手術のお礼の金額の相場は?医者への謝礼の渡し方やタイミングは?

病気になって手術を受けることになった時、

お世話になった医者へ何かお礼がしたいという気持ちになりますよね。

日本では、そんなときに昔からの誠意の表し方として「心付け」という習慣があります。

感謝の気持ちとともに頭を下げてお渡しするものですが、

その風習も現代ではだんだん減ってきているのも事実。

 

そのため世代によってだいぶ考え方が違ってきていますが、

実際に自分や身内が病院で手術するときに

お世話になった医者に謝礼は渡す必要があるのかどうか、

悩まれる方も少なくないと思います。

 

今回は、手術の際の謝礼についてまとめています。

いざというときのために、相場と渡すタイミングをしっかり確認しておきましょう。





スポンサーリンク







医者への手術のお礼は必要?金額の相場は?

出典:https://www.pakutaso.com

まず、そもそも手術を受ける際に医者へのお礼として

お金をあげる必要があるのかどうかということについて考えてみましょう。

結論から先に述べると、手術をする際の医者への謝礼金は一般的には不要です。

 

お礼としてお金を払わないからと言って患者に対して不当な扱いをしたり、

真剣に手術をしないというようなことは絶対にありません。

ですから、どんな大きな病院で、どんな医者に手術をしてもらう場合でも、

あるいは自分の病状が重い、軽いに関わらずお礼としてのお金を渡す必要はありません。

 

第一、病院に入院して手術を受けて退院するまでに必要な費用は、

病院側で入院費として請求していますし、

患者やその家族もその費用を既にしっかり支払っているわけですから、

それ以外に個別でお金を支払う理由は何もありません。

 

特に市立や国公立の病院であれば、

仮にお礼金を渡されたとしても受け取ることはご法度です。

国や市の病院では職員は公務員として職務に就いていますので、

お礼だろうがなんだろうが、給与以外のお金を受け取ることは

収賄罪になってしまうこともあるからです。

 

どうしても何かお礼として何か渡したいという気持ちがあるのであれば、

お菓子やお花などの残らないものにすることで、

受け取る側も受け取りやすくなります。

でもやっぱり高額な現金でお礼をしたいという気持ちがあるのであれば、

「寄付」という形で公然としたお礼にするのが良いかもしれませんね。

 

しかし、先に謝礼金は不要とお話したとは言え、

病院によっては今でもお礼としてお金を受け取る風習があるところもあります。

特に私立病院や個人病院などでは、

お礼を持っていくと当然のように受け取られる場合もあります。

 

ここからは、そういう病院でのお礼の金額の相場を見ていきましょう。

まずは執刀医に渡す金額の相場ですが、

あまり大規模でない個人病院などで3万円程度と言われています。

私立大学病院のような大きな病院になるとお礼の金額も跳ね上がり、

大体5万円~10万円という相場になっているようです。

 

中でも、准教授や教授といった地位の高い医者が主治医の場合には、

さらにお礼の金額も上がります。

また、手術には麻酔科医も入りますので、お礼を渡す際には忘れないようにしましょう。

こちらの相場も大体5万円~10万円程度のようです。

 

まとめると、お礼の金額の相場はこのようになります。

大規模病院

・執刀医(教授の場合):30~100万円

・執刀医(准教授の場合):10~30万円

・執刀医(普通):5~10万円

・麻酔科医:5~10万円

 

個人病院など

・執刀医:3万円

・麻酔科医:3万円

 

何度も言うように、もちろんお礼としてのお金は必須ではありません。

しかし、どうしてもお気持ちを渡ししたいということであれば、

渡す金額としては結構まとまった金額になるということですね。





スポンサーリンク







医者への謝礼の渡し方とマナー!タイミングは?

