お風呂の残り湯で洗濯して節約!ポンプのおすすめや使い方!

お風呂の残り湯を洗濯の時に利用すれば

水道代が節約できるということを知っている人は多いと思います。

しかし、衛生面の問題や結局どのくらい節約になるのかがわからないがために

実際にはやっていないという方がほとんどです。

そこで今回は、お風呂の残り湯で洗濯する際のポイントをまとめてみました。

ぜひ参考になさってください。





スポンサーリンク







お風呂の残り湯で洗濯しても良いの?

出典:http://01.gatag.net

お風呂の残り湯で洗濯することに対して、衛生面などの問題から

少しマイナスのイメージを持っている方も少なくないかと思います。

まずは、その問題から触れていきましょう。

 

まず衛生面に関してですが、お風呂の残り湯を再利用することは

水道水を使うのとはほぼ同じことなので、結論から言えば全く問題ありません。

 

確かに、お風呂の残り湯には大腸菌や垢などの雑菌が多く含まれています。

しかし、洗濯している衣類にも様々な雑菌が多く付着していますし、

それを落として除菌するのが洗濯用洗剤の役割ですので、

お風呂の利用で多少汚れた水を利用しても、あまり変わりはありません。

 

また、お風呂の残り湯を利用して洗ったとしても、

すすぎの際には綺麗な水道水が使用されますので、やはり問題はありません。

どうしても気になる方は除菌効果の高い洗濯用洗剤を利用することをおすすめします。

 

ちなみに、他にお風呂の残り湯を使用する際の注意点を挙げるとすれば、

入浴剤を使っていた場合です。

その場合は、商品によっては衣類にシミができることもありますし、

柔軟剤の効果が落ちてしまう可能性もあるので、なるべく控えた方が良いでしょう。

 

しかし、最近の入浴剤では残り湯での洗濯が可能なものも多く出ていますので、

パッケージやホームページの内容を確認してみるとよいかもしれません。

また、最近では洗濯機の機能に「風呂水」のコースがあるものも増えていますので、

むしろお風呂の残り湯を再利用することが

当たり前の選択肢になりつつあるということかもしれませんね。





スポンサーリンク







お風呂の残り湯で洗濯すると節約に!おすすめのポンプと使い方

出典:http://01.gatag.net

お風呂の残り湯で洗濯したときの節約効果

家庭での総水道水利用量のおよそ25%がお風呂のために利用されていると言われています。

そのお風呂の残り湯を再利用して洗濯をすれば、

水道代がぐっと節約できることは想像に難くありません。

 

それでは、どのくらい節約できるのか見ていきましょう。

もちろん洗濯機の種類や容量、メーカーによっても異なりますし、

水道料金の違いによっても節約できる金額は変わりますので、あくまで参考として下さい。

 

仮に洗濯に使用する水量が50Lだとした場合、

1回の洗濯につき約12円の節約になります。

毎日洗濯すると考えると、12円×365日で年間4400円程節約できる計算になります。

 

たかが年間4000円と思うかもしれませんが、

洗濯はわたしたちの生活に欠かせない家事の一つです。

その必要な家事で余計な出費を抑えることができるというのは非常にありがたいですよね。

塵も積もれば山になるという気持ちで、日々心掛けることが大切です。

お風呂の残り湯で洗濯して節約するときのおすすめは電動バスポンプ

お風呂の残り湯を洗濯に利用する場合、

もちろんバケツなどで洗濯機に移しても良いのですが、

やってみればわかりますが結構な重労働ですよね。

 

そこでオススメしたいのが電動バスポンプです。

お風呂の残り湯を自動で必要な量だけ洗濯機に移してくれる優れものです。

メーカーや搭載している機能によって価格はピンキリですが、

ホームセンターや家電量販店に行けばすぐ購入できますので、

必要な機能を確認して購入することをおすすめします。

 

ちなみに、バスポンプは通販でも買うことができ、

比較的店頭で買うよりも安価で手に入ります。

種類も豊富で、たくさん見比べて買うことができますので、

まずはネットでバスポンプを検索してみると良いかもしれませんね。

 

