手のひらのほくろはメラノーマ?初期症状や治療法を徹底解説!

手のひらにほくろはありませんか?

もしかしたらそれはメラノーマかもしれません。

メラノーマという言葉は聞いた事あるけど

どんな病気かよく知らないという方多いですよね。

メラノーマは悪性黒色腫と言われるほくろの癌で発見が遅れると

最悪の場合亡くなるケースもあるとても怖い病気です。

 

とても進行が早く早期発見、早期治療が大切になってくるので

少しでも気になる時はすぐ病院を受診しましょう。

 

今回は手のひらにほくろ?

それはほくろではなくメラノーマかも?

メラノーマの初期症状や治療法を徹底解説します!

メラノーマはとても怖い病気です。

知識は身につけて絶対に損はありません。




スポンサーリンク






手のひらにほくろ?これはメラノーマ?

手のひらにほくろが出来たら気になりますよね。

手のひらや足の裏、爪などに突然ほくろが出来たときは

メラノーマを疑って観察してみるといいでしょう。

 

メラノーマは形や大きさ、色などほくろとの違いが

何点かあるのでまずはセルフチェックをしてみましょう。

 

そのほくろはどれくらいの大きさ?

ほくろかと思っていたら短期間に大きくなっていたら要注意です。

メラノーマは2~3ヶ月で2倍にも3倍にも大きくなります。

ほくろも大きくなることはありますが広がらないので

気になるものは写真に撮って大きさを観察するといいですよ。

 

メラノーマは大きさではなく深さによりステージが変わりますが

やはりサイズが小さいうちに発見した方がいいですよね

 

黒い斑点の形は左右対称ですか?

ほくろの場合左右対称の円形が普通です。

その点メラノーマは真ん中から左右を

比べた時に左右対称ではありません!

 

またメラノーマの形はいびつで境界が

分からない特徴があります。

最初は円形だったのに途中で変わってきた時も注意が必要です。

 

手で触った時にでこぼこやじくじくと違和感を感じるものは

危険な場合がありますのでこちらも要注意です。

 

黒い斑点が出来たのはいつ?大人になってから?

黒い斑点がいつできたかも重要になってきます。

ほくろの場合多くは子供の頃にできやすいものです。

大人になってからできたものには注意しましょう。

 

また生まれたときから大きなほくろがある場合

それがメラノーマになる事はありますが

小さなほくろがメラノーマになる事は

ほとんどないと言われています。

 

しかしメラノーマの原因は正確には解明されておらず

紫外線によるものという説が有力ですが

ほくろの原因である「メラノサイト」から発生する

悪性腫瘍なので小さなほくろも絶対メラノーマにならないとは

言えないかもしれませんね。

 

気になるほくろがある場合まずセルフチェックをしてみて下さい。

そして気になる事があればすぐに受診がオススメです。

特に気になる黒い斑点に少しでも変化が生じた場合は

皮膚科を受診しましょう。

 

皮膚科の医師は「ただのほくろなのになんで受診したの?」など

「心配しすぎだよ」などと思われるような事はありません。

それほどメラノーマは進行が早いのでメラノーマと

分かった時には遅いという結果になってしまう事も多いのです。




スポンサーリンク







手のひらのほくろがメラノーマだった場合の初期症状は?

メラノーマは初期で痛みはほとんどありません。

痛みが出た頃には転移の可能性があるとさえ言われます。

メラノーマには種類が4つあり初期症状が少し違います。

 

・悪性黒子型黒色腫

顔や首など紫外線を浴びる事が多い箇所にできます。

初期症状は茶色のほくろがどんどん濃く黒色に近づいていきますが

経過はメラノーマの中でもゆっくりで長いものでは

数年以上かかり成長していきます。

 

こちらは60歳以上の高齢者に多いとされています。

 

・表在拡大型黒色腫

元々あるほくろから発生すると言われ

全身のどこにでも発生します。

 

少し膨らんだ茶色や黒色のほくろがどんどん大きく膨らみ

やがてはっきりとした黒色になってくると言われています。

 

50歳以上の方の発症が高いですが

子供でも発症する為年齢は幅広く注意が必要です。

最近ではこちらも日本人に増えていると言われます。

 

・結節型黒色腫

4つの中でこちらは進行が早くとっても危険です。

全身どこにでも発症し皮膚の深いところまで一気に

進行する事が多いと言われています。

 

初期症状で既に黒くふくらみが大きいようです。

 

・末端黒子型黒色腫

日本人に一番多く手のひらや足の裏に多く発症します。

 

初期症状として茶色や黒色のほくろに似たものができ

ふくらみにしこりができる事もあります。

爪に出来た場合は爪全体に大きくなり爪が割れたり

いびつな形に成長していきます。

 

メラノーマは患者が白人に多く

また紫外線が多いとされる地域の方が多い事から

紫外線が原因と言われています。

 

しかしはっきりとした原因はまだ解明されておらず

日本人に発症しやすい箇所が紫外線を浴びにくい

手のひらや足の裏であることから紫外線が

直接な原因ではないという説もでています。



スポンサーリンク






手のひらのほくろがメラノーマだった場合の治療法は?