出典:https://www.pakutaso.com

渡す金額を決めたら次に悩んでしまうのが、謝礼を渡すタイミングとその渡し方ですよね。

一般的には、手術の前日に執刀医と担当する助手が立ち会いの元で

実際の術式や起こりうる合併症などについてのミーティングがあります。

謝礼はそのミーティングの時に渡すのがスムーズでオススメです。

 

もし、手術前に受け取ってもらえずに、それでもどうしても渡したいということであれば

退院時に挨拶を兼ねてお渡しするのが良いでしょう。

お金ではなくても、ナースステーションにお礼の菓子折りなどを持参する場合にも、

退院する日に持って行くのが自然な流れになります。

 

しかし、お金にしろお菓子にしろ、基本的には違反とされていることなので、

受け取る側も周囲に医療関係者がいるような状況では受け取りづらいものです。

看護師など、他の医療関係者の目が無い場面を見計らって渡すのが

スマートな謝礼の渡し方といえるでしょう。

 

また、謝礼をお金で渡す場合には熨斗袋に入れたいという気持ちもあると思います。

その場合は結びきりの熨斗にして、表書きは「御礼」として

その下に「自分の名前」を書きましょう。

 

しかし、人目を避けるのが難しく、その中でさりげなくお礼を渡す場合には、

周囲から目立たないようにという配慮から無地の封筒を利用しても

失礼にあたることはありません。

むしろ、渡す人の多くは無地の封筒を利用しているように思います。

関連記事:財布の使い始め2018年はいつがいい?天赦日・一粒万倍日のカレンダー!





スポンサーリンク







医者への手術のお礼にオススメのアイテム

何度も言いますが、手術のお礼は何も現金に限りません。

むしろ今の時代ではいろいろ規正も厳しくなっていますので、

現金以外の贈り物の方が喜んで受け取ってもらえる場合もあります。

 

ここからはお礼でも絶対喜ばれるオススメアイテムを紹介していきますね。

 

手術のお礼には銀座千疋屋のフルーツクーヘンがオススメ!

誰もが知っている銀座千疋屋が出している、フルーツクーヘン。

パッケージも高級感がしっかりあって、

どこに出しても恥ずかしくないお礼のお菓子です。

医師を含めた病院のスタッフは、常に忙しくばたばたしているので、

ケーキなどの早めに食べなきゃ行けないもの、分けにくいものは

扱いに困るのであまり喜ばれません。

 

こちらの商品はひとつずつ小分けにされているので、

スタッフが時間のあるときに自由に取って食べることができます。

 

味ももちろん一流です。

しっとりしたバアムクーヘン生地に、フルーツや蜂蜜の味と香りが上品に乗っています。

是非ともオススメしたい一品です。

 

手術のお礼にはおかき「花あわせ」がオススメ!

 

京都祇園萩月で作られている、おかきの詰め合わせセットです。

こちらも小分けになっていますし、51袋という大容量も嬉しいところ。

看護師なども含めると、病院のスタッフは非常に大勢になりますので、

ナースステーションに置いて帰るときなどにはまさにぴったりの贈り物でしょう。

小袋の中身も、あられの詰め合わせや豆類が入ったもの、かりんとうの詰め合わせの

3種類あり、どれを選んでも美味しく頂けます。

噛めば噛むほど、素材が持つ豊かな風味が口の中に広がりますよ。

少ないもので9袋のものから用意されていますので、渡すスタッフの人数に合わせて

購入しましょう。

関連記事:テレビとソファの最適な距離は?インチ・視力との関係や4Kの場合は?

最後に

いかがでしたでしょうか。

確かに、担当してくれた医師へ気持ちとして謝礼を渡す習慣は今でも一部ではあります。

しかし、医者ももちろん専門職としてプロですので、

お礼の有無や金額で対応が変わることは当然ありません。

ですから、お礼金を渡さないと手術がうまくいかないなどという心配はいりません。

 

とはいえ、手術を受ける患者さんやその家族の中には、

お礼金を渡すことで術前の不安な気持が少し軽くなるという方がいることも事実です。

 

どうしてもお気持ちとしてお礼金を渡したいということであれば、

見当違いの額を渡してしまうのも恥ずかしいと思いますので

今回の記事の内容をぜひ参考になさってくださいね。

関連記事:一人暮らしの部屋の広さの平均・目安は?30代や学生は?





スポンサーリンク










スポンサーリンク







サブコンテンツ