日焼け止めでいい匂いがするフレグランス・香り付きのものはコレ!

女子にとって紫外線は大敵です。

お肌にシミやシワを作ってしまう原因ですし、

お肌自体の老化も早めてしまいます。

 

実は紫外線は、季節を問わずまた曇りや雨の日でさえも降り注いでいます。

ですから今は夏に限らず、外出する時は日焼け止めを塗ることが必須です。

 

そこでどうせ塗るなら、

香り付きのフレグランス日焼け止めにしてみませんか?

 

フレグランス日焼け止めなら、日焼けを防止するのと同時に

汗の臭いもごまかすことができますので、一石二鳥ですよ。

 

ここではオススメのフレグランス日焼け止めを紹介します。

 

良い香り付きの日焼け止めを選んで、

近づいたときにふわっと心地よい香りのするステキな人になっちゃいましょう。




スポンサーリンク






日焼け止めの豆知識①紫外線について

オススメの香り付きフレグランス日焼け止めを紹介する前に、

まずは日焼け止めについて少し知っておきましょう。

 

日焼け止めは多くのメーカーがかなりの種類を販売していますので、

どれを選べばいいか分からなくなってしまうことってありませんか?

 

日焼け止めにも性能の違いがあるので、それを知ることができれば、

数ある日焼け止めの中から効果が高くて

自分にピッタリの日焼け止めを見つけやすくなりますよ。

 

実は紫外線は大きく分けると3つの種類に分かれます。

1つが紫外線A波(UVA)、2つめが紫外線B波(UVB)、

3つめが紫外線C波(UVC)です。

 

紫外線A波は肌の奥まで浸透し、

肌の奥にあるコラーゲンなどを破壊して肌を老化させてしまいます。

 

紫外線B波は肌の奥には行きませんが、

肌の表面を焼いてシミやソバカスの原因になります。

 

紫外線C波は浴び続けると皮膚病を起こしてしまうかなり強い紫外線ですが、

通常は地球を取り囲むオゾン層に吸収されるので

今のところそこまで心配することはありません。

日焼け止めの豆知識②SPF、PAについて

紫外線には種類があることが分かりました。

 

ところで日焼け止めのパッケージをよく見ると、

「SPF」・「++」・「PA」などの謎の言葉が書いてありますよね。

 

実はこれらは日焼け止めの性能を選ぶのに重要な指標になります。

 

まずPAについてですが、PAはProtection Grade of UVAの略で、

主に「紫外線のA波を防ぐ」という意味です。

 

日焼け止めのパッケージをよく見るとPAの後ろには

+のマークがついていると思いますが、この+のマークが多いほど強力になります。

 

+のマークは4段階と決められており、

 

・+…効果がある

・++…効果がかなりある

 

・+++…効果が非常にある

・++++…効果が極めて高い

 

となっています。

 

次にSPFについてですがSPFはSun Protection Factorの略で、

主に「紫外線のB波を防ぐ」という意味です。

 

日焼け止めのパッケージにはSPF50など後ろに数字がついていると思いますが、

この数字が多いほど強力です。

 

ではこの数字は一体どんな意味があるのでしょうか。

 

人は日焼け止めを塗っていない状態で紫外線を浴びると、

だいたい15分~20分で日焼けします。

 

SPFの数値の上限は50+までなのですが、

例えばこの日焼けを、SPF50の日焼け止めを使えば、

50倍遅くすることができるという意味です。

 

ですからもしSPF50の日焼け止めを使うと、

通常15分~20分で日焼けするところを

750分~100分後に遅らせることができるということです。

 

この「遅らせる」というのがミソで、

日焼け止めは日焼けを遅らせるだけで

カットする訳ではないというところが重要です。




スポンサーリンク







日焼け止めの正しい使い方

せっかく効果の高い日焼け止めを持っていても、

使い方を間違えれば日焼けしてしまいますので塗っていないのと同じです。

 

それではもったいないですよね。

 

そこでここでは、日焼け止めの正しい使い方のポイントを説明します。

定期的に塗り直す

肌に合わないものは使わない

 

まず①の「定期的に塗り直す」というものですが、

さきほども説明した通り

日焼け止めはサングラスや建物の屋根のように日焼けをカットするのではなく、

日焼けを遅らせるだけです。

 

時間がたてば、日焼け止めを塗っていても日焼けが始まります。

 

それを防ぐには、新たに日焼け止めを塗る必要があります。

 

「朝1度日焼け止めを塗ったから今日1日何もしなくて良い」

ということではありませんので、外に長く出ている時は定期的に日焼け止めを

塗り直しましょう。

 

次に②の肌に合わないものは使わないについてですが、

日焼け止めもメーカーによって微妙に成分が異なります。

 

同じPA/SPFなのに、この日焼け止めは平気で

こっちの日焼け止めは肌がヒリヒリする…というのはその為です。

 

もし一度日焼け止めを塗って肌が腫れたり痛んだりした場合は、

それはあなたの肌には合っていないということなので

すぐにその日焼け止めを使うのはやめましょう。

 

一度使っただけで使わなくなるのはもったいないと思いますが、

合わない日焼け止めを塗り続けるとニキビや吹き出物の原因になり、

必ず肌トラブルでよけいにお金がかかるようになります。

 

自分の肌を守る為にも、合わないものは使わないという思い切りも必要です。

日焼け止めのPA/SPFの大まかな区分け

PA・SPFの性能を見ると、

「PA+よりPA++++の方が良いに決まってるじゃん!」

「SPF10とSPF50+ならSPF50+を選んだ方が良くない?」

 

と考えてしまい、近くを散歩する時だろうと海へ行く時だろうと

どこへ行くにも

「とりあえずPA++++のSPF50+を使っとこう!」と思いがちですが、

それは半分正解であり半分は間違いです。

 

効果が高い日焼け止めは勿論日焼け止めの効果は高くなりますが、

同時に肌への負担も大きくなります。

 

では具体的にどのPA/SPFの値だとどんな場面で有効に使えるのか、

おおまかに区分してみました。

 

PA~++/SPF~20→ごみ捨て、少しベランダに出る時。

PA+++/SPF~30→軽い散歩や通勤時。

PA++++/SPF40~50+→レジャーやイベントで一日の大半を外で過ごす時。

 

 

個人差もありますが、肌の負担も考えて使い分けてくださいね。

日焼け止めのいい匂いってどんな匂い?