黒い斑点を見つけセルフチェックで少しでも

気になる時には必ず皮膚科を受診しましょう。

メラノーマは薬を塗って治るものではありません。

 

1受診

受診の際には気になり始めた時期など

症状が分かるものを持参するとよりいいでしょう。

黒い斑点を見つけた時に写真を撮っておき

今の大きさになった時期などが分かると診断がつきやすいです。

 

見た目だけでは診断できないものでも

ダーモスコピーという特殊なルーペで

早期診断ができます。

こちらは痛みもなく簡単な検査です。

 

2検査

病変を切り取り病理標本の作製を行い

顕微鏡で観察する皮膚生検をします。

 

他には超音波エコーやCT、MRIなど進行度や

他臓器への転移を調べる事ができます。

 

3診断・治療

メラノーマと診断された場合重要になってくるのは

どれくらい進行しているかを示すステージです。

 

ステージ1:腫瘍がみつかるが転移はなく

腫瘍の大きさも1mm以下。

また1mm以上2mm以下で潰瘍のないもの。

 

ステージ2:腫瘍の大きさが2mm以下で潰瘍のあるもの。

潰瘍のないものでも2mmを超える時。転移はなし。

 

転移のない場合も治療法は基本腫瘍の切除です。

腫瘍部だけを切除ではなく転移の心配がある為

周辺部分を切除することになります。

 

ステージ3:近くのリンパ節に転移がある。

またリンパ節への転移はなくても皮膚や皮膚の下に転移のあるもの。

 

ステージ4:ステージ3以上の転移がある。

 

ステージ別にはっきりと治療法が分かれているわけでは

ありませんがステージ3以降は切除後も

抗がん剤治療による薬物療法が基本になってきます。

 

2014年にメラノーマに効果があるとされる

「オプジーボ」が製造・販売の承認がされました。

ステージ4での5年生存率は10%を下回りますが

新薬の活躍で生存率も変化がみられる事に期待するばかりです。

 

4経過観察

治療後はまず2年間は短期間での診察をうけ再発を予防します。

特に再発や転移の可能性が高い場合は3ヶ月から半年の間隔で

診察を受けるように推奨されています。

 

3年を超えると再発の確率はぐっと下がるようですが

10年を目安に経過観察の為診察を受けましょう。

メラノーマを予防しよう!

メラノーマの原因は詳しく解明されていませんが

やはり有力な原因は紫外線になってきます。

紫外線対策をとることでメラノーマを予防しましょう。

 

紫外線予防にも可愛い帽子がオススメです。

様々なシーンで活躍してくれる紫外線100%カットの

こちらの帽子はどうでしょうか?

 

カラーバリエーションが豊富なので何色も

欲しくなってしまいますね。

こちらの商品ならオシャレも諦めず帽子とセットで楽しめます。

 

日焼け止めを塗るのはいつも怠ってしまうという

めんどくさがり屋さんにもこちらの商品はオススメです!

 

スプレータイプの日焼け止めなのでシュッと一吹きでオッケー!

頭や髪の毛も紫外線予防ができちゃいます。

更に最高基準のSPF50+PA++++なのに

専用クレンジングは必要なしと嬉しい事づくしです。

 

ストールも紫外線予防に大活躍してくれます。

夏にストールは暑いイメージですよね。

しかし肌触りが良く夏ストールを使えば解決!

 

コチラはバリエーションも多く今日のコーデに合うものを

選びたくなってしまいますね。

オシャレアイテムの一つでしっかり紫外線予防です。

【関連記事】

足の親指の爪が黒いのはメラノーマ?黒い点や線・痛みについて解説!

メラノーマは痛みやかゆみがある?初期の症状や大きくなる速度について解説!

メラノーマの初期症状!痛みや見分け方を徹底解説!

爪のメラノーマの見分け方!治療法や初期症状を詳しく解説!

舌の付け根に口内炎が!原因や治し方・痛みを和らげる方法を徹底解説!



スポンサーリンク








最後に

いかがでしたでしょうか?

メラノーマは見逃してしまうと進行が早く

気付いた時には手遅れなんて事もあり

とても怖い病気ですね。

 

しかしメラノーマ患者は10万人に1人か2人の

確率と言われているので手のひらにほくろを見つけても

ほとんどの場合が良性のほくろのようです。

 

メラノーマを診断された場合ひどくショックを

受けられる方が多いと思います。

間違いであってほしい。なんで自分が?など

思い詰めてしまうかもしれません。

 

しかし情報をしっかり集め病気と向き合い

行動することが大切になってきます。

 

その為にも早期発見ができるよう

メラノーマの知識を今から身につけておきましょう。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