コンタクトが目の裏側に!取り方・外し方は?痛くない場合は放置しても大丈夫?

ふとした拍子にコンタクトレンズが黒目かズレて、

「見失ってしまった!」「目がゴロゴロする!」と慌ててしまうことってありますよね。

目は非常にデリケートな部分なので、

焦って下手な処置をしてしまうと余計な被害が増えてしまうこともあります。

 

そこで今回は、コンタクトがずれて消えてしまった時の対処方法と、

痛くない場合は放置しても大丈夫なのか?という点についてお話していきます。

コンタクトレンズを普段使用している方は必見ですよ。





スポンサーリンク







コンタクトが目の裏側に!?取り方・外し方は?

コンタクトがずれてしまって、鏡の前で冷や汗をかいたことがある方も多いでしょう。

しかし、まずは落ち着いて下さい。

コンタクトレンズは、決して目の裏側に行くことはありません。

 

なぜかというと、仮に黒目の部分(角膜)からコンタクトレンズがずれてしまっても、

まぶたの裏は結膜嚢という袋状になっているので、必ずそこで行き止まります。

視界に入っていなくても必ず取れる範囲に存在するので、安心してください。

 

柔らかいソフトレンズの場合は、時々目の中で折りたたまれてしまうことがあります。

元々小さいコンタクトレンズですが、

それがさらに2つ折り、は4つ折りになってしまうと、当然見つかりにくくなります。

もし、どこにいったか分からなくなったときには、

まずは目薬を使ってまぶたの奥から出てくるか試してみましょう。

 

一番レンズがくっつきやすいのは、まぶたの裏側です。

目薬を多めにたらして、まぶたの上から軽くマッサージするようにしてみてください。

目の中が目薬で潤うことでレンズが浮き、まぶたの裏から出てくることがありますよ。

 

しかし、目薬を利用しても取れない場合でも無理に指で探ろうとするのは

絶対に止めましょう。

眼球を直接触ると、傷がついてしまったりバイ菌が入ってしまう可能性があるので、

大変危険です。

目薬でもうまく取れないときや、そもそも見つからない時には無理に探ろうとせずに

病院に行くことをオススメします。

 

また、白目は緩みのある半透明の粘膜なのですが、

炎症が起こって浮腫んでしまっているときには

まるでレンズが目に張り付いているように見えることがあります。

それをコンタクトレンズだと思ってしまって何度も取ろうとして触れてしまい、

余計に炎症を悪化させてしまう例もありますので、注意しましょうね。

 

それでは、目薬を利用してもうまく取れなかったときの正しい手順を紹介します。

結膜嚢はそれほど奥深くまであるものではありませんが、

コンタクトレンズは薄くて滑り込みやすいので、

簡単にまぶたの裏側などに隠れてしまいます。

 

結膜嚢の左右や下側にはあまり広いスペースがないので、コンタクトレンズは

大きく移動しません。

そのため、コンタクトレンズが左右や下側にずれている場合には、

鏡の前でまぶたを左右や下側に軽く引っ張ってみると容易に見つかる場合が多いです。

 

しかし、結膜嚢の上側には割と広いスペースがあるので、

そこにずれてしまっているといくらまぶたを引っ張ってもレンズが

見えないこともあります。

ずれたレンズが簡単には見つからない場合には上側が怪しいでしょう。

 

そういうときは、目線を下向きにすると結膜嚢も一緒に下がるので、

上側のスペースが狭まることでレンズが顔を出す場合があります。

下を探す場合には上を見るようにすると良いです。

とにかく、探す方向と反対の方に眼球を向けるイメージです。

そうすることで、結膜嚢を一番浅い状態にして探すことができます。

 

そして、コンタクトレンズがチラリと見えたらまぶたの上から押さえながら、

コンタクトレンズに黒目を合わせに行くイメージで、今度はその方向に目線を

持って行きます。

黒目を合わせたらまぶたを押さえてる力を抜いて、目線を正面に戻しましょう。

上手くいけばコンタクトレンズが黒目に乗り、元の位置に戻ってきます。

 

「レンズがあった!」と目の中に指を入れたり、

綿棒などで取ろうとすると角膜などを傷つける原因になってしまいます。

もしバイ菌などが入ってしまうと、結膜炎などを起こしてしまうこともありますので

直接触れることは絶対に止めましょうね。

 

下まぶた側に入り込んでしまった場合には、

まぶたを下に引っ張ったまま水道水で洗い流すのも効果的だと言われています。

洗い流しても取れない場合には、洗面器などに水を溜めてその中でまばたきを

繰り返してみるのも良いとされています。

 

どうしても取れない場合は、無理せずに眼科に行きましょう。

緊急事態というわけではありませんが、早めに受診することをオススメします。





スポンサーリンク







コンタクトレンズが目の裏側に!?痛くない場合は放置しても良い?

