新盆見舞いの服装や金額の相場は?のしの表書きは?

夏と言えばお盆ですよね。

お盆には新盆見舞いに伺うという方もいるのではないでしょうか。

新盆見舞いに伺ったことがなく、色々なマナーについてわからない

という方も多いと思います。

 

新盆見舞いに伺って、知らずにマナー違反をして相手方から

ひんしゅくを買うといった事態は避けたいですよね。

 

そこで今回は、新盆見舞いの服装、金額の相場、のしの表書きなどの

マナーについて解説していきます。

お盆に新盆見舞いに伺う予定のある方は、是非参考にしてみてください。




スポンサーリンク






新盆とは?新盆見舞いとは?

出典:http://3.bp.blogspot.com

まず、新盆の読み方ですが、あらぼん・しんぼん・にいぼんといった

読み方があり、地域によって違うようですが、全国的には新盆と読むところが

多いようです。

 

新盆とは、亡くなった方の四十九日が終わってから初めて迎えるお盆のことを言います。

この新盆には、亡くなられた方の供養を丁寧に行う習慣があるのです。

初盆も新盆と同じ意味です。

初盆と新盆は地域によって使い分けられていて、主に関東地方では新盆、関西地方では

初盆が使われているようです。

 

新盆の時期ですが、7月13~16日に行われるところと8月13~16日に

行われるところがあります。

関東地方では、7月13~16日に行うところが多いようですが、

全国的には、8月13~16日に行うところが一般的なようです。

 

新盆には、故人の供養を行いますが、その時に故人の親族や生前親しかった人などを

招きます。

新盆に招かれて新盆を迎える家を訪れることを、新盆見舞いに伺うと言います。

新盆見舞いの服装は?

出典:http://2.bp.blogspot.com

新盆見舞いの時の服装は、葬式の時と同じで喪服が基本です。

ただ、新盆の時期は夏真っ盛りで非常に暑いですよね。

 

ですので、親族だけで行うような規模の小さい新盆であれば、

黒い服であれば大丈夫と言ったところも多いようです。

ただ、その場合でもTシャツなどはNGです。

最低限襟のついたものを着用しましょう。

女性ならば、黒のワンピースなどがいいでしょう。

 

逆に、友人や知り合いなど親族以外の人も招いて大規模に行われる

新盆であれば、喪服を着用していった方が無難でしょう。

ただ、喪服を着用する場合であっても、下に着るシャツを半そでにして

ジャケットを脱ぐなどして、暑さを調節できるようにしておいた方が良いでしょう。

 

新盆見舞いは、葬式ほどにはきっちりしたものではないので、地域や家によって

服装のルールなどもかなり違っています。

ですので、新盆見舞いに招かれた場合には、施主や他の参加者などにどのような

服装で行けばいいのかを尋ねた方がいいでしょう。




スポンサーリンク







新盆見舞いの金額の相場は?のしの表書きは?

出典:http://3.bp.blogspot.com

新盆見舞いの際に持参するものとしては、香典とお供え物が一般的です。

ただ、地域によって香典だけとかお供え物だけとかのところもあるので、

事前に必ず確認するようにしましょう。

 

香典の金額の相場と表書き

不祝儀袋の表書きについては、「御仏前」や「御佛前」が一般的です。

間違えて「御霊前」の表書きがあるものを使わないようにしましょう。

宗派によって違いはありますが、一般的には、四十九日前が「御霊前」

四十九日が過ぎたら「御仏前」になります。

 

香典の金額の相場は、親族の場合が1万円程度、親族以外の友人や知人

といった関係であった場合が5千円~1万円くらいと言われています。

地域によっては、親族なら2万円程度が相場というところもあるようなので、

事前に金額の相場などは確認しておいた方がよさそうです。

 

お供え物の金額の相場とのしの表書き

お供え物ののしの表書きは、「御供」や「御供物」が一般的です。

 

お供え物の金額の相場は、3000円~5000円くらいです。

お供え物の金額の相場も地域によって異なる可能性があるので、

あらかじめ相場を確認しておいた方が失敗がなくていいと思います。

 

お供え物は、故人が好きだったものや、贈答用のお花、線香、ろうそく、お菓子、

果物などが一般的です。



スポンサーリンク






新盆見舞いにオススメのお供え物

新盆見舞いのお供えには、お花が人気です。

お花をお供え物にするにしても、どのような花を選べばいいのか

分からない方も多いと思います。

 

この商品は、お店の人がお任せでお花を選んでくれるので、

とても楽ですよ。

しかも、花の種類を指定する場合に比べて10~20%ボリュームを

増やしてくれるので、値段以上に見えるのもいいところです。

 

また、注文してから翌日、翌々日には日本全国に届くので、

急いでいるときにはうれしいですよね。

ちなみに送料無料なので、かなりお得です。

 

新盆見舞いで、提灯を送る風習が古くからあります。

お供え物として定番なので、失敗することがなくオススメです。

この商品は、値段は手ごろですが、職人が手作りしたもので

かなり高級に見えます。

 

新盆見舞いとしてお線香は定番のお供え物です。

お菓子や果物ですと相手の好き嫌いがあるので、失敗してしまう

可能性がありますが、お線香は必ず必要なものですし、長期間保存が

きくので失敗がなくオススメです。

 

この商品は、高級感がある桐箱に入っていて、受け取った側の

満足度も高いものになっています。

また、のしだけでなく新盆見舞いに使える黒い紙袋も無料でもらえます。

新盆見舞いに使う黒い紙袋は、持っていない方も多いと思うので、

無料でもらえるのはうれしいですよね。

関連記事:お墓参りに必要な道具・持ち物は?数珠は必要?タブーな花は?

最後に

新盆見舞いの服装や金額の相場、おすすめのお供え物などについて

解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

新盆は、故人の親族にとってとても重要な行事です。

新盆見舞いに招かれた側としても、マナー違反などせずに

つつがなく行事を終えたいですよね。

 

新盆見舞いのマナーとして重要なのは、地域や家によって

ルールがかなり異なるということです。

マナー違反を避けるためには、相手側に服装や金額の相場など

分からないことがあれば聞いておくというのが一番です。

 

新盆見舞いにはいろいろマナーがあって大変ですが、一番重要なのは

気持ちです。

新盆見舞いには故人を偲ぶ気持ちを持って参加しましょう。

関連記事:暑気払いとは!時期はいつ?飲み会の幹事進行や服装を徹底解説!



スポンサーリンク




スポンサーリンク








サブコンテンツ