日焼け止めのクレンジングのおすすめは?顔や体の日焼け止めの正しい落とし方も解説!

日焼け止めは一年中欠かせないスキンケアのひとつですよね。

毎日しっかり塗った日焼け止めは

その日のうちにしっかり落とすことも基本です。

 

本当にきちんと日焼け止めが落とせているか心配になるときはありませんか?

とくに夏場やアウトドアをする場合には、いつもより念入りに

重ね塗りをしたり、強力な日焼け止めを使うこともありますよね。

 

そういった日焼け止めの使い方はもちろん間違いではありませんが、

万が一キレイに落としきれてない場合には

日焼け止めが肌に残ることによって、肌トラブルを招く可能性も・・・

 

今回はおすすめのクレンジングのご紹介と

正しい日焼け止めの落とし方を解説したいと思います!

ぜひスキンケアの参考にしてくださいね。





スポンサーリンク







日焼け止めのクレンジング・正しい落とし方の重要性

きちんとクレンジングをしたつもりでも、

意外と日焼け止めは肌に残っている場合があるのに気づいていましたか?

 

具体的にどのような状態かというと・・・

肌が水やお湯をはじく

粉を拭いたように白い跡がある

日焼け止めの匂いが残っている

タオルで拭いても脂の膜に覆われれている感覚がある

肌が荒れてきた

 

このような感覚を味わったことはありませんか?

それは肌に日焼け止めが残ってしまっているのです。

かといって、ゴシゴシとこするのはまた肌への負担を増やすだけなので

絶対にやめましょう!

 

日焼け止めをきちんと落とせていないと

肌荒れのほか、シミや黒ずみ、くすみの原因になったり

肌が乾燥しシワもできやすくなってしまいますよ。





スポンサーリンク







顔と体の正しい日焼け止めの落とし方を解説!

まず、お使いの日焼け止めのパッケージには

日焼け止めの落とし方が必ず明記されているので

専用クレンジングが必要な場合もあるので、

日焼け止め購入時にはそこも忘れずにチェックしましょう!

 

一般的に日焼け止めのSPFの数値が高いほど

落としにくいと言われています。

そしてクレンジングに関しては、オイルタイプが一番洗浄力が強く

続いてジェルタイプ、シートタイプの順に洗浄力が弱まります。

 

お湯で落ちる軽めの日焼け止めの場合でも、

やはり顔はメイクや皮脂なども混ざっているので

普段使っているメイク落としや洗顔料を使って

洗顔をしたほうがいいでしょう。

 

石鹸で落ちるタイプやクレンジング料が必要なタイプも同様に

普段どおりのクレンジングと洗顔でOK!

しかし、ここで注意しなければいけないのは

日焼け止めを落とすために強くこするのはいけません。

 

クレンジング料は洗浄力が強いので、お肌への刺激もそれだけ強いのです。

ポイントは手早く肌になじませ、洗い流すこと!

そしてお肌を優しく包むようなたっぷりの泡で洗顔をしてください。

そのあとは、いつもよりしっかりと保湿をしましょう!

 

耳やアゴ、首は忘れがちです。

顔の一部と意識をしてクレンジングと洗顔をしましょう。

意外と首周りは顔の印象を左右しますよ!

 

つぎに意外と面倒なのは体のクレンジングです。

顔と比べて、範囲がかなり広いですよね。

つまり、そのぶんだけ見落としも多くなるので注意です!

 

しかし基本の落とし方は顔と同じです。

日焼け止めに応じたクレンジングをすること、

肌を強くこすらないこと、しっかりボディソープなどを使って洗い流すこと。

これに尽きますが、洗った後にぬめりやつっぱり感がないかも

チェックしましょう。

 

足の甲や太ももの裏側などは日焼け止めを塗ったことを

忘れてしまっている場合もあるので、要注意ですよ!