日焼け止めの性能が分かったところで、次は匂いについてみていきましょう。

 

香り付きの日焼け止めは確かに良さそうですが、

付け過ぎて「臭い」と思われると本末転倒ですよね。

 

では無難で間違いのないいい匂いってないのでしょうか。

 

いい匂いで間違いないのは「せっけんの香り」です。

 

例えばステキな匂いといえばラベンダーやオレンジなどの匂いがありますが

そんな心地よい香りでも濃すぎたり敏感な人には「臭い」となりがちです。

 

ですがせっけんの香りはあまりそういうことはありません。

 

香水が強くて「この人臭い!」と思うことはありますが、

せっけんの匂いをつけすぎて「せっけん臭い!」と感じることはなかなかないですよね。

 

どんな香り付きの日焼け止めが良いか迷ったたら、

まずは「せっけんの香り」を選ぶと良いでしょう。

 

強い匂いが苦手な人でも、

せっけんなら大丈夫という人も多いですよ。



スポンサーリンク






オススメのいい匂いがする香り付きフレグランス日焼け止め①

 

オススメの香り付きフレグランス日焼け止め、1つめはこちらです。

 

3つありますが、どれもせっけんの香りを基調としているので、

初めて香り付きのフレグランス日焼け止めを使う方には

非常に使いやすい日焼け止めです。

 

またPA/SPFも+++の50という中間の値なので、

どの場面でも使うことができます。

 

さらにこの日焼け止めはスプレータイプなので、

塗り直しが非常に楽なのもオススメです。

 

さっと振りかけるだけで良いので、手間がかかりません。

小さくて持ち運びも楽なので、外にいても簡単に使うことができますよ。

 

汗の臭い消しにも一役買ってくれる使いやすいフレグランス日焼け止めです。

オススメのいい匂いがする香り付きフレグランス日焼け止め②

 

オススメの香り付きフレグランス日焼け止め、2つめはこちらです。

 

こちらもスプレー式のせっけんの香りがするフレグランス日焼け止めなのですが、

PA/SPFは最高の++++の50+で、強力に紫外線を防いでくれます。

 

イベントで太陽が照り付ける中、汗をかきながらずっと外へ出ている時などは

強い味方になってくれます。

 

さらにこの商品は髪から体まで全身をカバーできるので、

どこにでも使うことができます。

勿論メイクをした顔の上からでも大丈夫です。

 

また、無着色や無鉱物油、パラベンフリーなど肌が敏感な人にも

優しい作りになっていますので日焼け止めで肌が荒れやすい人にも

オススメできる商品です。

今は飲む日焼け止めが話題!



ここまで塗る日焼け止めを紹介してきましたが、

そもそも「日焼け止めを塗るのがどうしても面倒」

「どんなものを使っても肌が荒れてしまう」という人もいると思います。

 

そんな方にオススメなのが「飲む日焼け止め」です。

 

このサプリは他の日焼け止めと違い、

飲むことで体の内側から日焼けを防止してくれます。

 

つまり、いちいち日焼け止めを塗らなくても良く、

従ってクレンジングで落とす必要もなく、

勿論汗をかいても水に濡れても落ちることはありません。

 

女性は男性に比べて体力が低いうえに、

毎月の生理で気分や体調は悪いことの方が多いです。

 

日焼け止めを塗る気力がない時や、

肌が荒れて日焼け止めを塗ることができない時もありますよね。

 

体調を優先して日焼け止めを塗らずにいると、

その時は楽でも顔や体が焼けてしまい、

後で後悔、気分もさらに落ち込んでしまうということもあると思います。

 

そんな時はこのサプリに頼ってみてください。

 

日焼け止めサプリは

どんな時でもキレイでいたい女性の強い味方ですよ。

【関連記事】

汗が臭い女性必見!体臭の原因や対策と簡単に抑える方法!

脇汗がひどい人必見!匂い対策や予防法、おすすめのグッズをご紹介!

糖質制限時、脂質摂りすぎで太る?脂質摂取量の1日の目安は?

ヘルペスが頬にできて腫れや痛みが!原因や治療は?化粧はしてもいいの?

またずれの予防や症状!黒ずみやかゆみに効く薬はある?



スポンサーリンク








最後に

毎日毎日日焼け止めを塗るのは、正直すごく面倒ですよね。

 

頑張ればかわいくなれるメイクと違い、

日焼け止めは完全に裏方のケア商品なので

いくらキレイに塗っても張り合いがありません。

 

ですが香り付きのフレグランス日焼け止めなら、

日焼けを防止するだけでなく香水をつけるような楽しさがあります。

 

また、違うフレグランス日焼け止めを2~3種類用意しておけば、

その日の気分で香りを選ぶ楽しみも増えます。

 

フレグランスの日焼け止めで、

常にいい匂いのするステキな人を目指しちゃいましょう。

日焼け止めを塗るのもきっと楽しくなりますよ。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