リボ払いを一括返済する方法は?利息や手数料は?楽天やセゾンなどについて解説!

キャンペーン中の景品やポイントに釣られて思わずリボ払いにしてしまったけど、

「利息が高いからリボ払いをやめて一括返済したい!」と思うことはありませんか?

 

でも「どう手続きをすればいいか分からない…」という人もいると思います。

また、変更するのに手数料がかかるのかも不安ですよね。

 

ここでは、特に使っている人の多い楽天とセゾンのクレジットカードを例に挙げて、

リボ払いを一括返済する方法やその時の手数料はいくらになるかについて説明します。

 

リボ払いから一括返済にしたくて困っている方は、

ぜひ参考にしてくださいね。





スポンサーリンク







リボ払いって?

まずリボ払いについて軽く説明しましょう。

リボ払いとは、クレジットカード払いの方法の1つです。

 

クレジットカード払いには一括払い・分割払いがあることを

知っている人は多いと思います。

 

一括払いは支払いを1度で済ませ、

分割払いはその商品を買う時に何回分割にするか決めます。

 

分割払いの場合、金額は分割にした回数により変わり

毎月手数料と分割した金額分の合計額を払っていくことになります。

 

一方リボ払いは、いくら買い物をしようと一定の額を毎月支払うことになります。

 

分割払いは商品1つ1つを「分割払いで」と指定しなければいけませんが、

リボ払いは全てまとめて分割払いできるということですね。

 

さらに毎月支払う一定の額は自分で決めることができます。

 

さすがに毎月の支払額の最低金額(だいたい3,000円ほどから)は決まっていますが

そこから先は自由に選ぶことができるので、

自分が支払える能力に合わせて金額を変えることができます。

 

また分割払いには回数制限がありますが、リボ払いにはほぼありません。

ですから支払回数を気にすることなく、毎月の支払額を決めることができます。

 

「今月はつい買い物をし過ぎちゃって、お金が払えないかもしれない…」

という時にリボ払いにすると、

 

例え10万円の買い物をしていたとしても

毎月5000円くらいからの支払いにすることもできるので、

急を凌ぐには便利な支払方法です。

リボ払いは一括返済した方が安い?リボ払いの利息や手数料は高い!

リボ払いは確かに「その場を凌ぐ」には便利な方法です。

一番ダメなのは「その月の支払額を支払えない」ことなので、

 

急な出費が続きしかもたまたま手持ちがないという時は

リボ払いにしても良いでしょう。

 

ただ、リボ払いは毎月の支払額が低いかわりに

手数料や利息が高くなってしまいます。

 

どれくらい高いか楽天のリボ払いを例に見てみましょう。

外食代やネットショッピングで、仮に今月の支払いが150,000円だったとします。

 

それに対し毎月5,000円のリボ払いにすると、

支払いが終わった時の合計支払額は179,055円になります。

 

手数料は29,055円です。

 

一括払いでは0円で済むところを、

リボ払いだと約30,000円近く払わなくてはいけません。

 

手数料は分割払いでも発生しますが、

分割払いと比べてもリボ払いの手数料は割高になります。

 

リボ払いの手数料や利息はだいたい元本の15%くらいが基本ですが

請求書の中には外食代やネットで買った安い商品など

余裕で一括払いできるものもありますよね。

 

ファースト―フード店で食べた1000円ほどの外食代も

コンビニで買った108円のコーヒー代も

わざわざプラス15%の手数料や利息をつけて払っているのと同じになるので

かなり割高になるという訳です。

 

こう見ると一時的にリボ払いにしておくのはアリですが

そのままリボ払いを継続しておくのはかなりもったいないですよね。

 

リボ払いは使い方によっては生活を助けてくれますが、

放っておくと支払う側が金額的にかなりの損をしてしまう制度なんです。

 

なお、このようなリボ払いのシミュレーションは

リボ払いを行っているカード会社なら

ホームページにきちんと計算できるコーナーがあります。

 

自分が今支払っているリボ払いがいつ払い終わるのか、

最終的にどれくらい支払うことになるのか手数料や利息込みの金額も

 

調べることができますので、気になった方はぜひ

自分が持っているカード会社のホームページで探してみてくださいね。





スポンサーリンク







リボ払いは一括返済できる?

ここまで記事を読んで「こんなに手数料や利息がいるの?リボ払いやめたい!」

と思う人もいると思います。

 

でもカードの支払い方法の変更って面倒くさそうですよね。

 

それに、リボ払いとして途中まで支払っているものを

急に変更することなんてできるのでしょうか。

 

それに、変更する時に手数料がかかってしまうのも気になります。

 

実は、リボ払いからの一括返済は、無料で簡単にできます。

 

カード会社によって方法は多少違いますが、

リボ払いの途中でも一括返済に変更することはどこの会社でも可能です。

 

リボ払いは高い買い物をしたとしても毎月の支払額が少ないので

得をしたような気分になりますが、

実際は長く支払えば支払うほど利用者が金額的に損をしてしまう制度です。

 

