね。

なぜなら遠くを見る為のレンズと近くを見る為のレンズというのは

度数の方向が逆だからです。

 

例えば近眼の場合はレンズは「-3.00」など数字の前にマイナスがつきます。

一方老眼や遠視の場合のレンズは「+3.00」など数字の前に+がつきます。

 

真逆の度数なのに1つのコンタクトに収まるなんて、

遠近両用コンタクトは一体どんな仕組みになっているんでしょうか。

 

実は遠近両用コンタクトには近眼用と老眼用の

違う度数の入ったレンズが一緒に入っています。

 

レンズの入れ方はメーカーによって違い、

例えばレンズの上半分はマイナス度数の近眼用で

レンズの下半分はプラス度数の老眼用となっているもの、

 

レンズに渦巻き状に度数が入り、外側がマイナス度数で、

内側に来ると徐々にプラス度数になるものなどがあります。

 

そんなレンズで目が回らない?と思いがちですが、

意外とちゃんと見えるんですよ。

 

ですが相性がありますので、

自分が使いやすい仕組みのレンズを選ぶのも重要です。





スポンサーリンク







遠近両用コンタクトが使える年齢は?

1つのコンタクトで遠くも近くも見えるとなるとすごく便利ですよね。

では、遠近両用コンタクトが使える年齢はいつからなのでしょうか。

また、どれくらいの年齢までなら使っていいのでしょうか。

 

遠近両用コンタクトは「遠くも近くも見える」こと以外は

普通のコンタクトと同じですから、基本的にはいつからでも使えます。

 

と言ってもコンタクトは目に直接貼り付けるので

取り付けるのに少々コツがいりますし、

目に触れるものですから管理もしっかりしなくてはいけません。

 

早くても中学生くらいからが良いでしょう。

ただ、中学生で老眼になる人はほぼいません。

 

老眼が始まるのは40才頃ですから、

 

多くの人はだいたい40才頃から遠近両用コンタクトを使い始めます。

 

また、どれくらいの年齢までなら

遠近両用コンタクトレンズを使っていいかについてですが、

こちらも基本的には何歳まででも大丈夫です。

 

年配者がきちんと管理されたコンタクトをつけて

病気になるということはありませんので、

年齢はあまり関係ありません。

 

ただ、こちらも若年層と同じで、コンタクトを自分でつけられる、

コンタクトの衛生的な管理ができる、

さらに定期的に眼科へ検診に行けるというのが条件になります。

 

また、メーカーによっては年齢によるそれらの失敗の危険性を考えて

年齢制限をかけているところもあります。

 

コンタクトを使用しても体が悪くなることはありませんが、

例えば期限が1週間のものをうっかり2週間も3週間もつけ続けていると

当然目には良くありません。

 

自分でコンタクトの管理や装着がしっかりできる

年齢の範囲で使用するというのが大切です。

遠近両用コンタクトの度数の選び方①

遠近両用コンタクトのみならず

コンタクトレンズを選ぶのに大切なのが度数ですよね。

 

度数によって目の視力を矯正し、見やすくします。

遠近両用コンタクトと言っても、普通のコンタクトと変わりません。

 

ですから普通のコンタクトの度数を選ぶのと同じ感覚で

遠近両用コンタクトの度数を選んで大丈夫です。

 

ただ、遠近両用コンタクトは近眼用と老眼用の

2つの度数を選ばなくてはいけません。

 

コンタクトレンズの多くはオーダーメイドではなく、

既製品を購入することになります。

 

ですから、「近くが見たい」「遠くが見たい」のどちらかを優先して

選ぶのが良いでしょう。

 

例えば本をよく読む人やパソコン作業を長時間する人は

遠くより近くがよく見えた方が良いですよね。

 

逆によく散歩をしたり遠くを見る作業が多い人は

近くより遠くがよく見えた方が生活には便利です。

 

度数を選ぶには、まず自分の生活スタイルをよく観察して、

「自分はどんな時に目がよく見えたら良いか」を確認しましょう。

遠近両用コンタクトの度数の選び方②加入度数(add)

度数を選ぶことは普通のコンタクトを選ぶ時にも

重要なので、珍しいことはありません。

 

ですが、遠近両用コンタクトでは

もう1つ気をつけなければいけない度数があります。

それは「加入度数」です。

 

加入度数とは、

近眼用レンズと老眼用レンズの度数の「差」の数値のことです。

 

遠近両用コンタクトには異なる度数のレンズが2種類入っています。

当然、レンズには度数の差が生まれます。

加入度数は、老眼用レンズの度数によって変わります。

 

近くを見やすくする為に老眼用レンズを強くすると、

加入度数が上がります。

 

そうなると近くのものが見やすくなりますが

逆に遠くのものが見えにくくなります。

 