使用方法も機種によって様々ですが、基本は以下のような流れです。

まずは、洗濯機にバスポンプを接続します。

本体に付属でついている場合はそのまま使えますが、

別途購入したものであれば洗濯機とは別にコンセントにつなぐ必要もあります。

 

次にバスポンプを十分残り湯が溜まった浴槽に沈めます。

途中でバスポンプが水面から出てしまうとうまく動作しませんので、

しっかりとバスポンプが湯船の底まで浸かっていることを確認しましょう。

 

あとは、スタートボタンを押すだけで

バスポンプが自動で必要な水位まで残り湯を吸ってくれるので、操作はとても簡単です。

このように電動バスポンプを利用すれば、かなり手間が省け

肉体的にも時間的にも楽に洗濯ができますので非常におすすめです。

 

ちなみに、お風呂の残り湯を洗濯に使う時は、

入浴後すぐの温度が高いうちに使用することをおすすめします。

温度が高い方が汚れも落ちやすいですし、

一日放置したあとのお風呂の残り湯には雑菌が膨大に繁殖しており、

さすがに無視できません。

 

また、すすぎは雑菌の少ない水道水でした方が良いので、

残り湯での洗濯におけるポイントをまとめると、

「初めの洗いの段階で入浴後すぐの残り湯を使い、すすぎは水道水」

という使い方がおすすめです。

 

洗濯機の種類によっては、残り湯を洗いだけに使用するかすすぎにも使用するか

選べる場合がありますので、よく確認してから使用するようにしましょうね。

 

また、電動ポンプを利用した場合の電気料金について

気になる方もいるかと思いますので少し触れておきます。

これも電気料金や電動ポンプの機種などによって変わりますのであくまで参考です。

 

標準的なものとして、電気料金を20円/KWH、ポンプ利用時間を5分/30Wと仮定します。

すると、洗濯1回にかかる電気料金はだいたい0.05円程度です。

毎日洗濯するとしたら、0.05円×365日で年間20円弱となります。

水道代での節約が4400円程度でしたので、

電動バスポンプを使っても充分な節約効果があることがわかりますね。





スポンサーリンク







お風呂の残り湯で洗濯するときにおすすめのアイテム

お風呂の残り湯で洗濯するときにはバスポンプがおすすめ!

こちらの商品は6~9kgの洗濯機に最適なバスポンプです。

ワンタッチの簡単操作で、誰でもすぐに使用できますし、

毎分9リットルほどの吸水量なので、あっという間に溜まりますよ。

 

また、給水口も固定できるので、ホースを押さえておく必要もありません。

そしてついポンプを使っていることを忘れてしまっても、

60リットルで自動停止しますので、溢れてしまう心配もありません。

ちなみに、ホースの長さは3メートルです。

 お風呂の残り湯で洗濯するときには除菌できる洗剤がおすすめ

残り湯で気になる雑菌も、こちらの洗剤を使用すればまとめて除菌できちゃいます。

濃縮タイプの液体洗剤で衣類はもちろん、洗濯槽の汚れにまで働いてくれるのがポイント。

除菌効果が高いにもかかわらず、すすぎは一回で良いので時短・節約にもなりますね。

色柄物にも安心して使うことができますので、

お風呂の残り湯で洗濯するときにはぜひ使用していただきたい洗剤です。

関連記事:お風呂の残り湯の雑菌の除菌・臭い対策には重曹がいい?

最後に

いかがでしたでしょうか。

洗濯は毎日する家事の一つですから、そこにかかる費用はなるべく押さえたいですよね。

いままでお風呂の残り湯で洗濯するのを躊躇していた方も、

今回の内容を見て頂ければ安心して洗濯に使って頂けるかと思います。

 

上手にお風呂の残り湯を使って節約してくださいね!

関連記事:お風呂のお湯は何日使える?毎日変えるべき?臭いや雑菌対策は?





スポンサーリンク










スポンサーリンク







サブコンテンツ