たまたまお金がなかったり支払う金額が高すぎたりしてリボ払いにした場合も、

ある程度お金が溜まったらすぐにリボ払いを変更して

一括返済にして支払ってしまった方がお得ですよ。

リボ払いを一括返済する方法①楽天の場合

では、具体的にリボ払いを一括返済する方法を見ていきましょう。

まずは楽天からです。

 

楽天の場合は、コールセンターに電話で直接電話して変更する方法と

オンラインで変更する方法があります。

 

電話だと繋がるのに時間がかかってしまうことがありますが、

オンラインの場合はすぐに変更できるので便利です。

 

楽天e-NAVI(無料会員登録が必要です)の

「リボ払いおまとめ払い」から変更できます。

 

お金が溜まったら、ぱぱっと一括返済してしまいましょう。

 

また、ネットで「自動リボ継続サービス」にチェックがついていると

せっかく一括返済しても翌月から新たにリボ払いが始まってしまいますので、

リボ払いが継続になっていないかも確認しておきましょう。

 

リボ払いを一括返済する方法②セゾンの場合

次に、セゾンのリボ払いの一括返済の方法を見てみましょう。

セゾンの場合も、楽天と同じく

電話で変更する方法とオンラインで変更する方法があります。

 

オンラインの場合は「Netアンサー」(無料会員登録が必要です)から

一括返済に変更することができます。

 

リボ払いを途中から一括変更なんて、面倒くさそうと思いきや

意外と簡単なんです。

 

リボ払いの手数料は、「塵も積もれば山となる」です。

 

1回1回の返済額は低くても、

1回の手数料だけで喫茶店のコーヒー代くらいにはなります。

 

それが2回、3回…と続けば

新しいブランドの服や新作のゲームが買えるほどの金額にもなりますよ。

 

リボ払い中は無駄遣いせずお金を貯めて、早めに一括返済できると良いですね。





スポンサーリンク







リボ払いを一括返済するのにオススメのアイテム①

毎月の請求額が高すぎてやむなくリボ払いにしている人、

もしくはお金を貯められない人は、買い物依存症気味になっていませんか?

 

この本はそんな買い物依存症の著者が500万円まで借金してしまい、

生活を見直してそれをきちんと計画返済するまでの実体験が書かれた本です。

 

借金生活と言うと「重くて暗い話」と思いがちですが、

中身はアッサリしているので軽く読むことができますよ。

 

借金してしまう過程も割とよくありがちなので、

共感できる部分は多いと思います。

 

なかなかリボ払いから一括返済にいけない人は、一度この本を読んで

自分の生活と比べてみてはいかがでしょうか。

リボ払いを一括返済するのにオススメのアイテム②

リボ払いから一括返済する為のお金がうまく貯められない人は、

「家計ノート」をつけてみましょう。

 

こちらの家計ノートは

「書きやすい・使いやすい・続けやすい」ことで人気の家計ノートです。

 

今はスマホのアプリを利用した家計簿も増えていますが、

やはり紙の方が一度にページを見渡すことができるので見やすく、

また直接手で書き込むことでお金を使ったという実感を得ることもできます。

 

お金を貯めるには、まず毎月の自分のお金の流れを客観的に見ることが大切です。

意外なところで無駄遣いをしているのが分かりますよ。

ぜひ家計ノートをつけて、確認してみてくださいね。

リボ払いを一括返済するのにオススメのアイテム③

リボ払いを一括返済にしたいけど、

収入が低くてどうにもお金が貯まらないという人もいると思います。

 

でも、貯金をするのに一番大切なのはお金ではなく、コツです。

いくらお金を稼いでいても、借金まみれの人っていますよね。

 

芸能人や社長なんかで、当時一億くらい稼いでいたのに今は一文無し、

というドキュメンタリーをたまに見ることがあります。

 

逆に、そこまで高収入ではないけどしっかり貯金している人もいます。

 

つまりコツをしっかり押さえておけば、

収入が低くてもそれなりに貯金はできるんです。

 

この本は収入が低い場合のうまい貯金の方法について書いてあります。

「自分合貯金できないのは収入が少ないせいだ」という人には

ぜひオススメなので、読んでみてみてくださいね。

関連記事:宝くじが当たる人はどんな人?特徴や共通点・手相は?





スポンサーリンク







最後に

リボ払いは、どんなに買い物をしても毎月の支払額を

低く抑えることができるのでお得な感じがしますが、

実際は手数料が高く最終的には支払う額がかなり増えてしまいます。

 

当時はお金がなくてリボ払いにしたとしても、

お金が溜まったらすぐに一括返済に変更して全額支払ってしまうのが一番良いですね。

ずっとリボ払いにし続けてしまうのはよくありません。

 

どのカード会社でも途中から一括返済にする方法はありますし、

ネットならすぐに変更できます。

リボ払いも便利な部分はあるので、うまく使い分けることが大切です。

関連記事:国民健康保険と社会保険を二重払いした場合返金できる?重複したときの切り替えは?





スポンサーリンク






サブコンテンツ