膝は黒ずみが目立ちやすく、足の印象で老けて見られることもある箇所です。

しっかり洗い流しましょう。

 

そして体への保湿ケアも忘れずに行ってください。

潤いが保たれた肌は、さらにUVケアの効果を発揮できます。

クレンジングはもちろんですが、

そのあとの保湿ケアも同じくらい大切なんですよ。

 

こういったスプレータイプの化粧水を使えば

顔も体も一気に保湿できるので

時間がない日やめんどくさがりな人でも簡単に保湿できます。

 

私は化粧水の前のプレ化粧水として愛用しています!

これを使い始めてから肌トラブルが本当になくなりましたよ。





スポンサーリンク







日焼け止めのクレンジングでおすすめはコレ!

日焼け止めやお肌のタイプによって、

クレンジング料の選び方も変わってきますよね。

タイプ別(洗浄力の強さ順)におすすめのクレンジングをご紹介していきます!

 

まずこちらはオイルタイプですが、

お風呂で使えるので全身のクレンジングにとっても便利。

オリーブとアルガンオイルが配合されているので、保湿効果もあります。

まつエクをしている方でも、安心して使えます!

 

スクラブ入りのジェルタイプ。マッサージしながらクレンジングできます。

毛穴のひきしめ効果もあるので、小鼻や頬の毛穴の開き、黒ずみが気になる方

にはぴったり。天然成分を多く含むので、年齢肌のケアにも向いていますよ。

 

こちらはソープタイプ。肌の角質や黒ずみが気になる方は

スキンケアにもなるのでおすすめ。

ダブル洗顔不要なので、手早くしっかりとケアができます。

泡立てネットを一緒に使うとさらにGOOD!

 

お手軽なシートタイプのクレンジング。

軽めの日焼け止めを塗った日はこれでOK。

たくさん入っていて、大判なので顔だけでなく

全身にも使いやすいのが嬉しいです!

敏感肌の方におすすめの日焼け止めとクレンジング

一般のクレンジング料では合わないという敏感肌の方はこちら。

夏や季節の変わり目は敏感肌の方でなくても、

肌トラブルが起こりやすい時期です。

そんなときには、ホホバオイルを使ってみてはいかがでしょうか?

 

保湿ケアとしても使えるホホバオイル。

お肌の水分を守りながらも、高い洗浄力を持っています!

使い方はクレンジング料と同様、手にとってなじませるだけです。

オイルは一旦洗顔前にテッィシュオフすることで、洗い流しやすくなりますよ。

 

そもそも、日焼け止めを塗ること自体が肌への負担になるので

肌荒れを起こしやすいという敏感肌の方もいますよね。

 

そんな悩みをお持ちの方におすすめなのが

サプリメントタイプの日焼け止めです。

肌に塗らないので、負担がありません!

 



こちらは1日1回飲むだけで、全身のUVケアができる優れものです。

女性誌や美容誌で特集されているほか、美容ライターからも推奨されています。

敏感肌の方はもちろん、塗り直しの手間を省きたい方や

アウトドアがお好きな方にもおすすめです。

 

オーガニックのビタミンやミネラル成分も含まれているので

女性にはとっても嬉しいサプリメントなんですよ!

日焼け止めの塗り忘れで、しまった!という場面もなくなります。

毎日のサプリで全身のUVケアができるのはお手軽です。

関連記事:クレンジング不要の日焼け止めでおすすめの人気商品はコレ!





スポンサーリンク







最後に

女性には必ずついてまわるスキンケア。

自分にとって少しでもストレスフリーな方法を見つけて

効果が出るようにしたいですよね。

 

正しく日焼け止めとクレンジングを行えば

それだけでも立派なスキンケアになります。

自分のお肌の特徴や、使っている日焼け止めの使い方を

よく知ってしっかりとクレンジングをしていきましょう。

これで紫外線の多い季節も怖くありませんよ!

関連記事:日焼け止めで無臭の匂いがしないものはコレ!臭い原因や成分は?





スポンサーリンク






サブコンテンツ