加入度数の年齢による目安としては、

40から45歳は+1.00から+1.50位

45から50歳は+1.50kら+2.00位

50から55歳は+2.00から+2.50位

55から60歳は+2.50から+3.00位

60から65歳は+3.00から+3.50位

65から70歳は+3.50から+4.00位

と言われています。

ただ、これはあくまで目安なので、

個人差はかなり大きいです。

 

加入度数は高いほどキツくなるので、

基本的には最初は低いものを選び、

見えにくくなったら年齢と共にあげていくのが理想的です。

 

加入度数は高くなるほど目が疲れやすくなります。

 

目の負担を考えるなら、加入度数はできるだけ低いものにし

普通の度数の方を調整するのが良いでしょう。

遠近両用コンタクトの度数の選び方③

遠近両用コンタクトは

レンズの仕組みや度数・加入度数の違いなどで種類がかなりありますので、

自分の目に合うコンタクトを見つけやすいコンタクトとも言えます。

 

逆に合わないと、近くも遠くも見えにくい

非常に不便なコンタクトとなってしまいます。

 

ピッタリの遠近両用コンタクトを見つける為に

まずしなければいけないことは何でしょう?

それは「眼科へ行くこと」です。

 

自分の目の状態をしっかり知ることで、

自分に合う度数や加入度数の目安が分かります。

 

メガネ屋でも度数を測ってくれることはありますが、

医師が診断する眼科の方が正確です。

 

遠近両用コンタクトの値段もピンキリですが、

高いものだと余裕で1万円を超えます。

 

遠近両用コンタクト選びに失敗しない為にも、

まずは眼科へ行って自分の目の状態を把握するようにしましょうね。





スポンサーリンク







オススメの遠近両用コンタクト①人気NO1

この遠近両用コンタクトは、

日本でコンタクトレンズシェア1位のジョンソエンドジョンソンが販売しています。

 

シェア率ナンバーワンということで信頼性も厚く、

多くの人から愛用されています。

 

加入度数が3種類あり、また度数も幅広く用意されているので

自分の目にあったレンズを選びやすいのが特徴です。

 

またUV加工されているのでコンタクトをするだけで紫外線カットをしてくれます。

 

年を取るとコンタクトの管理も面倒になりがちですが、

これは1日使い捨て用なので衛生面もそれほど気をつける必要はありません。

管理もしやすいお手軽なコンタクトと言えます。

 

多くの人が使っているので、どれを使えば良いか分からない人には

まずオススメの遠近両用コンタクトです。

オススメの遠近両用コンタクト②近くが見たい方へ!

このコンタクトを販売している会社SEEDは、

日本で初めてコンタクトレンズの研究を始めた老舗コンタクトメーカーです。

こちらも1day用の使い捨てで、加入度数は2種類になります。

 

この遠近両用コンタクトの特徴は、

「近くが見えやすい」ことに重点を置いているというところです。

 

ですから近くを見ることが多いという人に愛用されています。

 

どちらかというとニッチな需要の為

遠近両用コンタクトのシェア率で見るとかなり小さいのですが、

「痒いところに手が届く」ということでリピーターが多いコンタクトです。

近くを見ることが多い人は一度試してみる価値のある遠近両用コンタクトですよ。

オススメの遠近両用コンタクト③目が乾く方へ!

こちらは世界コンタクトシェア率3位の

日本アルコンが販売している遠近両用コンタクトです。

 

使用期限は2weekとなり、

使い捨てと比べるとかなり長く使うことができます。

 

コンタクトをつけていると目が乾くことがよくあるのですが、

このコンタクトは保湿能力が高いので目の乾きがあまりないのが特徴です。

 

また非球面レンズなので見え方がよりクリアなのも良いです。

 

このコンタクトはやや硬く目につけづらいという点がありますが、

目が乾きにくい・視界がよりクリアになるなどメリットが多いため、

愛用している人も多い遠近両用コンタクトです。

関連記事:コンタクトが目の裏側に!取り方・外し方は?痛くない場合は放置しても大丈夫?





スポンサーリンク







最後に

遠近両用コンタクトを使えば、

いちいちメガネの付け替えをする必要がありません。

 

自分の目にあった遠近両用コンタクトを選ぶのに最初は眼科へ行ったり

何種類か遠近両用コンタクトを試してみたりとと少々面倒に感じますが、

一度ピッタリのものを見つけてしまえば日常生活がとても楽になります。

 

さらに1日使い捨てを使えば管理も簡単なので使いやすいですよ。

メガネは野暮ったくて嫌だという人にもぜひオススメです。

 

老眼で目が見えづらくなってきたら、ぜひ一度遠近両用コンタクト

を使ってみて下さいね。

関連記事:コンタクト保存液の代用は?目薬や精製水・生理食塩水は代わりになる?





スポンサーリンク






サブコンテンツ