コンタクトレンズは元々目の中に入れるものなので、

まぶたの裏側などにずれてしまってもそれほど痛みや違和感を伴わない場合も多いです。

しかし、だからをいってそれを放置しておくのは非常に危険です。

いつか出てくるだろうとコンタクトレンズを放置しておくと、

そこにゴミが溜まって炎症を起こしてしまう場合があります。

 

また、何年もコンタクトレンズが入りっぱなしだったという例では、

コンタクトレンズを周りの細胞が包み込み、肉芽腫となって大きく

腫れあがってしまったというものもあります。

その場合は、もちろん手術が必要になります。

 

コンタクトレンズがまぶたの奥に入り込んでしまう原因で一番多いのが、

コンタクトレンズを装着したまま寝てしまったというものです。

そういう習慣がある方は気をつけましょう。

 

また、目が覚めたときにコンタクトレンズが目の中に無かったとき、

装着したまま寝てズレてしまったのか、寝る前にしっかり取ったのかが

わからなくなってしまった場合には、

先ほど紹介した要領で眼球をグルグル動かしてみましょう。

違和感や痛みを感じたら、どこかにコンタクトレンズがズレている可能性があります。

 

そして、違和感は無いけど目の中にあるかもしれないと不安に思ったときには、

眼科を受診しましょう。

「こんなことで病院に行くなんて」などと思って遠慮してはいけません。

目の病気は、罹ってしまうと日常生活が非常に大変になるので、

慎重すぎるくらいでちょうど良いですよ。

 

ちなみに、角膜は透明な組織で血管がありません。

そのため、涙や空気中から酸素を取り込んでいます。

つまり、寝ている時などのまぶたを閉じた状態では、角膜に酸素がうまく

供給されないということです。

 

目を開けている時に比べて、酸素の供給量は3分の1程度と言われています。

酸素不足になると角膜は傷つきやすくなってしまうので、感染症を起こす可能性も

高くなってしまいます。

 

寝ている間に異物であるコンタクトレンズを付けているというその行為自体が

そもそも目にとってあまり良くない状態なので、寝る前には必ずコンタクトレンズを

外しましょうね。

仮にコンタクトレンズがずれなくても、結膜炎などの病気のリスクが高まります。





スポンサーリンク







コンタクトレンズが目の裏側にズレたときにオススメのアイテム!

コンタクトレンズが目の裏側にズレたときは目薬がオススメ

コンタクトレンズがズレてしまったときには、まずは目薬で対応するのがオススメです。

目の中をしっかり潤わせてあげることで、

コンタクトレンズが浮いて黒目に戻ってくることがあります。

刺激の強いタイプではたくさん差しづらいので、

こちらの商品のような低刺激の目薬が良いでしょう。

 

また、目薬にはコンタクトレンズを付けたままでも差して良いタイプと

そうでないタイプがありますので、購入の際にはよく仕様を確認してからにしましょう。

 

コンタクトレンズが目の裏側にズレたときはアイボンがオススメ

ズレたコンタクトレンズを取るには

水を張ってその中でまばたきをすると良いと紹介しましたが、

なかなかちょうど良い洗面器を用意するのも大変です。

しかも、顔全体が水に浸かるのも、余りいい気はしませんよね。

 

そんなときにオススメなのがアイボンの目だけを覆えるタイプの容器です。

これに水道水を入れてまばたきすれば、非常に楽ちんになりますよ。

ちなみに、アイボンの洗顔液自体は

コンタクトレンズの装着中は使用しないようにと記載がありますので注意しましょう。

関連記事:ハードコンタクトの曇りがとれない!除去・解消法や曇る原因は?

最後に

コンタクトレンズがずれてしまうと、かなり焦ってしまうものです。

見えているのに取れないもどかしさから、

指や綿棒でむりやり引きずり出してしまう人も多いようですが、

まずは今回紹介した方法をお試し下さい。

 

加えて、コンタクトレンズを付けたまま寝ることの無いよう、

眠気を感じたら眼鏡に切り替えるなどの習慣づけが予防に繋がります。

目はとても大事な器官の一つですので、大事にしてあげましょうね。

関連記事:コンタクト保存液の代用は?目薬や精製水・生理食塩水は代わりになる?





スポンサーリンク










スポンサーリンク







サブコンテンツ